« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月29日 (金)

中波AM放送はどうなるのか

 きのう3月27日に、中波AM放送に関する興味深い記事が出ました。

民放連、AMラジオ廃止を要望 23年めどに実証実験も
(共同通信)

 AM放送を止めてFM放送に一本化できるようにしたいという大胆な要望です。

 いま、民放AM局の多くが、FM補完放送(ワイドFM)を実施していますが、当然ながら流れる番組は同じです。収入が低迷する状況では、2波を1波に整理したいという経済的動機はわからなくはありません。でも、それでは単なる縮小均衡ですよね。

 FMのカバーエリアはAMほど広くはありません。AMを止めれば郊外地や山間部などではカバーから外れるところも出るでしょう。(それを実証実験したいということなのでしょうが。) 加えて、ワイドFM対応ラジオもそれほど普及していないのだそうです。エリアが狭くなる上に世に出回っている対応受信機が少ないワイドFMに一本化するということは、聴取できる環境を自ら狭めてしまうことに他なりません。ラジオは大きな災害が起こると注目されるものの平時の聴取率は漸減傾向が続いているそうですが、だからこそ、せっかく今聴いてもらえる環境を手放すのはどうなのか、と思うわけです。コスト削減も結構ですが、まずはリスナーに接触してもらわなければ話にならないでしょう。

 民放連は、エリアの縮小やワイドFM対応ラジオのない人に対してはIPサイマル放送(radiko)で補えば良いと思っているのかもしれません。それも一つの考え方かもしれませんが、そうなればいよいよ「災害時はラジオ」とも言えなくなります。電力が途絶すればネット環境は途端に不自由になります。昨年の北海道で起きたブラックアウトではラジオがとても役に立ったという声が多かったそうです。乾電池で長時間聴けるのがラジオ受信機の最大の強みです。

 もちろん、経営が傾いて放送自体が継続できなくなってしまったら元も子もないのですが、目先のコスト削減だけにとらわれない議論を望みたいです。

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

43th Anniversary !

 きょう3月20日は尾崎亜美さんのデビュー記念日。そして昨19日はバースデーでした。あわせておめでとうございます。
 例年なら、こうした記事は3月18日の夜に下書きして日付変わって即アップロード、てなことをするものですが、今年は18日、19日ともに贔屓にしているいまのまいさんの出演ライブを観ていたもので帰宅が深夜になり、このタイミングでのアップになりました。まあ、20日中ですからいいかなと(^^;
 そのライブ2daysでは、まるで合わせたように亜美さんの曲を都合3曲も聴けて、個人的にはプチ亜美さんまつり状態で嬉しかったです。

 ◇18日 昭和とらいあんぐる定例ライブ
  ・二人だけのセレモニー(岡田有希子さんへの提供曲)
 ◇19日 「恋の歌曜日」
  ・幾千の涙を贈りたい(山口由子さんへの提供曲)
  ・Love Letter(酒井法子さんへの提供曲)

 卒業シーズンということで、そのあたりの曲を選んで頂けたようです。あとで訊いたらバースデーやデビュー記念日を意識したわけではないけど、ということでしたが選曲ありがとうございました(^^)

 そんなわけで亜美さんの曲もこうして歌い継がれていますが、もちろん亜美さん本人も歌い続けてます。今年に入っていくつかすでにジョイントライブへの出演があったのですが、諸般の都合でパス(^^; でも、今月末には今年初めてライブに伺えそうです。楽しみ~。ますますの活躍を!

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

忘れないだけでなく

 きょう3月11日は東日本大震災から8年の日でしたが、前日の3月10日は10万人が犠牲になったとされる東京大空襲から74年の日でした。東日本大震災とともに、記録・記憶そして教訓を継承していく必要があると思っています。

 今年は関東ブロック紙の東京新聞が特集(連載)を出しています。
 孤児たちの闘い 東京大空襲74年

 空襲で犠牲となったのは民間人です。しかし、軍人と違い何の補償もありません。国は「戦争被害受忍論」なるものを持ち出して補償を拒否していますが、攻撃された都市とそうではなかった田舎では受けた被害に相当の差があります。さらに都市住民は防空法によって都市からの退避が禁止されていました。軍需工場の働き手や空襲時の消火活動の人手を減らしたくなかったからとされています。国は「国と雇用関係になかった」とも主張していますが、こんな状況で民間人には補償なし、は理不尽だと思います。日本と同じ敗戦国のドイツでは、民間人にも補償されているそうです。

 議員立法で救済法を作る動きもありますが、先の臨時国会では法案提出すらされませんでした。それに成立したとしても軍人とは比べものにならないぐらい極めて少額な補償になりそうです。この問題を長く取材している記者の記事がネットで読めます。

「民間の空襲被害者にも救済を」という声に、政府は耳を傾けるか

これを読むと空襲被害者の戦争はまだ終わってないと感じます。
そして、これを「私には関係ない」とは言えないと思います。将来、同じことが起こりうるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »