« 神田で写真集を | トップページ | 扉座公演「無謀漫遊記」を観る »

2018年11月 7日 (水)

深刻化?京都の市バス事情

 ここ1週間ぐらいの間、ツイッターを見ているとタイムラインに京都の「地下鉄・バス一日券」のプロモーションが頻繁に現れていました。誘導された先はこちら。専用サイトですが京都市交通局の公式ですね。

 これを見ていて「ああ、なるほどね」と思いました。京都が一番賑わう紅葉シーズンを前にして、観光客を少しでも市バスから地下鉄にシフトさせたいということなんだなと。プッシュしているのは「地下鉄・バス一日乗車券」。観光客に大人気の「バス一日券」ではないのです。

 近年、京都の市バスは混雑ぶりが問題視されるようになっています。その大きな要因は外国人観光客の増加だとされています。マイカーという選択肢がない外国人観光客の移動手段は必然的に公共交通となるるわけで、安くて便利なバス一日券で観光スポットを回るのが定番化しているようです。加えて大きなスーツケースを抱えて乗り込む人も多く、車内混雑に拍車をかけているとか。そして、バス一日券を買ってしまうと、当然地下鉄で行けるところも「もったいないからバスで行こう」という心理になりますよね。市バスの全ての系統が混雑しているわけではないですが、「観光公害」などと言われるようにもなってきているようです。
(参考:京都新聞 訪日客増で「観光公害」初の調査 交通混雑、民泊トラブルも

 そういう状況から、バスの混雑緩和のため地下鉄へ乗客を振り向けたいという流れになっています。2018年3月に、バス一日券を500円から600円に値上げする一方で、地下鉄にも乗れる京都観光一日乗車券は地下鉄・バス一日券にリニューアルされ1200円から900円に値下げされました。価格差が700円から300円に縮まったので、確かに手を伸ばしやすくなりました。

 ただ、これで地下鉄へのシフトが進むかというと、個人的には「うーん・・・」という感じです。そもそも地下鉄で行けるメジャーな観光スポットが少ないからです。平安神宮、南禅寺、知恩院、二条城、京都御所ぐらいでしょうか。それ以外の観光スポットは結局バスでないとアプローチしにくい。。。。交通局の思惑としては、地下鉄で行けるところまで行って、バスに乗り換えて下さいということだと思いますが、地理不案内な観光客にはちょいとハードルが高いなあと。バスなら大抵のところに乗り換え無しで行けて、値上げされたとはいえ3回乗れば元が取れるバス一日券もあるので、魅力はそうそう下がらないかと。

 ただし!紅葉シーズンの主要なバス系統は、満員で乗れない、ダイヤが乱れまくっていつ来るか分からない、という事態が頻発するので、できるだけ鉄道を利用して移動することを強く勧めたいです。運賃は高く付きますが、移動に時間を取られて見所が回りきれなかったりじっくり見られないようではかえってもったいないですから。

 京都は観光都市である一方で150万人が暮らす大都市です。観光と市民生活がうまく折り合いをつけて共存できるといいのですが。。ちょうど40年前に全廃してしまった市電が、少しでも残っていたらまた違ったんでしょうけどねえ。。

|

« 神田で写真集を | トップページ | 扉座公演「無謀漫遊記」を観る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/67354452

この記事へのトラックバック一覧です: 深刻化?京都の市バス事情:

« 神田で写真集を | トップページ | 扉座公演「無謀漫遊記」を観る »