« 河合奈保子ナイト2019 | トップページ | 第18回ヒロシマ祭り »

2019年8月 5日 (月)

大阪?梅田?

 阪神電車と阪急電車の梅田駅が「大阪梅田駅」に改称されるというニュースが、関東にも伝わってきています。外国人観光客や関西以外の地域の方が「梅田は大阪にあるのか」という問い合わせがよくあるから、だそうですが。関西に多少の縁がある私としては梅田のままで全然気にならないのですが、一見の旅行者にはわかりにくいということでしょうか。数年前には神戸側も三宮駅が「神戸三宮駅」に改称されているので、どうもそういう「流れ」を感じます。

 ただ、大阪を冠することで梅田がJR大阪駅に隣接した乗換駅であることが明示されることになるのか、というとそれはまた別の話になります。というのも市内には既に近鉄電車に大阪阿部野橋、大阪上本町、大阪難波、と大阪を冠する駅名があるからです。大阪と付いているからとJR大阪駅に隣接しているという判断をしてしまうと大惨事になります(笑) 大阪はあくまで地域の識別でありこれからも梅田=JR大阪という認識は持っていないと正しい乗り換えはできませんね。

 阪急京都線では京都側終着の河原町駅も「京都河原町駅」に改称されるそうですが、それなら烏丸駅の改称も考えて欲しかったですね。烏丸駅は京都地下鉄烏丸線との乗換駅ですが、地下鉄は「四条駅」。なんでこんなことになるかといえば、駅のある場所は四条烏丸なのに、四条通地下を走る阪急は四条を省略してしまい、烏丸通地下を走る地下鉄烏丸線は烏丸を省略してしまったからですね。ここは地下鉄側とも協調して駅名を四条烏丸にするほうが乗り換えもわかりやすく地名としても正当だと思いますが。ちなみに地下鉄烏丸線の烏丸御池駅は、御池通地下を走る地下鉄東西線が開通するまでは御池駅でした。それでは不都合と感じて改称したのでしょう。同じ理屈です。

 駅名は地域のアピール利用の思惑や鉄道会社の誘客施策などが入り乱れて一筋縄で決められないことが昔から多くあり、二重地名やキラキラネームなどが生まれやすいのですが、まずは公共交通の利用者がわかりやすい方向で考えて頂きたいものです。

|

« 河合奈保子ナイト2019 | トップページ | 第18回ヒロシマ祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河合奈保子ナイト2019 | トップページ | 第18回ヒロシマ祭り »