2022年5月 7日 (土)

「丸の内ミュージックフェス」を振り返る

 大型連休の後半、5月3日から5日は先月紹介した「丸の内ミュージックフェス」を楽しんできました。有料のメインコンサートは各日の午後公演を観たので計3公演。その前後で、周辺の商業施設や路上で行われた無料のエリアコンサートをいくつか観ましたが、天気にも恵まれて実に心地よい3日間でした。

 いちおうクラシック推しのフェスですが、メインコンサートの午後公演はジャンルは様々。一番盛り上がったのはホーン隊が吠えまくった初日の「SUPER BRASS STARS XXL EDITION」かな。3日目の「ピアノと砂のファンタジー 星の王子様」は、物語の朗読にピアノ演奏とサンドアートを合わせる趣向で印象深い公演でしたが、なにぶん物語が切ないのでファイナルコンサートとしてはしんみりという(^^; サンドアートは初めて見ましたが、OHPのフィルム面に砂を撒いて絵を描いていくようなもの(OHPは使ってません)。物語の進行に合わせて次々とライブで描き出される絵にびっくりでした。

 メインコンサートの会場は東京国際フォーラムのホールC。東京国際フォーラムはコロナ前に開催されていたラ・フォル・ジュルネ音楽祭の会場だった場所ですが、地上広場はケータリングカーもテーブル席もなく閑散。通常のコンサートと同じ扱いで祝祭感には乏しかったですね。ホールCのロビーの喫茶コーナーも営業してなくて、公演前にちょっと飲んだりということもできず。

 では、気分がアガらなかったかというとそんなことはなくて、無料のエリアコンサートを渡り歩くのが楽しかったです。特に歩行者専用になった丸の内仲通りは、歩道に並木が続くなかテーブル席が用意され、ケータリングカーも出ていてみなさん思い思いに過ごされている中、野外ライブが行われているという、実に良い光景でした。商業施設内の会場も華やかさがあってよかったです。丸ビルとTOKIAビルの会場で使われていたピアノは昨年も登場した河合楽器製のShigeru KAWAIで、河合奈保子ファンとしては名前を見るだけでアガりますネ。

 プロモーションに関しては、なんでだろうと疑問に思うところもあります。メインコンサートとエリアコンサートのウェブサイトが独立していて、連携が乏しいのです。現地で配られていたガイドブックは一冊で全部網羅しているのに、勿体ないですよねえ。。。

 それにしても3年ぶりに大型連休の丸の内に音楽が戻ってきたのは嬉しいことでした。新型コロナの脅威が去ったわけではなく、実際、メインコンサートのうち5日午前の部は、関係者に濃厚接触者が出たという理由で中止になってしまう影響もありましたが、とにかく開催にこぎつけた主催者には感謝しかありません。一昨年、昨年は自宅で配信にへばりついてましたが、やっぱりリアルなライブにかなうものはないです。とはいえ配信には空間と時間を超えられるという良いところもあります。今年はリアルと配信の併用で、一部はアーカイブも公開予定とのこと。私も現地で観たものは限られるので、アーカイブ配信も視聴したいと思います。

丸の内ミュージックフェス エリアコンサート(ピティナ)

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

大型連休の東京・丸の内の今年は

 新型コロナ禍になる前、東京・丸の内の大型連休の風物詩といえば、クラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」(以下LFJ)でしたが、20年、21年と開催中止が続き、今年も中止に。しかも、公式ツイッターによれば「国際的な音楽イベントを取り巻く未だ厳しい状況と、2年に及ぶコロナ禍の影響を受け、LFJ2022以降の開催を暫時見合わせる」と発表しています。つまり、コロナの状況が落ち着いたとしても、当分の間は開催はないということ。一方で、本家・フランスのナントでの「ラ・フォル・ジュルネ」は今年1月30日から5日間の日程で開催されています。フランスで出来ることが日本では出来ない。。。もちろん出演アーティストの大半が欧州在住であるLFJでは、防疫措置でアーティストの来日がネックにはなるのでしょうが、もう金銭面で開催が難しくなっている・・・なんてこともあるのかなあと想像したり。だとしたら残念ですね。日本の国力が落ちているということで。

 そんな状況なので、今年の大型連休はまた音楽配信のイベントで過ごすことになるのかなあと探ってみたら、なんと丸の内でクラシックコンサートを開催するというではありませんか!

お子様から大人まで楽しめるクラシック音楽コンサート「丸の内ミュージックフェス メインコンサート」開催
(丸の内ドットコム)

 東京国際フォーラムのホールCを会場に3日間で全6公演。LFJと比べればごくごく小規模ながら、配信でないコンサートが復活するのは喜ばしいです。無料で見られる街角のコンサートもあるというので、ちょっとだけLFJのような香りを味わえるかも。これで大型連休の楽しみが出来ました。

 これ、検索で見つけましたが、LFJが公式サイトも公式ツイッターもこの情報を出していないって、どうしてかなあ。主催者は毎年LFJに連動して街角コンサートをやっていたところなのにねえ。。。

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

丸の内GWフェスティバル終了

 大型連休中は配信イベントの「丸の内GWフェスティバル」を連日オンタイムで視聴していました。終わってしまいちょっと虚脱感(^^;

 クラシック音楽フェスのラ・フォル・ジュルネTOKYOは2年連続で中止になりましたが、こうして配信ではありますが今年もクラシックのイベントの気分を味わえたのは何よりでした。東京駅前、丸ビルマルキューブからの配信映像は、ガラス越しに街中の様子もわかり、無観客でしたがライブ感が感じられるもので良かったです。とはいえ、やっぱり生の音と現場の空気感は恋しいものです。居ながらにして最前列相当で楽しめたりする配信の利点は認めつつ、来年は会場で聴けるといいなあ。。。

 ほとんどの演奏がアーカイブ配信されていますので、ちょっと覗いてみてはいかがですか。

<4月29日・5月1日・2日>
ラ・プティット・フォル・ジュルネ2021
丸の内エリアコンサート

特設サイトからプログラムを選んで直接YouTubeのアーカイブ映像に入れます。

4月29日の小原孝さんの演奏がとても楽しかったです。
5月2日は東京芸大デー(勝手に命名)でしたが、学長みずから演奏しているのは貴重なのかも。

 

<5月3日・4日・5日>
丸の内エリアコンサート
ピアノ3days

特設サイトではわかりにくいですが、ピティナのチャンネルで見られます。手っ取り早く見るためのプレイリストはこちら

プロから気鋭の若手、オーディション選抜まで多彩な出演で楽しかったです。
5日はこどもの日で小学生が多数出演してましたが、子どもと侮れない演奏にびっくり。

 

そうそう、これは触れておかねば。会場のピアノ。

前半の2日まで使われたのは、木目調のきれいな見た目のスタインウェイ。黒一色のものを見慣れているので新鮮でした。

3日から使われたのは河合楽器のShigeru Kawaiというブランド。公共ホールで見かけるピアノといえばヤマハかスタインウェイで、カワイを目にする機会がないのですが、配信を聴いていたらいいじゃないですかこれ。って調べたらカワイの最高級ピアノだそうですから当たりまえですか(^^; やっぱり心情的にカワイを応援したくなりますネ。

| | コメント (0)

2021年4月30日 (金)

今年「も」大型連休はおうちでクラシック

 春の大型連休がスタートしましたが、首都圏や京阪神は緊急事態宣言だの蔓延防止措置だので気兼ねなく出かけられる状況ではなく、そもそもイベントの取りやめ、施設の休館も相次ぎ、どうにも楽しくない気分。なんだかなあと思っているところに、今年もクラシックフェスがおうちにやってくることを知り、楽しみが出来ました。

題して「Marunouchi GW Festival 2021」(公式サイト

 昨年、オンラインで開催された「丸の内GWミュージックフェスティバル2020」が帰ってきた感じです。「ミュージック」が付かなくなりましたが、中身はがっつりミュージック♪ ディズニーとコラボした企画が入っていてミュージックだけではない、ということなのかもしれません。

 きのう4月29日からスタートしていたものを一部観ましたが、東京・丸の内の演奏会場からのライブ配信でした。本来は有観客でやるはずたったのが緊急事態宣言で無観客・配信のみになったものですが、スタジオや自宅などではなく丸の内の現地からというのは、2019年まで「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」に付随して行われていた街なかのエリアコンサートを観ているようで良かったです。映像や音の品質も良かったですし。

 演奏の配信は4月29日・5月1日~5日の計6日間。29日のプログラムはアーカイブで視聴可能になっていました。今後のプログラムも同様と思われます。おうちクラシック、如何でしょうか。

 

 なお、「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」を離脱して独自の音楽祭を行っている「風と緑の楽都音楽祭2021」(金沢市)と「近江の春びわ湖クラシック音楽祭2021」(大津市)はリアル開催にこぎつけたようです。うらやましいなあ。行ける方は楽しんでください。

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

プレイバック!丸の内GWミュージックフェスティバル

 ちょうど1週間前に、オンラインで開催された丸の内GWミュージックフェスティバルのことを綴りましたが、3日間の配信内容のほとんどがYouTubeのピティナ ピアノチャンネル PTNAで公開されました。こうした企画はオンタイムで視聴したほうが演奏家や多くの視聴者と同じ時間を共有している感覚から気分がアガるものですが、あとから見返すと当日の感動がよみがえってきて、これはこれで良いものですね。当日ご覧にならなかった方も少し覗いてみてはいかがでしょう。

開催日別の通し動画はこちら

【ライブ】丸の内GWミュージックフェスティバル2020

 

各コーナー別の動画はこちら

丸の内GWミュージックフェスティバル2020オンライン企画

 

個人的に特に印象に残ったコーナーを挙げてみます。

【5月2日】

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
 4人のリモートアンサンブルが決まってます。

「ズーラシアンブラス」
 子どもが喜びそうな動物のコスプレオーケストラ。

【5月3日】

「ガチャピン・ムックの楽器で遊ぼう」
 あのムックがピアノをバリバリ演奏。

「赤×黒デュオ 魅惑のアンサンブル」
 ホルストの惑星から「ジュピター」のリモートアンサンブルが素晴らしい!

【5月4日】

「ブリリアント・ピアニスト」
 15歳のピアニストが登場!すばらしい才能。

「おうちから 学校クラスコンサート」
 アクロバティックなピアノ連弾が見事。

「小原孝 ファーストYouTubeライブ」
 ラヴェルの「ボレロ」をソロピアノで迫力の演奏!

 

みなさんも、いろいろ聴いてみてお気に入りを見つけてくださればと思います。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

今年の大型連休はオンラインでクラシック

 きょう5月2日は、本当なら大型連休恒例のクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」の開幕日のはずでした。

 しかし新型コロナウイルスのために中止に。。。毎年通っていたイベントがなくなったことで心に大きな穴が空いた感じだったのですが、オンラインの音楽イベントが今日からあることを知り、視聴してみました。

 丸の内GWミュージックフェスティバル2020

 演奏家はみな自宅からオンラインで参加。ソロの演奏は生配信、アンサンブル演奏は事前に個別収録したものを編集して送出という形でしたが、若手の演奏家が次々登場して演奏していく様は、ラ・フォル・ジュルネTOKYOの開催期間中に東京国際フォーラム周辺で行われる観覧無料の「エリアコンサート」をオンライン化したような感じでした。

 自宅からはスマートフォンから配信しているようで音質はそれなり。回線状況なのか音が途切れたりすることもありましたが、あらゆるイベントが無くなった今、音楽が今できることを考え、実行されたということに意味があると思うし、ラ・フォル・ジュルネTOKYOの香りが感じられて嬉しかったです。今年は「何がGWだよ」と思ってたのですが、心が安らぎました。やっぱり音楽っていいですね。

 フェスティバルは4日まで続きますので、みなさんも如何でしょうか。

 * *

 そうそう、音楽といえば。

 FMおだわら「まいのアイドルメモリーズ」4月30日放送回は秋元康作品特集でしたが、河合奈保子さんの「恋のハレーション」が流れました。B面曲がラジオから流れることは滅多にないので嬉しかったですね。まあ私がリクエストしたんですが(^^)。MCのいまのまいさんは「爽やかなお嬢さんのイメージの奈保子さんにはA面の「エスカレーション」よりもこちらのほうが合っていた」という趣旨のコメントがありましたが、当時リアルでファンだった方も同じ思いだったかもしれませんね。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

LFJも中止に・・・

 5月の大型連休の恒例イベントであるクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」(以下、LFJ)の中止が27日に発表されました。私にとって5月で一番楽しみなイベントがなくなってしまったことは残念でなりませんが、 欧州を中心に多数のアーティストが出演するのが特徴であるLFJにとって、新型コロナウイルス感染拡大の影響で各国からの入国制限が4月末までとられることになったことは致命的でした。東日本大震災の直後だった2011年も規模を縮小しつつも開催したLFJですから、初の中止を決定した主催者も無念でしょう。開催できていればベートーベン生誕250年を祝うテーマで盛り上がるはずでした。

 音楽イベントは平時でなければ楽しめないということを、こんな形で実感することになるとは。。。何気ない日常のありがたさを想います。

 * * *

 いま、音楽を生業にしている人は苦境に陥っています。イベント自粛要請の影響でアーティストは出演機会がなくなり、ライブハウスは興行が激減、音楽教室が休業で講師の仕事がなくなったりとか。自粛に合わせて「不要不急」という言葉が飛び交っているこの頃ですが、観る側にとっては不要不急であるかもしれないけれど、生業にしている人にとってはそれがなくなったら食べていけません。こういったことは音楽に限らず、演劇など文化芸術全般に起きているわけですが、自粛要請をするなら収入の補償(給付)による救済措置がセットであるべきだと、私は強く思います。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019の公演を振り返る(2)

前回に引き続き、今年のラ・フォル・ジュルネTOKYO(以下LFJ)の公演を振り返ってみたいと思います。前回と同じく各公演の出演アーティストや曲目の詳細は公式サイトのプログラムで公演番号と対照していただければと(手抜き・・・)

◆公演243 “シエナが贈る!世界のブラス傑作選”

 LFJはジャンルを超えたプログラミングをするのでこうした吹奏楽の公演もあります。これはシエナ・ウィンド・オーケストラの演奏がかっこよかったですね。「くるみ割り人形」の花のワルツがジャズアレンジになっていてびっくりしたり、ガーシュインの「パリのアメリカ人」もノリノリで。で、この公演の個人的ハイライトはラストの「宝島」。プログラムに「客席の皆さんも演奏にご参加いただけます」と書かれいていたたのですが、公式サイト上の案内ではどんな楽器でも参加OKとのことだったので、私も図々しく(微笑)パーカッションで演奏に参加しました。東京国際フォーラムのホールCでプロと共演!とても楽しく、気持ちよかったです。3F席まである1500人の客席をステージから見ることなんておそらくもうないだろうなあ。もう1回演奏したいぐらいでしたが、さすがにアンコールはありませんんでした(^^;

◆公演315 “アメリカ~JAZZ meets クラシック”

 LFJ常連と言ってもいい小曽根真さんが登場。シンフォニア・ヴァルソヴィアと「ラプソディー・イン・ブルー」を演奏するという、ある意味「王道」のプログラミングですが、そこは小曽根さん、いろいろやってくれます。まずカデンツァが大盛り(笑)いったいどこまで行ってしまうのだろうというぐらい。最初はおとなしく弾いていた感じですがだんだんとジャズ寄りに。で、びっくりしたのは、オケのホルンの人とトランペットの人がふらっと前に出てきて小曽根さんのカデンツァに絡んできたのです。これが完全にジャズ。このときばかりはジャズセッションの様相でした。小曽根さんがジャズに寄せて弾くのはある意味当然ですが、クラシックのオケメンがジャズを演奏したのには大拍手。このときは指揮も手拍子を煽ったりして、なかなか粋だなあと。小曽根さんのサイン会に参加した方のツイッター情報では、オケメンにジャズをやらせたのは小曽根さんが仕込んだんだそうで、やるなあと。そんなこんなで客席は大いに盛り上がりました。
 その後は、フランク・ブラレイさんが登場してラヴェルのピアノ協奏曲を。こちらの曲はラプソディー・イン・ブルーほどジャズっぽくはないですが、ほのかな香り、ぐらいでしょうかね。ラヴェルらしいキラキラしたサウンドが良かったです。ブラレイさんの熱演に小曽根さんに負けず劣らずの拍手が送られました。


 ということで、今年聴いた公演は個人的にはみんな当たりだったなあと。行ってみるとやっぱり楽しいクラシックフェスです。プログラムの書き方が初期の頃のように初心者に優しいとなお良いんですけどね。そこは来年に期待しましょうか。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019の公演を振り返る(1)

 というわけで、今年のラ・フォル・ジュルネTOKYO(以下LFJ)の公演を振り返ってみたいと思います。なお各公演の出演アーティストや曲目の詳細は公式サイトのプログラムで公演番号と対照していただければと(手抜き・・・)

◆公演241 ”6人ピアノストの豪華饗宴”(2台8手)

 これはタイトルだけで切符を取りました。なんかすごそうだなと。実際,すごかった(笑)。ピアニストがまず豪華だったし。6人いて2台8手とはどういうことなのかと思ったら、6人を3組に分けて、1曲につき2組(つまり4人・8手)で演奏、1組ずつ交代して3曲やるとちょうど一回りする、という仕掛けでした。2台8手のピアノは音の厚みがあって華やか。曲が南欧をテーマにしたものだったことも華を感じた理由のひとつかもしれません。弾き終えたあとのアーティストの「やったぞ」といった感じの笑顔がまた良かったです。客席も盛り上がって大拍手。アンコールではなんと2台12手、つまり1台のピアノに3人張り付いての演奏という、滅多に見られないパフォーマンスでまたまた客席が盛り上がりました。まさにタイトル通りの饗宴でしたね。

◆公演246 ”ボリス・ベレゾフスキーのカルト・ブランシュ” 

 これはアーティストで切符を取りました。ボリス・ベレゾフスキーさんのピアノはLFJで何度も聴いてますが、素晴らしいので。ロシアの巨砲とか熊さんとか言われたり、ベレ様と呼ぶ人も。人気ピアニストです。
 カルト・ブランシュはアーティストに全ておまかせの公演で、曲目は当日のお楽しみという趣向。なのにホール入口で貰えるプログラムにはなぜか曲目が印刷されてまして。ところが実際に演奏したのはそのプログラム通りではなかったそうで、インフォメーション掲示板に訂正情報が2回入るという(笑)。カルト・ブランシュなんだからプログラムの曲目は空白にしとけば良かったのにねぇ。(実演された情報は別途欲しいですが)
 演奏されたのはスクリャービン作品。初めて聴く作家ですが、現代音楽的な香りもあり、どこかスピリチュアルな香りもあるという、不思議な感覚の曲でした(意見や感じ方には個人差があります・笑)。大柄な体と対照的に音は実に繊細。でもどーんと弾けるところはバリバリと弾くという、ベレゾフスキーさんならではの曲だったようにも思います。全て弾き終わって大拍手。ベレゾフスキーさんもご機嫌だったのかアンコールを2曲も弾いてくれてまたまた大拍手でした。


ということで、まずピアノの2公演を綴りました。まだ続きます。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

15回目のラ・フォル・ジュルネ終わる

 大型連休恒例のクラシック・フェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019」(以下、LFJ)は3日から5日までの会期を終了しました。私も3日間、ふだん聴かないクラシックの生音を会場で楽しみました。

 会場の東京国際フォーラムは賑わっていましたが、切符売場に長蛇の列が出来るようなこともなく、少し落ち着いた感じが。完売公演も続出していましたが、5000人収容のホールAの完売公演が殆ど無かったのと関連しているのかな。。。

 私は2005年の初開催から皆勤ですが、結局有料公演は事前に取った4公演のみで、2005年の2回に次いで少ない結果になりました。少し前までは、LFJでなければクラシックのコンサートを気楽に聴けないからと、3日間できるだけ有料公演を詰め込み、余裕があれば現地で切符を買い増したりしていたものですが、もっとゆったりした聴き方で良いかなと思って(^^; 空き時間に有料公演出演アーティストの無料ステージも2回見たので、感覚的には有料6公演相当といったところでしょうか(微笑)

 数は絞りましたが選んだ公演が我ながら良くて、どれも強く印象に残るコンサートでしたので、事前にはネガティブなことも書いてましたが結果は大満足。人生初の経験もしちゃったし!そんなこんなを、この後少しずつ綴っていきたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧