« 売野雅勇さんが河合奈保子さんを評価すると | トップページ | 日本の商業放送70年 »

2021年8月31日 (火)

トランジスタラジオ

 週刊女性PRIMEにT2U音楽研究所の臼井孝さんが売野雅勇さんに取材した記事が連載されている件を紹介しましたが、荻野目洋子さん・河合奈保子さんの次にチェッカーズについての回が公開されています。

チェッカーズ人気の火付け役・売野雅勇が振り返る「5回ダメ出し」「フミヤとの思い出」

 チェッカーズと売野雅勇さんといえば、シングル2作目の「涙のリクエスト」がヒットして、記事にはその裏話も詳しく載っているのですが、私にとっては歌詞のなかで1か所「トランジスタのヴォリューム上げて」というのが受け入れられなかったという思い出があります。あ、正確にいうと今も受け入れてないかな(^^; トランジスタは電子回路において電流の増幅を行う「部品」です。トランジスタにボリュームなどないだろ!っていうのがラジオ工作少年だった私が受け入れられなかった理由です。

 もちろん、この歌詞の「トランジスタ」は「トランジスタラジオ」のことを指しているのでしょう。だとすれば音数的には「携帯ラジオ」でも「ポケットラジオ」でもはまるように思うのですが、語感がいまいちだと思ったのでしょうか?私がインタビュアーだったらなぜトランジスタとしたのか聞いたことでしょう(微笑)

 で、ふと思ったのですが、トランジスタラジオってすっかり死語になってしまったなあと。死語は言い過ぎだとしたら半死半生語でしょうか。実際、いま電器店に並んでいるラジオはトランジスタではなくラジオ用ICで組まれているでしょうし。ずいぶん前にダイソーで100円AMラジオというのを売っていて、これの裏ぶたを開けるとトランジスタが3個の回路でびっくりしたことがありますが、あのぐらいまでかなあ。以前は災害時の非常持ち出し品リストにもトランジスタラジオと書いてあったものですが、今は携帯ラジオですね。そもそもトランジスタラジオという名称は真空管ラジオと区別するもので、真空管ラジオが趣味の世界や学習教材を除いて1960年代には姿を消していることを考えると長寿のネーミングだったと言えるのかもしれません。

 明日は防災の日です。トランジスタラジオ、いや携帯ラジオの保管状況をチェックしておきましょう。電池を入れっぱなしにしていると液漏れで故障してたりすることもあります。防災品としてしまい込むのではなく、日常使いにするのがいちばんの防災対策だと思います。

|

« 売野雅勇さんが河合奈保子さんを評価すると | トップページ | 日本の商業放送70年 »

音楽」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売野雅勇さんが河合奈保子さんを評価すると | トップページ | 日本の商業放送70年 »