« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月22日 (金)

奈保子さん好きのお宅拝見

 河合奈保子さんの過去の出演番組を地上波テレビジョンで見かけることはめったになくなってしまったのですが、5月20日は意外な形で新聞のラテ欄に「河合奈保子」の文字が。

テレビ東京系「家ついていってイイですか」の番組欄に

▽河合奈保子&フミヤ
80年代!大好き29才

と出ておりました。

 これは!ということで録画しておいたのですが、登場したのはなかなかアツイ方。
 玄関ドアにいきなり奈保子さんのポスター(82~3年頃?)。「80年代アイドルでは特に好きなのが奈保子さん」と明言してました。「音楽的側面から良いと思った」と話していたのがまたいいですね。音楽も好きだし容姿もすごくきれいだと。
 他にも写っていたのが「Members Only」発売告知ポスター。そして取り出して見せてくれたのが1stアルバム「LOVE」のレコードジャケット。
 あくまで80年代カルチャー全般が大好きな中でアイドルでは、という形ですが、しっかり音楽のことにも言及していただいてありがたい限りです。

 ハロプロにはまって音楽のルーツをたどったら歌謡曲に行き着いて80年代にはまったという流れだそうで、やはり先入観なく奈保子さんの音楽を聴けば良さがわかるのだなあと改めて思ったのでした。この番組を見て気づいてくれる方が増えると嬉しいなと思います。

 ちょいと気になったのが、コーナー冒頭に出た画面右上のテロップ

 フミヤ・キョンキョン・河合奈保子
 楽しすぎる家

 VTR中、写真がワンカットしか出てこないお二人の名が先に出てくるというのが、奈保子さんの位置づけを冷徹に示していますが、やはりラテ欄のように当人の熱量のある順番で書いて欲しかったなと思ったりします。細かすぎますかね。

| | コメント (2)

2020年5月13日 (水)

「スポットライト」のクラウドファンディング

 いま新型コロナウイルスの影響で休業を余儀なくされているライブハウスやバーはどこも苦境です。そんな状況で、福岡と東京に4店舗ある歌謡曲バー「スポットライト」が店舗存続のためのクラウドファンディングを募っています。

 どこも苦しい中でここを取り上げるのは、2015年から16年にかけ天神店のことについて当店のお便り広場にナベチャンさんから投稿を頂いたことと、お店のオーナーが河合奈保子ファンであるということによります。実はお便りをいただいた後、2017年に福岡へ旅行したときにスポットライト天神店に伺い、奈保子さんや尾崎亜美さんのなどの曲をリクエストし、また運よくオーナーともお会いできて少しお話もさせていだきました。お客さん同士とも気さくにお話しできるような良い雰囲気でしたし、つまみも美味しかったです(^^) 

 こうしたお店が早く通常営業ができる世の中になることを願い、それまで持ちこたえてほしいと思います。というか、本来は自粛と補償はセットであるべきですが。

スポットライト天神店のサイト

クラウドファンディングサイト(CAMPFIRE)
歌謡曲の灯を守る!スポットライト&SPOTLIGHT J 店舗存続ご支援のお願い

 

 ***

 何かというとライブハウスや夜の飲食店が感染拡大に関して名指しで取りざたされていますが、いまや感染者集団を生む最大のスポットは病院や高齢者施設なんですよねえ。。。

| | コメント (2)

2020年5月 9日 (土)

プレイバック!丸の内GWミュージックフェスティバル

 ちょうど1週間前に、オンラインで開催された丸の内GWミュージックフェスティバルのことを綴りましたが、3日間の配信内容のほとんどがYouTubeのピティナ ピアノチャンネル PTNAで公開されました。こうした企画はオンタイムで視聴したほうが演奏家や多くの視聴者と同じ時間を共有している感覚から気分がアガるものですが、あとから見返すと当日の感動がよみがえってきて、これはこれで良いものですね。当日ご覧にならなかった方も少し覗いてみてはいかがでしょう。

開催日別の通し動画はこちら

【ライブ】丸の内GWミュージックフェスティバル2020

 

各コーナー別の動画はこちら

丸の内GWミュージックフェスティバル2020オンライン企画

 

個人的に特に印象に残ったコーナーを挙げてみます。

【5月2日】

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
 4人のリモートアンサンブルが決まってます。

「ズーラシアンブラス」
 子どもが喜びそうな動物のコスプレオーケストラ。

【5月3日】

「ガチャピン・ムックの楽器で遊ぼう」
 あのムックがピアノをバリバリ演奏。

「赤×黒デュオ 魅惑のアンサンブル」
 ホルストの惑星から「ジュピター」のリモートアンサンブルが素晴らしい!

【5月4日】

「ブリリアント・ピアニスト」
 15歳のピアニストが登場!すばらしい才能。

「おうちから 学校クラスコンサート」
 アクロバティックなピアノ連弾が見事。

「小原孝 ファーストYouTubeライブ」
 ラヴェルの「ボレロ」をソロピアノで迫力の演奏!

 

みなさんも、いろいろ聴いてみてお気に入りを見つけてくださればと思います。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

檻の中のライオン

 きょう5月3日は憲法記念日でした。

 国家権力が「ライオン」なら、ライオンが暴れないようにする「檻」が憲法である、というたとえ話で立憲主義を解説する本があります。

 「檻の中のライオン」 かもがわ出版

 エッセンスがわかるインタビュー記事はこちら。

 「クイズです。憲法を守らなければいけないのは、誰でしょう?」
 ――『檻の中のライオン』の楾(はんどう)先生に聞く
 ~KOKOCARA

 新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う政策が日常生活を初め社会全般に大きな影響を及ぼす今、改めて憲法とは、立憲主義とは何かを考えたいと思います。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

今年の大型連休はオンラインでクラシック

 きょう5月2日は、本当なら大型連休恒例のクラシックフェス「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」の開幕日のはずでした。

 しかし新型コロナウイルスのために中止に。。。毎年通っていたイベントがなくなったことで心に大きな穴が空いた感じだったのですが、オンラインの音楽イベントが今日からあることを知り、視聴してみました。

 丸の内GWミュージックフェスティバル2020

 演奏家はみな自宅からオンラインで参加。ソロの演奏は生配信、アンサンブル演奏は事前に個別収録したものを編集して送出という形でしたが、若手の演奏家が次々登場して演奏していく様は、ラ・フォル・ジュルネTOKYOの開催期間中に東京国際フォーラム周辺で行われる観覧無料の「エリアコンサート」をオンライン化したような感じでした。

 自宅からはスマートフォンから配信しているようで音質はそれなり。回線状況なのか音が途切れたりすることもありましたが、あらゆるイベントが無くなった今、音楽が今できることを考え、実行されたということに意味があると思うし、ラ・フォル・ジュルネTOKYOの香りが感じられて嬉しかったです。今年は「何がGWだよ」と思ってたのですが、心が安らぎました。やっぱり音楽っていいですね。

 フェスティバルは4日まで続きますので、みなさんも如何でしょうか。

 * *

 そうそう、音楽といえば。

 FMおだわら「まいのアイドルメモリーズ」4月30日放送回は秋元康作品特集でしたが、河合奈保子さんの「恋のハレーション」が流れました。B面曲がラジオから流れることは滅多にないので嬉しかったですね。まあ私がリクエストしたんですが(^^)。MCのいまのまいさんは「爽やかなお嬢さんのイメージの奈保子さんにはA面の「エスカレーション」よりもこちらのほうが合っていた」という趣旨のコメントがありましたが、当時リアルでファンだった方も同じ思いだったかもしれませんね。

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

メーデー100周年

 きょう5月1日はメーデーでした。日本で最初のメーデーが1920年で、今年が100周年。

 近年の日本のメーデーは祭典色が濃くなっていますが、もとは8時間労働制を実現する行動の日として始まったそうで、労働者の権利を訴える日とされています。先進国では労働者の日として祝日になっている国も多いそうですが、日本は大型連休期間に含まれるものの平日。「勤労感謝の日」はありますが、旧憲法の時代にあった稲の収穫を祝う祭日「新嘗祭」を敗戦後、看板を掛け替えたもので労働者の日とは様相が異なります。

 新型コロナウイルスの影響が拡がる今、労働者の権利を護り向上していくことの意義を改めて確認したいものです。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »