« タワレコ新宿店を実況見分 | トップページ | コミュニティFMラジオのチカラ »

2019年10月11日 (金)

「リボンの騎士」ふたたび

 2018年に扉座で上演された「リボンの騎士~県立鷲尾高校演劇部奮戦記」が2019年版として復活したので観てきました。劇場は東京・墨田区のすみだパークスタジオ倉で、繁華街から離れた地味な場所です(言葉選びました)。

 今回は扉座Next Stageとなっていて本公演の扱いではなく、オーディションで選ばれた役者と扉座の若手とで構成された座組。しかし、熱いステージでした!2018年公演から引き続き出ている役者もそこそこいるのですが、配役がことごとく変わっていて、ああ、去年はあの役だった人が今年はこの役なのかとか軽く驚いてみたり。オーディション組が多めなこともあって、筋書きは同じでもフレッシュな感じ。そしてほとばしる若さ。みんなが青春しているって感じが溢れてましたね。

 演出は今回、扉座主宰の横内謙介さんではなく、扉座の中堅女優の鈴木里沙さん。最近は芝居よりも演出の仕事が多くなっていて、きっと横内さんが演出家として育成しているんだろうなあと。大枠は横内版を踏襲してますが、小ネタや一部の役のキャラクターで変化をつけてましたね。前回上演を観た方にとってはあまり変わりすぎるとアレでしょうから、このぐらいがちょうど良かったのかもしれません。ダンスシーンあり、劇中劇あり、笑いあり、涙ありと観る方も忙しいステージは、休憩挟んで約2時間半という長さを感じさせず、引き込まれていきます。

 私が観た10月9日は里沙ナイトと称して演出の鈴木さんと、今年の出演者の柴田瑠歌さん、寺田華佳さん、昨年の出演者の加藤萌朝さん、吉田美佳子さん、そしてどちらにも出ている川北琴音さんによるガールズトークが終演後についてました。これも面白かったです。公演や稽古の思い出などを披露してましたが、ぜんぜんしゃべり足りない感じ(笑)。主役(と言って良いでしょう)の寺田さんは昨年の芝居を見てないそうで、あえて記録映像も見ずに演じているとのこと。なるほど、昨年とは印象が少し変わって見えるのはそういうこともあるのかもしれませんね。

 若い人に観てもらいたい芝居ですが、もちろんそうでない人も楽しめる娯楽作です。漫画の「リボンの騎士」を知らなくても全く問題なし(→私がそうでした)。面白いのでどうぞ足をお運びを・・・と言いつつ、今週末は台風接近なんですよねぇ、もう。なんで台風は週末に来るのかしら?公演は10月14日までです。観劇情報は扉座のサイトで。昨年の観劇記はこちらです。

 

【追記】
台風の影響で12日の昼・夜、13日の昼の公演が中止になりましたが、14日の夜に追加公演が決定しました!
詳しくは扉座のサイト

|

« タワレコ新宿店を実況見分 | トップページ | コミュニティFMラジオのチカラ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タワレコ新宿店を実況見分 | トップページ | コミュニティFMラジオのチカラ »