2016年9月15日 (木)

今週末の告知を

 ライブDVD「河合奈保子 ライブ・ベスト」「河合奈保子写真集 再会の夏」が発売されて2週間経ちましたが、今週は連動企画のお楽しみが2本あります。

 ひとつは、すでに告知したサラヴァ東京のイベントです。

~再会の夏~奈保子ファンミーティング in SARAVAH東京
 2016年9月17日(土) 16時開場、17時開始
 会場:サラヴァ東京(東京・渋谷)
 料金:予約3500円、当日4000円(1ドリンク付)

 詳しくはお店のサイトの告知をご覧いただければと思います。具体的なタイムテーブルも出てますのでどうぞご参考に。このイベントは、これまで4回開催された「ソワレ~河合奈保子を唄う」の発展形と言えるもので、今回も短めながらソワレさんのトリビュートライブがあります。実は昨14日、サラヴァ東京でソワレさんのライブを偵察も兼ねて観に行き、少しお話もしてきたのですが、ソワレさんによると今回も紙テープ大歓迎だそうです!「意外な曲をやりますよ」とおっしゃってました。実は14日のライブでもリハーサル気分でと言いつつ1曲唄ってたのですが、良かったです!(何を唄ったかは内緒) コロムビアとマガジンハウスも協賛しているイベントなので、いろいろ楽しみ。ちなみに司会の坂本ちゃんは、あの電波少年の坂本ちゃんです。

 そうそう、大事なことを。サラヴァ東京の9月の月刊プログラムの表紙は奈保子さんですよ!来場の方はもれなく貰えます。

 
 このイベントには行けないけど盛り上がりたいと言う方は、ラジオをどうぞ。3月に売野雅勇さんの特集を組んでくれた「午前0時の歌謡祭」が、こんどは河合奈保子特集を放送します!

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」
第9回放送 特集:私も好きな河合奈保子

 2016年9月18日(日)24:00-25:00
 2016年9月25日(日)24:00-25:00 (再放送)

放送局 FMおだわら
 FMラジオ:78.7MHz(小田原市内)
 インターネット:サイマルラジオにて聴取可
 スマートフォン:TuneIn Radioなどの無料アプリで聴取可

 ゲストに日本コロムビアの衛藤プロデューサーを迎えて、今回のDVD・写真集の企画の成り立ちの話などを伺う予定だそうです(番組パーソナリティ濱口英樹さんのツイッター情報による)。奈保子愛に溢れる濱口さんが満を持して送る1時間になりそう。期待大!コミュニティFMですが、インターネット・スマートフォンからは全国で聴取可能です。夜遅い時間ですがお休み前に如何でしょうか。

------

 さて、当店の告知もしないといけないですね。
 本館TEAROOM☆NAOKO、第二本館Tearoom Amii のトップページに告知を出しているとおり、ニフティ社の都合によりサイトを移転します。当店は@homepageというサービスを使っていたのですが9月29日に終了してしまいます。代替サービスの@niftyホームページサービスへ移行しますので、新しいURLのブックマークをお願い致します。

【新しいURL】
TEAROOM☆NAOKO
http://ginnotake.music.coocan.jp/naoko.html
Tearoom Amii
http://ginnotake.music.coocan.jp/ozakitop.html

旧URLでの更新は停止させていただきました。29日には旧ページが消滅しますのでご了承願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

奈保子さんのライブDVDベスト盤 発売日変更に

 以前お伝えした、河合奈保子さんのライブDVDのベスト盤が発売されるという情報ですが、依然として発売元の日本コロムビアからの正式な告知がない中、各販売店サイトの情報が更新されております。7月20日予定とされていた発売日が8月31日予定に変更になりました。うーん、誕生月を外しましたか(^^;
 収録曲は山野楽器以外のサイトでも掲載されるようになり23曲でたぶん確定なんでしょう。タイトルは、販売店サイトでは(仮)がついてるところが大半。。。コロムビアからの発表が待たれます。ということで現時点での情報をまとめると下記のとおり。

「河合奈保子ライブ・ベスト(仮)」
規格品番:COBA-6905
発売日:2016年8月31日予定
売価:3500円(税抜)
DVD1枚組・23曲収録予定

 さて、DVDは再販制度から外れるため、販売店によってはネットでは大胆な値引きをしているところもあります。まあ、amazonが有名なんですが、そのamazonを覗いたら、なんとamazon限定として生写真の特典付きのバージョンが、通常のものとは別に掲載されておりました。通常盤は大胆な値引き設定ですが、amazon限定盤は値引きなし(^^; うーん、これはちょっと気になります。内容的にはライトリスナー向けと思われる商品ですが、コアなファンの気を引こうとしているのでしょか(微笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

嬉しかったことと・・・

 きのう6月17日、ニッポン放送(東京・AM1242/FM93.0)で放送された「金曜ブラボー」は『たっぷり昭和歌謡アイドル』という内容で放送されました。この番組の16時台のゲストコーナーに尾崎亜美さんが出演するということで留守録を仕掛けておいたのですが、番組内で発表された「あなたの一番好きな昭和女性アイドルの楽曲」ランキングの結果にびっくり。なんと河合奈保子さんの「スマイル・フォー・ミー」が1位でした!さらに奈保子さんを高く評価している早見優さんの「夏色のナンシー」が2位に。ワンツーフィニッシュです。

 ランキング結果を含む番組ブログはこちら

 言うまでもなく、これまで様々な形で発表されてきた各種のランキングのとおり奈保子さんは基礎票・浮動票ともに80年代の同世代アイドルに対して劣勢は否めないわけで、そんな中でのトップは奇跡的です。ファンがそんなこと言っちゃダメでしょという向きもありましょうが、後追いファンだからこそ冷静に考えたいわけで。もちろん、奈保子さんは世間の評価が追いついてないだけで、1位を取ってもなんらおかしくはない実力と魅力を持っているわけではありますが。

 ただ、番組パーソナリティの上柳アナの進行は少々残念。ランキング結果が個人的に納得いかなかったらしく、「ええっ、ええっ」を繰り返したあげく「聖子・明菜は良い曲がたくさんあって票が割れたのに対し奈保子、優は代表曲だから」みたいなコメント(確かに前者はトップ10中に2曲ラインクイン)。そりゃファンの私ですら奇跡だと思うぐらいですからびっくりするのも当然だとは思いますが、自分の思惑と違ったからといってこういう対応はいただけませんよねえ。もっと素直に健闘を称えて欲しかったです。

 ちなみに、尾崎亜美さんのゲストコーナー(ここは事前収録でした)では、アイドルへの提供曲で印象が強かった3曲ということで進行。取り上げられたのは「天使のウィンク(松田聖子)」「時に愛は(松本伊代)」「伝説の少女(観月ありさ)」でした。これはまあ、これまでに良く出てくる話ですので順当なところ。奈保子さんの話も取り上げて頂けると嬉しいのですが、いかんせんエピソード性に乏しいのでこういうときは不利ですね。

 そうそう、番組ブログで「南沙織さんや松田聖子さん、 菊池桃子さんなどアイドルにたっくさんの楽曲を提供されている~」と書かれていますが、これは明かに誤り。亜美さんは桃子さんへ楽曲提供したことはありません。なんでこんな間違いしちゃったんでしょう。。。

-------------------------

 さて、各種報道で既報のとおり、奈保子さんが所属した事務所・芸映の青木伸樹会長が12日、亡くなられました。奈保子さんをオーディションで見いだしていなかったらデビューはなかったわけですし、デビュー後も歌手・シンガーソングライターとしてだけでなく「よき社会人」として育てて頂いたことはファンとしても感謝です。おくやみ申し上げます。
 奈保子さんにも訃報は届いているのかしら。。届いていたら通夜や告別式へも参列したかったでしょうに・・・と推察しますが、豪州住まい、かつ参列すれば必ず芸能マスコミに囲まれるだろうという環境では参列は難しかったのでしょうね。ちなみに二代目ヒデキの妹、つまり奈保子さんから見ても妹分にあたる石川秀美さんは、オリコンスタイルの報道によると通夜に参列したとのことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

「なつかしのアイドル三昧」放送終了

 きょう8月16日のNHK-FMの特集番組「きょうは一日なつかしのアイドル三昧」。9時間を超える放送は終了しました。結局私は最初から最後までラジオ(ネットラジオではなく受信機)で聴き通しました。いやー、長いはずなのになんだかあっという間に感じました。

 あっという間に感じたのはきっと、私が色々とリクエストを画策した河合奈保子さんの曲が、結局はデビュー曲ミニ特集のなかでの「大きな森の小さなお家」1曲に留まったところに理由があるのかなと。2曲目、3曲目を期待する中で時間がどんどん過ぎていく。。。そんな感じでした(^^;

 あ、決して「大きな~」がダメと言っているわけではないのです。ツイッターのタイムライン(#zanmai)では、デビュー曲でありながら歌唱力の高さを称えるツイートを複数見かけましたので、伝わる人にはちゃんと伝わってるなと思いました。ただこれ1曲だけでは奈保子さんの魅力を語りきれない・・・やっぱり中後期の冴える歌唱を広く聴いてもらいたいなあという思いです。

 個人的には奈保子さんがデビュー曲1曲に留まったことについて厳しい結果だなあと感じてしまいます。でも、放送曲目リストを改めて確認すると、あの中森明菜さんでも1曲ですし、全く曲が流れなかった歌手もあったわけで、贅沢は言えないのかもしれませんね。

 参考までに複数曲が流れた歌手は以下の通り。(敬称略50音順)

4曲
 山口百恵

3曲
 太田裕美
 荻野目洋子
 キャンディーズ
 小泉今日子
 榊原郁恵
 松田聖子

2曲
 天地真理
 うしろゆびさされ組
 木之内みどり
 沢田研二
 田原俊彦
 森口博子
 薬師丸ひろ子

 ちなみに荻野目洋子さん、森口博子さんは本人がゲスト出演、榊原郁恵さんの配偶者である渡辺徹さんもゲスト出演というバイアスがあります。

 私は「3曲まとめてリクエスト」という企画に4通リクエストを送ったのですが、残念ながら採用に至らず。。。
 同じテーマで曲が1曲だけ違うというリクエストが採用されてましたが・・・
 それは「ご当地ソングの3曲」というもので、(私は「タイトルに地名が入る3曲」としてリクエスト)
  横須賀ストーリー(山口百恵)
  ゆ・れ・て湘南(石川秀美)
  六本木純情派(荻野目洋子)
というものでした。私は横須賀ストーリーではなく、奈保子さんの「涙のハリウッド」にしたのですが。。。

 あと、ゲストコーナーが冗長だったかなという印象。当時の裏話を語ってもらうのも良いのですが、リクエスト曲を流しつつ曲にまつわるトークを展開して欲しかったな。。。リクエスト番組なんですから、1曲でも多くのリクエストに応えてもらったほうが良かったです。

 でもまあ普段聴けないような曲がたくさん聴けましたし、全体としては楽しめたので良しとしましょうか。次回の放送があれば捲土重来を期したいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

ゴールデン☆アイドル発売

 かねて告知されていた企画盤「ゴールデン☆アイドル 河合奈保子」がきょう30日発売されました。
 以前、中途半端な商品と綴ったりもしましたが、結局、私も買いまして(^^;
 やっぱりね、奈保子さんの商品だと欲しくなっちゃうのですよ。メーカーに上手く乗せられているのは承知の上でね。

 さて、この商品の最大の売りであるシングル盤ジャケットの原寸復刻はというと・・・LP盤の企画アルバム「NAOKO22」の封入特典のような一枚一枚のものが封入されているのではなく、ブックレット化して封入されています。表面だけでなく裏面も再現されてますので、ブックレットがそのまま歌詞カード代わりになります。「UNバランス」はちゃんと2バージョン再現されてました。なおブックレットには解説の類いや写真は一切載っていません。とてもシンプル。。。そうそう、ジャケット復刻とはいってもオリジナルのスキャンのようなので、鮮明さはオリジナルには一歩及ばないです・・・復刻モノの常ですが。

 CDはというと、紙ジャケ仕様相当という感じですね。2つ折り型のLPレコードジャケットのようなもので、ポケットにドーナッツ盤の紙袋を模したものが収納されてます。それを引き出して、紙袋からCDを取り出す・・・そのCDも、ドーナッツ盤の大きさの黒い台紙に取り付けられているという、思った以上に手の込んだ仕様でした。ちょっとにんまり。

 Blu-SpecCD2仕様の「高品質CD」の実力はまだ検証していませんが、私のオーディオ環境で違いがわかるかしら。。高音質とは謳っていないので、過剰な期待はせずに聴いてみましょうか(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

ゴールデン☆アイドル発売へ

 すでに本館で既報、また本館お便り広場に情報が寄せられているとおり、企画盤「ゴールデン☆アイドル 河合奈保子」が2014年7月30日発売予定です。

 最初にHMVのサイトで情報が出て、そのときは3枚組という以外に情報がなく「はて3枚組とはどんな内容なのか」と首をひねったものでした。シングルA面なら全曲でも2枚で済みますし、B面全曲も含めたとしたら4枚・・・。「もしや入手しにくくなったアルバム選CD-BOXのJEWEL BOX2の後継代替か?」とも思ったりしたのですが、それだと商品タイトルと合わないなあと。
 結局は芽瑠璃堂などの情報によると、シングルレコードジャケットをレプリカで封入するという仕様のためドーナッツ盤で発売されたシングルA・B面が収録対象となり(「Harbour Light Memories/GT天国」まで)3枚組で発売されるというわけでした。CDは高音質とされるBlu-spec CD2規格で、ドーナッツ盤のサイズの紙ジャケットに収納されるそう。

 うーん、正直なところ私は中途半端な商品だなあと思いました。せっかくBlu-spec CD2規格で製作するなら全シングルを収録して欲しかったですねえ。そうならなかったのは、シングルレコードのジャケット復刻を最大の売りとしていて高音質はおまけ扱いだからなんでしょう。限定生産ということもあり、これはコレクター向きの商品ですね。
 まあ、シングル全曲を聴きたい人は発売中の「ゴールデン☆ベスト A面コレクション」「ゴールデン☆ベスト B面コレクション」を買えばいいわけで、目的に合わせて商品を選択いただければということだと思います。

 今回発表されたゴールデン☆アイドルはレーベル横断の企画で、曲の収録基準など仕様も各社共通のようです。よって今回の商品は奈保子ファンだけをターゲットにした企画というわけではありません。コロムビアでは先輩の榊原郁恵さんと同時発売予定となっているのもその表れかと思います。奈保子さんだけの企画であればあれこれ言いたことはあるでしょうが、あるていど善良に理解することも必要ですね。

 そうそう、商品の性格から欲しい方は予約するのが無難でしょうね。一般的に予約注文数を見て生産数を決めますし、店頭にはあまり出回らないかと。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

来週の週刊現代

 当店本館のお便り広場に「嘉門達夫さんが今週、週刊現代で河合奈保子さんのことを売野雅勇さんと対談する」という情報を頂いていましたが、本日その対談があったそうで、嘉門さん本人のブログでもさっそく触れられております。

 河合奈保子 ~冷やし中華始めましたか?(知らんガナ!)

 嘉門さんと売野さん、そして元マネージャさんとの鼎談だったようです。記事が載るのは来週発売の号ということですから、楽しみに待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

A面・B面コレクション発売!

 昨22日夜はライブイベント「新春シャンソンショウ2013」を観てきたのですが、その話は後日に譲るとして。。

 きょう23日は、既報のとおり河合奈保子さんの新しいゴールデン☆ベスト「A面コレクション」「B面コレクション」の発売日でした。

 私は以前綴ったように予約が叶わず取り寄せ扱いにしているので未だ入手しておりませんが、すでに入手された方より本館のお便り広場へCDショップ店頭のレポートを頂いております。
 で、実は私も仕事帰りに山野楽器銀座本店を偵察したのですが、歌手別のところだけでなく「New Release」の棚でジャケ面出しで3面に渡って展開、しかもA面は試聴機つきでした!いやー、実に素晴らしい眺め。その時の店頭在庫はA面3枚、B面5枚でした。
 ということは、私がエディオン秋葉原で「すでに予約でいっぱい」と断られたというのは、よっぽど予約が集中しているか、バイヤーさんの発注数の目利きが甘かったかのどちらかですね。だって、あるところにはあるんですもの(微笑)

 ちなみに23時現在でamazonを覗いてみたところ、夕方にはあった在庫が切れております!

 昨年11月21日に発売されたライブ映像作品6タイトルの復刻DVDもamazonを見ているとコンスタントに売れていますね!これをドライバーに、さらなる復刻が進んだら嬉しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

まいさんの「THROUGH THE WINDOW」を聴く

 昨12月15日夜は「懐かしアイドルソングライブ2012忘年会&竹田眞弓Birthdayスペシャル」を観てきました。はい、10日に観てきた「懐かしアイドルソングバンドSP-冬の陣-」の姉妹編といった趣のライブイベントで、主宰はもちろん、いまのまいさん。場所は懐アイのホームグラウンドたる東京・市ヶ谷ライブインマジックです。今回はバンドSPではないので、全曲オケ音源でのライブでした。っていうか、それが標準なんですが。

 1部はタイトルどおり、前身の「懐かしのアイドルソングの巻」時代からのレギュラー、竹田眞弓さんのバースデーライブ。全曲オリジナルで通しましたが、この世界に入って初めてなんだそうで、実現できたことを本人が大変感激しておりました。途中、衣装替えの時間にもう一人のレギュラー・藤崎とうこさんと、主宰のまいさんが登場して1曲ずつ歌いましたが、こちらもオリジナル。まいさんのオリジナルを懐アイで聴いたのは私は初めてでした。「本当は可愛い声で歌う恋の曲だけど、今は野太くなってしまって」とはまいさんの談ですが、オトナな感じでこれはこれでアリかと。

 そして2部はゲストも交えてややまったりと今年の懐アイを振り返りつつ歌を披露という趣向。ここで、この記事のタイトルのとおり、まいさんの歌う「THROUGH THE WINDOW~月に降る雪」を聴くことができました!まいさんにはぜひ河合奈保子さんの“吼え系”の曲を歌って欲しいなと長年思っていたので、もう、嬉しくて嬉しくて。そして、思ったとおりの見事な歌唱で、本当に良かったです。ライブバージョンではなくスタジオ版のカバーとしては、個人的には本家にひけをとらない出来だったかと。【感じ方には個人差があります】

 実は今回のライブでは、まいさんは客席のリクエストから選んで歌うというこれまでにない趣向でしたので、ここぞとばかりにこの曲をリクエストしたのでした。「唇のプライバシー」とどちらにしようか、最後まで悩んだのですけどね。。。季節感を優先して選択したのが奏功したのか、採用していただけました。まいさんのコーナーの前にゲストの稲垣ちあきさんが奈保子さんの「ラブレター」を歌ったので、その時は奈保子さんの2曲目は難しいだろうなあ・・・と思っていたのですが、まいさん本当にありがとうございました。あ、稲垣さんのラブレターも及第点でしたね。1番の歌詞が一部怪しかったですが(微笑)

 そんなわけで、大好きな奈保子さんの曲が思いがけず2曲も聴けて、個人的に大興奮状態でライブは終了したのでした。まいさんによると、来年もなにか企画を考えるようなので、楽しみに待っていたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

懐かしアイドルソングバンドSP-冬の陣-

 日付的にはもう2日前になりますが、12月10日の夜は東京・池袋でライブイベント「懐かしアイドルソングバンドSP-冬の陣- ~2012年年末DX in ROSA~」を観てきました。うーん、タイトル長い(笑)
 いまのまいさん主宰のこの生バンド演奏でアイドルポップスを歌いまくるライブ、今年は年4回やると宣言していましたが、その4回目でした。諸般の事情により、ハコはホームグラウンドの市ヶ谷ライブインマジックではなく、タイトルのとおりライブインロサに移しての開催。ステージの前に柱がある不思議な構造でしたが(^^; 、ステージも客席も広くてゆったりしており、柱さえ避ければ見やすくて良かったですね。ハコが広い分ちょっと客席がスカスカに見えてしまうけど(微笑)。

 曲目とかはいずれ公式ブログに出ると思いますが(手抜き・・・)、1部は冬やクリスマスを意識した選曲が中心。そして2部はまいさん企画ライブではめったにない王道ヒットソングの連打!まいさん自身もMCで「やったことがないので違った意味でどきどきした」ですって(笑)

 そして年4回のバンドスペシャルの締めくくりにふさわしいデラックスな内容でした。今回、前身の「懐かしのアイドルソングの巻」時代も含めて史上はじめての企画として、男性ゲストボーカルが2名登場。熱い歌唱で客席も盛り上がりました。まいさんは当然のごとく大ファンの近藤昌彦さんの曲を仕込み、大喜びでした(微笑)。
 さらに、スペシャルゲストとして1部に遠野舞子さんが登場!もちろん私にとって初見ですが、ホンモノってやっぱりオーラというか醸しだす雰囲気が違いますね。そして、そんな遠野さんを登場させたまいさんの情熱に拍手。なんでも同じオーディションを受けたつながり(但し時期違い)だそうで、今年その同窓会でオファーしたのだとか。快く受けていただいた遠野さんにも、もちろん拍手。

 そんなこんなでてんこもりの約2時間半で、楽しかったです。まあ、ライブ作品の復刻DVD6タイトルが今ヒット中の河合奈保子さんの曲は入らなかったのですけど、一般的には奈保子さんってやっぱり夏のイメージですからこんなものかなと。そもそも奈保子さんの曲ってタイトルや歌詞に季節や歳時記との連動を強く感じさせる曲が少ないので、こういう場では少々不利ではあります。

 このイベントが来年はどうなっていくのか・・・・バンマスが「年4回は(大変だから)やめようよ」と言っていましたが、1~2回は期待してもいいのかな。。嬉しい告知がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧