« 尾崎亜美コンサート2020(東京) | トップページ | 河合神社を参拝 »

2020年9月20日 (日)

尾崎亜美コンサート2020(京都)

 9月18日は京都・烏丸一条の府民ホール・アルティで「尾崎亜美コンサート2020」を観てきました。私は過去に四条寺町の都雅都雅とか岡崎公園の京都会館で亜美さんのライブを観ていますが、ここは初めて。それもそのはず亜美さんも初めてとのことでした。ここは東京公演の会場とは違い公共ホールなのでドリンクは付きません(^^) 

 コンサートの詳細はまだ千葉公演が残っているので伏せときます。先週の東京公演と同様周辺情報と雰囲気だけ。
 入場時の対応は東京とほぼ同様。サーモグラフィーで検温があり、席番・氏名・住所・電話番号を記載した用紙を提出しましたが、体調に関する問診項目はありませんでした。係員はマスク着用でしたがフェイスシールドまではせず。このあたりはプロモーターやハコの考え方の違いですかね。東京の物々しさよりは少し柔らかい感じがしました。

 観客に対しての諸注意としては、マスク着用、公演中に声を出したり座席を移動したり立ち上がるのはNGなど。東京ほど事細かではなかったかな。座席配置は東京と同様で市松模様でした。

 京都は亜美さんの出身地ですが長らくソロコンサートがなく、数年前からやりたいとリクエストを出し続けてようやく叶ったとのこと。それもこの新型コロナ禍で出来るかどうか気をもむ状態で、出来ることになったときに本当に嬉しかったと話していました。客席には高校時代の軽音楽部の仲間などもいらしたそうで、先週の東京とはまた違う、より温かなコンサートになりました。亜美さんのトークが換気対策の関係もあって多めだったのですが(歌ってないときは扉を開放していたらしい)、京都時代の話題も多くて客席の笑いの反応も東京より多めだったかな。そして客席に「京都で歌ってくれてありがとう We Love AMII」なんて横断幕が出たりとか、ジャニーズやK-POPのファンがやるようなメッセージ付きの団扇を掲げたりとか。諸注意の制約で声援が送れないなか、亜美さんにメッセージを伝えたいということだと思いますが、こんな光景を見たのは初めてでした。横断幕を見た亜美さんは「そんなん出されたら泣くやん」と言いつつ、目じりに指をあててました。

 東京はフルバンドの豪華編成でしたが、京都はギターとベースのみ従えた、亜美さんの言うところの「水戸黄門スタイル」。でも、これはこれで3人のアンサンブルが心地よかったです。それに東京にはなかったグランドピアノ、それもスタインウェイでの演奏もあったし。やっぱり響きが違いますよね(^^)。雰囲気も含めいいコンサートでした。

<曲目>(9/27追記)
1.VOICE
2.マイ・ピュア・レディ
3.春の予感
4.冥想
5.シーソー
6.Scarborough Fair
7.Penny Lane *1
8.Spinning Wheel
 (メンバープロフィール紹介)
 (休憩15分)
9.私がいる
10.泣きたいような気分で
11.伝説の少女
12.天使のウィンク
13.Smile
14.オリビアを聴きながら
15.スープ

en1.Lady Madonna
en2.Prism Train
en3.手をつないでいて

*1 リードVo:小原礼

 

<ミュージシャン>
尾崎亜美(Vo,Key,Pf)
是永巧一(Gt)
小原礼(Bs)

|

« 尾崎亜美コンサート2020(東京) | トップページ | 河合神社を参拝 »

音楽」カテゴリの記事

尾崎亜美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾崎亜美コンサート2020(東京) | トップページ | 河合神社を参拝 »