« 21年ぶりの声 | トップページ | 12月8日 »

2018年12月 4日 (火)

音声メッセージ実現の経緯

 11月25日放送「今日は一日竹内まりや三昧」で河合奈保子さんの音声メッセージが流れたことを前回綴りました。放送当日の私は旅先にてスマートフォンでらじる☆らじるを録音しつつラジオでFM波をモニターしてメッセージをリアルタイムで聞いたのですが、メッセージが流れたあと、MCのクリス松村さんのコメント受けまで聞き終わったところでFM波のモニターは止めてしまいました。なにせ紅葉狩りの最中だったもので(^^;

 番組はほぼ全編、スマートフォンで録音成功しましたので、改めてFMのモニターを止めた時点以降の番組を聞いてみると、終盤に竹内まりやさん本人がスタジオ出演した部分で、今回の音声メッセージが実現した経緯をまりやさんが語っていました。なんとまりやさんが軽く打診したら「快諾」だったそうで。この部分の書き起こしを、本館の談話室に追記しましたので、よろしければ参考に。やっぱり特別な関係なんだなと感じます。


 * * *

 参考までに、今回旅先で録音に使用したアプリを紹介しておきます。
 Andoroidの「録音ラジオサーバー」というアプリで、NHK(らじる☆らじる)とRadikoの聴取と録音・再生が可能です。予約機能もありますが、失敗したら取り返しがつかないので今回は使用せず、直接録音ボタンを押しました(微笑)。旅先で急遽探して見つけたアプリで、長時間の録音に耐えられるのか不安もありましたが、無事に録音できて良かったです。ただし電池の減りが早いですね。私のスマートフォンの電池容量は2700mAhですが、1時間で10%ぐらい消費しました。6時間の放送で60%減ったのでちょっとヒヤヒヤでした。録音していなくても選局した時点で聴取状態となり同様に電池が減っていくようです。録音ファイルはmp3で、容量は1分あたり1MB程度でした。録音ファイルのプロパティを見たら一般的な音楽の録音ファイルと同じ128kbpsで記録されていたのですが、48kbps程度で送出されているとされるインターネットサイマルラジオの録音にはちょっともったいない感じもします。

|

« 21年ぶりの声 | トップページ | 12月8日 »

ラジオ」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/67447384

この記事へのトラックバック一覧です: 音声メッセージ実現の経緯:

« 21年ぶりの声 | トップページ | 12月8日 »