« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月31日 (日)

河合奈保子ナイト開催!

15553536_2563660308_86large

 告知していたとおり、きのう7月30日は東京・東新宿のPetiMOAで「河合奈保子ナイト」でした!配信もありましたが私は現地参加してきました。2時間弱に渡り休憩なしで奈保子ナンバーを歌い続けるライブはあっという間でしたね。とりあえず曲目だけ書いておきましょうか。

1.夢が過ぎても
2.風に吹かれて
3.トワイライト・クルーズ
4.永遠のシネマハウス
5.夏の左岸、冬の右岸
6.さよならを言えるまで

~リクエストコーナー~
・大きな森の小さなお家
・霧雨の埠頭
・Invitation
・Angela

~夏のシングルメドレー~
7.スマイル・フォー・ミー
8.夏のヒロイン
9.エスカレーション
10.デビュー~Fly Me To Love
11.Harbour Light Memories

12.あなたへ急ぐ
13.ダンシング・グッドバイ
14.唇のプライバシー
15.プールサイドが切れるまで

ec.月影のふたり

 今回、ソワレさんのテンションがいつもと違っていて、なぜか緊張しまくり。そしていつもよりシングル曲が多め。何でかなと思ったのですが、ソワレさんの自主企画ではなかったのだそうです。確かに「みんながみんなオーガナイザー」というサブタイトルが付いていて、つまりリクエスト企画だったのです。ちなみにリクエスト主は私ではありません。ソワレさんを通して奈保子さんを知ったという方。私には思いもよらぬ行動力で、恐れ入りました&ありがとうございます!途中のリクエストコーナーは88年のバースデーライブ風で、見る人が見れば、あぁあのシーンの再現だなとわかると思います(微笑)。

 客席は新型コロナ拡大の影響もあってかこじんまり。奈保子ファンとソワレファンの比率は半々といったところでした。スタッフさんに伺ったら予約キャンセルも多かったとのことで、このご時世だと仕方ないのでしょうね。。配信のアーカイブが8月6日まで視聴できますので、ぜひご覧ください。ソワレさんのなりきりが観られますので、何卒。→配信はこちら

 * *

 さてそんなきのうでしたが、ネットではYahooニュースにも転載されたHOMINISの記事が拡散されてますね。CS「ホームドラマチャンネル」での「世界ウルルン滞在記」の再放送をこんな記事に仕立ててしまうのは素敵です。試聴環境のある方はどうぞ。

| | コメント (2)

2022年7月29日 (金)

河合奈保子×大村雅朗作品集が発売へ

 本館トップページにも掲載しましたが、きょう7月29日の夜になって河合奈保子さんの新商品発売情報が流れてきました!

 『河合奈保子 Masaaki Omura Works~大村雅朗作品集~』
  2022年9月21日発売予定(詳しくはコロムビアのページで)

 2枚組のベスト盤ですが、大村雅朗さんが編曲を手掛けた作品集になっています。奈保子さんのCD音源はこれまでのリイシューですでに出尽くした感があるので、新たにリイシューを出すとすれば、リマスタリングやSACD化など音質面で差異化を図る以外には選曲の切り口を変えるしかないのですが(^^; 編曲家縛りで来るとは思いませんでした。

 このニュースに接したとき、なぜ大村雅朗さんなのかと思ったのですが、音楽ナタリーによると同日に大村さんの作品を集めた2枚組アナログレコードが出るということで、便乗相乗効果を狙った感じでしょうか。(アナログレコードには奈保子さんの曲は収録されてません・・・) 2枚組39曲入りで値段が3,300円ですから1曲あたり100円を切るというお値打ち感♪手に取っていただく方が多いと嬉しいなと思います。とはいえ定額制音楽配信(いわゆるサブスク)ならプレイリストという形で簡単に実現できてしまうご時世なので、パッケージの魅力も欲しいところ。ブックレットがどうなるか注目したいと思います。

 こういう形でまたリイシューを出して頂けることは、ファンとしてはご本人の活動がない中でモチベーションにもつながってありがたいことです。当然、次につなげるためにも応援したいと思いますが、リイシューされていない映像作品とかテレビ局に眠る映像とか、まだまだネタはたくさんあるのでそちらにも期待したいところです。買い手がいるうちにぜひ(^^)

| | コメント (0)

2022年7月27日 (水)

3年ぶりの祇園祭 後祭山鉾巡行

 というわけで週末は上洛、3年ぶりとなる祇園祭の後祭宵山と山鉾巡行を観てきました。祇園祭の各行事は暦の日付で決まっているので、山鉾巡行が日曜に当たるのは貴重です。山鉾巡行は17日の先祭と24日の後祭があり、人気が高いのは先祭ですが、今回後祭を選んだのは、落ち着いてゆっくり楽しめそうだということと、休み山だった鷹山が再興され196年ぶりに巡行に復帰するというトピックがあったことが大きいです。

 ますは23日に前乗りして宵山を散策。後祭の山鉾は11基と先祭の半分以下で、山鉾の建つ範囲もおおむね烏丸通、新町通、姉小路通、四条通に囲まれた狭い範囲なのでコンパクトに回れますし、そぞろ歩きできる程度の人出でゆっくり観られました。そんな中でも、やはり人が多かったのは再興した鷹山。

Takayama0

 華麗な懸装品をまとっていますが曳山自体は塗装もなく、いかにも真新しい感じ。ここから新たな歴史が始まるんだなと思うと感慨深かったです。夕食に思った以上に時間を要してしまい山鉾町に着いたのは20時過ぎだったのですが、鷹山はちまきも授与品も売り切れで、売場は撤収モードでした。

 明けて24日の巡行は、まずは河原町三条で観覧。10時過ぎから橋弁慶山を先頭に山鉾が次々に通過していきましたが、3年ぶりの巡行に携わる人々がみなさん誇らしげな感じがしました。天気がよく各山鉾ともビニールシートを外しての巡行でしたので、美しい懸装品もしっかり堪能できてよかったです。まさに動く美術館。そして、やはり注目は鷹山で、この山だけ報道陣がぞろぞろついてきました(苦笑)

Takayama1

 お囃子もとてもしっかりしていて、真新しい山を見なければ今年復興したとはわからないぐらい。山の運行もスムーズでした。

 しんがりの大船鉾を見送ってから、新町通に移動。四条烏丸で巡行を公式には終えた山が、この通りを帰っていく光景が好きなんです。まずは鷹山を見送り。

Takayama2

 続いて北観音山の帰りを見送り、最後は南観音山の会所前で到着を見守りました。到着後の手締めにもしっかり参加して、観覧終了。ちなみに、巡行順でいうと北観音山、南観音山、鷹山になるのですが、新町通では山の位置の関係で鷹山を先に通すため、北観音山と南観音山は四条室町あたりで待機していたようです。ということはその場に居れば大型の曳山3基の揃い踏みが見られたわけで、これはいつか見てみたいです。

 今年は鷹山が大人気でしたが、これを機に後祭もメジャーになっていくといいなと思いました。鷹山の復帰で大型の曳山と鉾は合わせて4基となり、華やかさが増しました。(小型の舁き山も懸装品は立派ですし載せているご神体も個性的で魅力的ですが)

 疫病退散が本来の趣旨である祇園祭が2年にわたり疫病によって縮小を余儀なくされたというのは皮肉と言う他ないですが、3年ぶりに行われた巡行はブランクを感じさせないもので、事故なく終わって何よりでした。本当に疫病退散して欲しい!そう願います。

| | コメント (0)

2022年7月24日 (日)

HAPPY BIRTHDAY

 きょう7月24日は河合奈保子さんのバースデー。おめでとうございます。

 梅雨明け(したとみられる)宣言が出てから梅雨の戻りみないな状態でしたが、今度こそ本当に明けたと思えるような中で迎えたバースデーは、読売ランド・オープンシアターEASTでのバースデーライブの参加経験のある方にとっては「これぞバースデー」という感覚なのかなと想像したりします。(肌寒い年もあったようですが・・・)

 デビュー記念日より節目の意味合いを感じる方も多いだろうバースデーですが、とりたててニュースもなく。。。でも、再びの告知ではありますが7月30日には河合奈保子ナイトがあります!(→こちら) 奈保子さんご本人にはまったく関係のないイベントライブではありますが、こうして企画してくださるソワレさんには感謝です。ライブハウス存続のためにも、何卒。ちなみに、きょうはソワレさんを含むユニット「銀座deシャンソン」のライブがありましたが、シャンソンライブなのにバースデーにかこつけて「エスカレーション」を歌っていました!

 表立った動きは見当たりませんが、奈保子さんの魅力は褪せることがありません。どうぞこの1年もつつがなく過ごせますよう。もちろん、何かあれば全力で応援します!

 * * *

 恒例の特設メッセージボードを本館に開設しました。利用しているレンタル掲示板がサービス終了してしまう関係で、7月30日までの予定です。

 ところで、本館のバースデー表示や特設メッセージボードをフライングで出したのは、祇園祭の後祭の宵山と山鉾巡行を観に上洛していたためでした。これについてはまた改めて綴りたいと思います。

|

2022年7月15日 (金)

30日は奈保子ナイト!

 きのう7月14日はフランス革命記念日、日本でいうところのパリ祭でした。これにちなんで今日開催予定だった東京・東新宿のライブハウスPetitMOAの「PetitMOAパリ祭」を観に出かけたのですが、関係者に発熱が確認されたということで中止に。このご時世ですから大事を取っての中止は仕方ないですね。

 で、対応に出ていたスタッフさんは私の顔見知りだったのですが「奈保子ナイトの予約が全然なくて・・・」と困惑気味に私に話しかけてきたのでした。私が河合奈保子ファンであることを知っているからですが。

 ということで、雑記帳でも改めて告知です。当店本館にも掲載しているとおり、7月30日にPetitMOAで「河合奈保子ナイト」が開催されます。新型コロナの状況も気になるところですが、行けるという方はぜひご予約のうえお運びいただければと思います。詳細と予約はお店のサイトのこちらから。

 スタッフさんによると、ソワレさんは張り切っているということです!次につなげるためにも、どーでしょう、お客さん。

| | コメント (2)

2022年7月 9日 (土)

民主主義を守るために

投票に行こう

|

2022年7月 7日 (木)

亜美さんの45周年ライブ映像作品発売!

 きのう7月6日は、ライブ映像作品「尾崎亜美 45th Anniversary Concert Bon appetit~」(Blu-ray/DVD)の発売日でした!亜美さんのライブ音源の商品化はとてもレアで、いわゆるライブアルバムは出たことがなく、映像作品も私がファンになる前のビデオテープの時代に何本か出ているだけで、デジタルでの発売は初というもの。収録されているのは昨年9月に開催された45周年ライブの東京公演です。

 で、発売記念の店内イベントが行われているタワーレコード渋谷店で、DVD版を買ってきました。店舗限定特典のサイン入りイラストカード(コック姿のブタのイラスト)もゲット♪ イベントは発売記念の特設コーナーの設置です。(以下、写真は店舗スタッフの了解を得て撮影、掲載)

Tower_shibuya_7th_1

 こちらが特設コーナー。看板は「展示」となっていますがグッズの販売コーナーも一緒になっていて、Tシャツや手ぬぐい、パーカーなど充実の品揃え。私はライブ会場で買ってますのでパスですが(^^;
 手前左のアクリルケース内には、シングルレコードのジャケットやデビュー間もない頃?の雑誌記事、亜美さんが書いた料理本「尾崎亜美のうちごはん」などを陳列。亜美さんの自宅訪問の記事が面白かったです。いまこういう企画は出来ないだろうなあ。。。

Tower_shibuya_7th_2

 背後の壁、右側の展示は亜美さんが自宅でパーティ(小原亭と呼ぶのだそう)を開くときに作っているというお品書きとか、新アルバム「Bon Appetit」の曲の手書き譜面とか。パーティのお品書きは亜美さんのブログなどで存在は知っていましたが実物を見るのはもちろん初めて。譜面はほぼコードだけで、キメのあるところだけ譜割りが記載されている程度でした。これで演奏できるんですね。

 スペースが広めで、こんなに大きく扱われるんだとちょっとびっくりでしたが、会場は7階。J-POPではなくクラシックやワールドミュージックなどのフロアなので、多くの人に見てもらえるといいのですが・・・いちおう今回発売の映像作品は1階にもラックで展開されており、7階の特設コーナーの呼び込みもされていはいます。

 昨日は買ってきただけで、まだ再生はしてません。すでにフラゲした人などのレポによればMCもそのまま入っているようで、楽しみです。なお、梅田UN茶屋町店、名古屋パルコ店でもグッズコーナーがあるそうです。詳しくはタワーレコードの告知をどうぞ。購入特典も渋谷を含めたこの3店ですので、よろしければ。

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »