« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月25日 (火)

こんなところに残り香が

 先日の連休を利用して上洛しました。私の京都フリーク歴は河合奈保子ファン歴よりも長いものですから、まあ良くある観光スポットはほぼ行き尽くし、穴場的なところもかなり回っているので、明確にここに行こうというものは持たずにふらっと訪れるというパターンです。いわゆるノープラ。人出が減っているという話があったので、金閣寺が静かに見られるのか?と思って行ってみましたが、それなりに人出はありましたね。ピークよりは少ないのでしょうが。

 で、私がいまさら金閣寺のことを綴るわけもなく(笑)、道中で見かけた京都市電の残り香のことを。

 こちらは、鞍馬へ行く叡山電車の途中、宝ヶ池駅でのショット。駅のプラットホームの先に、石畳のような低いプラットホームが。
Takaragaike1
 これが何かというと、京都市電の乗降場跡なんですね。なぜ叡山電車に京都市電の乗降場があるのかというと、かつて京都市電が叡山電車に直通乗り入れしていたからです。宝ヶ池にあった市営競輪場への観客輸送のため、競輪開催日に限っての乗り入れだったそうです。郊外電車と路面電車では車両の床の高さが異なるので、このように専用の乗降場を作ったわけです。道路上を走ることが前提の路面電車は遺構は残りにくいものですが、ここは鉄道の敷地内のため今も残っています。

Takaragaike2
 こちらは向きを変えた写真ですが、よく見ると低いホームから高いホームへの階段の跡のようなものが見えます。
 ちなみに、これとよく似た光景が広島電鉄の宮島線で見られます。広島電鉄の場合は、郊外電車の車両を廃止して全車両を路面電車にしたため、こことは逆に高いホームがお役御免になってます。

 

 もう一つは、意外なところで。七条通の三十三間堂にほど近い和菓子屋さんの軒先に、バス回数券販売所の看板が出ていたのですが、なんと市電の文字が見え隠れ。
Shichijo1

 ちょっと失礼して看板にくくりつけられていた一日乗車券の案内をめくらせてもらうと、ご覧の通り。

Shichijo2

 真ん中のマークは京都市の市章で、市電や市バスにもこのマークが付いてます。それにしても京都市電が廃止されて、もう41年以上経っているのに、いまだ現役とは。お店の方に伺ってみたら(もちろん買い物もしました)、回数券の委託販売を始めたときに交通局の人が置いていってそれっきりということでした。交換しないんかい(笑) わざわざ探しに行くほどのマニアではありませんが、たまたま見かけると思わずにやっとしてしまう私です。

 こんな楽しみ方をする人はそうそういないと思いますが、何かの参考になればと(←ならんって)

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

タワレコ新宿店を実見

 先週末の谷山浩子さんのライブのついでにタワーレコード新宿店にも寄って、件の河合奈保子さんのディスプレイ展示を確認していたのですが、まだ模様を綴ってませんでした(^^;

 こんな感じです。

Tower2002

 ディスプレイにポスター・チラシの類いがびっしり!
 左下の隅に見える白いものは「十六夜物語」の手書きの譜面です。
 ディスプレイ下の水平面には、角度の関係で見えませんがテレフォンカードなども並べられていました。

 写真のとおり8階上りエスカレータの降り場のすぐ脇なので、人がどんどん上がってくる状況だと落ち着いてじっくり見ることが難しいのですが、先日の河合奈保子ナイトによれば2月9日までの予定とのことですので、お近くに寄る機会があればどうぞ。

 また売り場のほうも、J-POPのか行の棚に今回のアルバムが大量面陳、また下りエスカレータ付近にも岩崎宏美さんと並んで特設ラックがしつらえてあるほか、麻丘めぐみさんの特設コーナーのすぐ下にも面陳展開されており、私の体感としては新宿店での奈保子さんの露出・展開は過去最大です。見応えありますのでディスプレイ展示と合わせてどうぞ。さらに1月29日発売のアルバム9作品には、1枚購入でチラシの抽選券、3枚購入でポケットカードの抽選券がついてきます。

| | コメント (3)

2020年2月 2日 (日)

谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分<2020年>

 2月1日の夜は「谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分」を観てきました。近年恒例のこのライブ、会場も昨年と同じ東京・渋谷区総合文化センター大和田さくらホール。このホールは尾崎亜美さんが東京でホールライブをやるときの近年の定番で、私にとってはお馴染みの場所です。

 ライブはタイトルの通り、最初から最後まで客席からのその場のリクエストで弾き語りをするという、谷山さんならではのもの。秋の「猫森集会」Cプログラムの拡大版といったところです。とはいえ、リクエスト権(座席抽選)が当たらないんですよねえ。谷山さんもMCで「オールリクエストで緊張する人がいますが大丈夫、まず当たりませんから」なんて言うぐらいですが、本当に当たらないです(苦笑)。そして、今回もやっぱり当たりませんでした。

 で、今年の曲目はこちら。

 200201_

 リクエスト権は当たりませんでしたが、1曲目で河合奈保子さんへの提供曲「WEATHER SONG」が聴けました!リクエストしてくださった1階1列13番だったかの女性の方、ありがとうございました。谷山さんは「1曲目がセルフしてない曲か~」と軽くうろたえてましたが(^^;
 とはいえ、この曲、実はオールリクエストでは何度かリクエストされていて、隠れた人気曲です(と私が個人的に認定)。谷山さんはこの曲が奈保子さんの「ハーフ・シャドウ」のB面1曲目の収録曲であることを紹介しつつ、「当時はLPだったのでA面とB面で雰囲気を変えるということをして、それが光と陰だったのだけど、なぜか光のほうを依頼された」と言って客席爆笑。「陰のほうだったら良かったのに」とは谷山さんの弁。かなりがんばって光の曲を書いたそうです。そして、照明スタッフにどんな曲か説明するのですが「1番は雨です。2番は曇りです。あれ、全然光じゃないよね」と自分にツッコミ(笑)。「でも曲調はかわいいです」。確かにB面の5曲を聴くと全てが光の曲ではありませんが、組曲と捉えるとハッピーエンドの物語なので、光で良いと思います。

 谷山さんはラジオなんかでも奈保子さんのことは好意的に紹介してくださるのですが、今回も丁寧に紹介していただいてありがたい限り。セルフカバーしてない=知らない人が多い可能性=ということもあるとは思いますが。

 ということで1曲目にテンションが上がってしまったので、あとは流して聴いてました(爆)。全体的には白系の曲が多かったですが、アンコールのリクエストが思いっきり黒系の「悪魔の絵本の歌」で、なんかそれまでの雰囲気をすべてなぎ倒していった感もあり(笑)。でもある意味、谷山さんらしい終わり方のライブでした。そうそう、なぜかかわいらしい女性の声の時のリクエストが黒系だったり怖い曲だったりで、谷山さんもそのギャップに軽く驚いていました。

 それにしても、180分(実際には休憩の20分を差し引くと160分)ずっとひとりでリクエストに応え続ける谷山さんはすごいです!1曲だけ「覚えてない」とNGを出した曲はありましたが、それ以外はハプニングがありつつも完奏。しかも作詞・作曲のどちらかさえしていれば自分がカバーしていない提供曲でもOKという幅の広さ。喉は本調子ではないように見えましたが、楽しいライブでした~。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »