« 「リボンの騎士」ふたたび | トップページ | 尾崎亜美 Concert 2019 初日 »

2019年10月22日 (火)

コミュニティFMラジオのチカラ

 先般、東日本を襲った台風19号では各地に大きな被害が出ました。大変な状況を新聞やテレビジョンで見ると胸が痛みます。幸いにして私のまわりは特に被害はなかったのですが、近年にない規模の台風とされたので警戒していたところ、川の氾濫の可能性があるということで避難勧告が出たりしたもので、緊張感をもって台風が過ぎ去るのを待ったのでした。

 そんな状況のなか、頼りになったのが地元のコミュニティFMラジオでした。放送協会の総合テレビジョンももちろん見ていましたが、いかんせん地元の情報が取れないわけです。そこでコミュニティFMを聴いてみると、避難所の状況とか近隣の河川の水位情報、停電情報など細かく出しているのです。また聴取者からのメールでの情報なども紹介してくれます。すぐにテレビジョンの音声は切って、ラジオを聴くようにしました。

 もちろん、放送協会は役に立たなかったと言うつもりはなく、警報発令情報や台風の進路情報などはたいへん参考になりましたし、画面がある分、わかりやすいのも事実。各地の被害状況なども詳しかったですが、正直なところ、地元に被害が出るかもしれないという状況においては、余所の被害状況って関心がなくなるのです。(感じ方には個人差があります) ですから、地元に根ざしたラジオの情報というのはありがたかったですね。全国すべてのコミュニティFMが災害時に同じような対応ができるのかどうか、私には保証できかねますが、コミュニティFMのあるところは是非一度聴いてみることをお勧めします。

 * * *

 コミュニティFMつながりで。

 FMおだわらで毎月第3・第4日曜深夜0:00から放送の「午前0時の歌謡祭」のことは何度か記事化していますが、今月は編曲家の船山基紀さんの特集となっていて、なんとご本人が登場しています。20日深夜の前篇を聴いたのですが、船山さんがどのように仕事をしてきたのか、興味深い話がたくさん聞けました。前篇は70年代までの曲を中心に紹介されていましたが、27日の後篇は80年代に突入の模様。船山さんは河合奈保子さんの仕事も手掛けていて、先日刊行された「ヒット曲の料理人 編曲家・船山基紀の時代」(リット-ミュージック刊)では奈保子さんの歌唱力を激賞してます。加えて番組オーガナイザーの濱口英樹さんは大の奈保子ファンということで、誘導質問?で奈保子さんのことも話してくれるかも、と薄ーく期待しています。ネット環境があればFMおだわらのサイトで聴けますよ。

|

« 「リボンの騎士」ふたたび | トップページ | 尾崎亜美 Concert 2019 初日 »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「リボンの騎士」ふたたび | トップページ | 尾崎亜美 Concert 2019 初日 »