« 丸の内GWフェスティバル終了 | トップページ | 筒美京平提供シングル曲限定ベストテンを読んで »

2021年5月16日 (日)

劇団扉座の創立40周年記念公演は

 2011年に上演された音楽劇「オリビアを聴きながら」以来、劇団扉座を推している私に、創立40周年の記念公演のお知らせはがきが届きました♪ファンクラブみたいなものに入っているわけではないですが、行った公演のアンケートで扉座からの連絡希望を「有」にしているので次作の案内が届くのです。

 公演のタイトルは「解体青茶婆」。解体新書の翻訳発刊のきっかけとなった刑死者の腑分け(解剖)の顛末を戯曲にしたものだそうです。扉座主宰の横内謙介さんによると、新型コロナ禍が続き苦しめられているなか、医学をテーマにしたものが書きたくなったとのこと。

 40周年ですから本来は劇団員総出で盛大にやりたいところだとは思うのですが、このご時世で実力者中心の小人数の座組。劇団としては複雑な心境だったのではと想像しますが、なんとしても「見る価値のある芝居を届けたい」ということだと思います。そういえば扉座を観るきっかけになった「オリビアを聴きながら」も東日本大震災の直後で、社会性のある硬派な芝居でした。

 公演情報は扉座のサイトで。なんとか無事に開催できますよう。まあ、7月上旬に小劇場の公演すらできないような事態なら、同月の国際的な商業運動会などとても無理ですね。

|

« 丸の内GWフェスティバル終了 | トップページ | 筒美京平提供シングル曲限定ベストテンを読んで »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸の内GWフェスティバル終了 | トップページ | 筒美京平提供シングル曲限定ベストテンを読んで »