2019年5月12日 (日)

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019の公演を振り返る(2)

前回に引き続き、今年のラ・フォル・ジュルネTOKYO(以下LFJ)の公演を振り返ってみたいと思います。前回と同じく各公演の出演アーティストや曲目の詳細は公式サイトのプログラムで公演番号と対照していただければと(手抜き・・・)

◆公演243 “シエナが贈る!世界のブラス傑作選”

 LFJはジャンルを超えたプログラミングをするのでこうした吹奏楽の公演もあります。これはシエナ・ウィンド・オーケストラの演奏がかっこよかったですね。「くるみ割り人形」の花のワルツがジャズアレンジになっていてびっくりしたり、ガーシュインの「パリのアメリカ人」もノリノリで。で、この公演の個人的ハイライトはラストの「宝島」。プログラムに「客席の皆さんも演奏にご参加いただけます」と書かれいていたたのですが、公式サイト上の案内ではどんな楽器でも参加OKとのことだったので、私も図々しく(微笑)パーカッションで演奏に参加しました。東京国際フォーラムのホールCでプロと共演!とても楽しく、気持ちよかったです。3F席まである1500人の客席をステージから見ることなんておそらくもうないだろうなあ。もう1回演奏したいぐらいでしたが、さすがにアンコールはありませんんでした(^^;

◆公演315 “アメリカ~JAZZ meets クラシック”

 LFJ常連と言ってもいい小曽根真さんが登場。シンフォニア・ヴァルソヴィアと「ラプソディー・イン・ブルー」を演奏するという、ある意味「王道」のプログラミングですが、そこは小曽根さん、いろいろやってくれます。まずカデンツァが大盛り(笑)いったいどこまで行ってしまうのだろうというぐらい。最初はおとなしく弾いていた感じですがだんだんとジャズ寄りに。で、びっくりしたのは、オケのホルンの人とトランペットの人がふらっと前に出てきて小曽根さんのカデンツァに絡んできたのです。これが完全にジャズ。このときばかりはジャズセッションの様相でした。小曽根さんがジャズに寄せて弾くのはある意味当然ですが、クラシックのオケメンがジャズを演奏したのには大拍手。このときは指揮も手拍子を煽ったりして、なかなか粋だなあと。小曽根さんのサイン会に参加した方のツイッター情報では、オケメンにジャズをやらせたのは小曽根さんが仕込んだんだそうで、やるなあと。そんなこんなで客席は大いに盛り上がりました。
 その後は、フランク・ブラレイさんが登場してラヴェルのピアノ協奏曲を。こちらの曲はラプソディー・イン・ブルーほどジャズっぽくはないですが、ほのかな香り、ぐらいでしょうかね。ラヴェルらしいキラキラしたサウンドが良かったです。ブラレイさんの熱演に小曽根さんに負けず劣らずの拍手が送られました。


 ということで、今年聴いた公演は個人的にはみんな当たりだったなあと。行ってみるとやっぱり楽しいクラシックフェスです。プログラムの書き方が初期の頃のように初心者に優しいとなお良いんですけどね。そこは来年に期待しましょうか。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019の公演を振り返る(1)

 というわけで、今年のラ・フォル・ジュルネTOKYO(以下LFJ)の公演を振り返ってみたいと思います。なお各公演の出演アーティストや曲目の詳細は公式サイトのプログラムで公演番号と対照していただければと(手抜き・・・)

◆公演241 ”6人ピアノストの豪華饗宴”(2台8手)

 これはタイトルだけで切符を取りました。なんかすごそうだなと。実際,すごかった(笑)。ピアニストがまず豪華だったし。6人いて2台8手とはどういうことなのかと思ったら、6人を3組に分けて、1曲につき2組(つまり4人・8手)で演奏、1組ずつ交代して3曲やるとちょうど一回りする、という仕掛けでした。2台8手のピアノは音の厚みがあって華やか。曲が南欧をテーマにしたものだったことも華を感じた理由のひとつかもしれません。弾き終えたあとのアーティストの「やったぞ」といった感じの笑顔がまた良かったです。客席も盛り上がって大拍手。アンコールではなんと2台12手、つまり1台のピアノに3人張り付いての演奏という、滅多に見られないパフォーマンスでまたまた客席が盛り上がりました。まさにタイトル通りの饗宴でしたね。

◆公演246 ”ボリス・ベレゾフスキーのカルト・ブランシュ” 

 これはアーティストで切符を取りました。ボリス・ベレゾフスキーさんのピアノはLFJで何度も聴いてますが、素晴らしいので。ロシアの巨砲とか熊さんとか言われたり、ベレ様と呼ぶ人も。人気ピアニストです。
 カルト・ブランシュはアーティストに全ておまかせの公演で、曲目は当日のお楽しみという趣向。なのにホール入口で貰えるプログラムにはなぜか曲目が印刷されてまして。ところが実際に演奏したのはそのプログラム通りではなかったそうで、インフォメーション掲示板に訂正情報が2回入るという(笑)。カルト・ブランシュなんだからプログラムの曲目は空白にしとけば良かったのにねぇ。(実演された情報は別途欲しいですが)
 演奏されたのはスクリャービン作品。初めて聴く作家ですが、現代音楽的な香りもあり、どこかスピリチュアルな香りもあるという、不思議な感覚の曲でした(意見や感じ方には個人差があります・笑)。大柄な体と対照的に音は実に繊細。でもどーんと弾けるところはバリバリと弾くという、ベレゾフスキーさんならではの曲だったようにも思います。全て弾き終わって大拍手。ベレゾフスキーさんもご機嫌だったのかアンコールを2曲も弾いてくれてまたまた大拍手でした。


ということで、まずピアノの2公演を綴りました。まだ続きます。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

15回目のラ・フォル・ジュルネ終わる

 大型連休恒例のクラシック・フェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019」(以下、LFJ)は3日から5日までの会期を終了しました。私も3日間、ふだん聴かないクラシックの生音を会場で楽しみました。

 会場の東京国際フォーラムは賑わっていましたが、切符売場に長蛇の列が出来るようなこともなく、少し落ち着いた感じが。完売公演も続出していましたが、5000人収容のホールAの完売公演が殆ど無かったのと関連しているのかな。。。

 私は2005年の初開催から皆勤ですが、結局有料公演は事前に取った4公演のみで、2005年の2回に次いで少ない結果になりました。少し前までは、LFJでなければクラシックのコンサートを気楽に聴けないからと、3日間できるだけ有料公演を詰め込み、余裕があれば現地で切符を買い増したりしていたものですが、もっとゆったりした聴き方で良いかなと思って(^^; 空き時間に有料公演出演アーティストの無料ステージも2回見たので、感覚的には有料6公演相当といったところでしょうか(微笑)

 数は絞りましたが選んだ公演が我ながら良くて、どれも強く印象に残るコンサートでしたので、事前にはネガティブなことも書いてましたが結果は大満足。人生初の経験もしちゃったし!そんなこんなを、この後少しずつ綴っていきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

大型連休はクラシック

 大型連休恒例のクラシック・フェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019」(以下、LFJ)が3日から始まりました。会場は昨年、東京国際フォーラムと池袋芸術劇場との2会場制に拡張されましたが、今年は東京国際フォーラム単館開催に戻りました。2館に拡張しても来場者数が変わらなかったので、どうなるのかなと思ってたんですけどね(^^;

 15回目の節目となる今年のテーマは「Carnets de voyage」 日本語表記では「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」となっています。作曲家が異国を旅して受けた刺激を取り入れた音楽、ということだそうです。

 近年のLFJは敷居は低いもののクラシック初心者への優しさが薄れつつあり、プログラムを見ても、公式サイトを見ても何を選んで良いのかわからない、というのが正直なところ。以前ならプログラムには思わず聴きたくなるようなキャッチコピーが併記されいたり、公式サイトにはお勧めの演奏曲やアーティストが解説付きで載っていたりしていて、それを頼りに切符を買ってたんですけどね。そういうのが無くなってしまったので、事前に押さえた切符は4枚に絞りました。初日の3日は結局有料公演は聴かず、有料公演のチケットを見せれば入れる無料公演だけ聴いてました(爆)

 2年前までは会期中のどこかでNHK-FMが会場にサテライトスタジオを構えて、アーティストとのトークとか演奏や会場の様子の中継をしていたのですが、昨年から無くなってしまいました。その代わりクラシック専門のインターネットラジオOTTAVAが連日中継していますので、様子が気になる方は聴いてみると良いかも。

 個人的には現時点であんまりテンションが上がってないのですが(^^; クラシックが気楽に聴ける貴重な機会なので残り2日間楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

ラ・フォル・ジュルネTOKYO終了

 大型連休の風物詩となったクラシックフェス、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭改め、「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」(以下LFJ)は、5月3日から5日の本公演をすべて終了しました。開幕前はクラシック初心者や新参に優しい仕掛けや運営が薄くなってきている傾向にテンション低めだったのですが、開幕して初日に東京国際フォーラムに足を踏み入れ、まず1公演聴くとしっかりスイッチが入りまして(笑)、3日間楽しく過ごしました。事前に切符を取っていたのは4公演でしたが、会場で追加購入して計6公演。それでも近年は9~10公演聴いていたので、数は減りました。減った分は周辺のイベントに足を伸ばしたり。これぐらいの余裕のある聴き方も良いものです。公演数を減らした代わりに、というわけもないですが印象的な公演になりそうなものを選んだので個人的にはどれも当たりでした。公演の細かい感想は気が向いたら別途綴るかもしれません。

 LFJのリニューアルによって新設された池袋会場(東京芸術劇場とその周辺)にも行ってみましたが、LFJの売りの一つである「祝祭感」はもう一つといったところ。東京国際フォーラムにおける地上広場(中庭)の役目を池袋西口公園が担っていましたが、ここをLFJ色に染めあげないと祝祭感が出ないと思います。来年に向けての一番の課題のように思いました。

 今年のLFJのテーマは「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。新天地を求めて国外へ移住したり亡命した作曲家の楽曲を集めた構成でした。2015年から作曲家縛りを離れたテーマが続いていましたが、久々に回帰した感じです。やっぱりこのほうがわかりやすいかな。

 リニューアルした結果を運営側はどう見ているのでしょうね。いろいろ課題はあると思いますが、前に向かって進んで欲しいです。私のような普段クラシックを聴かない層を置いてきぼりにしない方向で(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

今年のラ・フォル・ジュルネは

 5月の大型連休の楽しみ方はいろいろありますが、ここ十数年の私にとってのお楽しみはクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭」です。クラシック演奏を気楽に聴ける場として楽しんできました。
 今年も5月3日から5日まで開催されるのですが、大きな変化が。
 まず、会場が東京・有楽町の東京国際フォーラムに加え、池袋の東京芸術劇場が追加されました。国際フォーラムの全館使用は変わらないので、純粋にハコ(客席数)の拡大です。しかし、有楽町と池袋は地下鉄で約20分とはいえ、距離が離れています。これで一体感のある音楽祭になるのか。。。ラ・フォル・ジュルネの成功をきっかけに仙台で生まれ定着した仙台クラシックフェスティバル(せんくら)も複数の会場間を地下鉄で移動するシステムで成功しているようなので、目算はあるのでしょうね。

 そして、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭」の名称は「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」にリニューアル。これに伴いロゴタイプも一新、2005年の第1回から使用してきたラッパをデザインしたロゴマークも消滅してしまいました。(ホームページはこちら
 正直に言って、ホームページのビジュアルや各コンテンツの記述も含めクラシック初心者、というかまだこの音楽祭を認知していない人に向けてのアピールはかなり薄くなったと感じています。わくわく感やキャッチーさがない。プログラムを見ても以前は「これは聴いてみよう」と思わせるコピーが踊っていたものですが、今は淡々とした記述になって。もう、わかってる常連さんだけ相手にしていればいい、みたいな雰囲気も感じられるんですよねえ。
 だいたい、タイトルから「熱狂の日音楽祭」を取ってしまっては、初めて見た人がこれが何のイベントなのか認知できないでしょう。初回開催のときはそこを危惧して「熱狂の日音楽祭」というサブタイトル的な日本語を足したという経緯があったはずなのに。。。ラ・フォル・ジュルネは東京に定着したという判断なのかもしれませんが、新たに上京してきた方とか、成長したお子さんとか、これからもリーチしていくべき層はあると思うのですけど。

 私がこの音楽祭を贔屓にしてきたのは、初回にたまたま立ち寄ってその敷居の低さと楽しさに一気に魅せられたということと、とにかく初心者・新参に優しい仕掛けや運営であるということでした。なので、今回のリニューアルで私としてはテンションが低くなっています。もちろん聴きに行きますけど、これまでのように3日間朝から晩まで会場に張り付くような聴き方はしない予定です。

 なんだかネガティブなことばかり綴ってしまいましたが、1公演平均45分のプラグラムを手頃な料金で聴けるという基本的なフォーマットは何ら変わっていないので、ちょっとクラシックを聴いてみたいなと思っている方は会場デビューしてみては如何でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

祝祭終わる

 「LA DANCE 舞曲の祭典」をテーマに開催されたクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭」(以下LFJ)は6日、予定の3日間の公演を終了しました。私は今年も3日間皆勤で楽しむことができました。

 今年はテーマのためか、特に収容力の大きなホールAを中心に初心者向けの有名な曲が多くて聴きやすかったのではないかと思います。初心者向けでも手加減しないのが芸術監督・ルネ・マルタンの流儀ですが、やっぱり人の気を引くには“撒き餌”は必要かと(^^)
 ラヴェルのボレロは会期中毎日演奏されましたが、1日目の公演116は変わり種でした。ピアノの小曽根真さんとトランペットのエリック宮城さんが参加したのですが、そもそもボレロにピアノなんか入ってないわけで、小曽根スペシャルバージョンと銘打ったアレンジで演奏されたのですが、破壊力が半端なかったです(笑)。小曽根さんは思ったよりも大人しめでしたがエリックさんがやりたい放題(^^)。かなり物議を醸しそうな演奏でしたが、客席は大いに盛り上がりLFJとしてこれはアリだとは思いました。他のコマでは正調な演奏をやっているわけで、お客さんが選べたり聞き比べできるところがLFJの良いところ。ちなみにこの時のオケはフランス国立ロワール管弦楽団で、国立らしからぬ?ノリの良さが印象的でした。最終盤でコントラバスが全員立って演奏したりとか、アンコールは指揮なしでスネアドラムと客席の手拍子に任せて、指揮者はステージ上をお散歩とか(笑)

 話題の気鋭のピアニスト萩原麻未さんのラヴェル・ピアノ協奏曲の熱演も良かったし(公演313)、血湧き肉躍るようなウラル・フィル・ハーモニー管弦楽団のダンソン第2番やマンボとか(216)、印象に残る演奏が多かったです。去年は急病で出演キャンセルになってしまったロシアの巨砲あるいは熊さんことボリス・ベレゾフスキーさんのソロリサイタル(123)も聴けて良かった~。

 運営面ではいろいろと思うところがあります。素人目にもわかる経費節減策があれこれあってちょっと残念なところも。もちろんこの経済情勢ですし、これだけの規模のフェスを安定的に開催していくには経費の問題は避けて通れないことは承知していますが、このフェスが大切にしてきたはずの「祝祭感」をこれ以上損なわないで欲しいなあと思います。もちろん今年のレベルでもクラシックフェスとしては破格の祝祭感はあるのですけどね。

 いずれにしても初心者向けに気楽にクラシックを楽しめる場を提供してくれているLFJには毎年感謝です。また来年も楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

今日から熱狂

 東京の大型連休の風物詩・日本最大級のクラシックの祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭」はいよいよ本日5月4日からスタートです。(と、書いているのは5月3日深夜ですが・・・)
 「LA DANCE 舞曲の祭典」をテーマにこれから3日間、東京国際フォーラムとその周辺は音楽に包まれます。クラシックの祭典ではありますが、クラシックに留まらずワールドミュージックなども聴けてしまいます。もちろん例年どおり、有料の本公演だけでなく、無料公演もありますので、お祭り気分でふらっと立ち寄っても楽しめるでしょう。

 で、開幕に向けて気分はMAX、と言いたいところですが、今年はなんと「前夜祭」が無くなってしまい、今ひとつテンションが上がらない前日になってしまいました。うーん・・・。みんなで楽器を持ち寄って演奏する人気企画「みんなで○○」(昨年はみんなでジュピター)をはじめとして前夜祭がまるごと無くなってしまうというのは全くの想定外でした。例年多くの人が集う場だったんですがねえ。1週間ほど前に、前夜祭の情報が一向に出てこないので事務局に直接問い合わせたら「ラ・フォル・ジュルネは毎年内容を変えていく。その中で今年は前夜祭をやらないことになった」という回答を聞いた次第ですが、なんだかなあという感じです。

 まあ、そうはいっても前夜祭は元々プログラムには入ってないイベントであったので、今日からの本公演期間は気を取り直して楽しみたいと思います。

 ちなみに、今年は思った以上に切符の出足が良いみたいです。収容力のあるホールA(5000席)・ホールC(1500席)の公演はこの時期でもだいたい買えるものですが、ホールCは4日の公演を中心に売り止めになっている公演が結構出ています。切符はお早めに。

 会場に行けないけど雰囲気を楽しみたい方は、ラジオ中継をどうぞ。NHKは例年会期2日目の中継ですが、今年は会期が一日後ろ倒しになったことととNHKの放送体制の関係か例年の2日目にあたる4日(つまり初日の今日)が中継日です。

 「まるっとラ・フォル・ジュルネ2017
 NHK-FM 5月4日(木)12:15~22:45 (中断18:50~19:20)

 このほか、クラシック専門インターネットラジオ「OTTAVA」も会期中毎日、特設スタジオから14:00~18:00の放送を予定しています。

 音楽祭のすべての情報は公式サイトにて。盛り上がるといいな。そして天気に恵まれますよう。大勢の人が行き交いキッチンカーがずらり並ぶ地上広場で飲むビールが楽しみです(←それかい!)。ええ、ラ・フォル・ジュルネはお祭りですから(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

今年も「熱狂」あります

 東京国際フォーラムを会場に行われる日本最大級のクラシック音楽イベント “ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭” (以下LFJ)の開催が近づいてきました。5月の大型連休の風物詩になっているLFJですが、今年の開催日程は5月4日から6日までの3日間。例年だと3日から5日の開催が定番ですが、暦の休日の並びを考慮して1日後ろにずれています。

 今年のLFJのテーマは「la dance 舞曲の祭典」。ポップス流に言えばダンスミュージック特集ということになりますね。クラシックでダンスといえばワルツやオペラやバレエあたりが頭に浮かびますが、すでに発表されているプログラムを見るとクラシックの枠を越えてワールドミュージック大集合な感じ。ジャズやタンゴや和太鼓まで登場しますから、親しみやすく盛り上がりやすいのではと想像しています。LFJは元々敷居の低い音楽イベントですが、クラシックをちょい聴きしてみたいけどクラシックオンリーだとなあ、、、なんて思ってる方にもさらに入りやすいのではないでしょうか。ぜひちょっとでも興味を持たれる方いらっしゃったら、来ていただきたいですねえ。

 チケットも既に発売されており、小さなホールの公演は売り切れ続出ですが、有名・人気の曲目が多く演奏され収容力のあるホールA、ホールCを中心にまだまだ多くの公演が買えます。
 また、チケットが無くても地上広場の無料公演と屋台村(笑)で楽しめるのがLFJでしたが、今年は無料公演のスペースだった「地上広場キオスク」が「地上広場イベントステージ」にリニューアルされ、出展各社のPRなども行うと告知されており、無料公演は少なくなりそうです。もっとも、無料公演は東京国際フォーラムだけでなく、周辺のイベントスペースでも多数ありますので、ふらっと来てみてクラシック音楽に触れるということはこれまでどおり可能でしょう。

 プログラムなどLFJのすべての情報は公式サイトにて。まだ出ていない前夜祭情報もそのうち出てくるでしょう。きっと楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

熱狂終わる

 東京国際フォーラムを中心に5月3日から開催されていたクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 熱狂の日音楽祭2016」(以下LFJ)は5月5日、終幕しました。私はといえば今年も会期中の3日間毎日通い、有料公演は合わせて10公演聴き、たっぷり楽しませていただきました。今年は4日の朝方に雨があったものの開場時間には晴れ上がり、久々に会期中3日間とも天気に恵まれ気温も上昇、まさにLFJ日和でした。地上広場で飲むビールが美味しかったです(^^) そこかよ!と言われそうですが、これ重要です、ハイ(^^) このお祭り気分こそがLFJなのです。

 今年のテーマ「la nature ナチュール 自然と音楽」は良かったと思います。かなり私好みでした。ホルスト「組曲・惑星」、ベートーベン「月光」など前から聴いてみたかった演奏が聴けて満足。プログラムガイドを見て、曲は分からないけど面白そうだなと思って取った公演も楽しめました。
 今年は新機軸として、日比谷野外音楽堂が公演会場に追加されました。(代わりによみうりホールが無くなりましたが) 自然のテーマに合わせたようですが、晴れていたこともあってなかなか良かったです。公園の鳥のさえずりとのコラボなんてそうそう無いですものね。
 公演の細かい感想は追々、また書くかもしれません。

 会場も大いに賑わいましたが、「熱狂」という観点でいうと今年はやや大人しめだったかもです。テーマが自然だったからかな(^^; 5日の最終公演は、和太鼓協奏曲「飛天遊」とストラビンスキーの「春の祭典」だったのですが、カーテンコールも程々に案外あっさりと終わってしまったのがちょっと物足りなかったかも。。いや演奏は熱演で大迫力だったのですけどね。

 終わって寂しいLFJ。でもお祭りには始まりもあれば終わりもあるわけで。そして来年もあります。来年のテーマが既に発表されていて「ダンス」だそうです。オペラやバレエなどの舞踊曲が多数出てくるんだろうなあ・・・盛り上がり系の曲が多くなりそうな予感で、早くも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧