« 75年、だからではなく | トップページ | 他人事ではなく »

2020年8月 8日 (土)

臼井孝さんの「拡げる」取り組み

 音楽マーケットアナリストの臼井孝さんといえば河合奈保子ファンにとっては2000年代の奈保子さんのリイシューにかかわった方として認識されていることと思いますが、「音楽を届ける」ために地道に紙媒体やネットで地道に執筆活動も続けておられます。もちろんそれは仕事なので守備範囲を広く扱っているのですが、そのなかでも時おり奈保子さんのことも取り上げてくれたりします。

 そんな臼井さんの最近の奈保子さん関連の記事をご紹介。

【1】Re:minder
 河合奈保子「涙のハリウッド」あえてキラキラポップスに挑んだ隠れた名曲

 当時の音楽ランキング的にはおとなしい曲ですが、記録より記憶の曲として楽曲や歌唱の魅力を語っています。

【2】週刊女性PRIME
 河合奈保子&柏原芳恵デビュー40周年、4つの共通点と同期・松田聖子にない「実績」

 契約しているdマガジンで週刊女性を読んだら出ていなかったのでネット限定記事なのかな?同期と比べて取り上げられることが少ないけれど、実力派であり「実績」も残していることを指摘し、キャラクターの魅力も紹介しています。

 

 どちらも、ファンの視線もあるていど意識はしているとは思いますが、ファンではない一般リスナーに向けて伝えようとしている記事になっています。それも週刊誌などにありがちな「釣り」の要素なしで。音楽を主軸に地道に拡げたいという思いには頭が下がります。これを読んだ一般リスナーが「おっ」と思って奈保子さんの音楽に触れてくれたらいいな。
 もちろんファンが読んでも「そうだよね」とうなずきながら楽しく読めると思います!特に週刊女性PREIMEはめったに取り上げられない写真が豊富で(なぜか結婚、出産会見のときの写真多し!)、太っ腹にも保存が可能ですので(微笑)ぜひどうぞ。

|

« 75年、だからではなく | トップページ | 他人事ではなく »

音楽」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

MARUさん、ご紹介有難うございます。

自分でまとめていて、85年の紅白を最終的に笑顔で乗り切り、以降、一切コメントしなかったのは、プロ意識と人間性の双方の気高さがないとできないことだと改めて思いました。

Yahoo!ニュースのコメントをざっくり読むと、音楽的な高評価のものが大半で、これはこれで有意義だったと思っています(水着ネタの時は、水着コメントばかりなので。それも魅力だとはわかっていますが)。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 臼井孝/T2U音楽研究所 | 2020年8月11日 (火) 17:00

■臼井孝さん
いらっしゃいませ。
直々のお出ましありがとうございます。
NHK紅白の件は、確かにおっしゃるとおりかなと感じます。ただ、それに「男性歌手」が甘えていないだろうか、ということも思ってしまいます。それと、近年週刊誌に載る「紅白事件簿」的な読み物では、シブがき隊の構成員が滑ったことしか書かれていません。最大の被害である奈保子さんへの歌唱妨害がなかったことにされるのは納得できないので、今回きちんと(歌手名は伏せたとしても)事実を書いてくださったことは有意義だったと思っています。歴史修正主義を排し正しく伝えたいですね。

投稿: MARU | 2020年8月12日 (水) 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 75年、だからではなく | トップページ | 他人事ではなく »