« 5月3日 | トップページ | 劇団扉座の創立40周年記念公演は »

2021年5月 6日 (木)

丸の内GWフェスティバル終了

 大型連休中は配信イベントの「丸の内GWフェスティバル」を連日オンタイムで視聴していました。終わってしまいちょっと虚脱感(^^;

 クラシック音楽フェスのラ・フォル・ジュルネTOKYOは2年連続で中止になりましたが、こうして配信ではありますが今年もクラシックのイベントの気分を味わえたのは何よりでした。東京駅前、丸ビルマルキューブからの配信映像は、ガラス越しに街中の様子もわかり、無観客でしたがライブ感が感じられるもので良かったです。とはいえ、やっぱり生の音と現場の空気感は恋しいものです。居ながらにして最前列相当で楽しめたりする配信の利点は認めつつ、来年は会場で聴けるといいなあ。。。

 ほとんどの演奏がアーカイブ配信されていますので、ちょっと覗いてみてはいかがですか。

<4月29日・5月1日・2日>
ラ・プティット・フォル・ジュルネ2021
丸の内エリアコンサート

特設サイトからプログラムを選んで直接YouTubeのアーカイブ映像に入れます。

4月29日の小原孝さんの演奏がとても楽しかったです。
5月2日は東京芸大デー(勝手に命名)でしたが、学長みずから演奏しているのは貴重なのかも。

 

<5月3日・4日・5日>
丸の内エリアコンサート
ピアノ3days

特設サイトではわかりにくいですが、ピティナのチャンネルで見られます。手っ取り早く見るためのプレイリストはこちら

プロから気鋭の若手、オーディション選抜まで多彩な出演で楽しかったです。
5日はこどもの日で小学生が多数出演してましたが、子どもと侮れない演奏にびっくり。

 

そうそう、これは触れておかねば。会場のピアノ。

前半の2日まで使われたのは、木目調のきれいな見た目のスタインウェイ。黒一色のものを見慣れているので新鮮でした。

3日から使われたのは河合楽器のShigeru Kawaiというブランド。公共ホールで見かけるピアノといえばヤマハかスタインウェイで、カワイを目にする機会がないのですが、配信を聴いていたらいいじゃないですかこれ。って調べたらカワイの最高級ピアノだそうですから当たりまえですか(^^; やっぱり心情的にカワイを応援したくなりますネ。

|

« 5月3日 | トップページ | 劇団扉座の創立40周年記念公演は »

音楽」カテゴリの記事

熱狂の日音楽祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月3日 | トップページ | 劇団扉座の創立40周年記念公演は »