« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月23日 (火)

「午前0時の歌謡祭」岩崎良美特集を聴いて

 昨年12月に「デビュー40周年!河合奈保子 meets 筒美京平」が放送されたFMおだわら「午前0時の歌謡祭」の今月の放送は「『赤と黒』から41年!岩崎良美を迎えて」でした。ご本人がゲストで出ていただけるなんていうのは、奈保子ファンからすると実にうらやましい。

 放送では良美さんのお話もたっぷり聞けましたが、とても聴きやすかったですね。尾崎亜美さんとのレコーディングが楽しかったというお話はファンとして印象深かったです。奈保子さんを特集した12月のときもそうでしたが、常連リスナー以外にもファンからのリクエストメッセージも多数で、流れた曲はシングル曲だけでなくアルバム曲や最新音源も。また一部ライブ音源を選択したところもオーガナイザーの濱口英樹さんらしいところかと思います。歌の上手い歌手はライブ音源を出すんですよね~。ライブでもレコード音源かのような歌唱はさすがです。

 そして番組に寄せられたリクエストの最多曲が「恋ほど素敵なショーはない」だったというのも大変印象深かったです。私が推していたコンピ盤「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」にも収録されていた曲で、企画した臼井孝さんの選曲の確かさを改めて確認するひとときとなりました。しみじみ名曲です。

 今月の放送は通常編成のため、来週に再放送があります。
 2月28日(日)深夜24:00-25:00

 またFMおだわら「まいのアイドルメモリーズ」も今週は岩崎良美さんの特集です。聴取層の違いから、より変化球な選曲になりそうな予感(^^; こちらもよろしければ。
 2月25日(木)21:00-22:00
 2月26日(金)深夜25:00-26:00(再放送)

FMおだわらはインターネットにより全国で聴取可能です。聴取方法はホームページで確認できます。

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

地震とラジオと

 昨13日深夜の福島県沖で発生した最大震度6強の地震には驚きました。当地では揺れの強さは違えど、初めみしみし、しばらくしてゆさゆさと大きな横揺れが長く続くという揺れ方は10年前の東日本大震災そっくりの揺れ方で、あのときのように揺れが強くならないか身構えました。余震が大きくならないことと被害が少ないことを願います。

 さて地震が起きると私はまずラジオを聴くようにしています。揺れが収まってすぐにラジオのスイッチを入れると、NHKラジオ第一がラジオスタジオから緊急地震速報を伝えていました。ところがすぐに音が絞られて、総合テレビジョンの音声に切り替えられてしまいました。これがもどかしいのです。ラジオとテレビのサイマル放送と言えば聞こえがいいですが、「映像では〇〇が流れています」とか言われてもラジオで聴いていたらさっぱりわかりません。その映像をきちんと実況してくれるならまだいいのですが、そういうわけでもありませんし。これは今回に限ったことではなく、災害発生時はほぼ常習化しています。私はテレビにはテレビの、ラジオにはラジオの伝え方があると思っているので、ラジオは独立してラジオスタジオから放送を出して欲しいものです。

 ラジオ第二放送では英語で地震情報を伝えていました。どうやら総合テレビジョンの音声を同時通訳で流してたようでしたが、あれはNHKワールドの音声なのでしょうか。いずれにしても英語だけとはいえ災害時の外国語によるラジオ放送は情報源として貴重なものだと思います。ところがです、NHKのAM2波を1波に統合、要するに第二放送を廃止するという経営計画がいつのまにか出来上がっています。

AM1波とBSチャンネル削減へ どこへ行く「みなさまのNHK」 事情通に聞く
(東京新聞・2021年1月24日)

 これ、いいんですかねえ。。。災害対応だけのために第二放送を温存せよとまでは言いませんが、2波あるから出来ることが出来なくなるのは事実。第二放送では通常プログラムでも時間は短いですが多言語のニュースを出しています。第二放送のプログラムはほとんど商業放送(民放)がやらないようなものばかり。商業放送なら合理化も結構ですが、公共放送としていかがなものか。

 災害発生時に安易にテレビの音声をラジオで流すこともそうですが、放送協会には公共放送のありようをもう一度見つめなおしてもらいたいと思います。

 

| | コメント (2)

2021年2月 7日 (日)

藤田朋子さんのブログを読んで

 役者であり、私にとってはライブ歌手の藤田朋子さん。昨年12月には素敵なクリスマスライブを配信で届けてくださいましたが、年が明けて新型コロナ陽性が報じられました。現在は回復して元気になってますが、1月28日付のブログで、陽性になる前の生活のことも含め回復報告を綴っておられました。

元気になっております。
~笑顔の種と眠る犬・藤田朋子公式ブログ

 これ読むといろいろ考えさせられます。TOKOさんは陽性になる前も、かなりウイルス感染予防に努めた行動をしていたように見えます。一般的に言われる三密回避・マスク着用・手指消毒といったこと以上のことをやっていた。それでも感染したということは、もはや、誰でも、いつ陽性になってもおかしくない、というように捉えたほうが良いのではないだろうかと。そして、陽性になったことを「申し訳ない」なんて気持ちにさせちゃいけないんじゃないかと。

 そういえば最近は「ソーシャル・ディスタンス」に代えて「フィジカル・ディスタンス」を使うようにしようという動きもありますね。距離を保つのはあくまで物理的な空間だけであって、こころは密に、社会的には孤立させない、ということです。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »