2020年9月12日 (土)

米軍放送の75年

 きょう9月12日で、米軍放送のAFNが開局75周年なんだそうです。先週、東京新聞が記事を出しています

 太平洋戦争の敗戦後すぐ、占領軍が日本放送協会の施設を接収して始まったいわゆる進駐軍放送は、記事にもあるように日本の音楽文化に大きな影響を与えたことは間違いありません。戦争中、ラジオから流れる音楽は軍歌、戦時歌謡と同盟国のドイツのクラシック音楽ぐらい。そこに進駐軍放送がジャズを流し始めたことで、「ジャズ屋」と言われるミュージシャンが生まれ、そうした人たちの生み出す音楽が戦後の歌謡シーンを彩っていくわけで。

 この進駐軍放送のことを、当時聴いていたミュージシャンはWVTRと表現することがよくあります。これは放送局のコールサイン。内幸町にあった放送会館の玄関にJOAKと並んでWVTRが掲げられていた写真が残っています。アマチュア無線家などはすぐにピンとくると思いますが、このWで始まるコールサインはアメリカの無線局に対してアメリカの政府が発給するもの。電波が「占領」されたようなものです。

 そして驚くべきことに、75年たった今も、AFNは日本政府(総務省)の免許を持たずに放送を続けています。ですから日本のコールサインがありませんし、総務省の無線局のデータベースにも存在しません。公共の財産とされる電波を利用するには、電波法により総務大臣から免許を得なければなりませんが(無線LANや特定小電力トランシーバーなど例外はあります)、AFNはその電波法の「枠外」になっている。こんなところでいまだに占領状態が続いていることには、言いようのないもやもや感を感じます。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

プロパガンダ放送

 8月15日に文化放送で放送された特別番組「封印された真実~軍属ラジオ」を録音しておいたものを聴きました。戦争中を中心としたプロパガンダ放送とその妨害放送についての特集でした。

 日本は先の大戦中、日本放送協会が短波による海外向け放送「ラジオトウキョウ」でプロパガンダ放送を行っており、特に米艦隊向けには「ゼロ・アワー」などの番組を出していて、米兵に人気だったとか。これはジャズなどを流して厭戦気分にさせようという意図だったそうですが、面白いのは米軍は聴取禁止などの措置を取らなかったというのですね。自信があるからでしょうか。

 これに対して米側は最初は短波で、のちにサイパン島から中波で「VOA」(ボイス・オブ・アメリカ)によるプロパガンダ放送を開始。日本側は短波に関してはもともと短波受信機の所持と聴取を禁止していたので問題視しなかったようですが、中波に対しては「防圧放送」なる妨害電波を出して国民に聞かれないようにしたと。で、その防圧放送用の施設の一つが、いまの文化放送川口送信所にあったということで、発掘調査もされていたというのは知りませんでした。文化放送の川口送信所はもともと日本放送協会の新郷放送所だったところで、それが川口放送所へ移転したあとに作られたということです。このように政府は国民に聴かせない対策をしたものの、郊外など場所によっては聞こえる場合もあったり、また禁止されていた短波受信についても一部のエリート層などひそかに受信していた人もいたと。本当かなと思うのですが、米側の戦況発表に連動して東京の株式取引所の値が動いたそうです。

 VOAとは別に「日本人有志が国難打開のため日本放送協会に対抗して開局した」という体を偽装した「新国民放送」というプロパガンダ放送があったというのも知りませんでした。日系人を動員して放送したそうです。

 防圧放送はBCLを趣味にしている方ならジャミングという言葉でご存じのことと思います。日本ではなくなりましたが、戦後も冷戦や国の対立で他国ではよく行われていました。特に中国、韓国、北朝鮮のものは日本にも到来し、日本海沿岸で国内のラジオ放送に妨害を与え困った存在でした。

 ひとくちにプロパガンダ放送といっても、本当のことを伝えるものもあれば虚構を伝えるものもあり、それだけで善悪とは決めつけられないという解説が印象的でした。もしかしたら普段のラジオも...とも。リスナーの聴き方が問われるということでしょうか。

 もうradikoのタイムフリーの期間も過ぎてしまいましたが、文化放送のホームページで雰囲気を知ることできます。

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

75年前の玉音放送

 きょう8月15日はいわゆる終戦の日でした。

 テレビジョンでは放送協会が特集を組んだりしていますが、関東のラジオでは文化放送が「戦後75年スペシャル アーサー・ビナード 玉音放送を探して」という特番を出していました。国民に終戦の詔書を公表した「玉音放送」に関して、企画したとされる下村宏内閣情報局総裁の人物像や企画の発端、なせ8月15日を終戦の日とするのか(降伏文書調印は9月2日)、なぜこの時期になったのかなど、放送に込められた意図など、玉音放送にまつわる話を様々に取り上げる2時間でした。特に正午過ぎからは、75年前の放送の一部を当時の放送原稿をもとに再現するという試みもやっていました。和田信賢アナのアナウンス→下村情報局総裁のあいさつ→君が代演奏→玉音盤再生→君が代演奏、という流れです。私は当時の雰囲気に近づけようと手持ちの真空管ラジオで聴きました。そのあと、終戦の詔書の現代語訳の朗読もありましたが、現代語でもなんだかもどかしい感じが。要するに負けたとずばり言ってないので。放送当日、放送会館にいたアナウンサーの証言は生々しかったです。

 興味深かったのは、玉音放送の4時間ほど前にアメリカ側の対日宣伝ラジオが「敗戦の放送がある」と放送していた、というのですね。その音源も流れました。調査によるとそれを聞いた日本人もいたというのですが、そんな人がどれほどいたのだろう。。。

 番組はradikoのタイムフリーで1週間聴くことができます。日本の一大転換点となった放送のこと、感じてみては如何でしょう。

 

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

歌謡スクランブルを聴く

 いささか遅すぎの感はありますが、7月6日放送のNHK-FM「歌謡スクランブル」を録音しておいたものをこの週末に聴きました。

 前半の「プレイバック80年代」はヒット曲をジャンルにとらわれずに選曲していて、当時の歌番組やランキング番組の趣ですね。流れてくるのは知っている曲ばかり。こういうのは心地よいですね。

 そして後半は河合奈保子特集。いちおう曲目を書き出しておきます。

1.大きな森の小さなお家
2.スマイル・フォー・ミー
3.ラブレター
4.夏のヒロイン
5.エスカレーション
6.UNバランス
7.MANHATTAN JOKE
8.けんかをやめて

 ちなみに使用音源は番組ホームページによるとすべて「JEWEL BOX」でした。

 この曲数で「MANHATTAN JOKE」が選ばれるのは珍しいほうかなと思います。「けんかをやめて」は発売順なら「夏のヒロイン」の次になるところですが、1~4をメジャーのアイドルポップス、5~7を吠え系のアッパーチューンとしてコントラストの対比をさせ、ラストをバラードでしっとり締めるという狙いなのかなと思いました。であればバラードは「ハーフムーン・セレナーデ」とか「十六夜物語」で締めて欲しかったなあとも思いますが、曲数が限られる中で世間的な代表曲は外せないということなんでしょうね。

 プロフィールは、特集の始めでデビューまでのこと、終わりのほうでデビュー後のことという二段構えでの紹介。曲は自作期までたどり着きませんでしたが「作詞作曲を手掛けるようになり」と紹介してくれたのでよしとしましょうか。NHKホールでの転落事故(81年)に触れたり、現在豪州で暮らしていることを紹介しているのはNHKとしては珍しい気がします。

 曲を聴くならCDのほうが高音質ですが、ラジオには音質を超えた満足感があります。多くの方がこれを聴いているというのがね、嬉しいんです。これを機に思い出してくれたり、かわいいだけじゃない歌唱の魅力を再発見してくれる人が少しでもいたら・・・なんて思います。

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

別番組で流れていました

 前回NHKラジオ第一「らじるラボ」の企画「FMリクエストアワーリターンズ」を紹介しましたが、きょう4月29日の「ライブ盤特集」に河合奈保子さんのリクエストを出したもののサクッとスルーという結果でした。まあ本来の放送時間帯のうち2時間が国会中継に振り替えられてしまいましたし(新型コロナウイルス対策の補正予算案の審議なのでこれはこれで重要ですが)、ゲストの徳田章アナのリクエスト分もあったりでリスナーのリクエスト曲数がそんなに多くなかったですし。リクエスト自体は多数あったようで、またやりましょうみたいな話になりましたが、さてどうなりますか。

 というわけで、残念でした・・・で終わるところだったのですが、尾崎亜美ファン筋からの情報で、神奈川のRFラジオ日本(AM1422/FM92.4)で放送されている「クリス松村のいい音楽あります」でライブ盤特集があり奈保子さんの曲が流れていた、とのことなので、radikoのタイムフリーで聴いてみました。

 放送されたのは4月26日。こちらはリクエストではなく全てクリスさんの選曲ですが、新型コロナウイルスの影響でライブがなくなってしまっている今、ライブ音源を届けたいという趣旨はらじるラボと同じですね。奈保子さんのライブ音源は1曲目で登場。流れたのは88年のバースデーライブ「NAOKO THANKSGIVING PARTY」から「エスカレーション」でした。のっけから激しい選曲(笑)。この頃のバースデーライブは多少ラフになってもノリ優先といった感じの歌唱ですが、それが派手な演奏と相まってライブ感を増幅させてますね。コロナでどんよりした空気を蹴散らしたいという思いも伝わる選曲でした。

 その後もいわゆるアイドル歌手のライブ音源が3曲ぐらいずつ続けて流されていくのですが、クロスフェードでつないでいるので、あたかも同じステージに歌手が次々に登場しているような感覚がなかなか新鮮でした。実際にこんなステージがあったら豪華だろうなあ。珍しい音源も入れてきたりでクリスさんいい仕事してるなあ。

 ということで、タイムフリーはまだ聴けますので(5月3日まで)、お聴きになってみては。関東以外の方はプレミアム会員(月額税別350円)に登録すればエリアフリーとなり聴くことができます。

 

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

これはリクエストのチャンスか

 NHKラジオ第一は4月の番組改編で平日の午前中は「らじるラボ」という新番組に変わりました。私はこの時間、家にいるとしたら民放ラジオを聴いているのでこの新番組をまだ聴いてないのですが(^^; FMリクエストアワーリターンズという企画が番組内にあり、4月29日(祝)は「ライブ盤特集」なんだそうです。

 らじるラボの番組ページ

 「コンサートに行けない今だからこそ聴きたいライブ盤の1曲」のリクエストを募っているということで、これは河合奈保子さんのライブ盤もリクエスト対象になるのかなと。奈保子さんはライブの歌唱こそ真骨頂と思っているのですが、ふだんラジオから流れることのないライブ音源をリクエストするチャンス。もっとも、奈保子さんの場合「今だからこそ」ではなく25年間ずっとコンサートに行けない状態のですが。。。

 加えて、放送協会のレコード室にライブ盤があるのかどうかが、一番問題ではあります。「JEWEL BOX」はあることを確認しているのですが・・・ 

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

らじる☆らじるの聴き逃しサービス

 民放ラジオのIPサイマル配信サービス radiko にはタイムフリーという機能があって、放送後1週間は放送済み番組を聴くことができるのですが、NHKラジオの同様サービスである らじる☆らじる にも聴き逃しサービスが付いていることに今頃気づきました。ふだん らじる☆らじる は使わないもので。。

 きっかけは4月10日放送のラジオ第一「武内陶子のごごカフェ」。この日は尾崎亜美さんがゲスト出演するというので、愛用のラジオレコーダで留守録していたのですが、やっぱり音がしょぼいんですよね。もともと中波AM放送は音域が狭い(公称7.5kHz)のですが、ラジオ受信機のほうで混信や雑音の低減のためにさらに音域を絞っていることが多く、私の手持ちのラジオレコーダもAMは高音が全然出ないという。。。そしたらネットで「らじる☆らじるの聴き逃しがある」という情報があり、試してみたという次第。

 聴いてみたらさすがに音は良く、ラジオレコーダで聴くのとは雲泥の差。ただ、亜美さんは電話出演だったので、亜美さんの声の音質は上がりませんでしたが(微笑)。

 この日の番組はデビュー40周年・松田聖子特集で、曲提供の縁でゲスト出演したわけですが、3月から5月までのライブ予定が全て無くなってしまってお籠り生活になっている近況などを、いつもの明るい感じの声で聴けたのが良かったです。武内アナをちょっといじったりするところも亜美さんらしい(笑)。鉄板ネタの「天使のウィンク」作詞作曲の逸話ももちろん披露してましたが、私は何度も聞いている話なのでここでは割愛。どんな話か興味のある方は、ぜひ らじる☆らじる で聴いてみてください。

 https://www.nhk.or.jp/radio/

 13時台の冒頭から約20分出演しています。4月17日の15:55まで聴取可能。 スマートフォンからは、専用アプリからの聴取が便利です。

 それにしても、リアルタイムで聴取できなくても、留守録機材がなくても番組があとから聴けるとは良い時代になったものです。残念なのは聴き逃しに全番組が対応しているわけではないところですが。。。さらなる拡大に期待します。

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

年末といえばあの番組

 年末といえば一昔前は(という言い方でいいのかどうか...)、NHK紅白歌合戦の過去分の再放送が衛星テレビジョンであったり過去の歌唱シーンのリクエストを募って流す番組があったもので楽しみだったのですが、今はそういった回顧系の番組がすっかり無くなってしまい淋しいかぎり。別に今のNHK紅白がダメだと言うつもりはありませんが、せっかくの放送済み資産をもっと生かしていただけるといいなあと思うのですが。NHKアーカイブスに登録してあるから見たい人は施設に来て下さいっていうだけじゃ、ねえ。

 今年、唯一過去の話が聞けそうなのはラジオ第一の「今年も紅白やりますよ」という番組。トークライブに終始して過去音源は出ないのかもですが、長年にわたり演奏を担当している三原綱木さんがゲスト出演ということなので、ちょっと面白そう。ステージ上で生演奏していたころの話をしていただけると嬉しいな。そして、バンドがステージを追われて別室に移されたり、事前収録にされたりもしたことをどう思っているのか語っていただきたいものです。

 本編のNHK紅白の個人的見どころは、先日の尾崎亜美さんのクリスマスライブに出演していた小原礼さん、鈴木茂さんが出演するということ。松任谷由実さんの演奏を担当するので、歌唱には興味がありませんが演奏に注目して視聴したいと思います。

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

コミュニティFMラジオのチカラ

 先般、東日本を襲った台風19号では各地に大きな被害が出ました。大変な状況を新聞やテレビジョンで見ると胸が痛みます。幸いにして私のまわりは特に被害はなかったのですが、近年にない規模の台風とされたので警戒していたところ、川の氾濫の可能性があるということで避難勧告が出たりしたもので、緊張感をもって台風が過ぎ去るのを待ったのでした。

 そんな状況のなか、頼りになったのが地元のコミュニティFMラジオでした。放送協会の総合テレビジョンももちろん見ていましたが、いかんせん地元の情報が取れないわけです。そこでコミュニティFMを聴いてみると、避難所の状況とか近隣の河川の水位情報、停電情報など細かく出しているのです。また聴取者からのメールでの情報なども紹介してくれます。すぐにテレビジョンの音声は切って、ラジオを聴くようにしました。

 もちろん、放送協会は役に立たなかったと言うつもりはなく、警報発令情報や台風の進路情報などはたいへん参考になりましたし、画面がある分、わかりやすいのも事実。各地の被害状況なども詳しかったですが、正直なところ、地元に被害が出るかもしれないという状況においては、余所の被害状況って関心がなくなるのです。(感じ方には個人差があります) ですから、地元に根ざしたラジオの情報というのはありがたかったですね。全国すべてのコミュニティFMが災害時に同じような対応ができるのかどうか、私には保証できかねますが、コミュニティFMのあるところは是非一度聴いてみることをお勧めします。

 * * *

 コミュニティFMつながりで。

 FMおだわらで毎月第3・第4日曜深夜0:00から放送の「午前0時の歌謡祭」のことは何度か記事化していますが、今月は編曲家の船山基紀さんの特集となっていて、なんとご本人が登場しています。20日深夜の前篇を聴いたのですが、船山さんがどのように仕事をしてきたのか、興味深い話がたくさん聞けました。前篇は70年代までの曲を中心に紹介されていましたが、27日の後篇は80年代に突入の模様。船山さんは河合奈保子さんの仕事も手掛けていて、先日刊行された「ヒット曲の料理人 編曲家・船山基紀の時代」(リット-ミュージック刊)では奈保子さんの歌唱力を激賞してます。加えて番組オーガナイザーの濱口英樹さんは大の奈保子ファンということで、誘導質問?で奈保子さんのことも話してくれるかも、と薄ーく期待しています。ネット環境があればFMおだわらのサイトで聴けますよ。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

伊集院光とラジオと生活情報と

 関東地方を中心に大きな被害の出た台風15号の襲来から1週間が経ちました。千葉県では今も多くの地域で停電が続き、全面復旧の見通しは9月27日と言われ、商用電源の停止に起因して断水や携帯電話網の不通もあり厳しい状況が続いています。

 この状況のなか、いささか旧聞ではありますが、9月12日のTBSラジオ「伊集院光とラジオと」では、伊集院さんが情報をどう届けるかということについてラジオパーソナリティーとしての思いを吐露していました。

『NHKテレビは字幕で給水とかの情報を出している。チバテレビも頑張っている。
でも停電になってるとテレビがなかなか見られない。

ネットはネットで頑張っているけど、スマホが充電できなくて困っている。

いよいよやんなきゃいけないのはラジオだったりするのかな、ラジオは電池で動くものも多いから。
でも現状全然できてないという情けない状況』

 番組オープニングで大体このようなことを話していました。「おまえが言うな」と言われそうなことをあえて話しているのを聴いて、本人も葛藤を抱えて番組を担当しているんだろうなと感じました。話はさらに、民放連が政府(総務省)に要望し、近頃認められた話に及びます。そのあとのニュース解説コーナーで。

『停電のときに情報を届けるのに電池で動く機器を持っている可能性の高いラジオは活躍の場だし、こういうときこそAMラジオの存在意義を見せなきゃいけないけど。
そんななかで、いまAMやめてFMにしようみたいな。
千葉みたいなところに隅々まで情報をいきわたらせようとしたときにAM波の価値は高いのだけれど、こういうことをどう想定しているんだろう。
こういうことを見て考え方を変えたりするんだろうか。
AMは遠くまで届く、FMは細かいところに届く(→鉄筋ビルやノイズの多い都市部のことを指していると思われる) 、そういうはずだったんだけど。』

 どちらもラジオへの愛にあふれる伊集院さんらしい発言だと思います。「災害時はラジオ」などとよく言われながら、いやラジオ局自身もそう言っていながら、こんなことで良いのかと。

 日本の民放AMラジオ局は殆どの地域では県単位のサービスエリアであるのに対し、東京の民放AMラジオ3局は関東一円をサービスエリアにしています。極端なことを言えば他都県の聴取者にとって千葉の給水、停電、スマホ充電、入浴サービスなどの「生活情報」は 直接的には不要な情報であることが生活情報の放送に後ろ向きになっているのかもしれません。またラジオで細かく読み上げていくのは大変なことでもあります。しかし、NHKラジオ第一は関東の周波数では時間を区切って全国向け放送に割り込む形で千葉の生活情報を流しています。昨15日のマラソン実況中継でも実況を中断して流してました。公共放送と民放は違うと言われればそうかもしれませんが、やってやれないことはないのです。民放が「災害時はラジオ」とのスタンスを今後も維持するのか、あるいは放棄するのか、まさに岐路に立っているように私には感じます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧