2020年9月20日 (日)

尾崎亜美コンサート2020(京都)

 9月18日は京都・烏丸一条の府民ホール・アルティで尾崎亜美コンサート2020を観てきました。私は過去に四条寺町の都雅都雅とか岡崎公園の京都会館で亜美さんのライブを観ていますが、ここは初めて。それもそのはず亜美さんも初めてとのことでした。ここは東京公演の会場とは違い公共ホールなのでドリンクは付きません(^^) 

 コンサートの詳細はまだ千葉公演が残っているので伏せときます。先週の東京公演と同様周辺情報と雰囲気だけ。
 入場時の対応は東京とほぼ同様。サーモグラフィーで検温があり、席番・氏名・住所・電話番号を記載した用紙を提出しましたが、体調に関する問診項目はありませんでした。係員はマスク着用でしたがフェイスシールドまではせず。このあたりはプロモーターやハコの考え方の違いですかね。東京の物々しさよりは少し柔らかい感じがしました。

 観客に対しての諸注意としては、マスク着用、公演中に声を出したり座席を移動したり立ち上がるのはNGなど。東京ほど事細かではなかったかな。座席配置は東京と同様で市松模様でした。

 京都は亜美さんの出身地ですが長らくソロコンサートがなく、数年前からやりたいとリクエストを出し続けてようやく叶ったとのこと。それもこの新型コロナ禍で出来るかどうか気をもむ状態で、出来ることになったときに本当に嬉しかったと話していました。客席には高校時代の軽音楽部の仲間などもいらしたそうで、先週の東京とはまた違う、より温かなコンサートになりました。亜美さんのトークが換気対策の関係もあって多めだったのですが(歌ってないときは扉を開放していたらしい)、京都時代の話題も多くて客席の笑いの反応も東京より多めだったかな。そして客席に「京都で歌ってくれてありがとう We Love AMII」なんて横断幕が出たりとか、ジャニーズやK-POPのファンがやるようなメッセージ付きの団扇を掲げたりとか。諸注意の制約で声援が送れないなか、亜美さんにメッセージを伝えたいということだと思いますが、こんな光景を見たのは初めてでした。横断幕を見た亜美さんは「そんなん出されたら泣くやん」と言いつつ、目じりに指をあててました。

 東京はフルバンドの豪華編成でしたが、京都はギターとベースのみ従えた、亜美さんの言うところの「水戸黄門スタイル」。でも、これはこれで3人のアンサンブルが心地よかったです。それに東京にはなかったグランドピアノ、それもスタインウェイでの演奏もあったし。やっぱり響きが違いますよね(^^)。雰囲気も含めいいコンサートでした。

<ミュージシャン>
尾崎亜美(Vo,Key,Pf)
是永巧一(Gt)
小原礼(Bs)

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

尾崎亜美コンサート2020(東京)

 きのう9月12日は東京・六本木で尾崎亜美コンサート2020を観てきました。場所は東京のEX THEATER ROPPNGI。初めて入る会場でしたが、設備はコンサートホールと変わらないものの、ドリンクが付くので運営はライブハウスっぽいです。演劇とかもやるみたいなのでライブハウスとは言わないのでしょうが、法規制の緩い飲食店の扱いで営業するためですかね(^^;

 さて亜美さんのライブは私にとっては1月の沢田知可子さんとのジョイント以来ですが、亜美さん自身にとっては2月26日に松山で開催されたジョイントコンサート以来、実に半年と半月ぶりとのこと。この間、予定していたコンサートが次々に延期や中止となり、ようやく開催できたということで喜びいっぱい、そして感情の高まりが感じられるコンサートになりました。

 このあと京都・千葉でもコンサートがあるのでコンサートの具体的なレポは伏せときますが、周辺情報だけ。

 まあ、このご時世ですので、いろいろ物々しかったです。入場に際しては非接触型体温計による検温と手指の消毒、そして「新型コロナウィルス感染症拡大予防チェックリスト」なるものに記載して提出。内容は体調に関する問診、氏名、住所、連絡先電話番号、メールアドレス、座席番号でした。これはプロモーターのキャピタルビレッジが求めたもので、個人情報の塊ですが保存期間はどのぐらいなんでしょうね。ハコの係員は全員フェイスシールド装着で、機動隊かよ、みたいな。切符の半券は自分でもぎって箱へ投入。

 観客に対しての注意事項としてはマスク着用、ロビーや客席での会話は控えるように、公演中に声を出したり座席を移動したり立ち上がるのはNGなど。声出しやスタンディングに関しては公演中に亜美さんからもたびたび言及があって「声はいつもの音量を10としたら2か3で」とか「この曲は盛り上がる曲だけど総座りで」とか。一緒に盛り上がって欲しいけど「どうしたらいいの」というもどかしさを亜美さんも隠さなかったです。目の前に観客が居るのに拍手や手拍子以外に反応を確かめられない・・・。それは客席も同様で、最初のうちはゆるふわトークに笑ったりもしてなくて、どこまでOKなんだろうと距離感を図りながら、みたいな感じでした。後半になってくると笑いぐらいは出るようになりましたが。

 座席は左右に対して一つおき、前後に対しては前の席を空席として、つまり市松模様みたいな割り付け。これで政府指針の定員の50%ですね。座席数を勘定すると924なのでその半分は462。目視ではほぼ埋まってました。亜美さんも「この状況でこんなに来てくれるとは思わなかった」と感激してました。ホールに半分しか入ってないのは通常だと寂しいものですが、このようにバラけて座ると様になりますし、前が見やすく隣が気にならないという利点はあります(微笑)。隣に大柄な人が座ったりすると窮屈だったりするんですよね(^^;

 コンサートは換気も考慮して途中休憩のある2部構成でした。終演後はロビーの混雑防止のため係員の誘導で後ろの列から順次退出。CDはベスト盤中心に色紙つきで販売されてましたが、いつもあるTシャツなどの物販やサイン会はありませんでした。んーちょっと淋しいかも。でも以前はサイン会がないのがデフォルトでしたからね。

 少々窮屈に感じたりもしましたが、こうやって生で音楽が聴ける嬉しさのほうが勝りました。サポートミュージシャンも豪華で音も良かったし。亜美さんも時に涙ぐんでたりしましたが、こういう生演奏の場は本当に大切にしたいです。今の環境で出来うる限り最高のパフォーマンスを届けようとしてくれた亜美さんに感謝です。

<ミュージシャン>
尾崎亜美(Vo,Key)
鈴木茂(Gt)
是永巧一(Gt)
小原礼(Bs)
佐藤準(Key)
林立夫(Dr)
Aisa(Gt,Perc,Chor)

 

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

8月が過ぎてゆく

 早いものでもう8月も終わり。今年は長梅雨だった上に新型コロナ禍でイベントはことごとくなぎ倒されて出かける先もなく、暑さを除けば夏らしくない夏だったような。。。おかげで今年は、先の戦争について考える時間が多かったように思います。

 そして、本館に頂いたお便りでも触れられていましたが、河合奈保子さんの40周年にまつわる「何か」の発売の告知もなく過ぎていくことに、また淋しさを感じています。1月時点では「何かしら考えている」という前向きな情報があったのですが、新型コロナ禍の影響で狂ってしまったのでしょうか。。。こればかりは待つしかないですが、せっかく「何か」発売するなら40周年の区切りのうちに・・・と願います。

 個人的には全般的につまらない8月でしたが、きのう8月30日は久々に私の推しているユニット「昭和とらいあんぐる」の生バンドライブがあり、感染防止対策の制約の中ではありますがフルバンドの演奏を現場で観ることができたのは良かったです。やっぱり生で聴くバンドの「音圧」はリモートでは感じられないですからね。それに「涙のハリウッド」も歌ってくれたし♪以前リクエストを出していたものを、いまのまいさんに拾っていただきました。ありがとうございます!

 たとえ新型コロナが収まったとしても以前の日常に戻ることはない、と主張される方もいらっしゃいますが、ビジネスはともかく文化・芸術に関してはそれではあまりにも寂しいなと思います。うまい折り合いのつけ方が見つかるといいのですが。。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

臼井孝さんの「拡げる」取り組み

 音楽マーケットアナリストの臼井孝さんといえば河合奈保子ファンにとっては2000年代の奈保子さんのリイシューにかかわった方として認識されていることと思いますが、「音楽を届ける」ために地道に紙媒体やネットで地道に執筆活動も続けておられます。もちろんそれは仕事なので守備範囲を広く扱っているのですが、そのなかでも時おり奈保子さんのことも取り上げてくれたりします。

 そんな臼井さんの最近の奈保子さん関連の記事をご紹介。

【1】Re:minder
 河合奈保子「涙のハリウッド」あえてキラキラポップスに挑んだ隠れた名曲

 当時の音楽ランキング的にはおとなしい曲ですが、記録より記憶の曲として楽曲や歌唱の魅力を語っています。

【2】週刊女性PRIME
 河合奈保子&柏原芳恵デビュー40周年、4つの共通点と同期・松田聖子にない「実績」

 契約しているdマガジンで週刊女性を読んだら出ていなかったのでネット限定記事なのかな?同期と比べて取り上げられることが少ないけれど、実力派であり「実績」も残していることを指摘し、キャラクターの魅力も紹介しています。

 

 どちらも、ファンの視線もあるていど意識はしているとは思いますが、ファンではない一般リスナーに向けて伝えようとしている記事になっています。それも週刊誌などにありがちな「釣り」の要素なしで。音楽を主軸に地道に拡げたいという思いには頭が下がります。これを読んだ一般リスナーが「おっ」と思って奈保子さんの音楽に触れてくれたらいいな。
 もちろんファンが読んでも「そうだよね」とうなずきながら楽しく読めると思います!特に週刊女性PREIMEはめったに取り上げられない写真が豊富で(なぜか結婚、出産会見のときの写真多し!)、太っ腹にも保存が可能ですので(微笑)ぜひどうぞ。

| | コメント (2)

2020年7月25日 (土)

河合奈保子ナイト2020

 きのう7月24日、河合奈保子さんのバースデーに合わせて、シャンソン歌手ソワレさんのライブハウスPetit MOAで「河合奈保子ナイト」が開催され、ツイキャスでも有料配信されました。配信を視聴した方もいらっしゃるでしょうか。

 私は直接、お店で観ました。Petit MOAで限定10人の入場なら密にはならないだろうということで。お客様は奈保子ファンとソワレファンが半々といったところでしょうか。配信の視聴数はどのぐらいだっんでしょうね。

 ライブはリクエストコーナーのショートバージョンやメドレーも含め、アンコール入れて27曲だったかな、ソワレさん休憩なしで歌いまくり!ソワレさんが一番楽しそうだったかも(笑)。もちろん見ているほうも楽しくて、素敵なバースデーナイトになりました。

 いつもだといわゆるライブレポを書くところですが、今回は省略。というのも配信があるので。。。生配信は終了していますが、録画が8月7日まで視聴できます。Petit MOAも新型コロナ禍で苦境ですので、ぜひ有料視聴で応援していただければと。視聴はこちらから。よろしくお願いします。

| | コメント (4)

2020年7月15日 (水)

PetitMOAパリ祭2020

 きのう7月14日は Quatorze Juillet フランス革命記念日。日本でいうパリ祭でした。この日の前後はシャンソンが華やぐ時期、そしてシャンソン歌手ソワレさんもこの時期は何らかのライブをしていたのですが、今年も盟友のKayaさんとオーナーのライブハウスPetitMOAで「PetitMOAパリ祭2020」としてやってくれました。ただし新型コロナ感染防止対策のため入場は予約限定15人まで、その代わりツイキャスで有料配信するということで、私は配信で観ました。実はライブ情報に気づいたのが当日だったもので(^^;

 歌い手はKayaさん、ソワレさん、セニョリ〜タとも夜さん、愛してます子さんの4人。演奏はドビッチーまゆ(きくちまゆ)さんのピアノ一本とシンプルな形で。

 1部はフジ系「ミュージックフェア」の85年7月14日に放送されたシャンソン特集をオマージュした構成で。この回には河合奈保子さんが出演していて、これを見たソワレさんが越路吹雪さんにはまったといういきさつがあります。ということで、やっぱりソワレさんは奈保子さん役として登場してました(笑)。2部は4人のジョイント形式で。1部もそうですが、比較的有名どころの曲が揃っていて華やかでしたね。初めて聴く人がいたとしても聴きやすかったのではと思いました。ピアノのまゆさんも良かったし、今の環境でできるだけのことをしようというのが伝わってくるライブでした。

 配信でも楽しい時間を過ごせたのですが、お店で観たらもっと楽しかっただろうなあ。ツイキャスのチャットでレスポンスを返すのもいいですが、やっぱり直に拍手を送りたいものです。とはいえお店だと客席から声が出せないようで、それはそれで淋しく感じるのかもしれませんが。。。とにかく、この状況下でライブが行われたということに意味があると受け止めたいと思います。ソワレさんありがとうございました。

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

2つの配信ライブ

 6月は河合奈保子さんのデビュー月であるとともに、私にとっては推している歌い手さんのバースデーが続く月でもあります。例年ならバースデーライブが開催され盛り上がるところですが、新型コロナ禍でそれは叶わず、代替として無観客の配信ライブの開催となりました。

 6月3日はいまのまいさん。3人ユニットの「昭和とらいあんぐる」にサックスを加えた小編成バンドでの演奏でした 。配信手段は17というライブ配信アプリで、配信自体は無料でしたが、BASEというネットショップに「昭和とらいあんぐる」名義の売り場があり「投げ銭」を募っていました。

 6月12日はソワレさん。オーナーである東京・東新宿のライブハウス「Petit Moa」の開店1周年を兼ねたライブで、共同オーナーのKayaさんとの共演。ピアノ、コントラバス、ドラムの小編成アコースティックバンドでの演奏でした。配信手段はツイキャスで、有料配信。それとは別に「OFUSE」という投げ銭サイトでの投げ銭も募っていました。

 

 いつもの音楽ライブができない状況のなか、このような配信ライブを決行してくれたことは嬉しいことで、在宅でライブ感を楽しむことが出来ました。でも、ねえ。。。いま「新しい生活様式」とか「ニューノーマル」とかいろんな言葉が出てきてますけど、音楽の世界でこの配信ライブが未来永劫スタンダードになってしまうとしたら、あまりに寂しいと思ったことも確かです。拍手もできない、声援も送れない、紙テープも投げられない、なにより生音を全身に浴びるあの感覚が味わえない。。。

 もちろん今は、YouTubeなど動画サイトを主な活動の場とするアーティストもいます。配信ライブなら、遠隔地だったり子ども連れだったりでいままでライブハウスに行けなかった人もライブを楽しむことが出来るという「広がり」も期待できます。ライブハウスでの従来型のライブに固執するのは古いという意見もあるでしょう。

 それでもやっぱり、生演奏を現場で楽しむ場というのは無くしてはならないと改めて感じます。ライブは演者と客席が一緒になって創るもの。私はそう思います。配信するにしたってその熱気を伝えたほうが良いでしょう?そのためにうまく折り合いのつくやり方を模索して欲しいなと思います。

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

服部克久さん逝く

 音楽家の服部克久さんの訃報を聞きました。

 父の良一さんと違って歌ものの作曲はフィールドとしていませんでしたが、音楽家の中ではテレビジョンでなじみ深い方でしたし、ずいぶん前ですが、講師役で出演していたNHK教育テレビジョンの「ピアノでポップスを」を毎週見てたりもしました。ピアノを弾こうとしていたわけではないのですが、柔らかな話しぶりと見え隠れする茶目っ気が親しみやすく、音楽番組として面白かったのです。感化されて「音楽畑」シリーズのCDもいくつか買いました。ああ召されてしまったのかと思うと切ないです。

 河合奈保子ファンになってから知ったことですが、奈保子さんのコンサートにも関わっていたのですね。82年のライブアルバム「BRILLEANT」には音楽担当として名前が載っています。6日のフジ系「ミュージックフェア」で放送された異色コラボ特集の過去映像では奈保子さんのバックでピアノを弾いていました。奈保子さんのコーラスを務めたMILKの宮島律子さんもツイッターで服部さんとの思い出に言及されています。 https://twitter.com/anemile88/status/1271006065958612992

 今夜は久しぶりに代表作「ル・ローヌ」を聞きましょうか。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2)

2020年5月13日 (水)

「スポットライト」のクラウドファンディング

 いま新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされているライブハウスやバーはどこも苦境です。そんな状況で、福岡と東京に4店舗ある歌謡曲バー「スポットライト」が店舗存続のためのクラウドファンディングを募っています。

 どこも苦しい中でここを取り上げるのは、2015年から16年にかけ天神店のことについて当店のお便り広場にナベチャンさんから投稿を頂いたことと、お店のオーナーが河合奈保子ファンであるということによります。実はお便りをいただいた後、2017年に福岡へ旅行したときにスポットライト天神店に伺い、奈保子さんや尾崎亜美さんのなどの曲をリクエストし、また運よくオーナーともお会いできて少しお話もさせていだきました。お客さん同士とも気さくにお話しできるような良い雰囲気でしたし、つまみも美味しかったです(^^) 

 こうしたお店が早く通常営業ができる世の中になることを願い、それまで持ちこたえてほしいと思います。というか、本来は自粛と補償はセットであるべきですが。

スポットライト天神店のサイト

クラウドファンディングサイト(CAMPFIRE)
歌謡曲の灯を守る!スポットライト&SPOTLIGHT J 店舗存続ご支援のお願い

 

 ***

 何かというとライブハウスや夜の飲食店が感染拡大に関して名指しで取りざたされていますが、いまや感染者集団を生む最大のスポットは病院や高齢者施設なんですよねえ。。。

| | コメント (2)

2020年5月 9日 (土)

プレイバック!丸の内GWミュージックフェスティバル

 ちょうど1週間前に、オンラインで開催された丸の内GWミュージックフェスティバルのことを綴りましたが、3日間の配信内容のほとんどがYouTubeのピティナ ピアノチャンネル PTNAで公開されました。こうした企画はオンタイムで視聴したほうが演奏家や多くの視聴者と同じ時間を共有している感覚から気分がアガるものですが、あとから見返すと当日の感動がよみがえってきて、これはこれで良いものですね。当日ご覧にならなかった方も少し覗いてみてはいかがでしょう。

開催日別の通し動画はこちら

【ライブ】丸の内GWミュージックフェスティバル2020

 

各コーナー別の動画はこちら

丸の内GWミュージックフェスティバル2020オンライン企画

 

個人的に特に印象に残ったコーナーを挙げてみます。

【5月2日】

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
 4人のリモートアンサンブルが決まってます。

「ズーラシアンブラス」
 子どもが喜びそうな動物のコスプレオーケストラ。

【5月3日】

「ガチャピン・ムックの楽器で遊ぼう」
 あのムックがピアノをバリバリ演奏。

「赤×黒デュオ 魅惑のアンサンブル」
 ホルストの惑星から「ジュピター」のリモートアンサンブルが素晴らしい!

【5月4日】

「ブリリアント・ピアニスト」
 15歳のピアニストが登場!すばらしい才能。

「おうちから 学校クラスコンサート」
 アクロバティックなピアノ連弾が見事。

「小原孝 ファーストYouTubeライブ」
 ラヴェルの「ボレロ」をソロピアノで迫力の演奏!

 

みなさんも、いろいろ聴いてみてお気に入りを見つけてくださればと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧