2022年3月27日 (日)

桜の闇に振り向けば

 各地で桜の開花のニュースが出始めましたね。すでに満開のところもあるようです。疫病や戦争など暗い話題が多い世の中ですが、それでも桜は咲くというのが日常の継続を表しているように思えて、心の救いに感じてしまいます。

 この時期になると聴きたくなるのが、河合奈保子さんの「桜の闇に振り向けば」。87年発売のアルバム「JAPAN」収録曲ですが、この曲、好きなんですよねえ。一般的な桜ソングのイメージとは違う作風が、逆にくせになります。闇夜にかがり火でほの暗く照らされた桜が見えてくるようです。

 この曲、T2U音楽研究所の臼井孝さんがサブスクのプレイリストで紹介し、かつコミュニティFM・渋谷のラジオで放送されている「渋谷のザ・ベストテン」3月2日(水)放送回で曲のオンエアとムダ解説(ご本人曰く)を行ったあと、再生回数が伸びているのだそうです。やっぱり聴くと良さがわかるということじゃないかと思います。(放送のトーク部分はnoteで聴取可

 さらに、CS放送の歌謡ポップスチャンネル「ツメ折り!カセットソング」でも、3月29日(火)深夜24:00~放送予定の「お花見SONGS」の回でも流れる予定になってます(歌手の映像は出ない番組ですが)。お花見かというとちょっと違う感じもしますが(^^; いい曲を紹介していただけるのはありがたいことです。こういった放送をきっかけに、認知度が少しでも広がってくれたらと思います。

| | コメント (0)

2022年2月10日 (木)

名前だけですが・・・

 AERA.dotに次のタイトルの記事が公開されています(2月9日)。

平成生まれの若者に「明菜推し」「聖子推し」が続出 22歳女子大生シンガーが語る「80年代アイドルの魅力」

 まあ、タイトルからわかるとおり語られているのは中森明菜さんと松田聖子さんぐらいですが、かろうじて河合奈保子さんも記事中にお名前が登場しています。執筆者(女子大生シンガーとは別)が「80年代に歌声で魅了したアイドル」として列挙した中に含まれているのですが、これはちょっと嬉しいですね。ビジュアルだけでなく歌声が魅力だったという認識は大歓迎です。ただ、本当に名前が挙げられているだけなので、若い方でも語っていただけるだけの人が現れてくれるようになるといいなあ。。メディアでの取り上げられ方には政権与党&疑似与党と立憲野党ほどの落差がある状況ではありますが、伝われ、魅力。

 ところで、80年代を取り上げるときにどうもバブル景気と結び付けられる傾向があって、この記事でも後半にちらっと触れられているのですが、80年代がずっとバブルの時代だったかというと、それは違うわけです。あくまで80年代の最後のほうだけで、この記事で名前が挙がっている人がデビューした頃はまだバブルという感じではないのですよね。荻野目洋子さんもとある高校の「バブリーダンス」に結び付けられてしまってますが、きっと高校では昭和の歴史教育が十分でないのでしょう(微笑)。若い人が昭和の時代に興味を持っていただけるとは嬉しいことですが、語るぐらいに入れ込むのならば正しい情報を仕入れて欲しいなと思います。

| | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

東スポの秘蔵フォト

 きょう1月30日、東スポWebでこんな記事が配信されました。

【今週の秘蔵フォト】「恋愛をしたことが一度もないんです」河合奈保子20歳誕生日前の告白

 載っていたのは満面の笑みの奈保子さん。ただしモノクロ(^^; 原典は83年5月3日付紙面に載った記事といいますから39年前ですか。当時の新聞だとまた写真の主流はモノクロだったということでしょうか。

 当時の奈保子さんの一端が垣間見えるインタビューの内容がインタビューが興味深いですね。ほほえましいですが、二十歳前はそもそもお酒はアカンでしょう(微笑)。記者が話を盛ったのかも、とか思ったりします。ちなみに84年のエッセイ本「大人の始発駅」ではワインをたしなむような記述があります。

 記事ではエッセイ本「わたぼうし翔んだ」の出版直前であったことも触れられていますが、せっかくなら昨年、新装版で復刊したことにも触れて欲しかったところです。まあでも、節目でもメモリアルなタイミングでもないのに取り上げていただいたのですから、それだけでありがたいと思わないといけないですかね。

 この記事はヤフーニュースに転載されているので、そちらで読まれた方もいらっしゃるかと思います。ヤフーニュースで読んでいいなと思ったときは、記事の終わりにある「学びがある」「わかりやすい」「新しい視点」のいずれかを押していただくと記事の提供元への還元になり、次につながるかもしれません(^^)

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

西村知美さんが奈保子さんのことを

 きのう19日の朝、文化放送「久保純子 My Sweet Home」を聴いていましたら、西村知美さんがゲストでいろいろお話しされていました。そのなかで、仕事で緊張するという話題になったところで河合奈保子さんの思い出を少しお話しされていました。ちょこっとなんですけどね、ラジオで急に奈保子さんの名前が流れてきたらピクっとしてしまうのがファンというものでして(笑)。radikoのタイムフリーで26日まで聴けますのでよろしければどうぞ。30分間、楽しい内容でした。関東エリア以外からも有料会員(radikoプレミアム)になれば聴けます。

久保純子 My Sweet Home | 文化放送 | 2021/12/19/日 09:00-09:30
https://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20211219090000


| | コメント (2)

2021年12月 6日 (月)

残り半分?

 河合奈保子さんのオリジナルアルバム8作品が2回に分けてタワーレコードからSACDハイブリッド盤でリイシューされましたが、気になる実績についてT2U音楽研究所の臼井孝さんが情報をツイートしています。

 どの作品も300枚前後出ているそうで、ということは限定600枚と言われてますから半分は売れた、ということになりますね。個人的には発売情報が発表されたとき、限定600枚は少ないかなと思ったものです。下手したら予約でいっぱいになってしまうのではと思ったぐらいですが、そこまでは行きませんでした(^^; でも残り半分です。お求めになりたい方は在庫のあるうちにということになりましょう。

 ここは、次につなげたいですね。マスタリングが評判なので、残りの作品も、ぜひ。

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

河合奈保子SACDリイシュー 第2陣発売♪

 河合奈保子さんのオリジナルアルバム8タイトルがタワーレコード限定でSACDハイブリッド盤としてリイシューされる件、第2陣が11月24日発売されました。私の手元には本日到着。

Naoko_sacd2_20211127172501

 セブンイレブン受取にしたため発売日から3日遅れでのゲットになりました。この遅れはスペックどおりみたいですね。自宅配送にしても在宅してない平日は受け取れないので結局同じですが(^^; 本当は店舗を応援したいところなのですが、ポイントサービスは圧倒的にネット注文が有利なんですよねえ。定期的にポイント15%還元セールがあるのでそのタイミングで予約注文しました。店舗だと受け取りのときにセールになってないとならないので、運なんですよね。。

 今回のリイシューは「DIARY」「サマー・ヒロイン」「さよなら物語」「ナイン・ハーフ」の4作。第1陣と合わせても全体の約半数、それも85年までの作品で自作期は含まれてません。これで終わりにしたくないですねえ。次につながる実績が出るといいなと思います。

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

NHK「SONGS」に奈保子さんが(ちょこっと)

 えー、タイトルだけで用が済んでしまいそうですが、さる11月18日にNHK総合テレビジョンで放送された「SONGS」で使用された映像に河合奈保子さんの姿が短時間映っておりました。この日の放送は野口五郎さんと岩崎宏美さんがゲスト。実はふだんは見ない番組なのですが(苦笑)、歌謡曲愛好家の濱口英樹さんが、自身がオーガナイザーを務めるFMおだわら「午前0時の歌謡祭」との関連でおすすめとの告知があったもので、録画しておいたのでした。で、再生してみたら映っていたと。これとは別に雑記帳にもギムリンさんから情報提供いただきました。また尾崎亜美ファンのハイパパさんもブログ「今日のひとネタ」で示唆を頂きました。ありがとうございます。

 どんなシーンが映っていたかというと、83年のNHK紅白歌合戦のリハーサル風景。NHKホールで宏美さんと奈保子さんがセリに乗って上がっていくところでした。NHKホールのセリといえば例の転落事故が思い出されますが、奈保子さんはとびきりの笑顔で乗ってましたね。他に、宏美さんの歌のリハーサル(衣装合わせ?)のときにも、ピントが来ていませんが後方に奈保子さんが。よく映像が残っていたなと思います。

 奈保子ファンとしてはおまけ的にでも貴重が映像が出てお得な番組でしたが、本編が見応えがあって、これは保存版ですね。スタジオライブでは宏美さんの歌のときに五郎さんがギターで入ったり、五郎さんの歌のときに宏美さんがコーラスで入ったりというコラボもあり、お二人とも実力派だけに聴きごたえありました。演奏も弦が入ったバンドでしたしね。最後に披露されたお二人のデュエット曲(新曲)も良かったです。トークもお二人とも司会の大泉洋さんの濃さに負けずはっきりモノを言うタイプなのでこれまた面白かったです。

 すでに再放送がきょう23日の未明に終わっているので、このあと地上波で見ることはできなさそうですが、NHKプラスで25日23時14分まで見逃し配信されていますので、ご覧になりたい方は利用されてはいかがでしょうか。受信契約者(と世帯に属する方)なら誰でも利用できます。テレビジョン受像機をお持ちの方なら当然契約しているかと思いますので。

 そんな番組があったなら再放送の前にレポしてよ、という声も頂きそうですが、実は先週末は2年ぶりに錦秋の京都を訪れておりまして。。録画を見たのが昨日の夜遅くでした。京都の話は別の機会に。。

| | コメント (2)

2021年11月11日 (木)

熱唱とは

 昨10日の昼休み、聴くとはなしに聴いていたNHK-FM「歌謡スクランブル」を聴いていたら、河合奈保子さんの「けんかをやめて」が流れてきました。急にあのイントロを聴くとおおっと思いますね。

 なんで選曲されてるのかなと思って特集テーマを確認したら「熱唱・昭和歌謡集」でした。「けんかをやめて」って、奈保子さんとしては抑えたボーカルで情感豊かに歌っているという認識で、熱唱というイメージは持ってなかったんですけど。。。らじるらじるの聞き逃しサービスで聞き直してみましたが、パーソナリティからは年代以外に選曲の意図などの解説はなかったので、どういう基準で選ばれたのか結局謎でした。曲目一覧が番組サイトに出てますが、全体通しても...という感じ。私なら奈保子さんで熱唱なら「ハーフムーン・セレナーデ」を選びますが、みなさんならいかがですか?

| | コメント (2)

2021年10月 5日 (火)

転落事故から40年

 きょうは10月5日。NHKホールで番組リハーサル中の河合奈保子さんが、降りていたステージのセリに転落し重傷を負う事故が起こった日から40年経ちました。当時からファンだった方にとっては、そしてもちろんご本人にとっても、歌手活動に復帰できるのかどうかの一大事で、たいへんな心境だったと思います。ところが当時、特定の歌手のファンになるということがなく、テレビジョンの音楽番組も親の見ているものを一緒に見る程度だった私は、その事故のことがまったく記憶にありません。そんな事故があったというのは2002年に後からファンになって認識したことでした。後追いの新参がネットで交わされるファンの書き込みについていくには、やはり当時のことがわからないと理解が難しいものがあり、古書店で入手したのが今年8月に新装版として復刊された「わたぼうし翔んだ」でした。復刊元の復刊ドットコムには「38年の時を経てよみがえる本書」という言葉がありますが、事故から40年という年に復刊されたことを、あらためて感慨深く思います。

| | コメント (2)

2021年10月 3日 (日)

河合奈保子さんのSACDハイブリッド盤を聴いてみた

 9月22日にSACDハイブリッド盤で発売された河合奈保子さんのオリジナルアルバム4作品を入手したことはすでに綴りましたが、まず「LOVE」「あるばむ」の2作品を聴いてみました。といってもSACDプレーヤーは持ち合わせていないので、CDとしてのリスニングです。

<聴取環境>
 再生機:東芝CDラジカセ TY-AK1(ハイレゾ対応)
 ヘッドフォン:Panasonic RP-HD10(ハイレゾ対応)

(注・個人の意見です。感じ方には個人差があります。)

 全体として、ベースの音がよりくっきりしていたり、細かな音がより緻密に聞こえる感じがしました。「LOVE」の何曲かでは2007年リマスタリングの「NAOKO PREMIUM」のCDととっかえひっかえ聞き比べてみましたが、違いが聞き取れました。がらっと変わるというほどではないですが微調整をした感じでしょうか。ベースはアタック感がより感じられたり、ごく小さく入っているタンバリンに響きが感じられたりとか。奈保子さんのボーカルもわずかにクリアになっているような感じがします(これは気のせいのレベルかもしれません)。すでに雑記帳の記事に「CDの方は少し迫力がある感じ」というコメントを頂いていましたが、ベースラインがくっきりしていることと符合していると思いました。

 「あるばむ」に添付された解説には、今回のマスタリングについて次のように触れられています。

“マスタリングを担当したミキサーズ・ラボの菊地功さんは、「かっこいい音」を目指したという。菊地さんは2013年発表の竹内まりや『Mariya's Songbook』を手掛けており、同作に収録の「けんかをやめて」「Invitation」の音の質感や音圧を基準に微調整を重ね、今回の『あるばむ』のサウンド・コンセプトを決めた。今回のSACD/CDシリーズは本作をベースに音調整を施し、新規マスターが制作された。”

 ということは、『Mariya's Songbook』をお持ちの方であればマスタリングの方向性がつかめるのかもしれません。私も当時買ったのですが、しまい込んでしまった上に転居もあって捜索が大変で(^^; 買おうかどうか迷われている方は、上記解説を参考にしていただければと思います。また、やはりマスタリングの本領を発揮するのはSACDなんだろうなと思います。SNSではSACDの音に感動している声も見かけました。こうなるとプレーヤーも入手したくなりますね。

 いずれにしても(っていうのは明日退陣予定の首相の口癖でしたが・・・)音楽の評価は聞き手によって個人差があるものです。テレビジョンの「○○が選んだ歌の上手い歌姫ベスト**」みたいな企画で「こんな人が上位に来るの?」と思ったりするのと同じで、マスタリングについても良い悪いというよりは好みかそうでないかという世界だと思います。写真でいえばエッジがカリカリなほうが好きな人とソフトぎみなほうが好きな人がいるように。ですので、くどいようですが本項も個人の意見であるということでご理解ください。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧