« 25回目の光 | トップページ | NOELの夜を亜美さんと »

2019年12月24日 (火)

奈保子さんの紙ジャケオリジナルアルバムあす発売

 すでに本館トップページやお便り広場で触れているとおり、河合奈保子さんのオリジナルアルバムのうち前半の9作品が、明日からタワーレコード限定で販売されます。詳しくはNaoko fanmeetingサイトで。また販売元のタワーレコードにも紹介ページができてます。これらから分かるように、今回のリイシューは2007年に発売されたCD-BOX「NAOKO PREMIUM」の単品バラ売り販売で、使用音源も収録曲も紙ジャケット仕様もそのままということです。奈保子さんのリイシューとしては9月のライブアルバム4作品(これもNAOKO LIVE PREMIUMの単品販売)に続くものです。

 この発売情報には個人的にちょっとびっくりしました。一つは告知のタイミング。
 情報が流れたのが12月12日で発売のわずか14日前。9月のライブアルバム発売が1ヶ月半ほど前に告知されていたのと比べてかなり急な告知です。実は11月29日にシャンソン歌手ソワレさんのライブを観たのですが、ソワレさんに「何か奈保子さんの情報ない?」と逆に聞かれるような状況で、発売をうかがわせるようなものは何もありませんでした。(ちなみに9月の発売記念でタワレコ新宿店に登場した奈保子グッズの特別展示はすべてソワレさんの私物だったそうです。) ライブアルバムの単品販売が好評で急遽発売することになったのか?全ては想像するしかないのですが。。。

 びっくりしたもう一つの観点は、オリジナルアルバムの単品販売であること。私個人としてはよもやオリジナルアルバムの単品販売はないだろうと思っていたので。。。つまり、コロムビアの方針としてCD復刻はBOX販売で、単品需要はオンデマンドCDで、という棲み分けをしていると理解していたのです。ところが、改めてコロムビアのサイトを確認してみてさらにびっくり。そのオンデマンドCDが2020年1月で終了するというのです
 とはいえNAOKO PREMIUMの発売された2007年当時とは、音楽を楽しむ環境が大きく変わりました。奈保子さんのオリジナルアルバムの音源はすべて配信で入手できるようになり、さらにはハイレゾ音源も配信されています。そんな環境のなかでの、CD販売。ファンがこんなことを書いちゃいけないのかもしれませんが、正直なところ勇気あるなあと思いました(微笑)。 もちろん、オンデマンドCDの終了を踏まえれば、媒体として入手できる道が残ることはありがたいことなんですが。過去の実績から見込みがあると判断されているのかもしれませんね。

 ということで、CDという形態でオリジナルアルバムが入手できるのはこれが最後になるかもしれません。あと「DAYDREAM COAST」にはボーナストラックが入ってますね。2007年当時、諸事情でNAOKO PREMIUMの購入を見送った方や、BOXを買うほどではなかったけどお気に入りの作品は紙ジャケで手にしたいという方、オンデマンドCDでは満足できなかった方、再入門された方や近年ファンになった方などは今回のリイシューがチャンスです。定価で買えるうちに買いましょう(微笑)。

|

« 25回目の光 | トップページ | NOELの夜を亜美さんと »

音楽」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25回目の光 | トップページ | NOELの夜を亜美さんと »