2022年3月27日 (日)

桜の闇に振り向けば

 各地で桜の開花のニュースが出始めましたね。すでに満開のところもあるようです。疫病や戦争など暗い話題が多い世の中ですが、それでも桜は咲くというのが日常の継続を表しているように思えて、心の救いに感じてしまいます。

 この時期になると聴きたくなるのが、河合奈保子さんの「桜の闇に振り向けば」。87年発売のアルバム「JAPAN」収録曲ですが、この曲、好きなんですよねえ。一般的な桜ソングのイメージとは違う作風が、逆にくせになります。闇夜にかがり火でほの暗く照らされた桜が見えてくるようです。

 この曲、T2U音楽研究所の臼井孝さんがサブスクのプレイリストで紹介し、かつコミュニティFM・渋谷のラジオで放送されている「渋谷のザ・ベストテン」3月2日(水)放送回で曲のオンエアとムダ解説(ご本人曰く)を行ったあと、再生回数が伸びているのだそうです。やっぱり聴くと良さがわかるということじゃないかと思います。(放送のトーク部分はnoteで聴取可

 さらに、CS放送の歌謡ポップスチャンネル「ツメ折り!カセットソング」でも、3月29日(火)深夜24:00~放送予定の「お花見SONGS」の回でも流れる予定になってます(歌手の映像は出ない番組ですが)。お花見かというとちょっと違う感じもしますが(^^; いい曲を紹介していただけるのはありがたいことです。こういった放送をきっかけに、認知度が少しでも広がってくれたらと思います。

| | コメント (0)

2022年3月19日 (土)

ハッピーバースデーそして46周年

 きょう19日はミュージックの日にして尾崎亜美さんのバースデー。そしてあす20日は亜美さんのデビュー46周年。亜美さん諸々おめでとうございます。

 昨年はバースデーにあわせてFMおだわら「まいのアイドルメモリーズ」で尾崎亜美提供曲特集、同局「ファムラジオ」で尾崎亜美特集が放送されましたが、今年はNHK「ラジオ深夜便」3月18日2時台のロマンチックコンサートで尾崎亜美作品集が放送されました。

・マイ・ピュア・レディ
・冥想
・ストップ・モーション
・あなたはショッキングシャイン
・身体に残るワイン
・Deep
・My Song For You
・Southern Cross
・ボーイの季節
・オリビアを聴きながら
・春の予感~I've been mellow

 プロフィール資料の読み上げと曲の簡単な紹介のみのシンプルな進行とベスト盤的な構成ですが、これはこれでいいですね。深夜ですし(^^)  「春の予感」では南沙織さんへの提供に際して弦楽器の編曲も頼まれ、あわてて編曲の本を買ってきて勉強して挑んだという逸話も紹介されてました。コンサートではド定番の「天使のウィンク」ではなく「ボーイの季節」が選曲されているのは珍しいかも。ラジオ深夜便は2時台、3時台の音楽コーナーがらじる★らじるの聞き逃し対象になってないのは残念なところです。

 さて明日から47周年目に突入ですが、今年のコンサートはどうなるやら。音楽界の新型コロナの影響は依然として大きく、亜美さんによるとキャンセルの連絡がまだ続いているよう。45周年記念のアルバム「Bon appetit」の演奏機会が少ないことを残念がっていますが、それはリスナーも一緒です。現時点でオフィシャルサイトに今後の予定として発表されているのは6月の新潟県見附市のみですが、年の後半はコンサート予定が多めらしいので、その発表を楽しみに待ちたいと思います。あー、早く落ち着いて欲しい!

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

西村知美さんが奈保子さんのことを

 きのう19日の朝、文化放送「久保純子 My Sweet Home」を聴いていましたら、西村知美さんがゲストでいろいろお話しされていました。そのなかで、仕事で緊張するという話題になったところで河合奈保子さんの思い出を少しお話しされていました。ちょこっとなんですけどね、ラジオで急に奈保子さんの名前が流れてきたらピクっとしてしまうのがファンというものでして(笑)。radikoのタイムフリーで26日まで聴けますのでよろしければどうぞ。30分間、楽しい内容でした。関東エリア以外からも有料会員(radikoプレミアム)になれば聴けます。

久保純子 My Sweet Home | 文化放送 | 2021/12/19/日 09:00-09:30
https://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20211219090000


| | コメント (2)

2021年11月11日 (木)

熱唱とは

 昨10日の昼休み、聴くとはなしに聴いていたNHK-FM「歌謡スクランブル」を聴いていたら、河合奈保子さんの「けんかをやめて」が流れてきました。急にあのイントロを聴くとおおっと思いますね。

 なんで選曲されてるのかなと思って特集テーマを確認したら「熱唱・昭和歌謡集」でした。「けんかをやめて」って、奈保子さんとしては抑えたボーカルで情感豊かに歌っているという認識で、熱唱というイメージは持ってなかったんですけど。。。らじるらじるの聞き逃しサービスで聞き直してみましたが、パーソナリティからは年代以外に選曲の意図などの解説はなかったので、どういう基準で選ばれたのか結局謎でした。曲目一覧が番組サイトに出てますが、全体通しても...という感じ。私なら奈保子さんで熱唱なら「ハーフムーン・セレナーデ」を選びますが、みなさんならいかがですか?

| | コメント (2)

2021年9月13日 (月)

亜美さんのプロモーションが続いてます♪

 デビュー45周年記念アルバム「Bon appetit」の発売を今週15日に控えて、尾崎亜美さんのプロモーション活動が先週ぐらいから活発化していて、ラジオ番組への出演が続いています。出演情報は公式サイトのNewsに出ているのですが、1日に4番組をはしごする日もあって、亜美さんも大変ですがファンとしても逐一追いかけるのが大変というか嬉しい悲鳴です(^^)。 でもいい時代になりました。以前なら遠距離のラジオ局を聴こうとするなら放送時間が夜間帯の中波AM局しかチャンスがなかったのですが、いまはradikoプレミアムのおかげで時間帯もAM/FMの区別もなく全国の民放ラジオ局がクリアに聴けるのですから。しかもタイムフリーで1週間はあとから聴けますからタイマー録音なんて準備も要らないわけで。

 これまで聴いているところでは、新アルバムのいちおしは1曲目の「メッセージ ~It's always in me~」のようで、どの番組でも流れています。これはいい曲です。亡くしたと思ったものが実は自分の中にある、ということを歌っていて、ボーカルとピアノだけのシンプルな編成も相まって今の世相で聴くと沁みますね。今月15日と18日のレコ発ライブではきっと弾き語りで披露してくれるのでしょう。楽しみです。

 ところで、ラジオへの出演は電話またはWeb会議システムの音声によるのですが、亜美さんのブログやツイッターを見ると日本クラウン社屋のミーティングルームから出演しているようです。ということは一連のラジオ大量出演はクラウンさんが動いたということなのかしら。だとしたら嬉しいですね。私もファンになって17年ですが、こんなにメディア露出が多いのは初めてのような気がします。地元局での出演がありましたら、どうぞお聞きになってみてください。地元局であればradikoのタイムフリーも無料で聴取できます♪

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

日本の商業放送70年

 70年前のきょう9月1日、名古屋の中部日本放送(現:CBCラジオ)と大阪の新日本放送(現:MBSラジオ)がラジオ本放送を開始しました。中部日本放送と新日本放送は1951年4月に電波監理委員会が予備免許を与えた民間放送局16局のうちの2局で、このあと全国に商業放送局が続々と開局しています。今年から来年にかけて「開局70周年」を掲げるラジオ局が多数あるのはそのためですね。この民間放送の開局ラッシュがラジオ受信機の高性能化を後押しします。それまで普及していた真空管を3本~4本使った戦前の放送局型受信機や戦後の国民型受信機といった古いタイプのラジオは民間放送の開局で局数が増えると混信しやすいとされ、混信しにくいスーパーヘテロダイン方式のラジオ(5球スーパー)への置き換えが進むことになります。

 中部日本放送と新日本放送の歩みはそのまま日本の商業放送の歩みとなります。いまは広告費の縮小で大変な時代になってきましたが、一人ひとりに寄り添うメディアとして頑張って欲しいと思います。
 ここでは民間放送とせず、あえて商業放送としました。ウィキペディアは民間放送を「民間の資本によって設立された放送事業者によって行われる放送」と書き、商業放送という呼称も用いられるが「この呼称は私企業による放送に対してのみ使われ、非営利法人が行う放送は該当しない」としています。この文章に従うなら、1925年にラジオ放送を開始した東京放送局、大阪放送局、名古屋放送局、そしてその3局を糾合した日本放送協会(電波3法成立の1950年まで)は社団法人、すなわち非営利法人であり、まさに「民間放送」になるからです。ちなみに、来年70周年を迎える文化放送は、開局当時は財団法人だったので民間放送ではあるけど商業放送ではなかった、ということになります。

| | コメント (0)

2021年8月31日 (火)

トランジスタラジオ

 週刊女性PRIMEにT2U音楽研究所の臼井孝さんが売野雅勇さんに取材した記事が連載されている件を紹介しましたが、荻野目洋子さん・河合奈保子さんの次にチェッカーズについての回が公開されています。

チェッカーズ人気の火付け役・売野雅勇が振り返る「5回ダメ出し」「フミヤとの思い出」

 チェッカーズと売野雅勇さんといえば、シングル2作目の「涙のリクエスト」がヒットして、記事にはその裏話も詳しく載っているのですが、私にとっては歌詞のなかで1か所「トランジスタのヴォリューム上げて」というのが受け入れられなかったという思い出があります。あ、正確にいうと今も受け入れてないかな(^^; トランジスタは電子回路において電流の増幅を行う「部品」です。トランジスタにボリュームなどないだろ!っていうのがラジオ工作少年だった私が受け入れられなかった理由です。

 もちろん、この歌詞の「トランジスタ」は「トランジスタラジオ」のことを指しているのでしょう。だとすれば音数的には「携帯ラジオ」でも「ポケットラジオ」でもはまるように思うのですが、語感がいまいちだと思ったのでしょうか?私がインタビュアーだったらなぜトランジスタとしたのか聞いたことでしょう(微笑)

 で、ふと思ったのですが、トランジスタラジオってすっかり死語になってしまったなあと。死語は言い過ぎだとしたら半死半生語でしょうか。実際、いま電器店に並んでいるラジオはトランジスタではなくラジオ用ICで組まれているでしょうし。ずいぶん前にダイソーで100円AMラジオというのを売っていて、これの裏ぶたを開けるとトランジスタが3個の回路でびっくりしたことがありますが、あのぐらいまでかなあ。以前は災害時の非常持ち出し品リストにもトランジスタラジオと書いてあったものですが、今は携帯ラジオですね。そもそもトランジスタラジオという名称は真空管ラジオと区別するもので、真空管ラジオが趣味の世界や学習教材を除いて1960年代には姿を消していることを考えると長寿のネーミングだったと言えるのかもしれません。

 明日は防災の日です。トランジスタラジオ、いや携帯ラジオの保管状況をチェックしておきましょう。電池を入れっぱなしにしていると液漏れで故障してたりすることもあります。防災品としてしまい込むのではなく、日常使いにするのがいちばんの防災対策だと思います。

| | コメント (0)

2021年8月11日 (水)

歌のない歌謡曲

 「歌のない歌謡曲」は各地の民放AMラジオで流れているパナソニック提供の長寿番組で、関東地方ではTBSラジオが「森本毅郎スタンバイ」の中のコーナーとして流れています。朝6時台のコーナーなので普段聴くことはないのですが、たまたま今週は早く目が覚め(トシですかね・・)なんとなくラジオを聴いていたら、9日は「微風のメロディー」が流れてきてびっくり。ボーカルはありませんが印象的なイントロ含めアレンジはそのまま(それにボーカルラインの演奏をプラス)なのでイントロですぐにわかりましたが、ぱっちり目が覚めました(笑)。夏真っ盛りのイメージではない曲なので不意打ちでしたねー。歌がないので曲名のみの紹介でしたが、歌手が河合奈保子さんと思い出せた方、どのぐらいいたでしょう。

 そして10日は「パステル・ラブ」が流れてきてこれもびっくり。というのも、アレンジが明らかに尾崎亜美さんのセルフカバーバージョン。一般に知られているのは軽やかなピアノのイントロが印象的な金井夕子さんのオリジナルバージョンなんですが。2日続けて不意打ちにあって、ぱっちり目が覚めました(笑)

 この番組で使われている音源はどんな基準で制作されているんでしょうねえ。ちょっと気になります。というわけで「歌のない歌謡曲」は侮れないなと思った次第です。だからといって聴取を習慣化しようとまでは思いませんが(^^;

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

中波AMを止めて本当に良いのか

 民放中波AMラジオ局がFM局へ転換しAM波の停波をめざすと、報道が流れてきました。そのような動きがあることは過去に報道されていましたが、在京3社が共同で記者会見をしたというのはインパクトがあります。

 時事通信:民放AMラジオ44局がFM化 28年をめどに

 広告費が減り経営が厳しいなかでコストダウンをしたいという背景があることは理解しますが、果たして本当にそれでいいのか?と思ったりします。

 現在でも民放中波AM局の多くは「ワイドFM」と称してFM波での放送を行っていますが、正式名称は「FM補完中継局(補完放送)」です。あくまでAM波の補完であり、ビルや電気ノイズの多い都市中心部等でのAM波の難聴を救済するというのが建前で始まっています。本来の波であるAMを止めて補完の位置づけだったFMだけにすれば当然サービスエリアは狭くなります。IPサイマルのradikoがあるからいいと思っているのかもしれませんが、そうなるとこれまで「災害時はラジオ」と謳ってきたものはどうするのでしょう。スマホもパソコンも停電に不向きなデバイスです。民放中波AM局は災害放送から手を引き放送協会に任せる気なのでしょうか。しかしFM補完局は災害対策も名目にしています。AMの送信所が被災しやすい立地にあるからという理屈ですが、サービスエリアが狭くなればそもそも聞けない場所が出ます。いろいろとつじつまが合わない気がしますし、少数を切り捨て効率に走るというのはラジオの持つ個人に寄りそうイメージとは違う気がします。

 そういえば、短波放送のラジオNIKKEIは2018年10月から、3MHz、6MHz、9MHzの3波同時放送だったものを、事実上6MHzのみの放送体制にしてしまいました。短波の受信状況は送信所からの距離、周波数、季節、時間で変わるため、3波で放送することで相互に補完し全国をカバーする形だったのをコストダウンで止めてしまい、聴きづらければradikoでどうぞ、という姿勢になりました。もともとラジオNKKEIは定時ニュースもごくわずかで、災害時に聞くメディアという印象もありませんが(東日本大震災のとき、ラジオ福島の放送を全国の避難者に向けて中継したことはあります)、民放中波AM局もそんな感じになってしまうのだとしたら残念なことだと思います。

| | コメント (0)

2021年5月26日 (水)

筒美京平提供シングル曲限定ベストテンを読んで

 音楽マーケッターの臼井孝さんが、コミュニティーFM・渋谷のラジオでMCを務める「渋谷のザ・ベストテン」の企画で筒美京平提供シングル曲限定ベストテンというものをまとめていて、5月23日にツイッターで示しています。

1位~30位
https://twitter.com/t2umusic/status/1396242448272134144

31位~70位
https://twitter.com/t2umusic/status/1396244098407755778

 ランキングは「シングル売上」「カラオケ」「ツイッターで募ったリクエスト」の3要素を加味した総合ベストテン方式ですが、いろいろと興味深いです。表にはリクエスト加味前の順位も参考に示されていますが、リクエストで大きく浮上する曲もあれば逆に下降する曲も。リクエストの配点が多めに設定されていることもあり、特定のファンのリクエストが強い傾向も見られますね。これは番組で取り上げたアーティストのファンがリスナーとして定着あるいはツイッターでつながっているのでしょう。

 私はリクエストを募っていることを知っていましたが、世間の評価はどうなのかなと、あえて河合奈保子ファンのバイアスを掛けないように当店でも告知はせず、私もリクエストをせずにいました。結果、奈保子さんは「エスカレーション」が総合41位にランクイン。多数の名曲、ヒット曲が居並ぶ中で健闘しているほうかなと思いました。リクエスト自体は34位ですから、思った以上にリクエストも寄せられているという印象もあります。

 それで思ったのはですね、テレビジョンの筒美京平回顧番組での扱いとの違い。私の知る限り回顧番組で「エスカレーション」はことごとくスルーされてる一方で「センチメンタルジャーニー」と「夏色のナンシー」はセットで必ず紹介されます。でも、この総合ベストテンでいくと「夏色のナンシー」がぎりぎり68位で、「センチメンタルジャーニー」はランク外なんですね。これはどうしたことか。。。「2曲とも記憶的ヒット曲ですよ」ということも出来るのかもしれませんが、それならリクエストがもっと上位でもいいですよねえ。

 そうすると、テレビジョンで紹介されたりスルーされたりする差は制作陣の「思い込み」「ステレオタイプ」によるものなのか、あるいは奈保子さんに「かわいらしさ」だけ求めているからなのか、なんて思ってしまいます。世間でのアーティストとしての奈保子さんの再評価は一定程度進んでいるものと思っていますが、テレビ屋にどう食い込むかは大きな課題かなあ。いくらデータで論じたところで放送で紹介されなきゃ認知度上がりませんもの。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧