2018年9月14日 (金)

「受信機」を日常の生活に

 先週は台風と地震が日本列島を襲い、大きな被害になってしまいました。
 それとともに、どちらも大規模な停電が発生し、直接の被害がなかったところでも停電で不自由な生活を余儀なくされるという事態になりました。
 そして、停電によりテレビジョンが見られなくなり何が起きているのか情報が得られなかったとか、スマートフォンでIPサイマルラジオを聞いて情報収集したがバッテリーの減りが気が気でなかった、なんていう話をネットでよく見かけました。

 そういう話を聞くにつけ、「なぜ電池で動くラジオ受信機を持ってなかったの」と思ってしまいます。

 もちろん、今回の停電で不便を強いられた方にはお見舞い申し上げますが、停電が起きたらテレビは役に立たないということは、過去の災害で何度も何度も繰り返されてきたことです。同じことが繰り返されるのは残念でなりません。

 私の想像ですが、結局のところ多くの人にとってラジオが「防災グッズ」になってしまっているのではないかと思います。「いつあるかもわからない災害の時にしか使わないグッズ」だから備えようとしない・・・そんな意識でいる方が多いのではと。

 ラジオ局にも問題があるように思います。
 ラジオ受信機を持っていない「イマドキ」の人でも聞くことができるIPサイマルラジオが沈滞するラジオの活性化に繋がるツールであることは間違いありませんが、IPサイマルラジオの便利さばかり訴求していないでしょうか?私もradikoやらじる★.らじるは便利に使わせてもらってますが、ラジオの主はあくまで受信機による.聴取であり、もっと受信機による聴取を訴求すべきだと思うのです。radikoが始まるとき.だって建前は「都市部での難聴対策」であり、放送波を補完するものという位置づけでした。

 ぜひラジオ受信機を防災グッズとして捉えるのではなく、日常の生活で使う「日用品」として備えて頂きたいものです。AM/FM2バンドの電池式ラジオが、量販店へ行けばたかだか2000円程度で手に入ります。こんなに安い日用品でふだんは芸能人の飾らないトークや音楽やニュースが楽しめて、災害のときにも威力を発揮するのです。備えない手はないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

「ラジオ深夜便」の河合奈保子特集

 本館に予告のお便りを頂いていましたが、9月2日深夜(3日2:00~)のNHKラジオ深夜便「ロマンチックコンサート」にて「80年代アイドルファイル・河合奈保子作品集」が予定どおり放送されました。ラジオ深夜便は災害情報や緊急の気象情報が入るとそちらが優先になりますので、まずは放送されて良かったです。

 曲目は番組HPに掲載されていますが、いずれ消えてしまうのでこちらにも記録しておきます。

 1.スマイル・フォー・ミー
 2.大きな森の小さなお家
 3.ラブレター
 4.夏のヒロイン
 5.けんかをやめて
 6.エスカレーション
 7.疑問符
 8.デビュー
 9.ハーフムーン・セレナーデ
 10.十六夜物語

 エピソードを添えた曲紹介をしつつ曲を次々に流すスタイルで全10曲は結構なボリュームでした。ラジオ深夜便の2時台とか3時台は久しく聞いていませんでしたが、以前は曲をそんなに詰め込まずトークを挟んでゆるゆると進行していた記憶がありますので、聞きながらちょっと驚いてしまいました。
 選曲はやや初期曲寄りでしたが、後期の自作曲が2曲入ったのは望外でした。この種の番組で自作曲までたどり着かないこともままあるので。欲を言えば中期の特徴である吠え系が物足りない感じですが、時間に限りがありますので贅沢は言えませんね。俯瞰してよくまとめていただいたと思います。

 この日のアンカーの徳田章さんはNHKでは芸能畑のアナですが、やはり奈保子さんとの直接の接点はなかった模様で曲紹介時のトークは事前に用意されたスクリプトを読み上げているようでした。「大きな森~」の曲後に「テレビのCMソングでよく聞いていたような・・」としゃべっていましたが、記憶違いですね(^^; 紅白歌合戦での歌唱曲についてはNHKらしくしっかりとフォロー。いっぽうで「ラブレター」は3ヶ月毎のリリースをほぼ崩さずにということを指摘しておきながらレッツゴーヤングのリハでの転落事故については触れずという(^^;
 「オリコン」という言葉は避けながら(NHKらしい・・)チャートの情報を結構入れてきたのは意外でした。「愛をください」から「十六夜物語」まで20曲連続トップ10入りとか。さらに「十六夜物語」では日本作曲大賞金賞を受賞し作曲家として認知された重要な作品とか、冒頭のプロフィール紹介で「ピアノもマンドリンも弾けて譜面も読める。自分で作詞作曲もしていたそうで制作側ではいずれシンガーソングライターに育てようという目論見もあった」とか他ではなかなか触れられないことも。どんな人がスクリプト書いたんだろう。。。

 NHKラジオ深夜便は派手さはありませんが、調査によれば全国で毎晩200万人が聴取しているという人気番組です。もちろん、6時間のうち一部分だけ聞いている方もカウントに入りますので2時台にどれだけ聞かれているかというのは別の話にはなりますが、現在の深夜放送では大きな影響力を持つ番組であることは確かです。加えて日曜深夜は民放ラジオはどこも放送休止ですので、ふだんNHKラジオを聞かない方がたまたま聞いていたという可能性も高いと思われます。そういう番組で取り上げて頂いたことで,多くの方に奈保子さんの歌・音楽の魅力が伝わったり思い出してくれたりしたら、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

「ひるのいこい」」が侮れない

 NHKラジオ第一の正午のニュースの後に放送されている「ひるのいこい」という番組があります。番組HPによると1952年放送開始という超長寿番組で、テーマ曲やBGMがいかにも古風な感じな上に読まれるお便りもスローテンポという、いかにも昔の放送協会の番組といった風情なのですが、ここで流れる曲は意外とポップスも多かったりレアな曲が流れたりで侮れないんですよね。

 で、8月27日の放送ではなんと、河合奈保子さんの「夏の日の恋」が流れています。この情報はファンサイト「尾崎亜美研究室」を運営している方のブログで知ったのですが、番組HPの聞き逃しサービスで聞いたらそれまでのゆったりした番組の流れの中で唐突にあのイントロが流れてきて、おおっと思いましたね。曲紹介は曲名と奈保子さんの名前だけで極めてシンプル。この曲なんだろうと思った方、多いでしょうねえ。なんせ「コントロール」のB面ですから、ファンぐらいしか知らないかと。

 番組HPによると、今週の選曲テーマは「夏の日の恋」の同名異曲集ということで、その中で奈保子さんが選ばれたよう。28日はザ・リリーズの「夏の日の恋」、29日は神田正輝さんの「夏の日の恋」が流れています。こういう切り口で構成するとは目の付け所が違いますね、

 ただご承知の通り、この曲は八神純子さんのカバー。なぜ本家ではなく奈保子さんのカバーバージョンを選曲したのか謎。。。いや、個人的には嬉しいんですけど、八神さんのファンが聞いていたら心がざわついただろうなあって。

 ということで、9月3日15:00までの期限つきですが番組HPで聞くことができますのでよろしければ→こちら
番組テイストと曲のギャップをお楽しみ下さい(微笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

ラジオ放送の結果 2題

 ラジオ放送の告知を雑記帳で綴っていましたが、その結果を2つ。

 一つは2月25日深夜放送のFMおだわら「午前0時の歌謡祭」『作曲活動50周年・筒美京平特集』の後篇ですが、番組ブログに放送内容が出ましたので、そちらをご覧いただければと。(またしても手抜き!)
 河合奈保子さんの曲が出るのでは・・・としていましたが、BGMで「エスカレーション」が流れました(^^)。
 本編としては流れなかったわけですが、実弟の渡辺忠孝さんが出演とはいえコロムビアで仕事をしていたわけではないので、濱口英樹さんがオーガナイザー特権で(微笑)BGMに押し込んでくれただけでもラッキーと捉えた方が良いのかもしれません。1月の放送で「浅い夢」を流していただいてますしネ。ちなみに渡辺さんの選曲は「なんてったってアイドル」でした。

 二つ目は、「静岡放送開局65周年特別コンサート 尾崎亜美×杏里×中村あゆみ Triple Jewelry Acoustic Night」の模様のラジオ放送。
 3月4日にSBSラジオの中波(AM)とFM補完局(ワイドFM)で放送されましたが、放送エリア外かつ外出中でしたので、Radikoプレミアムのタイムフリーで聴きました。全国のほぼすべての民放局がエリアに関係なく、しかも後から聴取できるようになるなんて、いい世の中になったものです。夜間帯にフェージングと闘いながらAMの遠距離受信にチャレンジするのもラジオらしい面白さはあるのですが、昼間の放送では無理ですからねえ。
 で、聴いて驚きました。なんと杏里さんのソロコーナーがまるまるカットされていました。中村あゆみさんのライブを4曲出したあと「続いて行われたのが杏里さんのステージ。数々の名曲を披露したあと、尾崎亜美さんを招き入れて・・・」というナレーションで「オリビアを聴きながら」のコラボへつないでいました。なんでこうなっちゃったんだろう。。。三人三様の個性が出ていたあの夜のコンサートの雰囲気がこれでは出ないし、あの場に居た人にとっては「ああ、そうだったよね」と振り返れないなあと。個人的には亜美さんの時間(曲数)が多めなのは普通なら嬉しいのですけど、ちょっと後味が悪い感じがしてしまいました。よほど「大人の事情」でもあったのかしら。
 ということで、Radikoタイムフリーは放送から1週間が「消費期限」になってますので、これから聴こうという方はお急ぎを。こちらから3月11日まで聴取できます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集

 FMおだわらで毎月第3・4日曜の深夜0時から放送している「午前0時の歌謡祭」は当店で何度も取り上げておりますので、少しはおなじみになってきたでしょうか(^^)。
 2月は「作曲活動50周年・筒美京平特集」ということで、すでに18日深夜に前篇の放送が終了しております。この特集、本人の登場はありませんが、実弟で音楽プロデューサーの渡辺忠孝さんがゲストで登場。実弟ならではの興味深い話が繰り出されておりました。前篇の放送内容がすでに番組ブログにアップされていますのでご覧いただければと思いますが、選曲は60年代~70年代が中心でした。

 で、後篇は予告によると80年代アイドルソングを中心に・・・ということでしたので、ちょっと期待しちゃっていいんじゃないかなあ、河合奈保子さんの楽曲放送を。ちなみに3月7日発売予定のベスト盤「筒美京平自選作品集 50th Anniversaryアーカイヴス アイドル・クラシックス」(ビクター・2枚組・3,241円+税 )には「エスカレーション」が収録予定ですが、さて番組ではどうなりますか。あ、筒美さんの50年の偉業を前後篇たった2時間で振り返ろうというのですから、奈保子さんが流れなくても冷静に受け止めましょうね。

「作曲活動50周年・筒美京平特集」
 後編 2月25日(日)深夜24:00~25:00
 聴取方法は番組ブログにて

 そうそう、告知だけしておいて聴取レポを出していなかった1月の放送ですが、内容は番組ブログで確認ください。(手抜き!)
 予告のあった奈保子さんの楽曲は、アルバム『あるばむ』から「浅い夢」でした。『あるばむ』の発売日が83年1月21日。ちょうど放送日の35年前ということで選んだということでしたが、カバー曲を持ってきたところに意表を突かれました。でも奈保子さんの繊細な歌唱がよくわかる曲ですよね。普通ならまず放送に乗らない曲を出していただいてありがたいことです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

「午前0時の歌謡祭」放送2周年での予告

 歌謡曲愛好家の濱口英樹さんがパーソナリティ(番組ではオーガナイザーと呼称)を務めるFMおだわらのラジオ「午前0時の歌謡祭」が2016年1月に放送開始されてから今月で満2周年になります。濱口さんといえば昨年の「再会の秋 河合奈保子ファンミーティング2017」にも出演されたことからもわかるように河合奈保子ファンとしても知られていますが、オーガナイザーという立場を存分に発揮して?番組で2回も奈保子さん特集を組んで下さるほか毎回の放送でBGMにピアノインスト曲「face to face」を使うなど、ファンにはありがたい存在です(^^)

 さて2周年を迎える今月の放送ですが、番組サイトでは明記されていないものの、濱口さんの個人のツイッターで「奈保子さんの曲をかける予定」との言及がありました。奈保子さんの特集ではありませんが、濱口さんがどんな曲を選ぶのか楽しみです。

 「特集:オーガナイザー2018新春セレクション」
 本放送 1月21日(日)深夜24:00~25:00
 再放送 1月28日(日)深夜24:00~25:00

 神奈川県小田原市のコミュニティFMですが、インターネットにより全国で聴取できます。聴取方法は番組サイトにて。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

今週は亜美ウィーク

 NHK-FMに「夜のプレイリスト」という番組があります。ひとりのアーティストが、思い出のアルバムや影響を受けたアルバムを選び曲を紹介する番組ですが、今週10月10日(火)~10月14日(土)は尾崎亜美さんが出演。5夜連続でたっぷりと曲を紹介する予定です。

 番組公式ページ:夜のプレイリスト

 ここで注意したいのが日付。
 放送時間が0:00~0:50、つまり日付が変わった直後で、実質的には月~金の深夜の放送です。民放なら深夜24:00~25:00と案内するところですが、このあたりは放送協会は日時の表示が忠実というかオカタいというか(苦笑)。そんなわけで初回はきょう9日深夜の放送です。聞き逃したかた向けには10月16日(月)から夕方18:00に再放送もありますが、再放送がない地域もあるということですので、本放送をお聞きになるなりタイマー録音されることをお勧めします。

 さて、どんなアルバムが紹介されるのでしょうね。ステージトークでは「影響を受けた音楽はバッハとキダ・タロー」なんておっしゃってるのですが(微笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

奈保子さんの放送の話題 2題

 NHK音楽番組出演映像集DVD「河合奈保子プレミアムコレクション」がオリコンのDVD音楽の週間チャートで3位入りしたのは既報の通りですが、DVDとBul-rayとの合算、つまり映像商品の音楽部門でも8位にランクインしたことがコロムビアから発表されています。オリコンのサイトではDVD総合、Blu-ray総合は掲載されているものの、ジャンル毎の合算チャートが出ていないので、こういうパブリシティは重要ですね。
 ということで、9日深夜のTBS系「COUNT DOWN TV」を録画しておいたら、しっかり紹介されていました。「オリコン調べ」でそのままランキングを出しているので8位。紹介されていた映像は「スマイル・フォー・ミー」とありきたりですが(^^;、これはコロムビアがネットに公開しているダイジェスト映像と同じもの。きっとテレビ局に資料として渡している映像なのでしょうね。この手の映像は一般向けにアピールすることですから、これはこれで正しい選択かと。ネットでは8位に驚きの声もちらほら。

 そして、明けて10日の朝、NHKラジオ第一「マイあさラジオ」内のコーナー『サエキけんぞうのすばらしき80's』では、本館告知のとおり河合奈保子さんを取り上げて下さいました。こちらは9月の企画が「80年代アイドルのデビュー曲、セカンド曲」だそうで、先週3日が松本伊代さん、来週17日が伊藤つかささん。今回のDVD発売との連動ではなかったようです。番組でもDVDに触れることはありませんでしたが、昔に比べユルくなったとはいえ公共放送ですものネ(微笑)。
 ということで企画に従い、流れた曲は1stシングル「大きな森の小さなお家」と2ndシングル「ヤング・ボーイ」。サエキさんは何かの解説を読んだのかなあ、デビューの経緯を比較的詳しく述べていました。オーディションの選考は紙一重、大阪地区予選はいったんは最終審査に残らず、本来代表1名のところ特別に2人目の代表として本選に進んだということも紹介した上で「選ばれた河合さんによって人生を変えられた方もいるんじゃないでしょうか」とおっしゃってましたが、それは大阪地区予選の「本来の」代表者だった小林千絵さんのことじゃないかしら。あ、最終的には歌手デビューを果たしたから変えられたというほどでもないのかな。。。
 そして歌唱力の件にも言及。相方のアナウンサー氏の「ここまでの(素晴らしい)歌唱力というイメージは正直なかったんですが、なぜでしょう」という振りに対して「水着姿に世の男は心を奪われて歌の印象が薄くなるということもあるんじゃないでしょうか」と、音楽面に魅力を感じる奈保子ファンが心のどこかに抱いているであろう思いをズバっと直球で代弁。続けて歌だけでなく楽器演奏や自作曲の発表など本格ミュージシャン的素質を持った方と紹介していただきました。
 サエキさんは以前にデュエットソング特集で「愛のセレナーデ」を取り上げていただいていて、その時も奈保子さんの音楽面を好意的に紹介してくださったのでありがたい限りです。この放送を聴いた方が印象を変えてくれたらいいなあと思います。早朝の放送なので聴取者はさほど多くなさそうですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

午前0時の歌謡祭「河合奈保子リクエスト大会」後篇も終了

 先週に引き続き、8月27日深夜のFMおだわら「午前0時の歌謡祭」は河合奈保子リクエスト大会の後篇でした。

 前篇の放送がアルバム曲中心でしたのである程度覚悟(笑)じゃなくて予想はしていましたが、後篇もアルバム曲たっぷりという、実に贅沢な内容になりました。

1.THROUGH THE WINDOW -月に降る雪
<BGM>デビュー ~Fly Me To Love
2.ANGELA -手をひいてアンジェラ
 (アルバム「Daydream Coast」)
3.星になるまで -NIGHT AFTER NIGHT
 (アルバム「NINE HALF」)
<BGM>エスカレーション
4.PARIS OCTOBER ーパリは悲しみに燃え
 (アルバム「さよなら物語」)
<BGM>ハーフムーン・セレナーデ
5.秘めやかなラヴ・ストーリー
 (自作曲ベスト盤「Masterpieces」)
6.想い出のコニーズ・アイランド
 (アルバム「Scarlet」)
7.Dear John
 (アルバム「Members Only」)
8.言葉はいらない ーBeyond The Words
 (アルバム「engagement」)
<BGM>face to face
 (アルバム「nahoko 音」)
9.十六夜物語

シングルA面は本編9曲中2曲という、前篇を上回るアルバム率!
そして普通ならネグられてしまう自作曲も5曲!
 いやあ、いかにリクエスト特集とはいえこんな選曲のラジオ番組はないですよ。きっと、番組常連リスナー以外にも、話を聞きつけた(微笑)奈保子ファンも多くリクエストしたのでしょうね。それをしっかり受け止めて、2週連続の特別編成にして送り出してくれた濱口英樹さんには本当に感謝です。ふだん奈保子さんの楽曲にあまり接していない方にも「こんなにも様々な曲を歌いこなすとともに、作曲・作詞もしていたアーティストだったんだ」と発見してもらえたのではと。夢のような2週間でしたね。

 そして、この特集のきっかけとなったDVD「プレミアムコレクション」の発売ももう明日!さらに盛り上がりたいですね。先週、タワーレコード新宿店に寄ったら、8Fに奈保子さんの既存商品を集めたミニコーナーが出来てまして、DVD発売に合わせてまた特設コーナーを組んでくれるのかなと期待させる風情でした。・・・と思ったら、さっそくこんな告知が。きょう29日よりパネル展ですって!

 * * *

 8月28日発売の「週刊ポスト」(9月8日号)に奈保子さんの写真が掲載されています。
 内容は特に目新しいものではなく、すでにNAOKO FAN MEETINGで発表されている8月30日発売のポスター(6枚組×2種)の写真の中から7枚をセレクト。実質的に広告記事のようなものですね。マガジンハウスのポスター発売はコロムビアのDVD発売に便乗した企画だと思うのですが、肝心のDVDはオマケ程度にしか触れられていないのは残念に思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

午前0時の歌謡祭「河合奈保子リクエスト大会」前篇終了

 かねて告知していたFMおだわら「午前0時の歌謡祭」河合奈保子リクエスト大会は20日深夜、前篇の放送が終了しました。この番組は第3日曜深夜が本放送、第4日曜深夜が再放送となるのが本来ですが、リクエスト曲が多数寄せられたため2週連続の前後篇の構成に変更されたとこのと。再放送がなくなりましたが本放送のボリュームが2倍になったのは嬉しいことですね。

 当日の放送リストについては番組公式サイトに出ておりますので、そちらを参照ください。(手抜きともいう・・・笑)

 リアルタイムで聴いていて強く思ったのが「スゲー選曲だ」ということ。ラジオではまず流れることがないようなアルバム曲が多数流れ、終わってみれば本編9曲中、シングルA面は3曲だけという思い切った内容!こういったことが出来るのも、コミュニティFMならではと思います。せっかくの特集だから滅多に聴けない曲を聴きたいという聴取者の思いと番組MCの濱口英樹さんの思いが共鳴した結果かと。
 とはいえ番組中盤のイントロクイズやBGMも含めれば耳馴染みのシングル曲もそこそこ出ており、一般聴取者もなんとか付いてこれたのではないかと思いたいです(微笑)。なにより、これだけ幅広いタイプの曲を歌っていたのかということを気付いて貰えたら嬉しいですね。リクエストした方のメッセージとともに曲を聴くというのはラジオならではで、CDなどで聴くのとは違う楽しさがあります。

 27日24時からの後篇の放送については番組の中で「シンガーとしてもソングライターとしても飛躍的な進化を遂げた時期の作品をお届けする予定」と告知されていますので、こちらも楽しみですね。


 * * *

 きのう8月22日夜は、同じくFMおだわらの「GOOD DAY! ODAWARA」のパーソナリティも務める いまのまい さん率いる「昭和とらいあんぐる」のライブを観てきたのですが、アンコールの最後に奈保子さんの「デビュー ~Fly Me To Love」を歌ってくれまして。。。ホーンも入ったバンド演奏で聴くまいさんの「デビュー」は良かったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧