2017年3月19日 (日)

HAPPY HAPPY BIRTHDAY 60

 きょう3月19日は尾崎亜美さんのバースデー。しかも今年は何と、節目のアレですアレ。暦(干支)が一周まわっちゃうっていうやつですネ(^^) おめでとうございます。

 いやー何か、先月もライブを観てますが、ステージ上の亜美さんはそんなふうに全然見えないんですよねー、ちょっとおちゃめでかわいらしくて。
 誕生日は今日ですが、お祝いのライブを7月に行うことが発表されていて、これも楽しみです。

 『尾崎亜美コンサート〜Life Begins at 60〜』
 2017年7月22日(土) 17:00開場 17:30開演
 会場:東京・ 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
 料金:指定7000円


 そして明日20日は、デビュー41周年の記念日です。
 最近のライブのトークでは、デビューのときに40年も歌うなんて考えてなかったなんてことをおっしゃってましたが、いけるところまでいって欲しいですねえ。喉のケアや体調の維持にはいろいろご苦労があるみたいですが、これからも素敵な歌とユルいトークを聴かせてくれたらなあと思います。


 ちなみに、きょうのタイトルに「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」を使いましたが、これは亜美さんが河合奈保子さんに提供した「微風のメロディ-」のサビ部分になるはずだったフレーズですね(発売テイクでは HAPPY HAPPY LADY)。亜美さんのセルフカバーでは本来の歌詞になってます。 
 そしてこのフレーズは後年、横山知枝さんの「Happy Birthday」に生かされることになります(微笑)。


 - - - - - - -

 とまあ、きょう・あすは亜美さんデーなわけですが、3月19日(日)のNHKラジオ深夜便は、午前3時台の「ロマンチックコンサート」が「竹内まりや作品集」と予告されております。予告曲目に「けんかをやめて」がありますが、「作品」集なのでオリジナルの奈保子さんのバージョンが流れるものと思います(^^) 亜美さんとともに、まりやさんも80年代のアイドルポップスに欠かせない女性シンガーソングライターですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

ハートフルソングコンサート

 きのう3月5日は「尾崎亜美&岡本真夜ハートフルソングコンサートinはんのう」を観てきました。場所は埼玉県の飯能市市民会館。飯能といえば2013年に飯能新緑ツーデーマーチで行ったところで、文化会館はハイキングコースの途中で休憩ポイントになっていました。見覚えのある風景を懐かしく見ながら会場へ。

 亜美さんと真夜さんのジョイントは今回が初めてではなく、2015年2月に長野県千曲市であったのですが、その時は日程の都合上遠征を断念。今回こうした形でリベンジできるとはありがたいことです。

 ライブは真夜さんからスタート。

1.大スキ!
2.Alone
3.ほうき星
4.そのままの君でいて
5.TOMORROW
6.君だけのStory
7.YELL ~ 君の声

 聞き覚えのある曲から初めて聞く曲までいろいろでしたが、曲紹介を丁寧にして下さるので良かったです。柔らかい声ですねえ。「ほうき星」はピアノインスト曲。真夜さんは昨年、mayo名義でピアニストとしてデビューしていますが、これは最新作で今回がライブでは初披露だったとのこと。長尺の壮大な曲ですが、詞をつければJ-POPになるような親しみやすさがありますね。5まではピアノ弾き語り、6と7はハンドマイクで。(演奏は打ち込み)

 ここで亜美さんを呼び込んでコラボタイム。亜美さんは配偶者の小原礼さんを伴って登場。キャロル・キングの有名な曲を一緒に。お二人とも女性シンガーソングライターとして、キャロル・キングの存在は大きいようですね。

8.It's Too Late
9.You've Got a Friend

 亜美さんのソロコーナーは、いつも通りの(微笑)ゆるふわな感じのトークで会場を和ませつつ進行。
10.なんとなくなんとなく(1コーラス)
11.マイ・ピュア・レディ
12.春の予感
13.私がいる
14.真水の涙
15.Recipe for Smile
16.オリビアを聴きながら
17.Smile

 冒頭は、先日亡くなられたムッシュかまやつさんの作品を追悼として。亜美さん曰く「優しかったかまやつさんらしい曲」として選んだそう。最新アルバム「S-mile」からの選曲が多かったので、初めて聞く方も多かったことでしょう。私にとっては馴染みの曲なんですが。
 真夜さんが弾いたグランドピアノはそのままステージ上に残っていたのですが、亜美さんは全曲持ち込みのエレピで演奏。すぐ後ろにピアノがあるのにもったいない~なんて私は思ってしまうのですが、最近の曲はエレピの音色で音作りしているものが多いのも確か。でもたまにはピアノ演奏を聴いてみたいなあ。ほんっとピアノはご無沙汰なので。
 で、元気なあの曲が出ないなあと思ったら、それはアンコールで出たのでした。

Ec1.天使のウィンク
Ec2.バンバンバン

 アンコールは再び真夜さんも登場。そして〆でもムッシュかまやつさんの作品を。亜美さん、かなり仲良かったみたいですね。私は2011年11月のライブイベント「en」で演奏を聴いたのが最初で最後になってしまいました。

 東京からは微妙に離れている(といっても時間的には鎌倉と同程度)こともあってか、亜美さん、真夜さんともにファンの来場は少ないように見えましたが、客席は手拍子や拍手も良く出ていてタイトル通りの「ハートフル」なライブになって良かったです。初めましての方、これを機に聴くようになってくれたら嬉しいな。お二人ともにステージでハプニングがありましたが、これも良い思い出になるかと(笑)

 で、真夜さんのオフィシャルブログにさっそく写真とともに報告が上がっています。
 尾崎亜美さんと♪

 亜美さん自身もステージで言ってましたが、真夜さんのほうが大人っぽく見えますネ(微笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

亜美さんが奈保子さんを語る

 本館お便り広場にも頂いているように、尾崎亜美さんが河合奈保子さんのことをラジオで語ってくださいました。
 舞台は2月20日に放送されたニッポン放送(東京・AM1242/FM93.0)の「金曜ブラボー」。生放送へのゲスト出演でした。平日日中のラジオはそうそう聞けるものではないのですが、今は大半の民放はradikoタイムシフトサービスで放送から1週間は聞くことができますので、後から聞くことができました。(1週間を経過した現在は聞けません)

 亜美さんの金曜ブラボーへの出演は昨年6月に続いて2回目ということでリラックスしてしゃべっている感じでしたね。前回は「アイドルへの提供曲で印象が強かった3曲」でしたが、今回のテーマは「こだわりの歌姫」。南沙織さん、高橋真梨子さん、そして河合奈保子さんが取り上げられました。奈保子さんはアイドルでは取り上げられなかったけど歌姫枠で紹介していただけるなんて、それだけで素敵過ぎます。

 「微風のメロディー」をBGMに語って頂いた賛辞は、だいたいこんな感じ。

・レコーディングの時間が楽しかった。
・私のことば(≒歌唱指導)を自分なりにすぐに咀嚼して、素敵に返ってくる。頭のすっごくいい人。
・曲のこと(≒意図)をちゃんと分かってくれて歌ってくれる。
・アイドルだったと思うけど、私のなかではアーティスト。
・やさしくて、性格もすごく好き。

 亜美さんはベスト盤「Amii in the box」のセルフライナーでも「アイドルというよりはアーティストと仕事をした感じ」と書いて頂いたりと、奈保子さんを好意的に評価していることは分かっていますが、今回もべた褒め。アーティストということを強調されていたのは嬉しかったですね。今度お話できる機会があったらお礼を言わなくちゃ。。それにしても、こういうお話を聞くにつけ、うーん、当時もっとコラボがあったらなあ、なんて。。。

 奈保子さん以外のトークでは、南沙織さんに「春の予感」のレコーディングで歌唱指導をしたらプロデューサーの酒井政利さんに「指導がうまい」と褒められたという話が面白かったですね。この逸話は初めて聞きました。「春の予感」は、初めての提供曲にして、初めて編曲を手がけたという、亜美さんにとって重要な転機になった曲ですが、歌唱指導にも目覚めていたとは(^^)

 亜美さんのトークはライブもラジオも楽しいのですが、今回は聞いていて、いつもにも増して心地よかったです(^^) ラジオ聴取者の中には「奈保子さんが歌姫?アーティスト?」と思われる方もいらっしゃったと思いますが、亜美さんの証言で正当な評価が広まると良いですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

亜美さん聴き初め!

 きのう1月21日はKOBUDOU-古武道-新年会」というライブを観てきました。場所は東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアター。日本語だと公会堂でしょうか(^^) 。玉電(東急世田谷線)三軒茶屋駅の直上という便利な場所にあります。KOBUDOUは古川展生さん(チェロ)、妹尾武さん(ピアノ)、藤原道山さん(尺八)のトリオで、私は初見。なんで行ったかというとタイトルのとおりスペシャルゲストで尾崎亜美さんが出ていたからでした。他に和太鼓のTAKUYAさんも。

 ライブは2部構成で、1部はKOBUDOUのトリオでの演奏やそれぞれのソロなど。正月らしく尺八の栄える「春の海」でスタート。POPSな曲もたくさんでてきましたが、結構尺八が合うのですね。トークも洒脱で楽しかったです。

 休憩を挟んだ2部は、TAKUYAさんのコーナーで和太鼓ソロやKOBUDOUとのコラボを。大太鼓を中心にいくつかの太鼓を並べていて、ドラムセットのよう。演奏に迫力がありました。
 亜美さんは2部後半に登場。ひとりかなと思ったら配偶者の小原礼さんもベースで参加で、これは嬉しかったですね。演奏はすべてKOBUDOUとのコラボで、「オリビアを聴きながら」「夏の幻影」「Smile」の3曲。夏の幻影はピアノの妹尾さんのリクエスト。この曲は松田聖子さんへの提供曲ですが亜美さんもセルフカバーしています。当然亜美バージョンで演奏すると思いきや、イントロを聖子バージョンにして欲しいというたっての希望で、全体構成は亜美バージョンながらイントロだけ聖子バージョンという珍しい構成に。。。「Smile」は最新アルバム『S-mile』からの曲で、ソロコンサートでは後半の繰り返しフレーズを客席も一緒に歌うというのが定番。今回もよければ一緒にという体だったのですが、さすがにアウェーなのであんまり声は出てなかったですね。私は3階席から大声で歌ってましたけど、届いたかしら?

 アンコールでは、出演者総出で「天使のウィンク」。ここでも妹尾リクエストが発動されて、亜美バージョンなのにイントロだけ聖子バージョンという構成に。。。妹尾さん、どうやらかなりの聖子フリークのようですね。和太鼓がちゃんとドコドコドンと入っていて良かったです。これは盛り上がりました。 最後はKOBUDOUだけでジャズ寄りクラシックの名曲「ラプソディー・イン・ブルー」。クラリネットが尺八に置き換わったわけですが、痛快な演奏でした。

 ゲスト出演だとどうしても持ち時間が少ないので、実は行くべきか迷っていたのでしたが、行って良かったです。KOBUDOUの演奏も良かったし、コラボも変わった編成の演奏で面白かったです。こういうのもたまにはいいですね。というわけで、これが今年の亜美さん聞き初めでした。今回は腹3分目ぐらいでしたが、このあとたくさんライブを観られることを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

尾崎亜美版「ファンミーティング」

Amiimeeting_2 きのう12月24日はこの時期の定番開催である尾崎亜美さんのクリスマスライブである「湘南WINTER MEETING Vol.16 尾崎亜美~SPECIAL~」を観てきました。場所はいつもの鎌倉・歐林洞ギャラリーサロン。洋菓子店2階の小さなギャラリーで開かれる「特別な空間」をめざして、毎年全国からファンがやって来ます。河合奈保子ファンには今年9月に開催された「奈保子ファンミーティングinサラヴァ東京」のような位置づけといえば伝わるかしら・・・お宝自慢とかカラオケ大会とかはないですけど(笑)。120人ぐらいしか入れないので今年も切符はすぐに売れてしまったみたいです。

 サポートミュージシャンは亜美さんのライブではお馴染みの配偶者・小原礼さん(Ba)と是永巧一さん(Gt)で、いわゆる水戸黄門スタイル。常連率の高いライブということもあり、亜美さんも「勝手知ったる」的な感じでとても楽しそうで、こちらも楽しくなります。特別な空間ゆえの脱線トークもたくさんあって、礼さんもギャグを出したり絶妙な合いの手を入れたりして舌好調(笑)。いろいろ書きたいことはあるのですが、とても書けません(^^;

<曲目>
1.時に愛は
2.The Christmas Song
3.伝説の少女
4.マイ・ピュア・レディ
5.Recipe for Smile
6.Joyful Joyful
7.オリビアを聴きながら
8.スープ


9.私がいる
10.1秒だけの奇蹟
11.時を渡る魔法
12.Angel Eyes
13.ありがとう
14.真水の涙
15.グルメ天国
16.天使のウィンク
17.Prism Train
18.Smile

en1.サンタが町にやってくる
en2.Have Yourself A Merry Little Christmas~Silent Night


 1部は定番曲を中心に、休憩を挟んだ2部は今年発売のアルバム「S-mile」からの曲を中心とした構成。M5は12月21日に発売されたばかりのベストアルバム「Recipe for Smile」のために書き下ろされたタイトルチューンの曲。このアルバムは亜美さんの曲(詞)には飲食物が含まれたものが多いということから企画された「飲食物登場曲」のベスト盤となっております。

 笑いの絶えないライブでしたが、例年とは趣を大きく異にする時間もありました。11月に、亜美さんのライブに良く来ていたあるファンの方が急死されたのですが、亜美さんはその方の思い出を語りつつ、その方のためにと言ってM8の「スープ」を歌ってくださいました。その方は私もよく知っている方で、亜美さんのライブ会場だけでなくバンドやセッションの音楽活動でも良くご一緒させていただいたこともあり、沁みました。きっとあの世のあの方にも届いたのではと思います。こういうことができたのも、特別な空間に近い歐林洞だからこそ。普通のホールコンサートではあり得ません。

 正味2時間20分、毎年のことですが濃密な空間で楽しかったです。そして休憩のときに階下の喫茶室でいただいたケーキもおいしかったです。これも楽しみのひとつ(^^) 終演後はサイン会に長い行列が。私も「Recipe for Smile」を買ってブックレットにサインをいただきましたが、ここでちょこちょこっとお話できるのも嬉しいですね。

 今年も亜美さんの歌い納めに参加できて良かったです。そして私にとってもライブの聴き納めでした。そしてクリスマスのイベント終了です(微笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

年の瀬のライブ2本

 12月は出かけたくなるライブが多くて、先週も今週もライブを観ています。

 12月17日(土)は、原宿クエストホールで「FFAフォークイズ」。
 出演は、中川五郎、尾崎亜美、ばんばひろふみ(登場順・敬称略)。他にオープニングアクトで早川隆。まあ要するに亜美さんの追っかけです(^^;
 3人のジョイントは、持ち時間がきっちり40分ずつ。亜美さんは5曲を披露。

 1.Joyful Joyful
 2.マイ・ピュア・レディ
 3.天使のウィンク
 4.オリビアを聴きながら
 5.Smile

 1曲目はクリスマスらしさを出したかったからとのこと。実はこのライブはサブタイトルで「クリスマススペシャル」と銘打っていたのですが、亜美さん以外では本編の選曲でクリスマスっぽいものは出てきませんでしたネ(微笑)。天使のウィンクでは最前列でスタンディングを決行する方がいらっしゃいましたが、私は3曲目で体が温まってなかったこともありスタンディングに至りませんでした(苦笑)。やっぱり終盤に来ないとねえ・・・といっても後ろから数えると3番目だから一応終盤なのか(^^; それとクエストホールが段差のないフラットな客席で、後ろの席で観ている方への気兼ねもありました。ステージは高い位置だったので大丈夫だったのかもしれませんが。
 中川さんは存じ上げず初見でしたが、社会・政治風刺の効いた曲などもあっていかにも往年のフォークという感じ。エネルギッシュでした。バンバンはさすがの安定感。ただ「北山杉」がちょっと苦しそうに聞こえたのは気のせい?
 ジョイントだとどうしても時間的に腹八分目なライブになりますが、おいしいところ詰め合わせな感じで楽しめました。

 12月21日(水)は四谷三丁目ソケースロックで「まいのアイドルメモリーズ大感謝祭」
 私がひいきにしているいまのまいさんのソロライブで、FMおだわらのラジオ番組に寄せられたリクエストや、まいさんの歌いたい歌をバンドで歌いまくる企画で、昨年に続いての開催。
 曲目等はまいさんのブログにて(手抜き!)
 事前に「バンドだからオケ音源にないようなマニアックな曲を」と聞いていたので、知らない曲ばかりだったらどうしようとおののいていたのですが、メジャーな曲もそこそこちりばめられていたので安心しました(笑)。河合奈保子さん亜美さん絡みはなかったけど、それは昨年聴いたし(微笑)、なによりまいさんの歌唱でいろいろな曲を聴けるのがいいですね。カバーだけど物真似ではない、まいさんの歌唱が良いのです。本当に好きなんだなあというのが感じられるライブでした。

 これでまいさんのライブは聴き納め。あとは年内に亜美さんを聴いておしまいの予定。音楽のある生活は楽しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

尾崎亜美ライブ@下関

 11月26日は下関へ遠征。Jazz Club BILLIEでの尾崎亜美ライブを見てきました。このハコでの亜美さんのライブはもう5回目。時期は毎年ちょっと違いますが、ほぼ恒例化しつつありますね。私は昨年に続いての参戦です。

 今回は、来場者が多かったのか?昨年よりも席が増えてる感じで、手を伸ばせばステージのキーボードに届くぐらいの近さまでテーブルがセットされていて、亜美さんも「こんなに近かったっけ?」とびっくりするぐらい。余りにお客さんと近いので、普通に会話が出来てしまうぐらいでした。私は後のほうで見ていたのですが、最前方の方は目の前で亜美さんが歌うところをご覧になれたわけで、きっと良い思い出になったことでしょう。

 その近さゆえなのか?トークもいつもにも増してユルフワで(笑)、亜美さんは「客席が近いので家にいるような感じだから」と釈明してました。要するにアットホームなライブということで、これは観る側としても嬉しいことです。亜美さんのアットホームなライブと言えば、12月下旬の開催が恒例化している鎌倉歐林洞ギャラリーサロンでのクリスマスコンサートが名高いですが、もしかすると BILLIEも第二の歐林洞になりつつあるのかもしれません。「こんな(ゆるい)トークは来年から止める」なんておっしゃってましたが、ぜひ続けて頂きたいです(微笑)

 トークはユルいですが歌はびしっと。滅多にやらない曲が出てきたり、意外なカバー曲が出てきたりしましたが、なんと新曲の披露まで。12月に発売されるベスト盤「Recipe for Smile」のために書き下ろした曲を初めてライブで披露という、貴重な場に立ち会うことができました。亜美さんには珍しい感じのタイプの陽気な曲したねー。全体的には40周年記念盤「S-mile」からの曲が多かったので、レコ発ライブツアーの延長戦的な感じでしたが、ツアーではやらなかった曲も入れてきてくれたりして良かったです。

 途中休憩を挟んで約2時間半のライブでしたが、あっという間に感じました。客席もいい感じに盛り上がりましたし、終演後のCD即売サイン会も行列でした。こういうライブ、定番化されると嬉しいですね。

<曲目>
- 1部 -
1.時に愛は
2.マイ・ピュア・レディ
3.BENGALL BABOO BABE
4.冬のリヴィエラ
5.1秒だけの奇蹟
6.伝説の少女
7.スープ

- 2部 -
8.私がいる
9.時を渡る魔法
10.真水の涙
11.ありがとう
12.Angel Eyes
13.Recipe for Smile (新曲)
14.グルメ天国
15.天使のウィンク
16.オリビアを聴きながら
17.Smile

enc.明日に架ける橋


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

尾崎亜美ライブツアー全日程終了!

 尾崎亜美さんの「40th Amii-versary『S-mile』コンサート」は7月4日・名古屋、5日・大阪に続き、東京・渋谷区文化総合センター大和田「さくらホール」での9日・10日の2公演をもって全日程を無事、終了しました!

 いやー、本格的なホールコンサートは久々で、楽しかった~♪ 4公演コンプリートしましたが、どの回も楽しかったです。亜美さんはゴキゲンで、大ハッスル(って表現はもうしないのか?)とにかく気合い入ってましたね。キーボードやピアノを離れてハンドマイクで歌う曲も幾つかあり、久々にキレのよい振りも見られましたし。

 今回のツアーはいろいろ仕掛けがあって、開演前の前説のアナウンスはなんと渡辺謙さんという豪華なもの(録音ですが)。ライブは実質的に2部制のような構成。前半、というか前1/3ぐらいは、40周年ベストのような形でおなじみの名曲を。そのあと、生まれてからデビューまでの写真やレコード・CDジャケットでこれまでを振り返るビデオ上映があり、その後に5月発売の新アルバム「S-mile」の収録曲を。「400曲以上作ってきたので聴きたい曲はたくさんあると思うけど、今回はS-mileの世界を表現したかったので新アルバムの曲を中心にさせていただきました」とのこと。私なんかは40周年記念かつレコ発コンサートだと思ってたので、この構成は納得です。本編ラストは表題曲「Smile」を客席も一緒に歌いましたが、こういう趣向って今まで無かったので新鮮に感じましたし、亜美さんと一緒に歌える一体感が良かったです(あくまで自己満足ですが)
 新アルバム「S-mile」は元気な(派手な)曲が少なめなのですが、その分アンコールできれいにスパーク。鉄板の「天使のウィンク」「Prism Train」で大いに盛り上がり、スタンディング決行者も続々。目視の範囲ですが、9日は5分立ち、10日は8分立ちぐらいだったかな。「Prism Train」をハンドマイクで歌う姿は初めて見た気がします。

 亜美さんの歌唱は圧倒的で、豪華なバンドメンバーで音も素晴らしく、至福のひとときでした。どの回もだいたい2時間半程度の公演になりましたが、あっという間に感じてしまいました。千秋楽の終わりが近づくとちょっと淋しかったですね。

 ロビーでのCD、グッズ販売も賑わっていましたが、驚いたのは東京公演でファンクラブの入会受付を行っていたこと!公式ページでさえ入会案内を出していないのに(爆)。入会していた方もいらっしゃったのでこれは嬉しいですね。サイン会は東京でも行われましたが、喉の使いすぎということで会話なしのサイン色紙手渡し会となってました。「ドレミファドン」でお手つきをしたときのような×マーク付きマスクをしていた亜美さんがかわいらしかったです。あ、マスクなしでもかわいかったです。公演中は要所要所で客席から「かわいい!」という声が飛び交っておりました。「そういうことは大きな声でハキハキと」だそうです(笑)。この辺の芸風はイルカさんとそっくり。

 あ~こんなライブ、次はいつ見られるかなあ。。。またやってくれることを楽しみにしています。

<曲目>

1.冥想
2.マイ・ピュア・レディ
3.Angela
4.純情 *
5.あなたの空を翔びたい
6.伝説の少女
7.オリビアを聴きながら

8.私がいる
9.時を渡る魔法
10.Vanilla *
11.真水の涙
12.名も無い歌でいい **
13.What a Wonderfull World **
14.Angel Eyes
15.1秒だけの奇蹟
16.音符の翼
17.Smile **

En1.天使のウィンク
En2.Prism Train *
En3.スープ

En4.明日に架ける橋 ***


* ハンドマイクで、立って歌唱
** ゲストボーカル 小坂忠 
*** 5日大阪、10日東京のみ


<出演>
尾崎亜美(Vo,Pf,Key)
屋敷豪太(Dr)
小原礼(Ba)
鈴木茂(Gt)
是永巧一(Gt)
奥田民生(Gt) 大阪のみゲスト参加
横山裕章(Key)
Aisa(Cho,Gt,Perc)

小坂忠(Vo)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

尾崎亜美ライブツアー前半終了!

 尾崎亜美さんの「40th Amii-versary『S-mile』コンサート」は7月4日の名古屋・ダイヤモンドホールで幕を開け、5日の大阪・なんばHatchまでで前半戦が終了しました(早っ)。
 今週末は東京公演がありますのでネタばらしは避けたいところ。でも雰囲気は伝えたい・・・難しいですね(^^;

 とりあえず、両会場とも盛り上がりました!ですがノリの良さではやっぱり大阪に分があるかな。いろんな声掛けが飛び交ってました。大阪恒例のキダ・タロー先生の名作でのコール&レスポンスもありましたし。「と~れとれぴ~ちぴち」「かにりょうーりー」・・・これがないと大阪じゃない(笑)。そうそう、大阪では特別ゲストで奥田民生さんが入ったのも盛り上げに一役買いましたね。鈴木茂、是永巧一、奥田民生のギター3名競演なんてそうそうありません。
 名古屋はアンコールできれいに総立ち!ダイアモンドホールの場合、前方が立つと後ろからは見えなくなるのでつられて・・・ということもあったのかもしれませんけど、なんにせよ総立ちは気持ちが良いものです。

 今回のツアー、いろいろと仕掛けがあったりするので、長年のファンの方も「おおっ」と思うこと間違いなしです。私も「え、この曲でこんなことを!」とか「ここでこの曲がくるのか~」とか思いましたし、開演前の仕掛けにもびっくり。ひとつだけネタばらしすると、開演前のBGMがいつものではありません。

 新アルバム「S-mile」は穏やかな曲調が多いのでどんな感じになるかなあと思っていましたが、終わってみればトークも含めてとても楽しかったです。アンコールできれいにスパークしたし(^^)。公演時間は2時間20~30分程度でした。

 両会場ともライブ終了後には近年恒例のサイン会がありました。ただし、CD購入者へミニ色紙へのサインを渡す仕様となっていてCDブックレットへのサインはしていただけないそうです。物販のグッズ(Tシャツや買い物バッグ)へのサインもダメみたい・・・。大人の事情があるのかな(^^;

 さあ週末9日・10日は東京2daysです!こちらも盛り上がっていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

日曜の夜はFMおだわらで尾崎亜美祭り!

 2015年3月に河合奈保子さんの特集を組んだFMおだわら「ラジオ歌謡選抜」が、こんどは尾崎亜美さんの特集を組みます。しかも、次の時間帯の番組「ファム」も尾崎亜美特集。両番組続けて2時間まるまる尾崎亜美まつりです(^^)


【FMおだわら 2時間まるまる尾崎亜美特番!!】

放送日:2016年7月3日(日)/(再放送)7月10日(日)

○ラジオ歌謡選抜
 「尾崎亜美特集」
 放送時間:23:00~24:00
 他の歌手への提供曲の特集になるようです。

○FEMALE VOCAL SELECTION「FEMME(ファムラジオ)」
 「アーティスト特集:尾崎亜美」
 放送時間:24:00~25:00
 亜美さんがゲスト出演の1時間 。
 おそらく40周年アルバム「S-mile」からたくさん聴けるかと。


 亜美さんは7月3日が40周年記念コンサート「S-mile」のツアー初日(名古屋)でして、前夜祭的なナイスな企画です!そして再放送は千秋楽(東京)の夜であります。ぜひお聞き頂ければと。ラジオ歌謡選抜ではもしかしたら奈保子さんへの提供曲も流れるかも・・・。

 聴取方法は3通り。

 ・FMラジオ(小田原市内):78.7MHz
 ・パソコン(全国):サイマルラジオでFMおだわらを選択
 ・スマートフォン(全国):無料アプリTuneIn RadioでFMおだわらを選択

 個人的にはFMラジオのエリア外からの場合はパソコンでの聴取をお勧めします。スマートフォンは環境によって音切れ・音飛びが出る場合があります。

 亜美さんの素敵な曲とゆるふわトークを楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧