« 歌のない歌謡曲 | トップページ | かわいそうなぞう »

2021年8月13日 (金)

新装版「わたぼうし翔んだ」配送開始

 復刊ドットコムから8月中旬配送予定と発表されていた河合奈保子さんのエッセイ本「わたぼうし翔んだ」新装版(復刻)ですが、11日から配送が開始されたようで、12日に届いたという声がSNSに多数出ています。私のところにも12日に届きました。お盆前の到着は思った以上に早かったですね♪ Amazonなどの通販サイトでは発売日を8月20日としているところが多く現状では「予約受付中」のステータスになっているので、20日が一般発売、復刊ドットコムは先行発送(フラゲ)みたいな感じでしょうか。ちなみに届いた本の奥付では発行日は8月31日となっていました。

 届いて手にしたとき、原典を神田神保町の古書店で見つけて手に取ったときの感覚と似たものを感じました。原典は持っているとはいえ、ちょっとドキドキ感。原典は転居のときしまい込んだままのため捜索がたいへんですが、いずれ見比べてみたいと思います。ざっと流して見た感じでは、デビュー前の大阪時代の描写もちゃんと出てますね。

 復刊ドットコム購入者特典もついてました。サイトで案内されているとおりの内容で、CDブックレットサイズの「カナリー・コンサート」パンフレットのダイジェスト。といっても原典は知らないのですが。全8ページ中、カラー4ページ、モノクロ4ページ。テキスト情報としてはコンサートの日程、スタッフ、プログラム(今風に言うならセットリスト)、奈保子さんのあいさつ文。文字はぎりぎり読めるサイズ(微笑)。小さくて薄いので失くさないようにしなくては。

 後追いの方に手に取っていただけると、奈保子さんへの理解を深めることができると思います。私がそうでした。表舞台ではうかがい知ることができないような一面もわかったりして。私はなによりプロ意識の高さにびっくりしたものです。事故・入院治療からリハビリ、復帰までの道のりとその時々の心情の吐露は、もちろんファン以外の方にも読みごたえあると思います。復刊された本書が多くの方に届いたらいいなと思います。

|

« 歌のない歌謡曲 | トップページ | かわいそうなぞう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

MARUさんこんにちは
無事にお手元に届いてよかったです♪
今回の復刊で、初めて読まれる方も多いと思いますが、若いファンの方々はじめ河合奈保子さんの人間性を知って頂く上でも復刊が実現して本当に良かったと思います。8/13と8/14には、渋谷愛ビジョンを利用してこの様なメッセージも流れました。嬉しい限りです(^^♪

https://minkara.carview.co.jp/userid/360315/blog/45375831/

投稿: JR120XE | 2021年8月14日 (土) 13:02

■JR120XEさん
いらっしゃいませ。
街頭ビジョンにメッセージを出しましたか!これはインパクトありますね。外出抑制が叫ばれる緊急事態宣言下でなければなおよかったなあ。

投稿: MARU | 2021年8月16日 (月) 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌のない歌謡曲 | トップページ | かわいそうなぞう »