2022年5月 7日 (土)

「丸の内ミュージックフェス」を振り返る

 大型連休の後半、5月3日から5日は先月紹介した「丸の内ミュージックフェス」を楽しんできました。有料のメインコンサートは各日の午後公演を観たので計3公演。その前後で、周辺の商業施設や路上で行われた無料のエリアコンサートをいくつか観ましたが、天気にも恵まれて実に心地よい3日間でした。

 いちおうクラシック推しのフェスですが、メインコンサートの午後公演はジャンルは様々。一番盛り上がったのはホーン隊が吠えまくった初日の「SUPER BRASS STARS XXL EDITION」かな。3日目の「ピアノと砂のファンタジー 星の王子様」は、物語の朗読にピアノ演奏とサンドアートを合わせる趣向で印象深い公演でしたが、なにぶん物語が切ないのでファイナルコンサートとしてはしんみりという(^^; サンドアートは初めて見ましたが、OHPのフィルム面に砂を撒いて絵を描いていくようなもの(OHPは使ってません)。物語の進行に合わせて次々とライブで描き出される絵にびっくりでした。

 メインコンサートの会場は東京国際フォーラムのホールC。東京国際フォーラムはコロナ前に開催されていたラ・フォル・ジュルネ音楽祭の会場だった場所ですが、地上広場はケータリングカーもテーブル席もなく閑散。通常のコンサートと同じ扱いで祝祭感には乏しかったですね。ホールCのロビーの喫茶コーナーも営業してなくて、公演前にちょっと飲んだりということもできず。

 では、気分がアガらなかったかというとそんなことはなくて、無料のエリアコンサートを渡り歩くのが楽しかったです。特に歩行者専用になった丸の内仲通りは、歩道に並木が続くなかテーブル席が用意され、ケータリングカーも出ていてみなさん思い思いに過ごされている中、野外ライブが行われているという、実に良い光景でした。商業施設内の会場も華やかさがあってよかったです。丸ビルとTOKIAビルの会場で使われていたピアノは昨年も登場した河合楽器製のShigeru KAWAIで、河合奈保子ファンとしては名前を見るだけでアガりますネ。

 プロモーションに関しては、なんでだろうと疑問に思うところもあります。メインコンサートとエリアコンサートのウェブサイトが独立していて、連携が乏しいのです。現地で配られていたガイドブックは一冊で全部網羅しているのに、勿体ないですよねえ。。。

 それにしても3年ぶりに大型連休の丸の内に音楽が戻ってきたのは嬉しいことでした。新型コロナの脅威が去ったわけではなく、実際、メインコンサートのうち5日午前の部は、関係者に濃厚接触者が出たという理由で中止になってしまう影響もありましたが、とにかく開催にこぎつけた主催者には感謝しかありません。一昨年、昨年は自宅で配信にへばりついてましたが、やっぱりリアルなライブにかなうものはないです。とはいえ配信には空間と時間を超えられるという良いところもあります。今年はリアルと配信の併用で、一部はアーカイブも公開予定とのこと。私も現地で観たものは限られるので、アーカイブ配信も視聴したいと思います。

丸の内ミュージックフェス エリアコンサート(ピティナ)

| | コメント (0)

2022年4月30日 (土)

谷山浩子さんのデビュー50周年記念コンサート

 きのう29日は「谷山浩子デビュー50周年記念コンサート~5人でオールリクエスト」を観てきました。会場は東京国際フォーラム・ホールC。5月の風物詩だったラ・フォル・ジュルネ音楽祭で何度も行ったホールですが、今回割り当ての3階席は初めて。いやー、急傾斜で高いうえにステージが遠い。(^^; すり鉢の底を見下ろすような感じでのライブ鑑賞になりましたが、音は良かったのでまあいいかな。。

 このコンサート、副題にオールリクエストと入っているとおり、アンコールを除き当日の演奏曲は客席のリクエストで決めるスタイルです。で、半券の裏にリクエスト曲を書くようになっていたのですが、うかつにも書き忘れて入場してしまうという失態。。ああ、ばかばか。改札係員がコロナ対応で半券の裏に名前と連絡先電話番号を書くように注意喚起していたのですが、リクエスト曲については言及がなかったんですよね。。。まあ、入れていたとしても1500人収容のホールですからそうそう当たるわけはないのですけど。

 いきなりテンションが下がってしまいましたが、始まってしまえば楽しいライブでした。今回のサポートミュージシャンはいずれも過去に猫森集会のオールリクエストで谷山さんに調教された手練れのミュージシャンばかり。
 石井AQ(Syn)
 斎藤ネコ(Vl)
 渡辺等(Bs,Mand)
 山口とも(Dr,廃品打楽器)

 谷山さんが抽選箱に入った半券を引いて曲が決まりますが、みなさん軽い打合せで華麗に演奏。譜面係がスタンバイしていて過去に演奏したことのある曲はそのときの譜面も準備されていはいたものの、リハなしで合わせるのですからすごいものです。特に経験の少ない山口さんはほぼ歌詞カードだけの状態からの演奏で、それできちっと決まるのですから神業です。

 今回の曲目は谷山浩子オフィシャルサイトに掲載されていますが、見事なまでに世間的に知られている曲が出なかったという(^^; 私も半分ぐらいは初めて聴く曲でしたが、打合せを兼ねた楽曲解説があるので楽しめました。オールリクエストで黒系の曲がほとんどないのは珍しいような気がします。猫森集会の場合だと、まず半券でリクエストできる人を選んで曲はその場で出してもらうので、その時の流れで何をリクエストするか考えられますが、今回は事前に書いたリクエスト曲を抽選で引くだけという違いが影響しているのかも。。

 それにしても、節目の記念コンサートをオールリクエストにしてしまうなんて谷山さんぐらいでしょう。谷山さんらしい楽しいコンサートでした。秋に猫森集会の復活も考えているということなので、こちらも楽しみです。

 そして、今回のライブは配信もされました。5月5日までアーカイブが視聴できますのでよろしければ。

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

祝・1周年

 シャンソンを歌う3人グループ「銀座deシャンソン」がこの4月で結成1周年ということで、記念ライブを4月22日に東京・東新宿のPetit MOAで観てきました。

 銀座deシャンソンは、キャンディ・アイ(きゃんひとみ)、ソワレ(シャンソン歌手)、メイリ―・ムー(星屑スキャット)の3人によるグループ。ソワレさんを推しているので結成当初から知っていて、これまで諸事情でライブは配信で観ていたのですが、ようやくハコで観ることができました。「濃ゆい」3人が繰り広げるパフォーマンスの楽しさは配信で十分知っていましたが、やっぱりハコで生で観ると音が違いますね。3人の中で本職のシャンソン歌手はソワレさんだけですが、1月恒例の「新春シャンソンショウ」もですが、あえてシャンソンをメインとしていない人を引っ張り込んでシャンソンを広めたいという意図が感じられます。聴くほうも敷居が低くなって好都合です。知らない曲もたくさん出てきますが、それでも楽しいですし、ソワレさんが作ったオリジナルも良いです。今後は毎月1回はライブをやっていくようですが、5月は生のライブはお休みらしい...きゃんひとみさんが放送協会の連続テレビ小説に出演されている関係でスケジュールが取れなかったそうです。

 1周年ライブは配信もされていて、5月6日までアーカイブがこちらから視聴できます。大型連休に如何でしょう。どーですかお客さん。

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

大型連休の東京・丸の内の今年は

 新型コロナ禍になる前、東京・丸の内の大型連休の風物詩といえば、クラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」(以下LFJ)でしたが、20年、21年と開催中止が続き、今年も中止に。しかも、公式ツイッターによれば「国際的な音楽イベントを取り巻く未だ厳しい状況と、2年に及ぶコロナ禍の影響を受け、LFJ2022以降の開催を暫時見合わせる」と発表しています。つまり、コロナの状況が落ち着いたとしても、当分の間は開催はないということ。一方で、本家・フランスのナントでの「ラ・フォル・ジュルネ」は今年1月30日から5日間の日程で開催されています。フランスで出来ることが日本では出来ない。。。もちろん出演アーティストの大半が欧州在住であるLFJでは、防疫措置でアーティストの来日がネックにはなるのでしょうが、もう金銭面で開催が難しくなっている・・・なんてこともあるのかなあと想像したり。だとしたら残念ですね。日本の国力が落ちているということで。

 そんな状況なので、今年の大型連休はまた音楽配信のイベントで過ごすことになるのかなあと探ってみたら、なんと丸の内でクラシックコンサートを開催するというではありませんか!

お子様から大人まで楽しめるクラシック音楽コンサート「丸の内ミュージックフェス メインコンサート」開催
(丸の内ドットコム)

 東京国際フォーラムのホールCを会場に3日間で全6公演。LFJと比べればごくごく小規模ながら、配信でないコンサートが復活するのは喜ばしいです。無料で見られる街角のコンサートもあるというので、ちょっとだけLFJのような香りを味わえるかも。これで大型連休の楽しみが出来ました。

 これ、検索で見つけましたが、LFJが公式サイトも公式ツイッターもこの情報を出していないって、どうしてかなあ。主催者は毎年LFJに連動して街角コンサートをやっていたところなのにねえ。。。

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

SKYEの演奏でブレッド&バター

 きのう4月9日はビルボードライブ東京で「SKYE Presents BREAD & BUTTER」を観てきました。ブレバタさんは尾崎亜美さんと仲良しということもあって亜美さんとイベントライブでコラボしたこともあり何度か観たことがあります。そこに「世界最高齢の新人バンド」(ギネス申請!)であるSKYE(鈴木茂、小原礼、林立夫、松任谷正隆)がコラボ。今回ライブタイトルにPresentsと入っているのは、選曲やアレンジをSKYEの面々で行い、SKYEの考える「これぞブレバタ」というライブにしたというようなことをMCで明かしていました。

 ビルボードライブ東京は以前に小原礼さんと屋敷豪太さんのユニット「The Renaissance」のライブで来たことがありますが、その時と同じ4階カウンター席から鑑賞。ステージのある3階はテーブル席で食事が前提のような感じですが、私が観たのは15時からの昼公演なので、食事という感じじゃないよなあということで(^^; 

 ライブは上質な空間という感じ。SKYEの豪華な音の演奏にブレバタさんの綺麗な声。歳を重ねられてもあの声が出せるのはすごいことだと思います。心地よい風が吹いてくるようでした。SKYEも1曲だけ途中でオリジナルを披露。ロックな音に切り替わりゴキゲンな演奏でした。このあとミニツアーのような感じでライブがあるということなので詳細は自粛(^^;

 いいライブでしたがあっという間でした。正味1時間ちょっとですから本当に早かった。もう少し聴いていたい感じでした。

 そうそう、今回Web予約をするためにゲスト会員に登録したのですが、ビルボードライブが阪神電車のグループだというのを初めて知りました。想像つかなかったです。

| | コメント (0)

2022年3月27日 (日)

桜の闇に振り向けば

 各地で桜の開花のニュースが出始めましたね。すでに満開のところもあるようです。疫病や戦争など暗い話題が多い世の中ですが、それでも桜は咲くというのが日常の継続を表しているように思えて、心の救いに感じてしまいます。

 この時期になると聴きたくなるのが、河合奈保子さんの「桜の闇に振り向けば」。87年発売のアルバム「JAPAN」収録曲ですが、この曲、好きなんですよねえ。一般的な桜ソングのイメージとは違う作風が、逆にくせになります。闇夜にかがり火でほの暗く照らされた桜が見えてくるようです。

 この曲、T2U音楽研究所の臼井孝さんがサブスクのプレイリストで紹介し、かつコミュニティFM・渋谷のラジオで放送されている「渋谷のザ・ベストテン」3月2日(水)放送回で曲のオンエアとムダ解説(ご本人曰く)を行ったあと、再生回数が伸びているのだそうです。やっぱり聴くと良さがわかるということじゃないかと思います。(放送のトーク部分はnoteで聴取可

 さらに、CS放送の歌謡ポップスチャンネル「ツメ折り!カセットソング」でも、3月29日(火)深夜24:00~放送予定の「お花見SONGS」の回でも流れる予定になってます(歌手の映像は出ない番組ですが)。お花見かというとちょっと違う感じもしますが(^^; いい曲を紹介していただけるのはありがたいことです。こういった放送をきっかけに、認知度が少しでも広がってくれたらと思います。

| | コメント (0)

2022年2月28日 (月)

久しぶりの尾崎亜美&岡本真夜ライブ

 昨2月27日は埼玉県鴻巣市のクレアこうのすで「尾崎亜美&岡本真夜コンサート 一夜限りのスペシャルライブ『LOVE&HEART』を観てきました。

 亜美さんと真夜さんのジョイントライブはこれで5回目。うち2017年3月の飯能と同10月の身延を観ていますが、それ以来ですので約5年ぶりというところです。

 先に曲目を。

岡本真夜ソロコーナー
1.大スキ!
2.そのままの君でいて
3.Alone
4.サヨナラ
5.TOMORROW
6.アララの呪文
7.Will

岡本真夜&尾崎亜美コラボコーナー
8.It's Too Late
9.You've Got A Friend

尾崎亜美ソロコーナー
10.My Song For You
11.春の予感
12.マイ・ピュア・レディ
13.BENGAL BABOO BABE
14.メッセージ~It's always in me
15.スケッチブック
16.フード ウォーリアー
17.オリビアを聴きながら

アンコール 尾崎亜美&岡本真夜
en1.天使のウィンク
en2.卒業写真

 全体の流れは2017年3月の飯能に近いですね。ブリッジのときにコラボした曲も一緒でした。お二人の共通項としてキャロル・キングが好きなのだそうです。女性シンガーソングライターのローモデルなんでしょうね。

 真夜さんのソロコーナーは25周年ベストアルバムを中心にという構成。ピアニストmayoとしてのインスト演奏はありませんでしたが、1~4はグランドピアノをバリバリ弾きながらの歌唱。5・6はオケ音源でスタンディングしての歌唱。7はサポートミュージシャンの伊藤ハルトシさんのチェロのみの伴奏で。ぐっときました。真夜さんは以前と同じように手拍子が欲しいところははっきり意思表示されるので、客席もついていきやすいですね。いい感じに盛り上がりました。

 真夜さんソロコーナーのあとは舞台転換の時間を利用して亜美さんとのトーク。コロナ禍での音楽活動についてなど語っていました。その流れでコラボコーナーに入り、亜美さんのソロコーナーへ。

 昨日から急に春らしくなりましたね・・・なんてトークから入ったので、てっきり「春の予感」から入るのかなと思ったら10でした(笑)。もちろんそのあと春の曲として11・12をやりましたけど。13がホールコンサートで演奏されるのは久しぶり。手拍子できるかな?なんて心配していましたが「松クラス」の比較的難度の高い打ち方(1・2の裏・4)を客席やりきりました!14~16は新アルバム「Bon Appetit」から。筆頭曲の14はこれまでグランドピアノを弾いてましたが、今回は他の曲も全部キーボードで通してました。ステージには真夜さんの弾いたグランドピアノがあるんですけど...キーボードと行ったり来たりは時間がもったいないのかもしれません(ソロコンサートでは隣接してセッティングされています)

 アンコールでは真夜さんも呼び込んでのコラボでしたが、en2は意外でした。これを聴いたのは私は初めてのような。

 今回、亜美さんも真夜さんも、ライブができることをとても喜んでいました。それは観ているほうも同じです。このご時世、エンタメ界は綱渡りが続いていますが、無事開催できてなりよりでした。切符の発売が昨年11月だったかな?一席空けで定員50%で開催と告知されていましたが、そのときはずいぶん慎重だなと思ったものです。今となっては正解ですね。ちなみに座席は完売でした。声出しもスタンディングも出来ないですが、拍手と手拍子で温かいコンサートになりました。なにかと腹立たしいことが多い世の中ですが、ライブ中は穏やかな気持ちになれました。これが音楽の力でしょう。亜美さん真夜さんありがとうございました。

<ミュージシャン>
岡本真夜(Vo,Pf)
伊藤ハルトシ(AG,Vc,Chor)

尾崎亜美(Vo,Key)
小原礼(EB,Chor)

| | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

伊代さんの語る亜美さんの思い出

 昨2021年12月に40周年記念アルバム「トレジャー・ヴォイス」をリリースした松本伊代さんが、今年になってミュージックビデオとして「時に愛は」の2020年新録バージョンをYouTubeの自身のチャンネルで公開したことに関連して、尾崎亜美さんとの思い出を同チャンネルで語っています。

「時に愛は」尾崎亜美さんとの想い出~ご視聴ありがとうございます!

 どうやったら上手く歌えますか?と亜美さん宅に突撃訪問したという逸話は割と有名なんでしょうかね?私もどこかで聞いたことがあるような、ないような....しかしこうしてご本人が語られるのを聞いて、この曲に対する深い思い入れと、歌に対して真剣だったんだということを再認識しました。

 伊代さんは2009年に発売されたBOXセットのボーナスCD用に亜美さんが書き下ろした「私の声を聞いて」を歌っていて(のちに配信限定シングルでもリリース。試聴用ムービーはこちら)、それを聴いたときに「あれっ、ボーカル結構いいじゃん!」と驚いて伊代さんへの認識を新たにしました。今回公開された「時に愛は」も良いですね。上記の思い出語りの動画の説明欄から飛ぶことができますので、お聞きになってみてください。演奏が発売当初のアレンジのままというのも、きっと当時の歌謡曲ファンには嬉しいと思います。

| | コメント (0)

2022年1月26日 (水)

新春シャンソンショウ2022

 毎年恒例のシャンソン歌手のソワレさんとKayaさんのプロデュースによる「新春シャンソンショウ」、昨年は配信での開催でしたが今年はきのう1月25日、東京・渋谷のO-EASTで有観客+配信のハイブリッドで開催されました。もちろん感染防止対策を行ったうえでの開催で、客席の声出しは禁止。女性客が圧倒的に多いこのライブでは客席から黄色い声が飛ぶのが名物でしたが、今回は封印。でも静かに盛り上がったという感じで、これは画面越しだと分からないかもですが、現場に身を置いていると「気」を感じるんですよね。やっぱりハコで観るライブはいいです。

 今年の出演者も豪華でした。ソロの出演順に簡単に。

ROLLYさん。常連です。必ずしも音符通りには歌わないけどなぜか説得力のある歌唱。ギターもしびれます。

高道さん(狩人)。初登場にしてシャンソンを歌うのは初めてとのことでした。すばらしい歌唱で「夢見るシャンソン人形」ではちょっとかわいらしさも。

桑山哲也さん。常連になりつつあります。今年はなんとバンマスも務める活躍。バンドで演奏したインスト「男と女」はアップテンポでかっこよかったです。

Kayaさん。プロデューサーです。kayaさんとしては意外な選曲で楽しませてくれました。

ソワレさん。もうひとりのプロデューサー。メジャーどころではない選曲ですが素敵に聴かせてくれました。

Rickyさん。常連です。いい声で正統派。思いが伝わってくるようでした。

チャラン・ポ・ランタン。姉(蛇腹)と妹(歌)のユニットで常連です。二人だけでも会場を沸かせる力はさすが。

加藤登紀子さん。2回目の登場。こんな大御所に出ていただけるというのは嬉しい限り。シャンソンライブなのに「難破船」が入っていたのは中森明菜ファンのKayaさんのリクエストではないかと想像(微笑)

 

 加藤登紀子さんが「このライブは楽しい」とおっしゃってましたが、それは観ているほうも同じ。あっという間の3時間弱でした。今年で15回目ということですが、来年も続きますように。そして、客席も一緒に歌えるようになるといいな。

 配信はアーカイブが観られますので是非どうぞ。2月8日まで、何度でも観られます。
 新春シャンソンショウ2022(ツイキャス)

 

【演奏】桑山哲也と薔薇色シャンソン楽団
桑山哲也(Acc),ドビッチーまゆ(Key),カジカ(Vl),中林成爾(Vc),うのしょうじ(Bs),中島肇(Dr),情次2号(Gt)

【司会】山田広野(活弁映画監督)

 

| | コメント (0)

2021年12月30日 (木)

あっという間に年の瀬

 早いもので12月30日、あと2日で新年です。12月は個人的にはなんだかあっという間に過ぎて行った感じになりました。というのも、新型コロナの状況が落ち着いてきたことでエンタメ系のイベントに行く機会が多かったのです。すでに綴った扉座の「ホテルカリフォルニア」観劇も、もう一度観に行きましたし、そこで貰ったフライヤーにあった #北区の熱海 北区AKT STAGE公演「熱海殺人事件」も観ました。扉座の、特につかこうへい原作の上演には熱海殺人事件のシーンや音響などあれこれが引用されれいると聞いてはいましたが、今回初めて「熱海~」を観て、なるほど、そういうことだったのかと思いました。知ってるのと知らないのとでは見方が変わってきますね(といっても知らなくても楽しめますが)。先の「ホテルカリフォルニア」でも横内謙介さんが熱海殺人事件を観て演劇にはまっていったことが描かれていますが、私の中でいろいろなことがつながりました。

 音楽では「ソワレが唄う~越路吹雪ロングリサイタル」。14日から26日までの長丁場の公演でしたが、そのうちの三浦浩一さんがゲストの日に伺ったり、銀座deシャンソン(きゃんひとみ、メイリー・ムー、ソワレ)がゲストの回を配信で観たり。これも楽しかったですね。越路さんの貴重な映像なども映しつつ、音源が残っていない越路さんのナンバーをリサイタルの台本や楽譜から再現しようという意欲的な取り組みでした。他に、推しているいまのまいさん出演のライブもいくつか。

 そんなことをしていたので、15日に発売された尾崎亜美さんの45周年記念CD-BOXも手に入れているのですが、いまのところ中身を点検しただけ(^^; ブックレットをささっと見てみたら、ほぼ亜美さんのロングインタビューとなっていて、文章のあるページが28枚ぐらいある大ボリューム。ちなみに歌詞は各CDのスリーブを見よ、となっています。CD自体はプラケースですが歌詞カードはLPの縮小版という、河合奈保子さんのSACDハイブリッド盤と同じような仕様でした。お正月にゆっくり見ましょうかね。といってもお正月も駅伝やら聴いてたらあっという間に過ぎそうですが(^^; 新年はエンタメの正常化に向かっていって欲しいところですが、また変異株で盛り上がりそうなのが気がかり。新しい年は落ち着いた年であって欲しいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧