« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月25日 (月)

突然のお別れ

 尾崎亜美さんが今月に入ってツイッターを始めていたのですが、きのう2月24日のツイートに衝撃を受けました。
 「母は最期までがんばりました。ありがとうございました。」

 22日にベッドから落ちて骨折し救急搬送され、感染症も併発していたことは公式サイトのブログで知っていましたが、これまで何度も救急搬送されて、その都度回復されていたので今度もきっと大丈夫と思っていたのでした。

 尾崎暁美さん。亜美さんのライブには良く来ていらして、会場で応援されていました。移動に介助が必要になってからは東京近辺のライブに限っていましたが、一人で歩ける頃は大阪、名古屋あたりのライブでも追っかけのように来場されていました。会場でお会いすると気さくにお話ししてくれて、亜美さんのファンからは「亜美ママ」と慕われていた方でした。昨年12月24日の鎌倉・歐林洞でのクリスマスライブにも来ていらして、そこでちょこっと挨拶したのが最後になってしました。

 以前にも綴ったことがありますが、暁美さんは創作袋物作家でもありました。西陣織の布を贅沢に使って仕立てられたバッグや小物類は和服に合いそうな素敵なものばかり。体力があったころは百貨店の催事にブースを出して展示即売をしていました。最後の作品展は昨年の3月。目黒区内の小さなギャラリーに私も伺って、お話しさせてもらったことが思い出されます。その時に買い求めた小物が、なんだか形見のような感じになってしまって。

 私のようないちファンにも温かく接して下さって、ありがとうございました。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

さらば!サラヴァ東京

 いや、冗談じゃなくて。東京・渋谷のライブハウス「サラヴァ東京」がきのう2月17日の営業をもって閉店してしまいました。開店から満8年。私にとっては、贔屓にしているシャンソン歌手ソワレさんのホームグラウンドとして、また河合奈保子ファンの立場では「河合奈保子ファンミーティング」が2回開催された場所として思い出深いライブハウスでした。ソワレさんの企画イベントで、カラオケではありますがステージに立って歌ったこともあります。

 そんな思い出の場を看取るため、16日も17日もサラヴァ東京へ。
 16日は「健人とソワレの歌謡ショー(シャンソン有り)」。ソワレさんと旧知の仲という俳優の半田健人さんとゆるーいトーク&ライブセッションでした。ソワレさんがシャンソン風味アレンジで「スマイル・フォー・ミー」を歌ったり、半田さんが「シェルブールの雨傘」を自身の訳詞で歌ったりとか、二人の所蔵するおすすめレコードを流したりとか、内容がヤバいので詳しくは書けないですが盛りだくさんの内容で盛り上がりました。歌謡曲が大好きという半田さんの歌がが素晴らしかったです。

 ラストの17日は「サラヴァ東京さよなら、さよなら、こんばんわ」。ソワレさんがサラヴァ東京で出逢った方々と作ったシャンソンオムニバスアルバム「シャンソワレ」の発売記念イベントでした。開演前からぎゅうぎゅうのお客さん!
 1部はソワレさんが事前に募ったリクエストを中心にオリジナルやシャンソンを20曲ほど。シャンソンよりもオリジナルが多くて、シャンソンの有名どころがほぼ入らないという、ソワレさんらしいライブでしたが、ソワレさんといえばこれでしょ、という曲が網羅されていて素敵なライブでした。
 2部はサラヴァゆかりの方々を入れ替わり立ち替わりでステージに呼び込んで歌やダンスを披露してもらうという趣向でしたが、呼んでも応答がなくて順番を入れ替えたりとか、もはや進行があってないような状態(笑)。そのぐらい人が渦巻いて熱気を帯びていて盛り上がっていました。できれば最後まで見届けたかったところですが、23時を過ぎてもまだまだ続く様子に残念ながら離脱。どこまで続いたんだろう。。。

 そんなわけで、両日とも閉店の湿っぽさなどまるで無く、大騒ぎで営業を終えたというのはサラヴァらしい、そしてソワレさんらしい終わり方だったと思います。湿っぽさがないのは、この5月にはソワレさんが新宿に新しいライブハウスを出すことが決まったせいもあるかもしれません。今回の閉店は経営不振など店の都合ではなくビルオーナーの意向によるものだったそうで、その悔しさが新店オープンの原動力になったようです。備品も定例イベントも新店に持ち込むとか。

 サラヴァ東京は客席もトイレもきれいで、室内も禁煙で快適、なにより音が良く、良いハコでした。ここが閉まるのは残念ですが、今までありがとうございました。そして新店も期待しています。また奈保子さん関係のイベントもあったら良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

ラジオから奈保子さんの話題を

 久々にラジオから河合奈保子さんに関する話題を2つ。

 ひとつ目は、コミュニティFMのFMおだわら(小田原78.7MHz)の「ファムラジオ」。音楽ライターの長井英治氏が女性シンガーソングライターの楽曲を取り上げる番組ですが、2月3日深夜の放送は「アーティスト特集:竹内まりや」でした。この中で、奈保子さんの「アプローチ」が流れています。

 番組HPによる放送曲目リスト

 提供曲枠で入ったようですが、シングル曲ではなくアルバム曲が入るとはなかなかマニアック。事前にリクエストを募っていたようなので、リクエストなのかもしれません。実は私、まだ番組を聴いてないのですが、再放送があるので聴いてみたいと思います。

 再放送:19年2月10日(日)深夜0:00-1:00

 インターネットならFMおだわらのHPもしくはJCBAインターネットサイマルラジオから全国で聴取可能です。

 今回はこのような形で曲が出ましたが、奈保子さんも後期はシンガーソングライターなのですからこの番組でアーティスト特集として紹介して欲しいものです。。。

 *  *  *

 ふたつめは、NHKラジオ第一の「ひるのいこい」
 いかにも時代がかったオープニングテーマ曲やBGMが特徴的な古風な番組ですが、番組中で流れる曲は幅広く、かつレア曲だったりして侮れない存在です。2月8日の放送ではなんと、奈保子さんの「モスクワ・トワイライト」が流れました。特に前振りなどはなくいきなりイントロが流れてきて、歌手名と曲名の紹介だけ、というシンプルさですが、実際に聴いてみるとびっくりしますね。実はリアルタイムでは聴いてなくて、番組HPの聞き逃しサービスで聴きました。2月8日放送分は2月15日15:00まで聴けます。

 NHKひるのいこいHP

 先週2月4日-2月8日の音楽のテーマが「ロシア」ということで選ばれたのですが、ファンに人気の曲とはいえアルバム曲から持ってくるとはなかなかマニアックだなあと。聴いた方に奈保子さんの吠え系の歌唱の良さが伝わってたらいいなあ。ちなみに曲目リストを確認したら使用音源はCOCP-32034となってました。これ奈保子さんのリイシューの初期に出た5枚組BOXの「JEWEL BOX2」です。あるんですねえ、NHKのレコード室に♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分

 きのう2月2日は「谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分」を観てきました。東京・渋谷区文化総合センター大和田でのこのライブも今年で3回目かしら。私は昨年に続いての2回目の参加でした。タイトルどおり、全ての演奏曲が客席からのリクエストで決まるので、展開が読めないスリリングさというか、わくわく感というか、そういうものが存分に楽しめるライブです。加えて、「座席抽選によるリクエスト権が当たるかもしれない」というドキドキ感もあるのですが、今年も残念ながら当たらず(^^; 谷山さんいわく「当たらないのが普通なので気落ちしないでください」とのことでしたが、でも当たる人は当たる(というか2~3度当たっている人もいるらしい)のが不思議ですネ。

 今年はアンコール(これもリクエスト・笑)含め24曲の演奏。私は猫森集会に10年以上通っていますが初めて聴く曲も多く、谷山ワールドは深いなあと改めて思いました。谷山さんも「これは意外と歌ってない曲です」を連発。喉の調子があまりよろしくなかったようで、途中で中断してやりなおしたりはありましたが、「覚えてないので演奏できない」というものはなく、すべてやりきってたのはさすがです。

 恒例化しつつあるこのイベント。来年もあったらまた観たいです。あ、その前に秋の猫森集会ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »