« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

快諾の意味するところは

 すでに本館トップには掲載しておりますが、かつて近代映画社から発売された河合奈保子さんの特集別冊が電子書籍で復刊されています。12月20日に全7冊のうち「パート3」が配信され、週刊ポストによれば残る6冊も来年2月までに順次配信とのこと。

 写真集(厳密には「別冊近代映画」は写真集ではないのかもしれませんが・・・)は放っておいても売れると思うので、当店で積極的に取り上げる必要はないと思っているのですが、少々気になることが。
 この件を報じた日刊スポーツの記事によると、このデジタル復刊に対して奈保子さんが「快諾してくれた」とされています。え?そうなんだ・・・というのが私の感想です。これまで発売されたCD・DVD類(BOX含む)のブックレットには写真も多数掲載されていますが、水着のカットはありません。これは本人サイドにその手の写真は控えてほしいという意向があったからとされているので、随分変わったなあと。もっとも2016年にはマガジンハウスから写真集「再会の夏」が発売されているので、今さら驚くこともないという話でもあるのですが、その際は「快諾」かどうかまでは分からなかったので。。。

 これをどう捉えるか。。。過去のビジュアルのワークスの扱いに対して考え方が軟化したと前向きに捉えることもできますが、表に出るつもりがないのでもはや「縛り」をかける必要がないと考えるようになった、なんてことだったらどうしよう、なんて思ったりもして。なんとも計りかねるのですが後者だったら淋しいな。。。ちょっとネガティブ過ぎますかね。願わくば表に出る活動にも「快諾」して下さると嬉しいのですけどねえ。


 ・・・という内容で締めるのもなんですが、年内の営業はこれまで。この一年ありがとうございました。みなさん良いお年を。そうそう、TPP11がきょう、発効しました。ニュースでは輸出入の関税の話に偏っていますが、著作権法関連では権利の保護期間が著作者の死後50年から70年になったり、一部が非親告罪化されたりします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

まいのアイドルメモリーズ年末大感謝祭

 12月26日は私が贔屓にしているシンガー・いまのまいさんのライブ「まいのアイドルメモリーズ年末大感謝祭」を観てきました。場所は東京・六本木の「音楽実験室・新世界」。六本木というよりは西麻布に近い感じです。ライブタイトルがちょっと変わっていますが、FMおだわらでパーソナリティを務める「GOOD DAY! ODAWARA」内で80年~90年代のアイドルソングをかけまくるコーナー「まいのアイドルメモリーズ」に連動した企画で、この1年で放送した曲の中から生バンドで歌うというもの。

 事前にリクエストを募っていたこともあり、まいさんのこだわりもあり(微笑)、曲目はB面曲・アルバム曲も含めマニアック寄り(^^; かつてまいさんが主宰していたイベントライブ「懐かしのアイドルソングの巻」を彷彿とさせる感じでした。存じ上げない曲も多かったのですが、愛をもって歌うまいさんの歌唱は素晴らしく、バンドの音も良くて良いライブでした。

 で、どんな曲を歌ってたかは、ツイッターで分割報告がされてます。

 1部 その1
 1部 その2
 1部 その3

 2部 その1
 2部 その2
 2部 その3

 アンコール その1
 アンコール その2


 まあ、曲目だけ全部書き写しても良かったのですけど、ツイッターはジャケ写がついているので良いかなと。

 個人的には、アンコールで河合奈保子さんの「疑問符」が聴けたのが嬉しかったな。吠え系が素晴らしいまいさんには、いままでそちら系統の曲をリクエストしがちだったのですが、落ち着いてじっくり聴かせる曲も素晴らしかったです。この曲の前後だけはバンドではなく、まいさん主宰のユニット・昭和とあいあんぐるでアコースティックな演奏。Keyの原川さんがコーラスにも入って、しみじみ良い曲だなと。

Imemo2018
 【「疑問符」を歌う いまのまいさん】


 あまり記事化はしてませんが(^^; 実はまいさんのライブは月1ぐらいのペースで観ていて、時々リクエストにも応えてくれたりするので感謝しています。来年もまた素敵なライブがあることを楽しみにしています。

<ミュージシャン>
昭和とらいあんぐるスペシャルバンド

原川マコト(Key,Chor) (昭和とらいあんぐる)
福島崇(Gt) (昭和とらいあんぐる)
絲井勇太(Ba)
飯島マサタケ(Dr)
横田誠(Sax)

   ・

いまのまい(Vo,Mc)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

鎌倉のスペシャルな夜

 12月24日は鎌倉・歐林洞へ。この時期恒例の尾崎亜美さんのライブを観てきました。『Amii Ozaki Special Christmas Concert 尾崎亜美~SPECIAL~』が正式名称ですが、通称は歐林洞ライブ。近年は切符が取りにくいという声も多い人気ライブです。なので、あんまり人気が高まらないように、また毎年レポが似通っているので今年はあっさりと(微笑)

【曲目】
<1部>
1.SWEET CHRISTMAS SONG
2.My Song For You
3.マイ・ピュア・レディ
4.シーソー
5.スケッチブック
(クイズコーナー・尾崎亜美超マニアッククイズ)
6.私がいる
7.Smile

<2部>
8.The Christmas Song
9.Joyful Joyful
10.サンタが町にやってくる
11.Harmony
12.天使のウィンク
13.伝説の少女
14.オリビアを聴きながら
15.スープ

(クイズ結果発表)

en1.Prism Train
en2.Have Yourself A Merry Little Christmas
   ~Silent Night

【ミュージシャン】
尾崎亜美(Vo,Key)/小原礼(Ba)/是永巧一(Gt)


 はい、曲目だけで言えば、先週の東京・大阪で行われたホールでのクリスマスライブのダイジェスト版という趣です。豪華なミュージシャンによるフルバンド演奏で曲数も多かったホールライブのほうが良いと感じる方もいることでしょう。歐林洞だけで披露されたのは1曲目の「SWEET CHRISTMAS SONG」で、これはとってもレアでした。亜美さんも随分歌ってなかったそうで「めっちゃ久しぶりすぎてちゃんとできないかも」なんて言いながら演奏を始めたのでした。やりきった後で「なんでこんな難しい歌を作ったんだ?キーも高いし」ですって(笑)。
 構成の新機軸は1部の途中にセットされたクイズコーナー。亜美さんにまつわるマニアックな問題が7つ。解答用紙に記入して1部終了後に提出。アンコール前に上位者の発表とプレゼントがあったのでした。全問正解はおらず最高は5問。ちなみに私は3問正解で撃沈でした。

 小さな空間での亜美さんや礼さん、是永さんとの近さや客席のレスポンスの良さ、濃密な空気感は例年通り。亜美さんが他のライブでは言わないような、本音が垣間見えることをポロっと言うのも歐林洞ならでは(笑)。
終演後の物販&サイン会も盛況でした。1部と2部の間の休憩で供されたケーキ、ワインもおいしかったです。例年と違ってたのは、Gtの是永巧一さんがお酒が飲めないのにライブ前にちょっと飲んだそうで、いつもよりハイテンションかつ亜美さんのツッッコミに対して強気に返してたところかな(微笑)。

 私は12月の亜美さんのライブ3つをコンプリートしましたが、終わって思ったことは、もしかして今年ホールで開催したクリスマスライブは、歐林洞ライブのチケット入手難への対応の試みだったのでは、と思えてきたりしました。大きなホールでは歐林洞の濃密な空気感こそ出ないですが、少なくとも曲目的には上位互換だったので。。。

 楽しかった歐林洞ライブがが終わると年末だなあという気分になります。来年もあるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

尾崎亜美Christmas Concert 2018(大阪)

 そういうわけで、12月17日は尾崎亜美Christmas Concert 2018の大阪公演を観てきました。東京が初日、大阪が最終日ですからあっという間ですね(^^;
 会場はなんばHatch。私なんかは湊町というほうがしっくり来る場所ですが、JR関西線の駅が湊町からJR難波に改称されたので、難波と言いくるめられても仕方ないかな。とはいえ駅と同じ場所には湊町バスターミナルがあったりしてややこしい(^^; 話が脱線しましたが、なんばHatchはホールではなくライブハウスで、平面フロアに可動式の椅子を並べたスタイル。2Fもありますが未使用で、1Fはほぼ満席の入りでした。

 ライブは曲目、演出とも東京と同じでした。ということで伏せていた東京のレポも兼ねて綴ります。

<曲目>
1.Joyful Joyful
2.Angela
3.純情
4.My Song For You
5.マイ・ピュア・レディ
6.私がいる
7.Smile
8.シーソー
9.スケッチブック

10.The Christmas Song
11.ママがサンタにキスをした
12.サンタが町にやってくる

13.Harmony
14.天使のウィンク
15.伝説の少女
16.オリビアを聴きながら
17.スープ

en1.蒼夜曲 セレナーデ
en2.Prism Train
en3.Have Yourself A Merry Little Christmas
   ~Silent Night


 このほか、大阪では恒例の関西CMフレーズのコール&レスポンスがありました。亜美さんいわく、客席と一体になる魔法の呪文のようなもの、だとか(笑)
 「とーれとれぴーちぴち」「かにりょーり」(かに道楽)
 「かんさいーでんき」」「ほーあんきょうかい」(関西電気保安協会)
 「てっちゃんてっちゃん」「かねてっちゃん」(カネテツ)
 「ありまひょーえの」「こうようかくへ」(有馬温泉兵衛向陽閣)
曲目には入りませんが(微笑)


オープニングの「Joyful Joyful」はクリスマスの時期のライブでは定番曲で、元歌はベートーベンの第九です。
前半の前半は亜美さんのライブではド定番の曲ですが、ポップで盛り上がる「Angela」「純情」がこの位置にくるのは割と珍しいかも。ここまではミュージシャンが天使の扮装をしてまして、なぜ天使なのかは亜美さんが解説してましたが、亜美さんの個人的なことだったのでここでは省略(笑)
「Smile」は40周年のときに作られた曲ですが、ラストかアンコールで歌われることが多かったので、この位置は意外でした。スケッチブックはのんさん(能年玲奈から改名)への提供曲で、セルフカバーの披露は初。私は気づきませんでしたが東京公演にはのんさんもお見えになってたそうです。

中盤はクリスマスソングのコーナー。ミュージシャンもサンタのコスなどをして楽しい雰囲気で。

後半は「天使のウィンク」からおなじみの曲が並びました。「スープ」はラストやアンコールの定番曲。

そして、アンコール。
もう、超久しぶりに「蒼夜曲セレナーデ」が聴けたのが、感涙。私が観たライブの記録をたどると、2011年3月31日の名古屋・中日劇場での35周年記念ライブを最後に歌われていませんでした。あ、私が観てないライブで歌われている可能性はありますが。。。もともと「蒼夜曲セレナーデ」はソロライブでは欠かさず大切に歌ってきた曲だったのですが、「スープ」を発表した後はその位置づけが「スープ」に変わっていたと思われます。久々に聴く「蒼夜曲セレナーデ」は素晴らしかったです。なんだか魂の叫びみたいで神々しくてね。大阪では亜美さんちょっと涙ぐんでました。やっぱり名曲です。

 さて、今回のライブでは亜美さんが「良く動いていた」のが印象的でした。「サンタが町にやってくる」のとき、亜美さんが客席に降りて練り歩きをしたのです。なんでも、他のアーティストがディナーショーとかで客席に降りて歌っているのをみて、やってみたいと思っていたのだとか。普段のライブではピアノやキーボードを弾いているので降りられないのですが、今回はキーボードミュージシャンを配しているのでそれが出来たと。「純情」とPrism Train」もキーボードを離れてハンドマイクで立って歌ったり。こういうのも良いですねー。盛り上がります。


 今回の2公演はミュージシャンも豪華で素晴らしく、音も良くて良いライブでした。楽しかったなー。また来週も楽しみです。

<ミュージシャン>
 鈴木茂(Gt)
 是永巧一(Gt)
 小原礼(Ba)
 斉藤有太(Key)
 屋敷豪太(Dr)
 Aisa(Chor,Gt,Mand,Perc)
     ・
 尾崎亜美(Vo,pf,Key)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

尾崎亜美Christmas Concert 2018(東京)

 12月14日は「尾崎亜美Christmas Concert 2018」を東京・渋谷区総合文化センター大和田・さくらホール」で観てきました。今年は亜美さんのライブ自体が少なかった・・・というか、あるにはあったけど遠隔地のディナーライブだったり、クルーズ船のライブだったりということでなかなか都合がつかず、私にとっては2月のジョイントコンサート以来。ソロのホールコンサートとなると1年ぶり。いや昨年12月の還暦コンサートはゲストありだったので、本当の意味でのホールでのソロは2016年夏の40周年コンサート以来!客席は満員御礼で盛り上がりました。

 ツアーと言えるか微妙ですが(^^; 17日には大阪公演があるので詳細はその後で。ざっくりこんな感じでした。

 ・亜美さん動く動く。今までにない演出も♪
 ・ちょっと意外な構成だったかな
 ・超ひさしぶりの名曲が聴けて感涙

 良いライブでした。ああ楽しかった♪
 そして終演後は亜美さんはサイン会、ミュージシャンは総出で物販という滅多にない展開でロビーも大賑わいでした。

 大阪公演はまだ切符があるようなので、お近くで時間のある方は如何でしょうか。
 その後、24日には歌い納めの鎌倉歐林洞ライブがあります。今年はあまり追っかけができなかった分、12月で取り返します(笑)。

 そうそう、会場に劇団扉座主宰の横内謙介さんからお花が出ていました。
20181214

 そして終演後にばったり。横内さんと扉座の制作の赤星さんがいらっしゃってまして少しお話しさせていただきました。横内さんが高校生のころ、もう亜美さんが歌ってたそうで。そうそう、亜美さんはデビュー41周年、横内さんが劇作家活動40周年ですものね。芸歴でいえば亜美さんが1年先輩ですね(^^) お忙しいところありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

12月8日

 好きな音楽が自由に楽しめる世の中が続くよう、この日を胸に刻みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

音声メッセージ実現の経緯

 11月25日放送「今日は一日竹内まりや三昧」で河合奈保子さんの音声メッセージが流れたことを前回綴りました。放送当日の私は旅先にてスマートフォンでらじる☆らじるを録音しつつラジオでFM波をモニターしてメッセージをリアルタイムで聞いたのですが、メッセージが流れたあと、MCのクリス松村さんのコメント受けまで聞き終わったところでFM波のモニターは止めてしまいました。なにせ紅葉狩りの最中だったもので(^^;

 番組はほぼ全編、スマートフォンで録音成功しましたので、改めてFMのモニターを止めた時点以降の番組を聞いてみると、終盤に竹内まりやさん本人がスタジオ出演した部分で、今回の音声メッセージが実現した経緯をまりやさんが語っていました。なんとまりやさんが軽く打診したら「快諾」だったそうで。この部分の書き起こしを、本館の談話室に追記しましたので、よろしければ参考に。やっぱり特別な関係なんだなと感じます。


 * * *

 参考までに、今回旅先で録音に使用したアプリを紹介しておきます。
 Andoroidの「録音ラジオサーバー」というアプリで、NHK(らじる☆らじる)とRadikoの聴取と録音・再生が可能です。予約機能もありますが、失敗したら取り返しがつかないので今回は使用せず、直接録音ボタンを押しました(微笑)。旅先で急遽探して見つけたアプリで、長時間の録音に耐えられるのか不安もありましたが、無事に録音できて良かったです。ただし電池の減りが早いですね。私のスマートフォンの電池容量は2700mAhですが、1時間で10%ぐらい消費しました。6時間の放送で60%減ったのでちょっとヒヤヒヤでした。録音していなくても選局した時点で聴取状態となり同様に電池が減っていくようです。録音ファイルはmp3で、容量は1分あたり1MB程度でした。録音ファイルのプロパティを見たら一般的な音楽の録音ファイルと同じ128kbpsで記録されていたのですが、48kbps程度で送出されているとされるインターネットサイマルラジオの録音にはちょっともったいない感じもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »