2018年3月24日 (土)

昭和とらいあんぐるで「十六夜物語」

 きのう3月23日は、私が贔屓にしているシンガー・いまのまいさん率いるユニット「昭和とらいあんぐる」の結成2周年スペシャルライブを観てきました。

St2th

 1部は昭和とらいあんぐる本来の福島崇さん(Gt)、原川マコトさん(Key)との3人編成で。2部と3部は、スペシャルライブということでフルバンドの特別編成で。3時間超、昭和のアイドルソングをゲストボーカルも招いて歌いまくるという大ボリュームのライブ。何曲歌ったんだろう・・・いずれ本人ブログに全貌が出ると思いますが、進行はユルいけど本当に歌うことが好きなんだなあと感じられるライブでした。歌唱もバンドサウンドも素敵で。

 メジャーな曲から隠れた名曲まで幅広く歌われましたが、個人的に一番気持ちが盛り上がったのは、なんといってもアンコールで歌われた河合奈保子さんの「十六夜物語」でした(^^)。
 まいさんは以前にもカラオケ音源や原川さんのKeyで十六夜物語を歌ってくださっていますが、この夜は生バンドに乗せて熱唱。いま十六夜物語を歌えるシンガーはまいさんだけじゃないかと私は思ってますが(※)、いやあ、素晴らしかったです。事前にリクエスト受付があったので、ダメ元で私が出していたのですが、バンド譜を書き起こして歌っていただきありがとうございました!原川さん、めんどくさいイントロですいません(^^;

 (※譜面を渡せばその通り歌えるシンガーはいると思いますが、自らのライブで選曲して愛情をもって歌うという意味において)

 昭和とらいあんぐるは、原川さんが好きな南野陽子さん、福島さんがが好きな菊池桃子さん(ラ・ムー含む)の曲は毎回必ず歌われてますが、また折をみて歌っていただけたら嬉しいですね。もちろん、まいさんの歌唱は奈保子さんの曲に限らず素晴らしいですが。3年目もますますの活躍を祈念します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

ラジオ放送の結果 2題

 ラジオ放送の告知を雑記帳で綴っていましたが、その結果を2つ。

 一つは2月25日深夜放送のFMおだわら「午前0時の歌謡祭」『作曲活動50周年・筒美京平特集』の後篇ですが、番組ブログに放送内容が出ましたので、そちらをご覧いただければと。(またしても手抜き!)
 河合奈保子さんの曲が出るのでは・・・としていましたが、BGMで「エスカレーション」が流れました(^^)。
 本編としては流れなかったわけですが、実弟の渡辺忠孝さんが出演とはいえコロムビアで仕事をしていたわけではないので、濱口英樹さんがオーガナイザー特権で(微笑)BGMに押し込んでくれただけでもラッキーと捉えた方が良いのかもしれません。1月の放送で「浅い夢」を流していただいてますしネ。ちなみに渡辺さんの選曲は「なんてったってアイドル」でした。

 二つ目は、「静岡放送開局65周年特別コンサート 尾崎亜美×杏里×中村あゆみ Triple Jewelry Acoustic Night」の模様のラジオ放送。
 3月4日にSBSラジオの中波(AM)とFM補完局(ワイドFM)で放送されましたが、放送エリア外かつ外出中でしたので、Radikoプレミアムのタイムフリーで聴きました。全国のほぼすべての民放局がエリアに関係なく、しかも後から聴取できるようになるなんて、いい世の中になったものです。夜間帯にフェージングと闘いながらAMの遠距離受信にチャレンジするのもラジオらしい面白さはあるのですが、昼間の放送では無理ですからねえ。
 で、聴いて驚きました。なんと杏里さんのソロコーナーがまるまるカットされていました。中村あゆみさんのライブを4曲出したあと「続いて行われたのが杏里さんのステージ。数々の名曲を披露したあと、尾崎亜美さんを招き入れて・・・」というナレーションで「オリビアを聴きながら」のコラボへつないでいました。なんでこうなっちゃったんだろう。。。三人三様の個性が出ていたあの夜のコンサートの雰囲気がこれでは出ないし、あの場に居た人にとっては「ああ、そうだったよね」と振り返れないなあと。個人的には亜美さんの時間(曲数)が多めなのは普通なら嬉しいのですけど、ちょっと後味が悪い感じがしてしまいました。よほど「大人の事情」でもあったのかしら。
 ということで、Radikoタイムフリーは放送から1週間が「消費期限」になってますので、これから聴こうという方はお急ぎを。こちらから3月11日まで聴取できます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

地上波では久しぶり

 本館にもお便りを頂いていますが、きのう2月12日にTBS系のテレビジョンで放送された特別番組「歌のゴールデンヒット」で河合奈保子さんの映像が流れ、SNSでも話題になりました。
 この特番、これまでに「オリコンの50年」、「オリコン1位曲」といったお題で2回放送されていて、今回が3回目。1回目と2回目はどちらも奈保子さんが取り上げられも良さそうなところ見事に素通りされたので、今回は「青春のアイドル50年」というお題ではありましたが、正直に言って期待してなかったんですよねえ。回顧番組では素通りが多いので、久しぶりの地上波での持ち歌映像でした。

 出た映像は81年のレコード大賞での「スマイル・フォー・ミー」と、81年と思われる第3回新春オールスター水上大運動会での「ヤング・ボーイ」の2曲。1曲のみ紹介の歌手も多かったので、普通なら頑張って頂いたという評価になるのでしょうが、2曲目は明らかに「水着姿を出したくて」自社映像から選んだものと思われ。。。CM入り前の予告でも「水着姿を大公開」の文字が躍るなど「水着推し」の面が強かったのが残念です。実際、4時間の放送のなかで水着姿での歌唱シーンを取り上げたのは女性では奈保子さんだけでした。(他に浅野ゆう子さん、ピンクレディのお二人ですが、これは歌唱シーンではなく取材映像)。加えて最後には駄目押しで2016年発売の写真集「再会の夏」が人気だったと、水着のカットを紹介。うーん、、、2017年発売のDVD「河合奈保子プレミアムコレクション」がオリコンの音楽DVDチャートでトップ10入りしたことのほうを紹介して欲しかった。。。他局の映像集だから駄目なのか。でも同系列で放送されたCDTVではちゃんと紹介してましたよね。

 何度でも繰り返しますが奈保子さんのビジュアルの魅力は否定されるものではありません。当時の中では最強でしょう。でもそれだけではなく、声質・歌唱の良さや歌に取り組む謙虚な姿勢もそれ以上に魅力なわけです。でも、こういう扱いをされてしまうと、またぞろ「グラビアアイドルだったんでしょ」という誤解が広がりかねず。。。実際には80年代前半は、アイドル歌手は一部の例外を除き水泳大会に出演して水着姿で歌うことが普通だったということは、当時を知っている世代なら常識のはずなんですが、これではそれが伝わりにくいです。

 とまあ、ちょっと嘆き節が多くなってしまいましたが、勿論出たこと自体は良かったし、これを気にビジュアル面だけでなく音楽面の良さも認識してくれたらなあと思う次第です。ネットのSNSでの反応をみると「かわいい」というビジュアル面の評価が大半な中に「歌が上手い」と言及してくれる方が多少いらしたことに光明を見いだしたいと思います。奈保子さんを知らない若い世代と思われる方にも概ねウケが良かったのもテレビジョンのおかげでしょうね。

 それとともに思うのは、これだけ長時間の番組でも取り上げられなかった名の通ったアイドル歌手がいまして(例えば石川ひとみさん、岡田有希子さん、斉藤由貴さんなど)、もう少し時間配分に工夫ができないものかなと思います。視聴者全員が満足する番組なんて無いのでしょうけど、できるだけ視聴者を忖度して欲しいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

「午前0時の歌謡祭」放送2周年での予告

 歌謡曲愛好家の濱口英樹さんがパーソナリティ(番組ではオーガナイザーと呼称)を務めるFMおだわらのラジオ「午前0時の歌謡祭」が2016年1月に放送開始されてから今月で満2周年になります。濱口さんといえば昨年の「再会の秋 河合奈保子ファンミーティング2017」にも出演されたことからもわかるように河合奈保子ファンとしても知られていますが、オーガナイザーという立場を存分に発揮して?番組で2回も奈保子さん特集を組んで下さるほか毎回の放送でBGMにピアノインスト曲「face to face」を使うなど、ファンにはありがたい存在です(^^)

 さて2周年を迎える今月の放送ですが、番組サイトでは明記されていないものの、濱口さんの個人のツイッターで「奈保子さんの曲をかける予定」との言及がありました。奈保子さんの特集ではありませんが、濱口さんがどんな曲を選ぶのか楽しみです。

 「特集:オーガナイザー2018新春セレクション」
 本放送 1月21日(日)深夜24:00~25:00
 再放送 1月28日(日)深夜24:00~25:00

 神奈川県小田原市のコミュニティFMですが、インターネットにより全国で聴取できます。聴取方法は番組サイトにて。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

年の初めに

 明けましておめでとうございます。日々流れるニュースにはあれこれ思うところがありますが、今年がみなさんにとって良い年となりますよう。

 さて年明け早々、きょう4日発売の「週刊ポスト」に河合奈保子さんのグラビアが。正月だから晴れ着の写真かと思いきや、そういうわけでもなく、何でこのタイミングなの?という感がありますが、新聞広告には「寿・初荷スペシャル」という文字が躍ってますから、編集担当者としてはキラーコンテンツ扱いなんでしょう。水着と着衣の写真が半々な点は、水着一辺倒の編集がされることが多い中、まあまあ好感は持てますね。(頁数では5対3ですが)

 4万円の高値が付いた「プレミアム写真集」の未公開カットという触れ込みですが、古書の値段は需要と供給(市場に出回る数)で決まるので、写真集の評価との相関とはまた別の話のように感じます。掲載写真の元となった「別冊近代映画・河合奈保子スペシャルPART3」は発行部数が少ないので高値であるという古書店の解説を何かの雑誌で見たことがあります。

 紙面に「スマイル・フォー・ミー」の歌詞の一部が掲載されているものの、アーティストとしての奈保子さんの魅力への言及が全くないのは残念ではありますが、いちおう最終ページに昨年発売のDVD-BOX「河合奈保子プレミアムコレクション」の宣伝とfanmeetingのURLも記載されているので、これを機に手に取る人が増えればいいなと思います。

 ちなみに一昨年発売の写真集「再会の夏」への言及はなし。今回掲載の写真は近代映画社からの提供なので触れられないのかな(微笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

タワレコ新宿店の現況

 DVD「河合奈保子プレミアムコレクション」の発売に合わせタワーレコード新宿店8Fに設けられた奈保子さんの特設コーナーですが、11月18日に偵察したところ、ついに終了となっておりました。
 さすがに私もこまめに定点観測しているわけではなく、直接この目で見たのは衆院総選挙の前日、10月21日が最後でした。従っていつ終了したのかは推測ということになりますが、奈保子さんの特設コーナーの跡地が現在、松田聖子さんの特設コーナーになっているので、その映像商品とベスト盤が発売された11月15日の直前まで存在していた可能性があります。もしそうだとすれば2ヶ月半ものロングランの展開をしていただいたわけで、実にありがたいことです。
 しかも!特設コーナー終了ではありますが、同場所では多少場所を移動しつつもDVD「プレミアムコレクション」「ライブベスト」、CDベスト盤「私が好きな河合奈保子」がコメントカード付きで面出し陳列中であり、フォトパネル展も健在!つまり天井付近の大看板と壁掛けディスプレイによるDVD映像放映は無くなったものの、奈保子さんの商品を引き続き推している状態と言っていいと思います。これもまたありがたいことです。
 便利さと値引き率の良さでネット通販が幅を利かせる世の中ではありますが、リアル店舗でこのように展開してくれるところは応援したくなりますね。他の支店での扱いはアレですが(^^; 新宿店にはこれからも頑張って欲しです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

依然、健在

 いささかこちらに綴るのが遅くなりましたが(^^;

 10月14日(土)に所用で東京・新宿に出た時にタワーレコード新宿店に寄ったのですが、8Fに上がってみると、下りエスカレータ前の河合奈保子さんの特設コーナーとミニフォトパネル展は依然、健在でした(^^)

 NHK出演映像集「河合奈保子プレミアムコレクション」発売から既に6週間を過ぎてもコーナーが継続しているのは嬉しい限り。特にミニフォトパネル展はもっと早くに終了予定だったのが延長、延長で来ているみたいで、売上でそれなりの実績が出ているか来店者から好評なのかのどちらかなんでしょう。
 もともとこの特設コーナーは大型液晶ディスプレイが常設されている場所なので、宣材映像が提供されているDVD商品との親和性が高いところではあるのですが、やっぱりテレビ番組の映像というのは一般にウケがいいんでしょうかね。一般リスナーが衝動買いするには値が張る商品ですが(^^; 足を止めて宣材映像だけでも見て、歌唱の良さが伝わってくれたらなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

河合奈保子ファンミーティング2017開催!

 こちらで告知していた「再会の秋 河合奈保子ファンミーティング2017」をきのう10月10日、東京・渋谷のサラヴァ東京で観てきました。ファンミーティングと称するイベントは各種開催されていますが、大抵はご本人が登場する他の企画とは違って、もちろん?昨年に引き続きご本人の登場は無し(^^;。 それでも人が集まるというところが奈保子さんの素晴らしさを示していると考えたいです。(そうえいば今年夏に開催された岡田有希子さんのファンミーティングも盛況だったそうで)

 ファンミーティングは3部構成で、第1部はシャンソン歌手&サラヴァ東京社長のソワレさんによるトリビュートライブ。今回も素敵な曲が並びました。

1.WEATHER SONG (アルバム「HALF SHADOW」より)
2.SECOND NATURE (アルバム「DAYDREAM COAST」より)
3.ささやかなイマジネーション (アルバム「あるばむ」より)
4.終夜の蛍 (アルバム「JAPAN as waterscapes」より)
5.クラブ・ティーンネイジ (アルバム「Scarlet」より)
6.プリズム・ムーン (微風のメロディーB面)
7.けんかをやめて (95年「NHK歌謡コンサート」の尺で)
8.月影のふたり (アルバム「Calling you」より)

 これまでのソワレさんのトリビュートライブは小編成のバンドでの演奏でしたが、今回は初めてピアノだけの演奏で、曲目はピアノが合うものを選んだということでした。ピアノ担当は最近ソワレさんのライブで弾くことが多いドビッチーまゆさん。良い演奏でした。ソワレさんはもちろん原キーで歌唱。シンプルなステージでしたが、シンプルだからこその良さも分かる良いライブでした。「月影のふたり」では客席もコーラスで参加して良い思い出になりましたし。ソワレさんは「前座だから」なんておっしゃってましたが、もっと聞いていたかったなあ。。
 そうそう、衣装はソワレライブ2017の2部と同じ、すなわち「デビュー -Fly Me To Love」の時の衣装を模したたものでした。


 第2部はFMおだわら「午前0時の歌謡祭」パーソナリティの濱口英樹さん、日本コロムビアで奈保子さんのリイシューを手がける衛藤プロデューサを迎えてのトークライブ。とりとめもなく話し出すと止まらなくなるということで、衛藤さんの出すテーマ(質問)に沿って話を進めていきました。

・奈保子さんとの初めての出会い(テレビなど)
・初めて生で見たのは(ライブなど)
・最後に生で出会った体験
・好きな奈保子さんの衣装
・DVD「プレミアムコレクション」で良かった映像

 それぞれの立場の違いがトークに反映されて面白かったですね。例えば最後に生で出会った体験でいうと、ソワレさんと濱口さんはファンという立場ですが、濱口さんは社会人になるタイミングでアクティビティが下がらざるをえず、87年のイーストライブが最後なのに対して、若いソワレさんは95年のライブ「音の流れの中で」がオフィシャルでは最後(その後、街で偶然遭遇した経験あり)。衛藤さんは逆に社会人になって、つまりコロムビアに入社して赤坂の本社内で取材中の姿を見たのが最後とか。
 DVDで良かった映像でも、濱口さんは見る機会が減っていた時期の「歌謡コンサート」が見られて良かったというのに対して、ソワレさんは自身がNHKホールで観覧していたレッツゴーヤングの「唇のプライバシー」あたりが良かったという、思い出に重ねての感想を。

 トークライブでの衛藤さんの証言は印象的でした。初めての出会いが東京12チャンネル(=テレビ東京)の「おはようスタジオ」の観覧後に芸能人の入り待ちをしていたときだそうですが、他の芸能人がただ通り過ぎるだけなのに奈保子さんは玄関前で振り返ってお辞儀をしたのを見て、いい人だなと思ったそう。また、最後に奈保子さんを見た時は、コロムビア本社の階段の踊り場で奈保子さんが取材を受けていたので通行を遠慮していたら、奈保子さんが「どうぞどうぞ」と通してくれたそう。社内の誰もがいい人と言うそうで、奈保子さんの人柄がわかるお話でした。


 第3部はクイズ大会。奈保子さんの活動期である80年~96年を1年毎に区切ってその年のエピソードなどから出題され、当てた方にはソワレさんや衛藤さんが持ち寄ったグッズ類やマガジンハウスから提供のポスターなどが賞品として振る舞われました。けっこう難しくて、データ系に疎い私はなかなか分からなかったですが、運良く1問だけ当てることができました。中には何問も当てて賞品をコンプリートする勢いのファンもいらして、すごいなあと(微笑)

 押し気味で進行したファンミーティングは22時頃に終了、あとはバータイムで映像を見ながら遅くまで呑んでいました(^^)。ソワレさんとの交流もみなさんしていたようですね。


 昨年のファンミーティングは土曜の夕方から開催、しかもネットニュースでも開催告知が出回ったということもあってか盛況でしたが、今年は平日の夜の開催ということで都合が付かず行けなかった、という方もいらっしゃったでしょう。コンパクトでアットホームなミーティングになりました。それでも遠方からおいでの方もいらして、大人しめながらも静かな熱さを感じるものでした。このような機会を提供していただいたソワレさん、出演の濱口さん、衛藤さんありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

今年もファンミーティングが

 すでに本館トップページでお知らせしておりますが、今年も河合奈保子ファンミーティングが開催される運びとなりました。

「再会の秋 河合奈保子ファンミーティング2017」
 日時:2017年10月10日(火) 19:00開場/19:30開演
 場所:サラヴァ東京(東京・渋谷)
 料金:予約2000円(+1ドリンク)/当日2500円(+1ドリンク)

 詳しくは公式ページを。

 7月にサラヴァ東京の社長でもあるソワレさんとお会いした時に「考えている」ということは聞いていましたが、昨年に引き続き実現したのは嬉しいですね。FMおだわらら「午前0時の歌謡祭」で奈保子さんの特集を2度も組んでいただいた濱口英樹さんも出演されるということで、きっと熱いトークが聴けるのではと思っています。ソワレさんによるトリビュートライブも楽しみ。昨年と違って平日開催ではありますが、盛り上がれたらいいなあと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

粘ってます(よね?)

 8月30日に発売されたDVD「河合奈保子プレミアムコレクション」の、2週目のオリコンチャートの動きを確認してみました。

音楽DVD 週間 (2017年09月18日付)
 18位 (前週3位)

音楽DVD デイリー  9月5日から
 17位→15位→13位→17位→20位圏外へ

 さすがに2週目は9月6日発売商品が入ってきているので初週より順位を下げていますが、それでも「粘ってる」と感じます。いかがでしょうか。(意見や感じ方には個人差があります)

 そうそう、タワーレコード新宿店の特設コーナー展開は続いています!11日の午後にちょっと偵察していたのですが、女子高生風情の3人組が特設コーナーの前にいて、一人が食い入るようにディスプレイに流れている奈保子さんの映像を見て、軽く手先だけ振り付けの動きなんかもしていたりしました。もう「奈保子さん分かるんですか?」と声を掛けたかったです。色々問題ありそうなのでぎりぎり思いとどまりましたが(^^; いずれにせよ当時を知らない若い世代にも奈保子さんの良さが伝わってくれたら嬉しいですね。併設のフォトパネル展は当初9月4日までとされていましたが、好評につき9月18日まで延長とのこと。お近くに用事のある際はお立ち寄りいただければと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧