2017年2月28日 (火)

「再会の夏」まつりもそろそろ終わり?

 今日は2月28日。河合奈保子写真集「再会の夏」の購入者向けポスター販売も本日をもって締め切りとなりました。昨年7月24日、すなわち奈保子さんのバースデーを期してライブDVDと写真集の発売をプロモーションするサイトNAOKO FAN MEETINGが立ち上がったことから始まった一連の”まつり”も、そろそろ終わりのような雰囲気になってきました。ちょっと淋しいですね。

 そういえば、12月には電子書籍版も発売されているのですが、サイト上では発売日や発売サイトの告知もなかったですねえ。第8章が追加されているという割りにはプロモーションが皆無というのは意外でした。放っておいても売れるだろうという判断だったのかな?私自身はこれまで電子書籍は購入したことがなくて、どこで買うのが良いのかとかさっぱり分からないのですよねえ(^^; 

 なんてことを綴ってますが、もともと私は写真集は重視しておらず、これまでも積極的には触れてませんでした。ネット上では良くも悪くも散々触れられてますから、何も私のところが、っていう感じでして。。。もちろん買ってはいるのです。買わないとわからないことがありますから。電子書籍版も同じで、チャレンジはしてみたいと思ってはいます。あ、ポスターは結局買いませんでした。貴重なグッズには違いありませんが、貼るスペースがないし、値段と保管のことを考えるとねえ。。。同じカットは写真集でも見られますし(^^; 


 ちなみにマガジンハウスの写真集第2弾は岡田奈々さんだそうですね。AKBファンも知らずに買ったりして(微笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

放送と雑誌から奈保子さんの話題

 先週2月13日(月)、TBS系のテレビで「歌のゴールデンヒット」という番組が放送されてました。サブタイトルが「オリコン1位の50年」というものだったので、1位獲得曲である河合奈保子さんの「デビュー -Fly Me To Love」が出ないかなと期待してご覧になった方も多かったでしょう。結果は残念ながらスルー。
 あくまで個人的な感覚ですが、TBS系の音楽回顧番組って奈保子さんを殆ど出さないんですよね。随分前に毎年放送されていた「ザ・ベストテン20XX」なんかもかなり期待して見ていたのに中継シーンがほんの少し出たぐらいの記憶しか無く、昨年10月放送の「ハロウィン音楽祭2016」もザ・ベストテンのコーナーがありましたがスルー。年末の「レコード大賞」の回顧シーンではそれなりに出ているようですが(2016年は無し)1分もないようなカットですしねー。
 今回の放送では4時間もボリュームがあってかつオリコン1位縛りがあるのでそれなりに期待したいところだったのですが。。。とはいえかなりの歌手がスルーされてしまっており、奈保子さん「だけ」ではないことも確か。要は取り上げ方が偏ってるんですよね。あのぐらい時間があったらもう少し万遍なく紹介して欲しいところです。


 その前、2月11日(土)の夜にツイッターで「河合奈保子」を含むつぶやきが大量発信されていて、何事かと思ったらニッポン放送(東京・AM1242kHz/FM3.0MHz)の「中居正広ON & ON AIR」という番組で「けんかをやめて」が流れたそう。ツイッターを追うと、トークの流れでネタ的に曲が流れたようです(微笑)。さすが中居さんのラジオで流れると発信力がありますね。奈保子さんに対して肯定的なつぶやきも多かったのですが、「なぜ河合奈保子?」というつぶやきもそれなりにあって、竹内まりやさんがオリジナルだと思われているのかと思うと淋しかったです。オリジナルで世に広めたのは間違いなく奈保子さんなのに。。
 で、どんな放送だったのかradikoプレミアムのタイムフリーで確認しようと思ったら、なんとタイムフリーの対象外!事務所の意向だとしたら残念です。


 さて、雑誌FLASHのことを完全スルーするのもどうかと思ったので、一応。。。
 2月7日(火)発売の通巻1410号(2月14日号)に奈保子さんのグラビアが載ったのを見た方もいらっしゃったでしょう。特に何かの連動というわけでもなく、唐突感が否めない掲載でした。注目点は近代映画社の写真だけで構成していたことでしょうか。近代映画社といえば奈保子さんの写真集の大半を出版したところですが、昨年になって初めて写真集を発売したマガジンハウス(旧・平凡社)への対抗なのでしょうか(微笑)。今回のグラビア掲載では紹介文や寄稿文の類いがなく、よって音楽性に触れられることもなく、ちょっと愛情にかけるかなあという印象・・・(個人の意見です) でも水着オンリーではないところや、グラビア部分だけミシン目で簡単に切り離せるようになっていたところは愛情なのかもしれませんね(微笑)。


 溜めていたことを綴ったら長くなってしまいました。こまめに出したほうが良いのでしょうけど、すいません。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

亜美さんが奈保子さんを語る

 本館お便り広場にも頂いているように、尾崎亜美さんが河合奈保子さんのことをラジオで語ってくださいました。
 舞台は2月20日に放送されたニッポン放送(東京・AM1242/FM93.0)の「金曜ブラボー」。生放送へのゲスト出演でした。平日日中のラジオはそうそう聞けるものではないのですが、今は大半の民放はradikoタイムシフトサービスで放送から1週間は聞くことができますので、後から聞くことができました。(1週間を経過した現在は聞けません)

 亜美さんの金曜ブラボーへの出演は昨年6月に続いて2回目ということでリラックスしてしゃべっている感じでしたね。前回は「アイドルへの提供曲で印象が強かった3曲」でしたが、今回のテーマは「こだわりの歌姫」。南沙織さん、高橋真梨子さん、そして河合奈保子さんが取り上げられました。奈保子さんはアイドルでは取り上げられなかったけど歌姫枠で紹介していただけるなんて、それだけで素敵過ぎます。

 「微風のメロディー」をBGMに語って頂いた賛辞は、だいたいこんな感じ。

・レコーディングの時間が楽しかった。
・私のことば(≒歌唱指導)を自分なりにすぐに咀嚼して、素敵に返ってくる。頭のすっごくいい人。
・曲のこと(≒意図)をちゃんと分かってくれて歌ってくれる。
・アイドルだったと思うけど、私のなかではアーティスト。
・やさしくて、性格もすごく好き。

 亜美さんはベスト盤「Amii in the box」のセルフライナーでも「アイドルというよりはアーティストと仕事をした感じ」と書いて頂いたりと、奈保子さんを好意的に評価していることは分かっていますが、今回もべた褒め。アーティストということを強調されていたのは嬉しかったですね。今度お話できる機会があったらお礼を言わなくちゃ。。それにしても、こういうお話を聞くにつけ、うーん、当時もっとコラボがあったらなあ、なんて。。。

 奈保子さん以外のトークでは、南沙織さんに「春の予感」のレコーディングで歌唱指導をしたらプロデューサーの酒井政利さんに「指導がうまい」と褒められたという話が面白かったですね。この逸話は初めて聞きました。「春の予感」は、初めての提供曲にして、初めて編曲を手がけたという、亜美さんにとって重要な転機になった曲ですが、歌唱指導にも目覚めていたとは(^^)

 亜美さんのトークはライブもラジオも楽しいのですが、今回は聞いていて、いつもにも増して心地よかったです(^^) ラジオ聴取者の中には「奈保子さんが歌姫?アーティスト?」と思われる方もいらっしゃったと思いますが、亜美さんの証言で正当な評価が広まると良いですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

大ラジカセ展にて

 きのう25日は東京・池袋パルコで開催中の「大ラジカセ展」を観てきました。私もしっかりラジカセ世代ですので、懐かしさで興味津々のイベントだったのですが、まあ見たことが無いようなラジカセがところ狭しと並んでいて圧倒されました。噂には聞いていたテレビとの複合(ラテカセ)とか実物見るのは初めてでしたし、キーボード付き・・・要するに楽器と一緒にしたようなものまであってびっくり。
 ラジカセはラジオとカセットレコーダーとの複合機なので、文化としてのラジオの紹介にも力が入ってました。在京民放局の歴史的な写真や放送受信確認証(ベリカード)、番組プログラム表や、貴重な音源の試聴まで。
 さらに、各界著名人のラジカセに関する私物史料の展示やコメントを展示したコーナーも。水道橋博士が少年時代、BCL(ラジオの遠距離受信)に夢中になっていたことを初めて知りました。電離層反射で届く遠方のラジオを聴くことは、今ならパソコンでインターネットを見るような「世界の広がり」を感じられたでしょうね。
 それほど大きくないスペースではありましたが、見応えがありました。

 しかーし、私が大いに驚いたのはラジカセの試聴コーナーでした。
 なんと、試聴テープに収められていたのが河合奈保子さんのアルバム「あるばむ」だったのです。市販のミュージックテープではなく、ブランクテープに個人的にダビングされた物。

 Radicase

 もっとも、試聴用のラジカセがモノラルタイプの決してHi-Fiではない機材で、奈保子さんの歌唱の魅力を存分に引き出すものではなかったのは少々残念ですが、それでもこういう展示にこれをチョイスしたなんて素晴らしすぎます。

 会期は12月27日までということで、もう時間がありませんが、池袋にお立ち寄りの時には如何でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

失礼な話

 NEWSポストセブンという、週刊ポストや女性セブンの掲載記事を後日に転載しているウェブサイトがあります。たまたまスマホで芸能系のニュースを見ていた時に、関連記事として出てきたのがポストセブンの『紅白8大事件 長渕剛「日本人はタコ」や吉川「ギター炎上」』という記事。河合奈保子ファンの立場としては当然あの歌唱妨害事件のことがどう書かれているか気になるので読んでみたら、なんと吉川氏の行為や放送協会の処分については書かれているものの、奈保子さんの事に関しては一切記述なし。それでいて、シブがき隊の布川敏和さんが転倒したことはしっかり書かれているのです。この事件の一番の被害者は、直後の出番だったために妨害行為により頭サビの「デビュー~Fly Me To Love」の冒頭が歌えなかった奈保子さんなのに、そのことを書かないなんていったいどういうことなんでしょうか。

 そうかと思えば、録画しておいた先週の「爆報!THEフライデー」(TBS系・12月2日放送)を見てみたら、岡田有希子さんを取り上げたコーナーの経歴紹介部分で「憧れの松田聖子と同じサンミュージックに所属」という字幕とナレーションが。。。さらには「憧れだった松田聖子の作詞した曲(=くちびるNETWORKのこと)」が大ヒット」とも。
 ちょっとちょっと、ユッコが憧れてたのは奈保子さんでしょ!なんでそうなるの。
 (竹内まりやさんとクリス松村さんの対談記事も参照ください
 確かに、事務所はポスト聖子として育てていて、本人にも聖子さんのようになることを求めていたのでしょうけど、事実のすり替えは困ります。

 ふたつとも、まったくもって奈保子さんに失礼な話です。まるで存在を消されているかのようでとても悲しくなりました。奈保子さんのことに限りませんが、歴史は正しく伝えて欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

34年の時を超えて

 現時点での実質的な河合奈保子関連ポータルであるNAOKO FANMEETINGサイトで既に紹介されていることなので今さら感はあるのですが、「けんかをやめて」が対戦型カードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」の宣伝用WEB動画に使用されています。あ、私ゲーム方面は全く疎いので、すべて受け売りです(^^;

YouTubeで公開されているのは次の3本

野球中継編
国会編
スーパーヒーロー編

 テレビジョンの番組なんかでもこういうシチュエーションの映像のBGMに流れたりするので、まあ、ある意味ベタな使用法ではあります(^^; 加えて、尺もごく短い。ただ、ちゃんと“♪河合奈保子「けんかをやめて」”とクレジットが入っているところがミソですね。

 この楽曲使用を、NAOKO FANMEETINGサイトやコロムビアでは「タイアップ」と表現しているのですが、さてこれで現在発売中の「河合奈保子ライブ・ベスト」などの売上に結びつくのかどうか、ちょっと微妙ではあります。でもまあ、竹内まりやセルフカバーバージョンでしかご存じない方にも、こちらがオリジナルであることを認識していただける機会になるなら良いかなあ、なんて思います。

 それにしてもオリジナルの発売が1982年ですから、34年の時を経てWEB用とはいえCMに使われたことになるわけで、ある意味すごいなあと。同時に、当時積極的にCMタイアップを組んでいたらどうだったのだろう、なんてことも思ったりします。CMには多数出演していたのにねえ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

「サエキけんぞうの素晴らしき80's」にて

 前回に続いてラジオの話を。話が前後しますが、本館TEAROOM☆NAOKOで予告のとおり、11月13日(日)のNHKラジオ第一「マイあさラジオ」内のコーナー「サエキけんぞうの素晴らしき80's」で、河合奈保子さんとジャッキー・チェンさんのデュエット「愛のセレナーデ」が流れました。

 放送協会のホームページで事前に曲目も発表されていた内容ではありますが、なぜ今「愛のセレナーデ」なのか・・・というのは読み取れなかったんですね。聴いてみたら11月は「秋のデュエット特集」ということでした。かつこの週は「大物外国アーティストが日本語で歌っている」というくくりで選ばれていたのでした。

HP発表では
「腕の中へ」(西城秀樹&バリー・マニロウ)
「愛のセレナーデ」(河合奈保子&ジャッキー・チェン)
の2曲でしたが、さらに放送では「愛のセレナーデ」の広東語版(艶情夜曲)もちらっと流れて、これには驚きました。この曲が放送に乗るのは極めて珍しいでしょう。版権の関係でCDボックス「NAOKO PREMIUM」にも収録されなかったですし(微笑)。サエキさん、奈保子さんの広東語を絶賛!
 そして、トークの相方のアナウンサーによる「驚いたのが河合奈保子さん自身の作曲なんですよね」という振りを受けて「シンガーソングライター的な資質を持たれた方で、すごく音楽に意欲的な方」と的確にコメントするサエキさん、素敵です。10分に満たないミニコーナーでしたが、かなり嬉しい時間でした(^^)

 ツイッターに番組のことをちらっと書いたらサエキさんから反響をいただきまして、なんでもシャンソン歌手のソワレさんが友人で「河合さんの才能を良く聞きました」とのこと。なるほどね!意外なところで繋がりました。やっぱり地道に奈保子さんの素晴らしさを説くことが大切だなと感じた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

「昭和音楽堂」で奈保子さんの特集が

 SBS静岡放送ラジオの「林哲司&半田健人の昭和音楽堂」の11月13日放送回が河合奈保子さんの特集だったというツイッターを見かけました。この番組は1年半ほど前に、放送内容の情報を得てから1週遅れで放送しているIBC岩手放送を聞いて内容を確認した、なんてことをしたことがありますが、今は良い時代になりました。IPサイマルラジオのrajikoにタイムフリー聴取機能が入り、1週間前までの放送済番組がいつでも聴けるようになっています(有料会員のみ。一部番組除く)。これを使って私も聴いてみました。

 聴いてみると、リスナーからの「今年は河合奈保子さんがブームなので」というリクエストに応えての企画でした。素敵すぎます。30分番組なので流れた曲は5曲、さらにほとんどが1コーラスのみ(または1コーラス終わったところでトークが始まりBGM扱い)ではありましたが、選曲がおおっと思うようなもので、かつ当時奈保子さんと接したことのある林さんの奈保子に関するトークが聞けたので個人的には満足度が高かったです。予想通り、歌唱力べた褒め♪相方の半田さんもナイスなトークでした。作曲活動にも言及してくださって、奈保子さんのステレオタイプなイメージをもって聴いていた方は認識が変わるんじゃないかなあと。

 ここで放送内容を詳しくレポしてもいいのですが、せっかくradikoがあるのですから、ぜひお聞きになってみてください。月額350円の有料会員用サービスですが、全国の民放ラジオ(中波、短波、FM)がライブ&タイムフリーで聴けるようになるので使いではあると思いますよ!タイムシフトは1週間経つと聞けなくなるのでお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

歌詞サイトが大充実

 たまたま調べ物をしていて歌詞検索サイトを当たっていた時に発見したのですが、なんと「Uta-Net」での河合奈保子さんの楽曲の掲載が大充実していることがわかりました。その数、113曲!
 これまでは「イベすた歌詞とる」がいちばん多いと思っていたのですが(22曲)、完全にUta-Netがぶっちぎっています♪

 これだけ数が多いのはアルバム曲が多数掲載されているからですが、どうも規則性がない。。。アルバム単位というわけでもなく、しかも「愛の花咲く時」のようなライブでしか歌ってないカバー曲や通販限定商品だったという「有馬路よ」なんていう超マニアックな曲までもあったりします。
 そこで子細に見てみると、どうもこれは2003年に発売されたCD-BOX「JEWEL BOX2」の収録曲と一致しているようです。面白い掲載基準だなあ(微笑) でもこれだけたくさんの曲が入っているのを見るだけで嬉しくなりました。

 カラオケもこれぐらい入っていると嬉しいのですが。。。同世代の他の歌手と比べるとカラオケは見劣り感が否めません。人によっては100曲以上入っているのでねえ。カラオケの充実も期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

アーティスト・マニフェストから30年

 きょう10月21日は、河合奈保子さんのアルバム「スカーレット」が発売されてから30年にあたります。奈保子さんは85年頃から作曲活動を始めていて、コンサートで披露したりベスト盤「NAOKO22」に自作曲「夢かさねて」を収録したりしていましたが、「スカーレット」は初の全自作曲アルバムであり、ソングライターとして本格的に歩み出した記念すべきアルバムですね。リカットされた「ハーフムーン・セレナーデ」はNHK紅白歌合戦でも歌われ、香港では「月半小夜曲」としてカバーされ中国大陸でも広く知られるようになりました。

 私がこのアルバムを知ったのは2002年に後追いファンになって以降で、聴いた時は衝撃でした。抜群の歌唱もに加え、こんなに良い曲を書いていたなんて。そもそもファンになるまで奈保子さんが作曲をしていたことも知らなかったわけで、これで私のなかの奈保子さんのイメージがアイドルからアーティストに変わりました。以後、愛聴盤になっています。

 このアルバムの帯には「これは奈保子の記念すべきアーティスト・マニフェストだ!あなたに聴いて欲しい」」という文字が躍っています。第2のデビューといってもいいぐらいの意気込みが感じられる帯ですね。あれから30年、私にように当時奈保子さんの音楽の素晴らしさに気づけなかった方にも、今からでも遅くはないので気づいて欲しいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧