« 祝・日本国憲法施行75年 | トップページ | 浜村淳さんはやっぱり面白い »

2022年5月 7日 (土)

「丸の内ミュージックフェス」を振り返る

 大型連休の後半、5月3日から5日は先月紹介した「丸の内ミュージックフェス」を楽しんできました。有料のメインコンサートは各日の午後公演を観たので計3公演。その前後で、周辺の商業施設や路上で行われた無料のエリアコンサートをいくつか観ましたが、天気にも恵まれて実に心地よい3日間でした。

 いちおうクラシック推しのフェスですが、メインコンサートの午後公演はジャンルは様々。一番盛り上がったのはホーン隊が吠えまくった初日の「SUPER BRASS STARS XXL EDITION」かな。3日目の「ピアノと砂のファンタジー 星の王子様」は、物語の朗読にピアノ演奏とサンドアートを合わせる趣向で印象深い公演でしたが、なにぶん物語が切ないのでファイナルコンサートとしてはしんみりという(^^; サンドアートは初めて見ましたが、OHPのフィルム面に砂を撒いて絵を描いていくようなもの(OHPは使ってません)。物語の進行に合わせて次々とライブで描き出される絵にびっくりでした。

 メインコンサートの会場は東京国際フォーラムのホールC。東京国際フォーラムはコロナ前に開催されていたラ・フォル・ジュルネ音楽祭の会場だった場所ですが、地上広場はケータリングカーもテーブル席もなく閑散。通常のコンサートと同じ扱いで祝祭感には乏しかったですね。ホールCのロビーの喫茶コーナーも営業してなくて、公演前にちょっと飲んだりということもできず。

 では、気分がアガらなかったかというとそんなことはなくて、無料のエリアコンサートを渡り歩くのが楽しかったです。特に歩行者専用になった丸の内仲通りは、歩道に並木が続くなかテーブル席が用意され、ケータリングカーも出ていてみなさん思い思いに過ごされている中、野外ライブが行われているという、実に良い光景でした。商業施設内の会場も華やかさがあってよかったです。丸ビルとTOKIAビルの会場で使われていたピアノは昨年も登場した河合楽器製のShigeru KAWAIで、河合奈保子ファンとしては名前を見るだけでアガりますネ。

 プロモーションに関しては、なんでだろうと疑問に思うところもあります。メインコンサートとエリアコンサートのウェブサイトが独立していて、連携が乏しいのです。現地で配られていたガイドブックは一冊で全部網羅しているのに、勿体ないですよねえ。。。

 それにしても3年ぶりに大型連休の丸の内に音楽が戻ってきたのは嬉しいことでした。新型コロナの脅威が去ったわけではなく、実際、メインコンサートのうち5日午前の部は、関係者に濃厚接触者が出たという理由で中止になってしまう影響もありましたが、とにかく開催にこぎつけた主催者には感謝しかありません。一昨年、昨年は自宅で配信にへばりついてましたが、やっぱりリアルなライブにかなうものはないです。とはいえ配信には空間と時間を超えられるという良いところもあります。今年はリアルと配信の併用で、一部はアーカイブも公開予定とのこと。私も現地で観たものは限られるので、アーカイブ配信も視聴したいと思います。

丸の内ミュージックフェス エリアコンサート(ピティナ)

|

« 祝・日本国憲法施行75年 | トップページ | 浜村淳さんはやっぱり面白い »

音楽」カテゴリの記事

熱狂の日音楽祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝・日本国憲法施行75年 | トップページ | 浜村淳さんはやっぱり面白い »