« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月31日 (日)

劇団扉座「二代目はクリスチャン」を観る

 昨30日はすみだシアターパーク倉で劇団扉座の40周年記念公演「扉座版・二代目はクリスチャン -ALL YOU NEED IS PASSION-」を観てきました。昼夜2公演の夜の部(ソワレ)で、終演後の余興「ラクイブナイト」つき♪

 この公演、10月21日から始まっていているので、すでにプロのライターによる写真つきの観劇記が出ています。

劇団扉座第71回公演 幻冬舎Presents 扉座版『 二代目はクリスチャン ―ALL YOU NEED IS PASSION―』熱い想い、笑って泣けてスカッと!(シアターテイメントNEWS)

 なので、あれこれ私が書くこともないのですが、私なりにいくつか。

 この公演、私にとっては驚きのあるものでした。扉座を観はじめて10年ですが、初めてセットのない舞台の芝居でした。正確にいうと、ある大事なシーンだけセットが登場しますが、それ以外は黒い幕で三方を囲まれた素の舞台。けれど熱い演技でそんなことがまったく気にならない。セットによる説明が不要な演技というか。もともと扉座の芝居のセットはシンプルですが、こんな何にもない空間でもいけるのだと。
 そして、主演が客演の石田ひかりさん。小劇団の小さなハコの公演に出演されるのも驚きですが、衣装が基本「黒ジャージ」というのがまた驚き。「二代目はクリスチャン」はつかこうへい原作ですが「つか芝居」においてはジャージが「戦闘服」だったそうで、ご本人たっての希望でそうなったと。このあたりの経緯は、インタビュー記事に詳しいです。

『扉座版 二代目はクリスチャン』上演中! 横内謙介・石田ひかり インタビュー(演劇キック)

 ハコが小さいですからかなり近くで観ることになるのですが、いやーべっぴんさんだわ。そして溢れる清潔感。およそヤクザには見えない(笑)。そこが「天使と慕われたクリスチャンがヤクザの女房になった」という設定を体現する狙いなのかなと思いました。

 「つか芝居」ということで、ストーリーははちゃめちゃです。荒唐無稽と言ってもいい。それを主宰の横内謙介さんは「ヤクザファンタジー」と表現していますが、とにかくありえない展開がいろいろ出てきます。でも全部ファンタジーかというと、リアルなものもそこに入ってきてる。設定は暴対法の施行下だし、原発の廃炉問題とか政治の不祥事とか、世相を織り込んだ社会風刺も盛られているのは扉座らしいところかなと。今日は衆院選の投開票日ですが、たまたま選挙戦真っ只中に上演されているところに味わい深さを感じたりしました。面白かったです。

 

 上演後のラクイブナイトは、劇団員・山中崇史さんの責任進行で劇団創立メンバーのひとりである岡森諦さんの還暦お祝い会。お祝いなのに劇団員から出てくる話はディスりが多くて大笑いでした。石田さんは今回の座組で初めての共演だそうで、良くしていただいたといいつつも気づいたエピソードを。最後は高校演劇から共にした主宰の横内さんからの祝辞の読み上げ。愛される存在なんだなあと感じました。

 今日が千秋楽ですが小さなハコで大物客演ということもあってか連日大入りのようで何よりでした。12月には劇団員総出の記念作「ホテルカリフォルニア」の上演があります。こちらも楽しみです。

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

尾崎亜美さんの45周年記念!CD-BOXセットが発売へ

 尾崎亜美さんの公式ブログではちょろっと触れられていたのですが、尾崎亜美さんの初期東芝EMI時代のアルバム5作品がBOXセットで発売される予定です。公式サイトにはまだ出てないんですけどね(^^; 発売は東芝EMIの後継であるユニバーサルミュージックからで、こちらの公式サイトには情報が出ています

AMII OZAKI EARLY YEARS ALBUM BOX

 2021年12月15日発売予定
 規格品番:UPCY-90055/9
 売価:13,200円(税込)

 BOX対象の5作品というと有名どころの曲としては「冥想」「マイ・ピュア・レディ」「初恋の通り雨」「春の予感」「FOR YOU」といった時代のものです。2021年デジタルリマスタリングで高品質盤(SHM-CD)仕様、さらに45周年スペシャルブックレットを同梱「予定」という内容で、1枚単価2,640円は悪くないですね。同梱が「予定」となっているのが微妙ではありますが(^^; 亜美さんのオリジナルアルバム初期5作品は過去にリイシューはされていますが現時点では新品の入手は困難ですので、これから中古をお求めになるぐらいなら今度のBOXのほうがもちろん良いですね。それに私の知る限りでは亜美さんのBOXセットって初めてじゃないかなと。

 個人的には以前に紙ジャケ再発音源を揃えていますが、やっぱり45周年記念ですし、これはご祝儀しないといけないかな(^^)。

 欲を言えば、どうせBOXにするなら東芝EMIの発売作品をフルセットにしてくれればよかったのに・・・なんて思ったりします。亜美さんのレコード会社遷移歴は次のようになっていて、90年代にも東芝EMIから発売されたアルバムが3作あるのです。

 東芝EMI:デビュー~79年 ←今回のBOX対象
 ポニーキャニオン:80年~95年
 東芝EMI:97年~99年
 フォーライフ:2001年
 コロムビア:2004年~2006年
 ソニー:2009年
 テイチク:2012年
 クラウン:2016年~現在

 年代がだいぶ離れるので一緒にしにくいのかもしれませんが、後期東芝EMI時代のアルバムはリイシューもなくて、いつも取り残された感があるんですよねえ(^^; ライブで歌われる人気曲もあったりするので、光があたったらいいなと思いました。

| | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

フロア縮小後のタワーレコード新宿店を見る

 所用で東京・新宿へ出たついでに、フロアの大幅縮小があったタワーレコード新宿店を偵察してきました。公式には「改装」と称されており、それはそれで間違っているとまでは言えないのですが、従来4フロアで営業していた店舗が2フロアに半減ですから、私としては縮小という言葉が適当に思います。これまでタワレコ新宿店は河合奈保子さんのリイシューの度に推してくれて、石丸電気なきあとの聖地とも言えるような店でしたので、どうなってしまったか心配でした。

 従来の新宿店は7F~10Fの営業で、J-POPは8Fで展開されていました。今回、7F・8Fが閉鎖されてJ-POPは9Fに。感想としては、J-POPのCDはなんとか踏みとどまった、という感じです。CDの陳列棚は従来と同程度を維持していて、奈保子さんの在庫もしっかり。ただし従来、新作リリースの際の映像を流しながらの特設コーナーが置かれていたようなスペースはなくなりました。以前のようなパネル展の開催とかは難しそうですね。7Fで展開していたイベントスペースが9Fに入ってきたので、押し出されるように映像商品(DVD)の棚がだいぶ減らされ、奈保子さんのスペースも数枚程度に。。。

 それでも、昭和アイドルのコーナーが縮小されたものの健在だったのは嬉しかったです。

Towerec_shinjuku1

(店舗スタッフの許可を得て撮影、掲載)

 ここでは先月発売された奈保子さんのSACDハイブリッド盤も大展開中。4作ともに試聴機にセットされていました。(SACDでは聴けないと思いますが)

Towerec_shinjuku2

 (店舗スタッフの許可を得て撮影、掲載)

 10Fは従来、アナログレコード売場でしたが、ここに旧9Fのワールドミュージックとクラシック、それに旧8Fから今どきのアイドルなどが移ってきて、アナログレコードはごく小さなコーナーに縮小。ということで今回のフロア縮小で主に割を食ったのは映像作品とアナログレコードという感じです。

 ちなみに新宿店の近所では池袋店も2フロアを1フロアに減らす「改装」が発表されています。配信やサブスクが伸びるのとは対照的にCD/DVD販売を取り巻く環境は厳しくなりつつあり、売場縮小の流れは止まらないのかもしれませんが、ネット通販では得られない「出会い」の場として、パッケージの魅力を伝える場としてがんばって欲しいなと思います。聞き手も買い支えなきゃですが。

| | コメント (2)

2021年10月 5日 (火)

転落事故から40年

 きょうは10月5日。NHKホールで番組リハーサル中の河合奈保子さんが、降りていたステージのセリに転落し重傷を負う事故が起こった日から40年経ちました。当時からファンだった方にとっては、そしてもちろんご本人にとっても、歌手活動に復帰できるのかどうかの一大事で、たいへんな心境だったと思います。ところが当時、特定の歌手のファンになるということがなく、テレビジョンの音楽番組も親の見ているものを一緒に見る程度だった私は、その事故のことがまったく記憶にありません。そんな事故があったというのは2002年に後からファンになって認識したことでした。後追いの新参がネットで交わされるファンの書き込みについていくには、やはり当時のことがわからないと理解が難しいものがあり、古書店で入手したのが今年8月に新装版として復刊された「わたぼうし翔んだ」でした。復刊元の復刊ドットコムには「38年の時を経てよみがえる本書」という言葉がありますが、事故から40年という年に復刊されたことを、あらためて感慨深く思います。

| | コメント (2)

2021年10月 3日 (日)

河合奈保子さんのSACDハイブリッド盤を聴いてみた

 9月22日にSACDハイブリッド盤で発売された河合奈保子さんのオリジナルアルバム4作品を入手したことはすでに綴りましたが、まず「LOVE」「あるばむ」の2作品を聴いてみました。といってもSACDプレーヤーは持ち合わせていないので、CDとしてのリスニングです。

<聴取環境>
 再生機:東芝CDラジカセ TY-AK1(ハイレゾ対応)
 ヘッドフォン:Panasonic RP-HD10(ハイレゾ対応)

(注・個人の意見です。感じ方には個人差があります。)

 全体として、ベースの音がよりくっきりしていたり、細かな音がより緻密に聞こえる感じがしました。「LOVE」の何曲かでは2007年リマスタリングの「NAOKO PREMIUM」のCDととっかえひっかえ聞き比べてみましたが、違いが聞き取れました。がらっと変わるというほどではないですが微調整をした感じでしょうか。ベースはアタック感がより感じられたり、ごく小さく入っているタンバリンに響きが感じられたりとか。奈保子さんのボーカルもわずかにクリアになっているような感じがします(これは気のせいのレベルかもしれません)。すでに雑記帳の記事に「CDの方は少し迫力がある感じ」というコメントを頂いていましたが、ベースラインがくっきりしていることと符合していると思いました。

 「あるばむ」に添付された解説には、今回のマスタリングについて次のように触れられています。

“マスタリングを担当したミキサーズ・ラボの菊地功さんは、「かっこいい音」を目指したという。菊地さんは2013年発表の竹内まりや『Mariya's Songbook』を手掛けており、同作に収録の「けんかをやめて」「Invitation」の音の質感や音圧を基準に微調整を重ね、今回の『あるばむ』のサウンド・コンセプトを決めた。今回のSACD/CDシリーズは本作をベースに音調整を施し、新規マスターが制作された。”

 ということは、『Mariya's Songbook』をお持ちの方であればマスタリングの方向性がつかめるのかもしれません。私も当時買ったのですが、しまい込んでしまった上に転居もあって捜索が大変で(^^; 買おうかどうか迷われている方は、上記解説を参考にしていただければと思います。また、やはりマスタリングの本領を発揮するのはSACDなんだろうなと思います。SNSではSACDの音に感動している声も見かけました。こうなるとプレーヤーも入手したくなりますね。

 いずれにしても(っていうのは明日退陣予定の首相の口癖でしたが・・・)音楽の評価は聞き手によって個人差があるものです。テレビジョンの「○○が選んだ歌の上手い歌姫ベスト**」みたいな企画で「こんな人が上位に来るの?」と思ったりするのと同じで、マスタリングについても良い悪いというよりは好みかそうでないかという世界だと思います。写真でいえばエッジがカリカリなほうが好きな人とソフトぎみなほうが好きな人がいるように。ですので、くどいようですが本項も個人の意見であるということでご理解ください。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »