« 「受信機」を日常の生活に | トップページ | 神戸市電に逢いに行く »

2018年9月22日 (土)

今年も楽しい猫森集会(Cプロ)

 東京・新宿の全労済ホールで毎年開催される谷山浩子さんのシリーズライブ「猫森集会2018」に今年も参加してきました。まだ期間はあるのですが過去形にしたのは、今年は都合で9月21日のCプログラム1つだけの参加になったもので。。

 Cプログラムは「オールリクエスト」。全ての曲が、客席のリクエストで決まります。出演は谷山さんをサポートするキーボード(シンセ)の石井AQさんの他に、ゲストプレイヤーで渡辺等さん。その場の即興演奏となる「オールリクエストに耐えられるプレイヤー」は限られていて、これまでは実績のあるヴァイオリンの斎藤ネコさんとかパーカッションの山口トモさんが担当していたところ、「この人なら出来るんじゃない?」ということで白羽の矢が立ったとのこと。担当は弦楽器でBSとかマンドリンとか。私は初見の方だったのですが、渡辺さんとても良かったです。ベース(コントラバス)の音が好きなこともあるのですが、ピアノとシンセにベースが入ると素敵。そして初見で譜面、場合によっては譜面すらない(歌詞カードにコードだけ書いてあるとか)状況でしっかり合わせてくるのです。マンドリンも良かったなあ。

 演奏曲目はこちら。(手抜き)
2018nekomori_c


 オールリクエストには珍しく(?)白系の曲が並びました。谷山さんというと黒系(=不条理系)の歌に大きな特徴があるので、ちょっと物足りない感じもしないでもなく(微笑)。でも初めて聴くライブだったらこのぐらいが聞きやすくて良いと思います。あ、アンコールはちょっと黒いかも、半黒? M11~13が久しぶりかつ譜面未整備などで苦戦したようで「どうすんだよこれ」なんて言ってましたが(微笑)ちゃんと完奏してました。

 例によって今年も私はリクエスト権は当たらず、10数年リクエスト曲として暖めている曲は今回もお蔵入り。でも.楽しかったです。


 例年、Cプログラムは2日あるのですが、今年は1日だけになってしまったのはちょっと淋しかったですね。来年は2日あるといいな。


 * * * *

 谷山さんと河合奈保子さんの縁と言えばアルバム「ハーフ・シャドウ」のB面(Sunny Side)5曲を谷山さんに提供して頂いていますが、そのアルバムのA面(Shady Side)の2曲「マーマレード・イヴニング」と「12月のオペラグラス」を作曲した小田裕一郎さんの訃報が届きました。マスコミで出回っている記事の見出しでは『「青い珊瑚礁」を作曲』となっていますが、私にとってはなんといっても先ほどの2曲です。アレンジも相まって奈保子さんの曲のなかではずば抜けておしゃれな感じで、.奈保子さんの魅力を引き出して下さったと思っています。ご冥福をお祈りします。

|

« 「受信機」を日常の生活に | トップページ | 神戸市電に逢いに行く »

谷山浩子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

マスターこんにちは。
ご無沙汰しております。

8月にもコメント入れようかと思いましたがトラウマがあるので…

さて、本題ですが(と言っても後半部分についてになりますが)確かにマスターの仰せられるとおり(私も同意)ですが、悲しいかな小田裕一郎さんは「青い珊瑚礁」の小田裕一郎さんなのですよ、世間的には。「12月のオペラグラス」なんて「冬のオペラグラス」と勘違いされる位ですから…(苦笑)

どうしてもよりヒットしたものが代表作になりますよね、世間的には(私はそういう価値観ではありませんが)。
吉元由美さんですら「Jupiter」の吉元由美さんと紹介されることでしょう。

秀樹さんの妹といえば「奈保子」さんが一般的で「秀美」さんとおっしゃる方が少ないのと同じことですね。そういえば「秀美」さんの楽曲には小田裕一郎さん作曲のものが多かったですね。

奈保子さん関連ではまりやさんの代表作のひとつとして「けんかをやめて」があがる位かと。FANとしては悲しいですが…

さて、話題は変わりますが(「猫森集会2018」に触れなくて申し訳ありません)、本日CXにて放送の「名曲お宝音楽祭」と30日にTXで放送の「3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100」に淡い期待をしている今日この頃です。
CXの方は時期的にMFでのさださんとの「秋桜」とか…
マスターは今回もビデオに録ってあとからチェックでしょうか?


投稿: 奈保子さんも亜美さんもFANです。 | 2018年9月26日 (水) 17:17

■奈保子さんも亜美さんもFANです。さん
いらっしゃいませ。
ご指摘ありがとうございます。別にマスコミや世間の認識が間違っているなどと申し上げるつもりはなくて、あくまで「私の中での存在感」を吐露したに過ぎません。
実は小田裕一郎さんが青い珊瑚礁を作曲していたことはこの訃報で知ったような私です。歌謡曲を主にラジオで聴いていた私は元々作者にさほど興味なくて...(テロップで作者が表示されるテレビジョンと違いラジオの音楽番組で作者が紹介されることはまずありません)
そういう人もいるんだぐらいに受け止めて頂ければと思います。

テレビジョンはニュースを除きリアルタイム視聴をすることが殆ど無くなりました。事後チェックをした結果「名曲お宝音楽祭」はスルーでしたが「3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100」ではスマイル・フォー・ミーが出ましたね。西城秀樹さん「YOUNG MAN」からの流れも兄妹を意識させるもので良かったです。

投稿: MARU | 2018年10月 1日 (月) 23:35

マスターこんばんは。

マスターのことだからそういうことだと思っていましたよ。
リアルタイムFANからすると当時、聖子さんは気になっていたんですよ。ハイ。
聖子さん大FANの奴とは、喧嘩友達でしたし(過去形なのはバイクで…)。

「3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100」の秀樹さんの直後の流れは最高でしたね。結構長めでしたし。
また明菜さんがああいう出方だったので、またかなと思っていましたが、きちんとステージでのVでよかったです。

そういえば秀樹さんのお墓は、奈保子さんの母校のすぐ近くですね。
兄妹の縁でしょうか…

投稿: 奈保子さんも亜美さんもFANです。 | 2018年10月 5日 (金) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/67195850

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も楽しい猫森集会(Cプロ):

« 「受信機」を日常の生活に | トップページ | 神戸市電に逢いに行く »