« 6月を振り返って | トップページ | PetitMOAパリ祭2020 »

2020年7月12日 (日)

歌謡スクランブルを聴く

 いささか遅すぎの感はありますが、7月6日放送のNHK-FM「歌謡スクランブル」を録音しておいたものをこの週末に聴きました。

 前半の「プレイバック80年代」はヒット曲をジャンルにとらわれずに選曲していて、当時の歌番組やランキング番組の趣ですね。流れてくるのは知っている曲ばかり。こういうのは心地よいですね。

 そして後半は河合奈保子特集。いちおう曲目を書き出しておきます。

1.大きな森の小さなお家
2.スマイル・フォー・ミー
3.ラブレター
4.夏のヒロイン
5.エスカレーション
6.UNバランス
7.MANHATTAN JOKE
8.けんかをやめて

 ちなみに使用音源は番組ホームページによるとすべて「JEWEL BOX」でした。

 この曲数で「MANHATTAN JOKE」が選ばれるのは珍しいほうかなと思います。「けんかをやめて」は発売順なら「夏のヒロイン」の次になるところですが、1~4をメジャーのアイドルポップス、5~7を吠え系のアッパーチューンとしてコントラストの対比をさせ、ラストをバラードでしっとり締めるという狙いなのかなと思いました。であればバラードは「ハーフムーン・セレナーデ」とか「十六夜物語」で締めて欲しかったなあとも思いますが、曲数が限られる中で世間的な代表曲は外せないということなんでしょうね。

 プロフィールは、特集の始めでデビューまでのこと、終わりのほうでデビュー後のことという二段構えでの紹介。曲は自作期までたどり着きませんでしたが「作詞作曲を手掛けるようになり」と紹介してくれたのでよしとしましょうか。NHKホールでの転落事故(81年)に触れたり、現在豪州で暮らしていることを紹介しているのはNHKとしては珍しい気がします。

 曲を聴くならCDのほうが高音質ですが、ラジオには音質を超えた満足感があります。多くの方がこれを聴いているというのがね、嬉しいんです。これを機に思い出してくれたり、かわいいだけじゃない歌唱の魅力を再発見してくれる人が少しでもいたら・・・なんて思います。

|

« 6月を振り返って | トップページ | PetitMOAパリ祭2020 »

ラジオ」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月を振り返って | トップページ | PetitMOAパリ祭2020 »