« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月29日 (水)

別番組で流れていました

 前回NHKラジオ第一「らじるラボ」の企画「FMリクエストアワーリターンズ」を紹介しましたが、きょう4月29日の「ライブ盤特集」に河合奈保子さんのリクエストを出したもののサクッとスルーという結果でした。まあ本来の放送時間帯のうち2時間が国会中継に振り替えられてしまいましたし(新型コロナウイルス対策の補正予算案の審議なのでこれはこれで重要ですが)、ゲストの徳田章アナのリクエスト分もあったりでリスナーのリクエスト曲数がそんなに多くなかったですし。リクエスト自体は多数あったようで、またやりましょうみたいな話になりましたが、さてどうなりますか。

 というわけで、残念でした・・・で終わるところだったのですが、尾崎亜美ファン筋からの情報で、神奈川のRFラジオ日本(AM1422/FM92.4)で放送されている「クリス松村のいい音楽あります」でライブ盤特集があり奈保子さんの曲が流れていた、とのことなので、radikoのタイムフリーで聴いてみました。

 放送されたのは4月26日。こちらはリクエストではなく全てクリスさんの選曲ですが、新型コロナウイルスの影響でライブがなくなってしまっている今、ライブ音源を届けたいという趣旨はらじるラボと同じですね。奈保子さんのライブ音源は1曲目で登場。流れたのは88年のバースデーライブ「NAOKO THANKSGIVING PARTY」から「エスカレーション」でした。のっけから激しい選曲(笑)。この頃のバースデーライブは多少ラフになってもノリ優先といった感じの歌唱ですが、それが派手な演奏と相まってライブ感を増幅させてますね。コロナでどんよりした空気を蹴散らしたいという思いも伝わる選曲でした。

 その後もいわゆるアイドル歌手のライブ音源が3曲ぐらいずつ続けて流されていくのですが、クロスフェードでつないでいるので、あたかも同じステージに歌手が次々に登場しているような感覚がなかなか新鮮でした。実際にこんなステージがあったら豪華だろうなあ。珍しい音源も入れてきたりでクリスさんいい仕事してるなあ。

 ということで、タイムフリーはまだ聴けますので(5月3日まで)、お聴きになってみては。関東以外の方はプレミアム会員(月額税別350円)に登録すればエリアフリーとなり聴くことができます。

 

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

これはリクエストのチャンスか

 NHKラジオ第一は4月の番組改編で平日の午前中は「らじるラボ」という新番組に変わりました。私はこの時間、家にいるとしたら民放ラジオを聴いているのでこの新番組をまだ聴いてないのですが(^^; FMリクエストアワーリターンズという企画が番組内にあり、4月29日(祝)は「ライブ盤特集」なんだそうです。

 らじるラボの番組ページ

 「コンサートに行けない今だからこそ聴きたいライブ盤の1曲」のリクエストを募っているということで、これは河合奈保子さんのライブ盤もリクエスト対象になるのかなと。奈保子さんはライブの歌唱こそ真骨頂と思っているのですが、ふだんラジオから流れることのないライブ音源をリクエストするチャンス。もっとも、奈保子さんの場合「今だからこそ」ではなく25年間ずっとコンサートに行けない状態のですが。。。

 加えて、放送協会のレコード室にライブ盤があるのかどうかが、一番問題ではあります。「JEWEL BOX」はあることを確認しているのですが・・・ 

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

アーティストの音楽演奏配信が次々

 新型コロナウイルス禍の影響で演奏する場がなくなってしまった音楽アーティストが、インターネットで演奏を配信する動きが出ています。

 そんな中、尾崎亜美さん、小原礼さんのお二人も4月14日、YouTubeに演奏配信のチャンネルを開設しました!

 Stay Home Music 尾崎亜美 小原礼

 4月10日のラジオ出演でも「私たち音楽家なんで、演奏してないと淋しいんですよ」と語っていた亜美さん。自宅の音楽室で演奏したものをこうして配信してくださって、ありがたい限りです。YouTubeは素人ということですが、ちゃんと編集もされてますね。公式ブログやツイッターの情報によると続々演奏しているようなので楽しみです。

 

 配信を始めたのは大物アーティストだけではありません。私が贔屓にしている、いまのまいさん率いるユニット「昭和とらいあんぐる」もYouTubeにチャンネルを開設し、これまでのライブ映像をアップし始めています。

 とらいあんぐる昭和

 80年代~95年ぐらいまでのアイドルソングを愛を持って歌うまいさんの歌唱がこうしてインターネットで聴けるのもまたありがたいです。いずれ河合奈保子さんの曲の歌唱もアップされるんじゃないかと期待。あ、リクエストすればいいのか・・・昭和とらいあんぐるでは確か「エスカレーション」「UNバランス」「疑問符」「デビュー」「MANHATTAN JOKE」「十六夜物語」・・・このあたりを歌ってるはず。

 

 イベントがなくなり、外出自粛が叫ばれ、地域によっては休業要請され、でも補償は心許ないという、いいようのない閉塞感のなか、こうして音楽で楽しませてくれるのは嬉しいなと思うと同時に、何らかの形でアーティストに還元できないかなあとも思います。本来ならステージの演奏を木戸銭払って観ているわけですから。うまい還元システムがあるといいなと思います。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

らじる☆らじるの聴き逃しサービス

 民放ラジオのIPサイマル配信サービス radiko にはタイムフリーという機能があって、放送後1週間は放送済み番組を聴くことができるのですが、NHKラジオの同様サービスである らじる☆らじる にも聴き逃しサービスが付いていることに今頃気づきました。ふだん らじる☆らじる は使わないもので。。

 きっかけは4月10日放送のラジオ第一「武内陶子のごごカフェ」。この日は尾崎亜美さんがゲスト出演するというので、愛用のラジオレコーダで留守録していたのですが、やっぱり音がしょぼいんですよね。もともと中波AM放送は音域が狭い(公称7.5kHz)のですが、ラジオ受信機のほうで混信や雑音の低減のためにさらに音域を絞っていることが多く、私の手持ちのラジオレコーダもAMは高音が全然出ないという。。。そしたらネットで「らじる☆らじるの聴き逃しがある」という情報があり、試してみたという次第。

 聴いてみたらさすがに音は良く、ラジオレコーダで聴くのとは雲泥の差。ただ、亜美さんは電話出演だったので、亜美さんの声の音質は上がりませんでしたが(微笑)。

 この日の番組はデビュー40周年・松田聖子特集で、曲提供の縁でゲスト出演したわけですが、3月から5月までのライブ予定が全て無くなってしまってお籠り生活になっている近況などを、いつもの明るい感じの声で聴けたのが良かったです。武内アナをちょっといじったりするところも亜美さんらしい(笑)。鉄板ネタの「天使のウィンク」作詞作曲の逸話ももちろん披露してましたが、私は何度も聞いている話なのでここでは割愛。どんな話か興味のある方は、ぜひ らじる☆らじる で聴いてみてください。

 https://www.nhk.or.jp/radio/

 13時台の冒頭から約20分出演しています。4月17日の15:55まで聴取可能。 スマートフォンからは、専用アプリからの聴取が便利です。

 それにしても、リアルタイムで聴取できなくても、留守録機材がなくても番組があとから聴けるとは良い時代になったものです。残念なのは聴き逃しに全番組が対応しているわけではないところですが。。。さらなる拡大に期待します。

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

最近のテレビジョンから奈保子さんの話題

 3月下旬から先週にかけては地上波テレビジョンにちょいちょい河合奈保子さんの映像が流れてきました。

 3月21日放送の日テレ系「有吉大反省会」は、昭和・平成・令和 3世代アイドル事件簿TOP30という企画でしたが、18位に奈保子さんがランクイン。人物紹介で「大きな森の小さなお家」「スマイル・フォー・ミー」「けんかをやめて」の歌唱シーンを出したあと、83年の「ザ・トップテン」で中継先の屋内プールにいた一般客が「エスカレーション」を歌う奈保子さんの目の前で派手に踊り出したハプニングが紹介されていました。この映像は以前別の番組でも既出ですし、事件というなら85年のNHK紅白歌合戦で吉川晃司氏に歌唱を妨害されたことのほうがより事件らしいぞと思ったりするのですが、同じ日テレの映像が使えたからこちらになったのでしょうかね。ただどちらにしても本人がやらかしたものではないので、そこは他のランクインした「本人やらかし事件」と比べると事件性は低いのですが(微笑)。人物紹介のナレーションで「デビューから40年経つ今もいまだ根強い人気を誇り」とあったのに、思わずうなずいてしまったのは私だけかしら。だだ「生きる伝説アイドルと呼ばれる」ってのはねえ。そんなフレーズは聞いたことないですが。

 3月29日放送のテレビ東京系「3秒聴けば誰でもわかるあなたの名曲ベスト100」。この特番シリーズは奈保子さんを入れてくれる確率が高いのですが、今回も「スマイル・フォー・ミー」が入選。誰でもわかるという切り口なので曲はこうなりますね。Bメロ以降の短い尺だったのはちょっと残念でしたが、スルーされるよりは良かったかと。この番組では80年代アイドルがまとまって紹介された時間があったのですが、奈保子さんはそこから離れて矢沢永吉さんとテレサ・テンさんの間に挟まって紹介されてたのはなぜなんだろう。アーティスト枠なんでしょうか。

 4月4日放送のフジ系「名曲!お宝音楽祭」は、実質的には田原俊彦スペシャルと番宣がメインで、合間に回顧映像を流すみたいな感じになってましたが(^^; 80年6月30日「夜のヒットスタジオ」での「大きな森の小さなお家」が出ました。これ夜ヒット初出演なんでしょうか?映像はワンコーラスまるまるではなくBメロからの短めの尺でしたが、スタジオトークでさまぁーずの三村さんが初めて握手した芸能人だったという想い出を語って絡んでくれたのは良かったかな。その手はとっても柔らかかったそうです。場所は錦糸町の駅ビルと言っていましたが、それをエルナードとも言っていていたので、土地勘のある私にとってはアレレ?状態。錦糸町駅はテルミナで、エルナードは隣の亀戸駅なんですよね。。。話の本筋には関係ありませんが。

 同時に取り上げられるほかの歌手と尺を比べたりしたらきりが無いのですが、まあこうしてちょいちょい紹介されるのは嬉しいものです。デビュー40周年に向けて回顧映像であっても露出が増えてくれたらなあと思います。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »