« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

「へそまがり日本美術」展を観る

 東京の府中市美術館で開催中の「へそまがり日本美術」が静かな話題のようです。ん?静かなら話題ではないか(微笑)。私も前期展示の時に観てきましたが、今までに無い面白さの展覧会でした。

 どんな展覧会なのかは公式サイトを見てもらうのが一番ですが、一見なんじゃこりゃ、みたいな絵が大集合。サブタイトル「禅画からヘタウマまで」のとおり、展示されていたのは禅画が多かったです。禅の世界は言葉で伝えにくく、絵を描いて伝えようとした禅師が多かった由。禅問答というぐらいで常人には?と思うような摩訶不思議な絵が並んでいて面白かったです。

 本当は絵が上手いのに、あえてヘタウマに描いているものも。近年人気沸騰の伊藤若冲といえば細密な総天然色の鶏の絵が有名ですが、伏見人形をゆるーいタッチで描いているのを見るとほっこりします。

 他にもいろいろありますが、一番の衝撃(笑撃?)は殿様の描いた絵。 徳川将軍家にはお抱えの狩野派絵師が出入りして絵の手ほどきもしていたらしいのですが、展示されている徳川家光、徳川家綱の絵は狩野派とは無縁のタッチの絵。なんでこうなっちゃったの?(笑)
 でも、例えば家光の描いた兎の絵(公式サイトでどうぞ)をよく見ると、体毛のふわふわ感を出そうとしていることは伝わってきます。家光なりのリアリティを追求していたのかもしれなですね。

 楽しい内容で気楽に見られて700円はお買い得な展覧会です。後期展示の会期も残り少ないですが、大型連休に如何ですか。


 へそまがりといえば、2019年4月30日にこのような記事を出したり、また世の大勢に迎合せず80年デビューのあの方ではなく河合奈保子さんを、そして昨年のNHK紅白歌合戦に豪華すぎるミュージシャンとともに出演して話題になった女性シンガーソングライターではなく尾崎亜美さんを敬愛する私自身も、世間から見ればへそまがりなのかもしれないですね。ただし両人の歌唱や音楽はヘタウマなどではなく、伊藤若冲のようにピカイチの実力派です。

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

あ、気持ちが

 尾崎亜美さんの代表曲「マイ・ピュア・レディ」がテレビCMに使われている、本人歌唱ではなく誰かのカバー・・・という情報をキャッチ。でも最近、CMの流れる民放テレビジョンはあんまり見ないんですよね(^^;

 ところが良くしたもので、提供元がCMを動画サイトで公開していました。

 -196℃ ストロングゼロ〈瞬感シリーズ〉『あ、気持ちが』篇

 いやー、使われている部分が短いですね(^^; 
 使用楽曲は明記されていますが、誰が歌唱しているのかはクレジットがなく。。。ファンサイト「尾崎亜美研究室」の掲示板の情報によれば、サントリーに直接確認して重住ひろこさんと回答があったとのことですが。この程度の短い使用ならわざわざ改めてカバーを収録せずともオリジナルの切り取り で良かったんじゃないの?と思ったりもしますが、CMクリエイターさんにはそれなりの考えがあるんでしょうね。

 この曲のオリジナルは1977年の発表。ご存じの方はご存じのとおり、化粧品(資生堂)のCMソングでした。今思えばレコードジャケットに口紅があしらわれているのもそのためなんでしょうね(→ジャケ画像はニッポン放送が今年のバースデーにアップしたこちらの記事で)。一度CMソングとして採用された曲が別の商品でまたCMソングになるというケースは珍しいのではないかと思いますが、もう40年以上経っているし商品ジャンルも違うので問題ないと考えたのでしょうか?まさかこの曲がお酒のCMに使われることになるとは亜美さんもびっくりなのでは。

 ちなみに、オリジナルの化粧品のCMには小林麻美さんが出演していました。亜美さんがライブのステージトークで時々披露してますが、当時はCMに出ている小林さんが歌っていると思っていた方が多かったらしく、亜美さんのライブがスタートして本人が登場すると「あれ、CMと違う」と客席から微妙なざわめきが起こったとか。そんな当時の微妙な感情も笑い話にしてしまう亜美さんのゆるふわトークはほっこりします。ぜひライブ会場で♪

| | コメント (2)

2019年4月14日 (日)

甦るMILKのインディーズ音源

 MILKといえば、河合奈保子ファンには85年~88年頃までライブでコーラスを務めていた姉妹ユニットとしてご存じかと思います。その後、西城秀樹さんのコーラスを最後まで務めてましたので、秀樹ファンにもお馴染みかと思います。そのMILKが87年に自主制作でアルバム「MILK」を出しており、その中から2曲がシングルカットとしてドーナッツ盤で復刻発売されるということを、宮島律子さん(MILK・姉)のブログで先日知りました。

MILK シングル EP盤メジャーリリース 決定!!宣伝動画もご紹介

 レコードストア・デイのきのう4月13日が発売日で、たまたま東京・新宿を通りがかったのでHMV新宿レコードショップでゲットしてきました(^^)

Milk

 収録されているのは、A面が「For A Week Story」、B面が「視線に I feel so love」。視線には“まなざし”とルビが振られています。売野さんの影響かしら、なんて(微笑)。詞曲ともMILKの手によるもので、姉妹で曲を分担していたようです。

 さて、買ったはいいものの、聴くのが大変(^^;
 レコードプレーヤーは奈保子さんの音源を聴くのに欠かせなかったので所有してますが、音源がCDで揃ったこともあり転居の時にしまい込んでしまって、引っ張り出すのが大変なんですよね。アンプとスピーカーも出して配線しなきゃいけないし。。。大型連休のときにやってみましょうか。

 このドーナッツ盤、HMV新宿では「限定盤のため、お一人様2枚まで」のシールが貼られていました。さっそくオークションに出品されているものもあるそうですが、まだまた店頭在庫がありますし、4月20日にはWEBでも買えるようになるとの情報がありますので、焦らず「定価」でお求めを!

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

南佳孝&尾崎亜美スプリングコンサート

 すこしさかのぼりますが、週末の3月31日は「南佳孝&尾崎亜美スプリングコンサート」を観てきました。場所は武蔵村山市民会館。東京都内というだけで場所も確認せずに切符を取ったのですが、調べてみたら鉄道駅から遠い(^^; あとで分かったのですが武蔵村山市は東京の市で唯一、鉄道駅がない市なんだそうで。私は亜美さん目当てですが、亜美さんの初期のアルバム「Mind Drops」に佳孝さんが参加している縁があるのでどんなステージになるか楽しみでした。

 コンサートは前半が亜美さん、後半が佳孝さんで、ブリッジでコラボするという構成。

<曲目>

1.In My Life

2.春の予感
3.マイ・ピュア・レディ
4.私がいる
5.Smile
6.伝説の少女
7.天使のウィンク
8.オリビアを聴きながら

9.All My Loving

10.君の笑顔
11.Desert Storm
12.プールサイド
13.はないちもんめ
14.Midnight Love Call
15.ニュアンス
16.スローなブギにしてくれ
17.モンローウォーク

en1.You've Got a Friend
en2.上を向いて歩こう

 1・9・en1・en2:コラボ
 2~8:尾崎亜美
 10~17:南佳孝

 お二人とも小編成での演奏でしたが、シンプルだけれど濃い演奏でした。亜美さんは一部打ち込みも併用ですが(^^; 亜美さんはいつもどおりゆるいトークで客席を和ませつつ歌はしっかりと。佳孝さんは色気のある声が心地よかったです。お二人とも初期曲、近年の曲、代表曲とバランスよく曲を選んでましたね。曲の説明が丁寧だったのはこうしたジョイントコンサートではありがたいです。

 コラボで見せる亜美さんと佳孝さんの掛け合いも楽しく、佳孝さんもソロの時に思った以上によくしゃべり面白くて、客席も盛り上がりました。盛り上がりといえば客席からやたらと声かけが飛ぶという、亜美さんが出演するコンサートとしては珍しい展開で賑やかだったのが印象的でしたネ。私も声かけは好きですが、タイミングは選びます(^^)

 私にとっては今年初めて観る亜美さんのコンサートでしたが、同時に亜美さんが母を亡くしてから初めて観るライブでもあり、ちょっとどきどきしていました。亜美さんは救急搬送される母が見せた笑顔から創った「Smile」を歌う前に、曲が出来た経緯と絡めて母が亡くなったことに触れてましたが、なんとか崩れずに歌いきっていました。「これから少しずつ色が変わっていくのかな」と語っていたのが印象的でした。ステージやサイン会では明るく振る舞っていても、やはり大きな存在だったんだなと改めて思いました。私はこうしてコンサートで応援する以外に何もできないですけど。。。

 全般にはとても楽しいコンサートで良かったです。でも、せっかく亜美さんと佳孝さんのジョイントだったのだから、Mind Dropsでデュエットした「うわさの男」が聴きたかったかな。次の機会があればぜひお願いしたいでーす。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »