« 尾崎亜美45周年コンサートをおすそ分け | トップページ | 扉座40周年公演「ホテルカリフォルニア」を観る »

2021年12月 8日 (水)

80年前のことだけでなく

 きょう12月8日は対米英開戦から80年の日でした。節目の年とあって、新聞のラテ欄を見ると放送協会はここ1週間ぐらい各種の特集番組が組まれていたりします。

 ただ、80年前のことだけにフォーカスして「開戦は避けられなかったのか」など論じたりするのは、ちょいと違うんじゃないかなと感じたりもします。BS-TBSで毎週土曜日に放送されている「関口宏のもう一度近現代史」を録画して見ていて、戦争はある日突然始めるものではないと思ったからです。

 番組ではすでに日本の敗戦後の歴史に移っていますが、対米英開戦までを見てきていろいろなことがつながっていると感じます。対米英開戦は経済制裁を受けて追い込まれた結果という見方もできますが、その経済制裁の要因は盧溝橋事件(1937年)に始まる日中戦争であり、その前には「満蒙は日本の生命線」と主張して満州を勢力下に置こうとした柳条湖事件(1931年)から始まる満州事変があり、その前には朝鮮半島の勢力圏をめぐる争いである日露戦争(1904年)、日清戦争(1894年)があり、それを正当化した「主権線と利益線」の主張(1890年)に行き着くわけです。

 折しも開会中の臨時国会では安全保障に関する極めて重大な政府発言がなされています。歴史の教訓を今こそ噛みしめたいです。同時に周辺国の軍拡・国民統制路線に対しては「それって戦前の日本じゃありまんか?」とも言いたいです。

|

« 尾崎亜美45周年コンサートをおすそ分け | トップページ | 扉座40周年公演「ホテルカリフォルニア」を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾崎亜美45周年コンサートをおすそ分け | トップページ | 扉座40周年公演「ホテルカリフォルニア」を観る »