« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月30日 (水)

扉座公演「お伽の棺2020」を観る

 きのう12月29日は劇団扉座の公演「お伽の棺2020」の千秋楽を観てきました。この芝居の上演は28日1回、29日2回の計3回のみ。もともとは6月に予定されていた公演でしたが新型コロナ禍で中止になり、東京都の文化芸術支援プログラム「アートにエールを!」のステージ型の助成を得て復活したもの。で、助成の条件が上演を12月31日までに行うこととなっていたために、この歳末の時期の公演になったということです。ちなみに「アートにエールを!」には配信動画を制作する個人型もあって、私が推しているユニット「昭和とらいあんぐる」も参加しています(浅香唯さんのBelieve Againをカバー)。

 さて前置きはこのぐらいにして、「お伽の棺2020」の話。あらすじは扉座のサイトで確認できますので見ていただければと思いますが、私が今まで観てきた扉座の芝居の中でもっともシリアスな内容でした。嘘偽りを語らないことという掟のある村で、ひとつの嘘がまた次なる嘘を生むという展開。純朴な男は嘘をつき続けることに苦しみ、ついに知人に真実を話すも、それは村にとって都合が悪いと、さらなる嘘を強いられる。まるで今大きな問題となっている国会議員の虚偽答弁を彷彿とさせるかのよう。初演は94年なので今の政治を意識して書かれた作品ではありませんが、なんというタイミングでの上演かと思いました。そして、嘘偽りを語らないことという掟の理由がまたあっと驚く内容なんですね。上の目を盗んで不正を働くために正直さで信用を得ようという矛盾。主宰の横内謙介さんらしい、重層的な内容で、正直とは何か、嘘とは何かということを考えさせれた芝居でした。結局、嘘というのは何かを守るためにすること。その守る対象が何かが問題。。。

 シリアスな内容を一層引き立たせるのが演出と舞台の効果。演者はたった4人。蝋燭の光と尺八の生演奏の中で繰り広げられる濃密な芝居。効果音は演者みずからラジオドラマ用の器具で作り出していました。幽玄な世界という感じで、これも初体験でした。

 どーんと重かったけど、観て良かった作品でした。これにて今年の観劇納め。来年、音楽や演劇の公演を取り巻く環境が少しでも良くなることを願わずにはいられません。

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

午前0時の歌謡祭「河合奈保子meets筒美京平」後篇を聴く

 前週に引き続き、28日0:00からの1時間(27日深夜)、FMおだわら「午前0時の歌謡祭~デビュー40周年!河合奈保子meets筒美京平」の後篇が放送されました。

 いやあ、アツイ放送でした!
 後篇はリクエスト人気上位曲を集めて、とのことでしたが、B面曲・アルバム曲が続々登場。今回は筒美京平さんの作曲しばりですのでシングルA面曲に限りがあるという背景もありますが、これだけ幅広くリクエストがあったというのは、さまざまなタイプの曲それぞれに魅力があるということですよね。ちなみにリクエストの人気ベスト3は
 1位:エスカレーション
 2位:モスクワ・トワイライト(アルバム「さよなら物語」)
 3位:唇のプライバシー
とのことでした。これは安定の3曲という感じですね。そして3曲とも吠え系!奈保子さんの「ターボがかかったような」と評される声のドライブ感が生きる曲ですねえ。私は「さよなら物語」の哀愁を感じさせる歌唱も吠え系も好き♪この多様な歌いこなしが奈保子さんの魅力だと思います。

 前週に引き続きリクエストのコメントは想いがこもっているものが多く、いきおい長文のものも(私と同じだ・・・)。奈保子さんのリイシュー作品に多数関与し河合奈保子ナイトも開催しているシャンソン歌手のソワレさんまでリクエストを寄せておられたのにはびっくりしました。20代の若い方からもリクエストがあったのも嬉しかったですね。オーガナイザーの濱口英樹さんは、進行役を離れていちファンとしての思いも少し織り交ぜたトークで当時の考察なども。デビュー40周年を、こういう形でみなさんと思いと時間が共有できたことは、とても良かったです。他のラジオではここまで出来ないでしょう。濱口さん企画いただきありがとうございました。放送がアツかっただけに、終わって虚脱感が(^^;

 解説付きの曲目は、近々番組ブログで出ると思います(←手抜き)

 前週の前篇の曲目はこちらでどうぞ!

 

| | コメント (2)

2020年12月27日 (日)

4日連続で

 河合奈保子さんの40周年記念DVD-BOX「NAOKO ETERNAL SONGS」のオリコンチャートがえらいことになってます。

デイリーの音楽DVDの動きを追うと

 2020.12.22付(23日発表)10位
 2020.12.23付(24日発表)10位
 2020.12.24付(25日発表) 7位
 2020.12.25付(26日発表)10位

 なんと4日連続でトップ10入りです。今どきのグループアイドルなどの強力盤が出ているなかで、大健闘ですね。というか、奈保子さんよりも上位にいるのはほとんどグループかユニットですから「出演一人あたり」にしたら上回っているものがあるかもしれないし(微笑)

 

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

タワレコ新宿の特設コーナー

 というわけで、河合奈保子さんのデビュー40周年記念DVD-BOX「NAOKO ETERNAL SONGS」を予約したタワーレコード新宿店で引き取ってきました。結構大きなパッケージですネ。特典の「NO MUSIC,NO IDLE?」ポスターも頂きました。

 予約の受け取りは7Fレジカウンターですが、当然8Fの特設コーナーは見逃せません。その足で8Fへ。

Tower_shinjuku

 こんな感じです。(レジ係に撮影と掲載を了承いただいています)

 8F下りエスカレーター前が特設コーナー用のスペースですが、今回そのスペースは本田美奈子さんと中山美穂さんに譲って、柱を隔てた店内側に奈保子さんのコーナーが出来てました。このスペースは映像ディスプレイは常設されておらず、今回は臨時に小さいものが置かれていますが、4:3画面なのに両脇に黒帯が出てしまって縦長画像になっているのが少々残念かな(^^; でも、店内からエスカレータへ向かう動線で必然的に目につくので、場所的にはかえって良い感じ。「NAOKO ETERNAL SONGS」の商品パッケージは高額だからか特殊サイスだからか本物は置かれておらず、通常DVDケースにパッケージ画像を貼り付けた見本盤が陳列されています。それでも壮観ですね。ベスト盤やアルバム作品のCDも合わせて置いてあります。他にもエレベータ側の昭和アイドルコーナーやJ-POPのか行棚でも奈保子さんのCDが面陳で大展開されていて、なかなか見応えあります。

 告知のあったパネル展というのは柱の手前にある写真パネルのことで、全部で6点の写真。これだけを目当てに来店するとアレ?な感じかもしれませんが、特設コーナーの一部として眺めていただければ楽しめると思います。なにより、ここまで展開してくださるのですからありがたいことです。

 そうそう、オリコンの音楽DVDデイリーランキングは12月23日付(24日発表)も前日に引き続き10位!大健闘です。

| | コメント (2)

2020年12月23日 (水)

「NAOKO ETERNAL SONGS」ついに発売

 河合奈保子さんのデビュー40周年記念DVD-BOX「NAOKO ETERNAL SONGS」がついにきょう12月23日、発売されました!

 日曜深夜に奈保子さんの特集を放送した「午前0時の歌謡祭」のオーガナイザー濱口英樹さんのツイッター情報で知ったのですが、オリコンの音楽DVDデイリーランキング12月22日付 で初登場10位!ご本人の具体的な活動もなくプロモーションもネットニュースと動画サイトでのダイジェスト公開ぐらいという中でこれだけの初動ってすごいですよね。みなさん待ってたんですね。

 ということですでに手にした人も多いようで、ネットでは、さっそく喜びの声を上げているのを見かけます。私はというと、まだ入手してません。通販に心をひかれつつも、様子見で予約を保留していたところに、以前お伝えしたとおりタワーレコードのタイアップ企画と新宿店のパネル展の情報が入ったので、タワレコ新宿店に予約を入れました。で、タワレコは明日から会員のポイント還元率アップキャンペーンが始まるので、受取は明日以降に。定価で買うのですからポイントぐらいは有効にゲットしたいなと(^^;

 そうそう、パネル展といえば、本館トップページにも記載しましたが大阪でも急遽開催が決定し、すでに22日から始まってるそうです。大阪はタワレコではなく、Joshin日本橋店。以前はディスクピア日本橋が大人の品ぞろえで有名でしたが、移転統合したそうで。日本橋というよりは恵美須町ですね。近郊の方はぜひどうぞ。

| | コメント (2)

2020年12月21日 (月)

午前0時の歌謡祭「河合奈保子meets筒美京平」前篇を聴く

 かねて予告のとおり21日0:00からの1時間(20日深夜)、FMおだわら「午前0時の歌謡祭~デビュー40周年!河合奈保子meets筒美京平」の前篇が放送されました。

 いうまでもなく、楽しかったです(^^)。なにせ番組は奈保子さんのことを「永遠のミューズ」と公言する濱口英樹さんの責任編集ですから、構成も万全。前篇はシングル曲も紹介しつつ、アルバム「さよなら物語」「スターダスト・ガーデン」収録曲が多め、そしてライブ音源の使用もあり、筒美さんの音作りの幅広さと奈保子さんの多面的な魅力を明らかにした内容だったと思います。特に一部ライブ音源を選択したところは「ライブこそ奈保子さんの真骨頂」と考える濱口さんならではかと。

 リクエストメッセージも思い入れの深さを感じさせるものが多かったですね。幸いにも私が送ったものも読まれたのですが、ちょっと文章が長すぎましたね。肝心の曲がBGMに回ってしまいました(^^; 濱口さん自身も、進行役とはいえ愛を感じるコメントで、プロフィール資料読んで付け焼刃でやる人と違って、わかってる人が進行すると心地よいです。

 で、流れた曲は?というのは、しばらくすると番組サイトに出ると思いますので(^^; メモまで手が回りませんでした。

 さて27日深夜24時からの後篇は、今回寄せられたリクエストの人気上位曲を集めたものになるそうです。ということは、リクエスト送ったけど曲が流れなかったという方、来週にご期待いただければと。再掲ですが、聴取方法は番組サイトでご確認ください。

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

発売まであと1週間!

 河合奈保子さんの40周年記念DVD-BOX「NAOKO ETERNAL SONGS」発売まであと1週間に迫りました。

 この間、コロムビアからは公式YouTubeでスポット映像や各ディスクのダイジェスト映像が約1週間ごとに公開されていて、気分を盛り上げています。

『NAOKO ETERNAL SONGS』SPOT
「Naoko in ザ・ベストテン」ダイジェスト
「Naoko on TV」ダイジェスト
「Naoko in 8時だョ!全員集合」ダイジェスト

 これを見る限り、バックの「曇りガラス」はないので、すっきり楽しめそう♪

 また、音楽プロデューサーの佐藤剛さんが、見本版?を見たらしく、その感想をネットのコラムに綴っておられます。

全部で113テイク、4時間53分にもおよぶ河合奈保子のDVDを観て、アーティストの輝きを発見できた喜び。(WHAT's IN? tokyo)

 これ素敵な文章ですね。比べるのはおこがましいですが、私が2002年にDVD-BOX「Pure Moments」を衝動買いして奈保子さんを再発見したときのことを思い出したりしました。私は曲はある程度知ってましたけど、感覚的には似ているところがあろうかと。そしてDVD化を手掛けられたTBSの担当の方も素敵な方であることが垣間見える記述もありますね。思いを込めて制作していただいたようで、ありがたいです。

 そんなわけで楽しみな1週間後ですが、ふとあることに気づきまして。

 「THROUGH THE WINDOW」が収録されてないんですよね。ザ・ベストテンにはランクインしていたと思いますが。。。

 ということはあれかな、外国曲のカバーということで権利関係が難しかったのでしょうかね。ライブビデオの復刻では普通に収録されてますが、初めから商品化前提のものとそうでないものでは差があるのかなあ。。。

 そうそう、扉座の「ドラマチック・リーディング」公演を観たついでに、タワーレコード新宿店を偵察してきたのですが、8Fエレベータ側に「昭和アイドルコーナー」が出来ていて、奈保子さんが松田聖子さん、中森明菜さんと同等の陳列面積を有していたことを報告しておきます。


 

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

劇団扉座の「ドラマチック・リーディング」を聴く?

 劇団扉座が12月5日から13日まで「10Knocks ~その扉を叩き続けろ~」という公演をを新宿・紀伊國屋ホール上演しました。これまでに上演してきた作品の中から10作を選んで「ドラマチック・リーディング」により日替わりで上演するというもので「扉座40周年記念☆withコロナ緊急前倒し企画」という肩書がついてます。緊急前倒しというのは、もともと予定していた企画を前倒ししたという意ではなく、扉座の創立が1982年なので「40周年記念」を前倒しにした、ということだそうで。演劇界も新型コロナの大きな影響を受けていますが、そんななかで出来ることは何かを考えた結果、生まれた企画とのこと。

 ドラマチック・リーディングとは何だろう?と思いつつ、私は12日の公演に行きました。この日は昼夜2公演でしたので、両方とも。いままでクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」でコンサートのハシゴはしていますが、演劇のハシゴは初めて。

 で、リーディングという言葉からは、マイクの前で役者さんが台本を繰りながらセリフを言う放送劇(ラジオドラマ)をイメージしてたのですが、全く違いました。確かに役者さんは台本を手にしていて、状況説明(ト書き)の語りもあるのですが、ステージにセットが組んであって、衣装も着けていて、それになにより役者が動く動く。進行に応じて立ち位置(座り位置)を変え、場面によっては台本を離して演技といっていいパフォーマンスを繰り出し、照明効果もある。感覚としてはかなり演劇に近いもので、目をつぶって耳だけの世界に浸るか、なんてことは全くできず、ステージにくぎ付けに。これはもう聴くではなく観るです。

 12日の昼公演は「愚者には見えないラ・マンチャの王様の裸」。
 これは「裸の王様」をモチーフの一つにしたもの。目に見えるものだけが真実なのか、見えないものに真実はないのかということを問いかけるような物語。重層的な筋書きで、人間の醜さ、弱さをガツンと描いていて、重いと言えば重い。それでも希望を感じさせる終わり方だったのは扉座らしいなと。岡森諦さんと有馬自由さんの絶妙な掛け合い、とぼけた味を出した客演の菊池均也さん、良かったですねえ。客演の林田尚親さんのパントマイムも絶品でした。客演の七味まゆ味さんは「美しいものにトゲがある」という感じでちょっと怖かったな(←あくまで役の話です)

 夜公演は「アゲイン-怪人二十面相の優しい夜」
 これはそのものずばり怪人二十面相がモチーフで、昼とは対照的にエンタメに徹した内容。老いぼれてしまった怪人二十面相を元気にするため、手下が元・少年探偵団を拉致してきて対決させようという(笑)。上演中に笑いと拍手が何度も起きていました。怪人二十面相役の山中崇史さん、かっこよかったですね。対峙する明智小五郎役の三浦修平さんも若手ながらかっこいい。この二人はほとんど動いてましたね。そしてコミカルに動きまわっていた小林少年役の鈴木利典さんに場内沸いてました。この作品はリーディングというよりはほぼ演劇でしたね。

 演劇の力、そして扉座の底力を感じた一日でした。そして扉座観劇歴9年の私にとっては、それ以前の作品にこういった形でも触れることができたのは嬉しかったです。演劇人が気兼ねなく演じられる日が早く戻りますように。

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

タワレコも遅ればせながら

 河合奈保子さんの40周年記念DVD-BOX「NAOKO ETERNAL SONGS」の発売まであと2週間を切りました。以前、主な通販サイトでの予約受付状況を比較したときに、タワーレコードは特典なしの定価売りで、もう少しがんばって欲しいなあ、と綴ったのですが、きょう11日になって新たな発表が♪

・「NO MUSIC,NO IDOL?」のキャラクターに奈保子さんが決定
・コラボビジュアル(ポスター)制作
・対象12店舗での購入でポスタープレゼント(先着,予約優先)
・通販(オンライン)での購入には同デザインのポストカードプレゼント(先着,予約優先)
・新宿店でパネル展開催決定

 詳細はタワレコのサイトで確認を。
 「NO MUSIC,NO IDOL?」の詳細はこちら
 新宿店のパネル展はこちら

 うーん、やってくれますね。後だしだけど(^^;
 新宿店はもはや恒例?のパネル展ということで、グッズの展示はなさそうですが売場が華やかになりそうです。

 ちなみに、同日は本田美奈子さんの35周年記念のコンプリートアルバムBOX(ただしコロムビアから発売されたクラシカルクロスオーバー作品は含まれず...)も発売だそうで、同様に「NO MUSIC,NO IDOL?」企画でポスターとポストカードの特典があるとのこと。ポスターは店内にも貼られるのでしょうから、80年代の実力派の二人が店内で競演することになりますね。機会があれば店舗も覗いてみてはいかがでしょう。

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

79年

 今年は戦後75年です。戦後というからには戦の始まりがあり、12月8日は対米英戦を始めた日から79年でした。終戦(敗戦)に比べると顧みられることが少ないように感じる開戦ですが、始まりを顧みることも重要なことだと思います。当時、37年に始めた日中戦争が5年目に入り泥沼化していながら、国民の多くが対米英開戦の報に高揚したとも言われていますが、なぜそうだったのか。戦後が戦後であり続けるためには、そこに思いを致すことが必要かと思います。好きな音楽を自由に聴ける世の中であるために。

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

今月の「午前0時の歌謡祭」が特別編成に

 FMおだわら「午前0時の歌謡祭」の今月のテーマが『デビュー40周年! 河合奈保子 meets 筒美京平』となったことはすでにお伝えしましたが、放送が特別編成に変更されることがきのう発表されました。通常編成では第3週が本放送、第4週は再放送ですが、第4週の再放送枠を転用して前篇・後篇の2週連続放送に。つまり放送時間が2倍になります!

 オーガナイザーの濱口英樹さんの発表によると、過去の河合奈保子特集を上回るリクエストメールが届いたそうで、予定を変更して特別編成にしたとのこと。まさにリスナーの力ですね。

 ということで、放送日時は次の通りになります。

・前篇:2020年12月20日(日)24:00~25:00
・後篇:2020年12月27日(日)24:00~25:00

 放送時間が2倍になる代わりに再放送はないのでお聞き逃しなく。このあたりはradikoタイムフリーで聞き逃しが聞ける一般FM局とは違いますが、パソコンで留守録ができるフリーソフトもありますので、リアルタイム聴取が難しい方や寝落ちが心配な方は活用されてみてはいかがでしょうか。ちなみに私は「らじれこ」を使ってます。(導入は各自の判断でお願いします)
 聴取方法は番組サイトでご確認ください。

 ツイッター実況も盛り上がりそうですね。ツイッターアカウントをお持ちの方はハッシュタグ #0時歌謡 でツイートをどうぞ。

| | コメント (4)

2020年12月 1日 (火)

町あかりさんが絶賛!

 平成生まれのシンガーソングライターにして昭和歌謡を愛好する町あかりさん。昭和歌謡っぽいオリジナルや昭和歌謡のカバーを歌ったりしていますが、「TVガイド」に昭和の音楽番組を紹介する連載で「レッツゴーヤング」を取り上げています。

 「ああ憧れの昭和歌謡TV」 第3回「レッツゴーヤング(1982年10月3日放送回)

 読んでいただければわかりますが、この中で河合奈保子さんをベタ褒め♪視聴した回の中で「けんかをやめて」を歌った奈保子さんに最も感動したとし、「レコード音源を超えてくるような表現力に脱帽」したとも。奈保子さんの大きな魅力であり真骨頂といってもいい「ライブの歌唱のすばらしさ」を的確に捉えていて、ちゃんと平成生まれにも伝わるんだなあと嬉しくなります。町あかりさんの同世代への影響力がどのぐらいのものかは何とも言えませんが、こうして発信してくださることで少しでも伝わってくれたらなあと。CS放送ではありますが今月の視聴機会も紹介されているので、視聴機会のある方は「見て納得」できるのではと思います。

 

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »