2022年3月27日 (日)

桜の闇に振り向けば

 各地で桜の開花のニュースが出始めましたね。すでに満開のところもあるようです。疫病や戦争など暗い話題が多い世の中ですが、それでも桜は咲くというのが日常の継続を表しているように思えて、心の救いに感じてしまいます。

 この時期になると聴きたくなるのが、河合奈保子さんの「桜の闇に振り向けば」。87年発売のアルバム「JAPAN」収録曲ですが、この曲、好きなんですよねえ。一般的な桜ソングのイメージとは違う作風が、逆にくせになります。闇夜にかがり火でほの暗く照らされた桜が見えてくるようです。

 この曲、T2U音楽研究所の臼井孝さんがサブスクのプレイリストで紹介し、かつコミュニティFM・渋谷のラジオで放送されている「渋谷のザ・ベストテン」3月2日(水)放送回で曲のオンエアとムダ解説(ご本人曰く)を行ったあと、再生回数が伸びているのだそうです。やっぱり聴くと良さがわかるということじゃないかと思います。(放送のトーク部分はnoteで聴取可

 さらに、CS放送の歌謡ポップスチャンネル「ツメ折り!カセットソング」でも、3月29日(火)深夜24:00~放送予定の「お花見SONGS」の回でも流れる予定になってます(歌手の映像は出ない番組ですが)。お花見かというとちょっと違う感じもしますが(^^; いい曲を紹介していただけるのはありがたいことです。こういった放送をきっかけに、認知度が少しでも広がってくれたらと思います。

| | コメント (0)

2022年1月 4日 (火)

昨年のNHK紅白歌合戦を視聴して

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。

 さて、12月31日に放送されたNHK紅白歌合戦のTV視聴率が過去最低だったとニュースが出ています。これを機にさまざまな紅白論がこれから出てくるのだろうと思いますが、視聴率の低下は歌謡界とTV界の構造上、致し方ないのではと思ったりします。

 ラジオやTV、あるいは有線放送からヒット曲の生まれていた時代、ヒット曲は生活の中で耳にしていたので大衆に広く認知されていました。レコード会社や所属事務所がCMタイアップに腐心したのも放送を介してヒット曲が出やすかったからでしょう。この点、多数のCMに出演していながら自作期に入るまでほぼノンタイアップだった河合奈保子さんは潔いというか上品というか欲がないというか(^^; あ、ちょっと脱線しました。今は、配信やストリーミングの多さがヒットとされる時代です。ストリーミング再生○万回、とかDL数○万回と言われても、それらに接してなければヒットしている実感が湧かないかなと。いっぽうで配信やストリーミングに親和性があると思われる若者世代はTV受像機を持っていない人も多いと言われます。こういう状況で出演者をどう選んでも、昔ほどには関心が高まらないのはやむを得ないかと。

 それでも、落ちたとはいえ世帯視聴率は34%(関東地区)。民放で比較的評判の良い大型音楽特番というとフジ系のFNS歌謡祭が思い浮かびますが、視聴率は10%程度。その3倍以上もあるのですから、大型音楽番組としては依然、お化け番組だと思います。

 視聴率よりも気になったのは、紅白らしさが薄れていっていること。昨年は2年ぶりの有観客が強調されましたが、有観客の公開生放送でありながら、ステージ以外で歌う出演者の多いこと。。。いったい何のために有観客にしたのでしょう。まるでミュージックビデオを見ているかのような映像になっている出演者もいくつかありました。バンドの姿が見えないし紹介もされないので、きっと演奏は事前収録なんでしょう。(出演者によっては歌唱も事前収録?・苦笑) 紅白のだいご味は、大晦日のひととき当代の人気歌手がステージに集まって生の歌唱と演奏を届けることだと思っていたものですが。。。放送協会が昨年の構成をベストだと思っているなら、もう公開生放送は止めてスタジオ収録放送にしてしまえばいいと思います。他にもテーマに「カラフル」を掲げておきながら演歌の扱いが悪かったり、要所要所で紅白の勝敗は煽っておきながら紅白の対決色は薄めているというのはちぐはぐさを感じたりしますね。

 文句あるなら見なきゃいいじゃんと言われそうですが、見ても見なくても受信料は払うわけですし、公共放送のスポンサーのひとりとして言いたいことは言わせていただきたいと思います。

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

NHK「SONGS」に奈保子さんが(ちょこっと)

 えー、タイトルだけで用が済んでしまいそうですが、さる11月18日にNHK総合テレビジョンで放送された「SONGS」で使用された映像に河合奈保子さんの姿が短時間映っておりました。この日の放送は野口五郎さんと岩崎宏美さんがゲスト。実はふだんは見ない番組なのですが(苦笑)、歌謡曲愛好家の濱口英樹さんが、自身がオーガナイザーを務めるFMおだわら「午前0時の歌謡祭」との関連でおすすめとの告知があったもので、録画しておいたのでした。で、再生してみたら映っていたと。これとは別に雑記帳にもギムリンさんから情報提供いただきました。また尾崎亜美ファンのハイパパさんもブログ「今日のひとネタ」で示唆を頂きました。ありがとうございます。

 どんなシーンが映っていたかというと、83年のNHK紅白歌合戦のリハーサル風景。NHKホールで宏美さんと奈保子さんがセリに乗って上がっていくところでした。NHKホールのセリといえば例の転落事故が思い出されますが、奈保子さんはとびきりの笑顔で乗ってましたね。他に、宏美さんの歌のリハーサル(衣装合わせ?)のときにも、ピントが来ていませんが後方に奈保子さんが。よく映像が残っていたなと思います。

 奈保子ファンとしてはおまけ的にでも貴重が映像が出てお得な番組でしたが、本編が見応えがあって、これは保存版ですね。スタジオライブでは宏美さんの歌のときに五郎さんがギターで入ったり、五郎さんの歌のときに宏美さんがコーラスで入ったりというコラボもあり、お二人とも実力派だけに聴きごたえありました。演奏も弦が入ったバンドでしたしね。最後に披露されたお二人のデュエット曲(新曲)も良かったです。トークもお二人とも司会の大泉洋さんの濃さに負けずはっきりモノを言うタイプなのでこれまた面白かったです。

 すでに再放送がきょう23日の未明に終わっているので、このあと地上波で見ることはできなさそうですが、NHKプラスで25日23時14分まで見逃し配信されていますので、ご覧になりたい方は利用されてはいかがでしょうか。受信契約者(と世帯に属する方)なら誰でも利用できます。テレビジョン受像機をお持ちの方なら当然契約しているかと思いますので。

 そんな番組があったなら再放送の前にレポしてよ、という声も頂きそうですが、実は先週末は2年ぶりに錦秋の京都を訪れておりまして。。録画を見たのが昨日の夜遅くでした。京都の話は別の機会に。。

| | コメント (2)

2021年8月 6日 (金)

歴史的な8月6日

 きょう8月6日は広島原爆忌でした。今年は、核兵器禁止条約が発効して初めて迎える8月6日になりました。核保有国が参加しない条約は意味がないという意見もありますが、条約が発効したことの意味は決して小さくないと考えます。たとえ条約に不参加の国があろうとも、核兵器を絶対悪と位置付ける地球的なコンセンサスが出来たのですから。広島市の平和宣言では、日本政府に条約批准を訴えました。

 しかしながら、平和記念式典では総理大臣があいさつのなかで核禁条約に触れなかったばかりか、最も大事な部分を話さなかったのは極めて残念なことでした。報道によれば原稿を読み飛ばしたそうですが、日本の核廃絶に対する意識はその程度なのかと思われても仕方がないと思います。

 その式典を放送協会はテレビジョン中継していましたが、ひどかったですね。上記のあいさつが終わった直後、アナウンサーが「総理大臣はあいさつのなかで、わが国は核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国であり、核兵器のない世界の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要と述べました」とアナウンスしていましたが、実際には総理大臣は述べてません。ここがまさに読み飛ばしたところなのです。予定原稿をもとにしているのでしょうけど、述べていないことを「述べた」と言うのは捏造といってもいいでしょう。しめくくりのアナウンスなどせず黙っているべきでした。

 そして、放送協会はきょう、その式典の中継を除き、テレビジョンで原爆関連の特別番組が編成されませんでした。このようなことは近年なかったことです。国際的な商業イベントを開催中だといっても、テレビジョンはデジタル化されサブチャンネルが使えるのですから、理由になりません。商業放送ならいざ知らず、公共放送としての姿勢が問われる番組編成でした。

 いろいろな意味で歴史的な8月6日でした。広島市の平和宣言はこちらで読めます。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

町あかりさんが絶賛!

 平成生まれのシンガーソングライターにして昭和歌謡を愛好する町あかりさん。昭和歌謡っぽいオリジナルや昭和歌謡のカバーを歌ったりしていますが、「TVガイド」に昭和の音楽番組を紹介する連載で「レッツゴーヤング」を取り上げています。

 「ああ憧れの昭和歌謡TV」 第3回「レッツゴーヤング(1982年10月3日放送回)

 読んでいただければわかりますが、この中で河合奈保子さんをベタ褒め♪視聴した回の中で「けんかをやめて」を歌った奈保子さんに最も感動したとし、「レコード音源を超えてくるような表現力に脱帽」したとも。奈保子さんの大きな魅力であり真骨頂といってもいい「ライブの歌唱のすばらしさ」を的確に捉えていて、ちゃんと平成生まれにも伝わるんだなあと嬉しくなります。町あかりさんの同世代への影響力がどのぐらいのものかは何とも言えませんが、こうして発信してくださることで少しでも伝わってくれたらなあと。CS放送ではありますが今月の視聴機会も紹介されているので、視聴機会のある方は「見て納得」できるのではと思います。

 

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

恒例の「3秒聴けば~」

 8月10日にテレビ東京系で放送された「3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100」をご覧になった方もいらっしゃるでしょう。評判がよいのか、このシリーズは回を重ねて放送されていて、かつありがたいことに「高確率で河合奈保子さんがスルーされない」貴重な番組でもあります(微笑)

 ということで録画しておいたのですが、10日の放送も期待にたがわず「スマイル・フォー・ミー」が入選。まあ曲はいつもの・・・となりますが「誰でもわかる」が売り文句の番組なので名刺代わりの曲が出るのは必然でしょう。映像の出典がクレジットで出てこないので(他局からの借用映像でないと出ないようです)正直、どのぐらい貴重が映像なのかわからないのですが、今回特筆すべきはイントロはカットされたものの1コーラス丸々流れたことです。この手の回顧番組だと「あなただけよ~」のBメロ以降になってしまうことが多いのでね。(3月の「3秒聴けば~」がそうでした)

 といっても、奈保子さんの映像が出た「伝説のアイドル15連発」のコーナーでは1曲を除いてみな1コーラスだったのですけどね。で、なんとなんと「青い珊瑚礁」が頭サビだけの時間にして約30秒。日ごろ大きな扱いをされることの多い女史の曲がこの扱いというのはかなり珍しいのではないでしょうか。いつも大きく取り上げられるのでこのぐらいでも十分以上にバランスが取れているとも考えられますが、ひとつのコーナーのなかで1人だけ尺が短いと、さすがにUNバランスなんではないかと思ってしまいますね。テレビ東京は過去にこんな不当な扱いもありましたが、だからといって留飲を下げるという感覚はありませんでした。。。

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

奈保子さん好きのお宅拝見

 河合奈保子さんの過去の出演番組を地上波テレビジョンで見かけることはめったになくなってしまったのですが、5月20日は意外な形で新聞のラテ欄に「河合奈保子」の文字が。

テレビ東京系「家ついていってイイですか」の番組欄に

▽河合奈保子&フミヤ
80年代!大好き29才

と出ておりました。

 これは!ということで録画しておいたのですが、登場したのはなかなかアツイ方。
 玄関ドアにいきなり奈保子さんのポスター(82~3年頃?)。「80年代アイドルでは特に好きなのが奈保子さん」と明言してました。「音楽的側面から良いと思った」と話していたのがまたいいですね。音楽も好きだし容姿もすごくきれいだと。
 他にも写っていたのが「Members Only」発売告知ポスター。そして取り出して見せてくれたのが1stアルバム「LOVE」のレコードジャケット。
 あくまで80年代カルチャー全般が大好きな中でアイドルでは、という形ですが、しっかり音楽のことにも言及していただいてありがたい限りです。

 ハロプロにはまって音楽のルーツをたどったら歌謡曲に行き着いて80年代にはまったという流れだそうで、やはり先入観なく奈保子さんの音楽を聴けば良さがわかるのだなあと改めて思ったのでした。この番組を見て気づいてくれる方が増えると嬉しいなと思います。

 ちょいと気になったのが、コーナー冒頭に出た画面右上のテロップ

 フミヤ・キョンキョン・河合奈保子
 楽しすぎる家

 VTR中、写真がワンカットしか出てこないお二人の名が先に出てくるというのが、奈保子さんの位置づけを冷徹に示していますが、やはりラテ欄のように当人の熱量のある順番で書いて欲しかったなと思ったりします。細かすぎますかね。

| | コメント (2)

2020年4月 6日 (月)

最近のテレビジョンから奈保子さんの話題

 3月下旬から先週にかけては地上波テレビジョンにちょいちょい河合奈保子さんの映像が流れてきました。

 3月21日放送の日テレ系「有吉大反省会」は、昭和・平成・令和 3世代アイドル事件簿TOP30という企画でしたが、18位に奈保子さんがランクイン。人物紹介で「大きな森の小さなお家」「スマイル・フォー・ミー」「けんかをやめて」の歌唱シーンを出したあと、83年の「ザ・トップテン」で中継先の屋内プールにいた一般客が「エスカレーション」を歌う奈保子さんの目の前で派手に踊り出したハプニングが紹介されていました。この映像は以前別の番組でも既出ですし、事件というなら85年のNHK紅白歌合戦で吉川晃司氏に歌唱を妨害されたことのほうがより事件らしいぞと思ったりするのですが、同じ日テレの映像が使えたからこちらになったのでしょうかね。ただどちらにしても本人がやらかしたものではないので、そこは他のランクインした「本人やらかし事件」と比べると事件性は低いのですが(微笑)。人物紹介のナレーションで「デビューから40年経つ今もいまだ根強い人気を誇り」とあったのに、思わずうなずいてしまったのは私だけかしら。だだ「生きる伝説アイドルと呼ばれる」ってのはねえ。そんなフレーズは聞いたことないですが。

 3月29日放送のテレビ東京系「3秒聴けば誰でもわかるあなたの名曲ベスト100」。この特番シリーズは奈保子さんを入れてくれる確率が高いのですが、今回も「スマイル・フォー・ミー」が入選。誰でもわかるという切り口なので曲はこうなりますね。Bメロ以降の短い尺だったのはちょっと残念でしたが、スルーされるよりは良かったかと。この番組では80年代アイドルがまとまって紹介された時間があったのですが、奈保子さんはそこから離れて矢沢永吉さんとテレサ・テンさんの間に挟まって紹介されてたのはなぜなんだろう。アーティスト枠なんでしょうか。

 4月4日放送のフジ系「名曲!お宝音楽祭」は、実質的には田原俊彦スペシャルと番宣がメインで、合間に回顧映像を流すみたいな感じになってましたが(^^; 80年6月30日「夜のヒットスタジオ」での「大きな森の小さなお家」が出ました。これ夜ヒット初出演なんでしょうか?映像はワンコーラスまるまるではなくBメロからの短めの尺でしたが、スタジオトークでさまぁーずの三村さんが初めて握手した芸能人だったという想い出を語って絡んでくれたのは良かったかな。その手はとっても柔らかかったそうです。場所は錦糸町の駅ビルと言っていましたが、それをエルナードとも言っていていたので、土地勘のある私にとってはアレレ?状態。錦糸町駅はテルミナで、エルナードは隣の亀戸駅なんですよね。。。話の本筋には関係ありませんが。

 同時に取り上げられるほかの歌手と尺を比べたりしたらきりが無いのですが、まあこうしてちょいちょい紹介されるのは嬉しいものです。デビュー40周年に向けて回顧映像であっても露出が増えてくれたらなあと思います。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

三原綱木さんの語る紅白

 あけましておめでとうございます。今年は河合奈保子さんのデビュー40周年にあたります。ごひいきにどうぞ。

 さて昨年の最終稿にNHKラジオ第一「今年も紅白やりますよ」への期待を綴りましたが、なかなか聞き応えありました。番組構成としては、NHK紅白歌合戦の歴史を年代順に振り返りトピックスをゲストとともに語り、代表的な曲をかけるという感じでしたが、ゲスト出演の三原綱木さんは、年長者に加えて実際に紅白に長く携わっていたことからご意見番的な存在で、いろいろなことを語ってくれました。そして私が淡く期待していたバンドの演奏についてもかなり具体的に語ってくれました。

 88年から紅組白組双方にバンドがついていたものが1バンドで紅白双方の演奏をする体制に。その時に演奏担当を始めたのが三原綱木とニューブリードだったそう。三原さんは「音楽担当のスタッフが『巻いてください』と僕の所にくる。紅白両方やってるから大変。余裕がない」と回想。どうやって巻いたのか聞かれると「絶対に歌のなかでは巻けない。ちゃんとしたテンポでやる。巻くところはイントロと歌が終わった後のコーダ。これで5~6秒変わる」と。歌の部分のテンポを守ったたのは、三原さんがジャッキー吉川とブルーコメッツという歌ものバンドのメンバーだったことが大きいのではないかと私は想像します。この巻き対応については「5分押してるんだったら俺(演奏)がやるんじゃなくて台本を削れ」と音楽担当とよくけんかをしたとも語ってました。音楽で巻ける時間はわずかだから、ということだそうですが、音楽人としての矜恃という面もあるような気がします。

 そして、バンドの演奏場所の変遷にも言及。「最初はステージ上にいたのがステージ下のオーケストラピットに移り、その次は奈落で、ほこりがすごい。それを何年かやったら今度はラジオセンターのスタジオからやるようになった。NHKホールから出されちゃった」と。司会の稲塚貴一アナが「淋しい」と同情してました。直接口にはしていませんが、ほんのりと悔しさが感じられる語りでした。稲塚アナが、演出の都合上ステージを広く使えるようにということなんだと思うとフォローしてましたが、バンド演奏が演出の中に入らないというのは音楽番組としてどうなんだろうと私なんかは思ってしまいます。何組かで登場したゲストミュージシャンはちゃんとステージ上で演奏してるのに。。。

 他にもいろいろなことをしゃべってましたが、個人的に一番ツボだったのはアイドルグループの台頭してきた時代のところでの展開。

 「これだけアイドルグループがあって生で全員で歌うじゃないですか。これ本当に歌ってるの?口パクじゃなくって?」と三原さんが直球の疑問を投げかけ。
すかさずW司会の田中れいなさんが「歌ってます。モーニング娘。は歌ってます」。この流れにスタジオ内は一気にざわつき(笑)。三原さんは「(あんなに大人数で)よく合うなあと思って。半分は口パクだろうと思ったんだけど。あ、歌ってるの」。稲塚アナが慌てた感じで「曲いきましょう」と言って話を切って流れた曲がAKB48の「会いたかった」

 いやあ、三原さんGJ!田中さんが限定を意味する「は」をつけて発言したこととスタジオ内のざわめきから、だいたい想像できますね。

 番組を聴いていて、三原さんは紅白の直前にラジオに出ていて良いのかと思っていたのですが、演奏担当ではなくなったようですね。最後の最後に「早く帰ってお酒飲みながら紅白を観たい」と。三原さん長年の紅白の演奏おつかれさまでした。

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

年末といえばあの番組

 年末といえば一昔前は(という言い方でいいのかどうか...)、NHK紅白歌合戦の過去分の再放送が衛星テレビジョンであったり過去の歌唱シーンのリクエストを募って流す番組があったもので楽しみだったのですが、今はそういった回顧系の番組がすっかり無くなってしまい淋しいかぎり。別に今のNHK紅白がダメだと言うつもりはありませんが、せっかくの放送済み資産をもっと生かしていただけるといいなあと思うのですが。NHKアーカイブスに登録してあるから見たい人は施設に来て下さいっていうだけじゃ、ねえ。

 今年、唯一過去の話が聞けそうなのはラジオ第一の「今年も紅白やりますよ」という番組。トークライブに終始して過去音源は出ないのかもですが、長年にわたり演奏を担当している三原綱木さんがゲスト出演ということなので、ちょっと面白そう。ステージ上で生演奏していたころの話をしていただけると嬉しいな。そして、バンドがステージを追われて別室に移されたり、事前収録にされたりもしたことをどう思っているのか語っていただきたいものです。

 本編のNHK紅白の個人的見どころは、先日の尾崎亜美さんのクリスマスライブに出演していた小原礼さん、鈴木茂さんが出演するということ。松任谷由実さんの演奏を担当するので、歌唱には興味がありませんが演奏に注目して視聴したいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧