« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月24日 (日)

扉座公演「リボンの騎士」を観る

 きのう6月23日は劇団扉座の公演「リボンの騎士~県立鷲尾高校演劇部奮闘記2018」を観てきました。場所は扉座の根拠地の一つである座・高円寺。この日は昼夜2回公演でしたが直前に切符のとれた昼の部を。

 扉座は尾崎亜美さんが音楽監督として参加した「オリビアを聴きながら」で魅せられて以来、ずっと観ている劇団ですが、実は今回、扉座からのお知らせが届いたのを見て、なんか心が乗らないというか、どーかなーという微妙な感情だったのでした。理由は2つで、題材となった漫画「リボンの騎士」を全く知らず(接触したことがない)楽しめるのだろうかということと、高校が舞台ということで若手中心の座組となり扉座の中堅・ベテランメンバーがほぼ出演していない・・・もっと有り体に言えば個人的な推しメンが出ていない(^^; ということ。そんなこともあって公演が始まっても切符を取らずにいたのですが、フライヤーに踊る「横内謙介劇作家40周年記念公演第1弾」の文字に、やっぱり観ておくべきかなと。

 そんな微妙な感情を抱えての観劇でしたが、芝居が始まってしまったらもう、ぐいぐい引き込まれて。
 様々なハードルやアクシデントを乗り越えて、漫画「リボンの騎士」を劇化して上演にこぎつける高校演劇部の物語。ドタバタ劇のように見えて、ドタバタだけではない深みがあって、笑ったり涙腺が緩んだりと忙しい(笑)青春がいっぱい詰まった舞台。ダンスや舞踏シーンもたくさん盛り込まれていて華やか。とても面白かったです。
 たぶん演劇部の裏側の描写は、実体験に近いものが織り込まれているのだろなあ。演劇部といっても情熱を傾けている人とそうでもない人があったり、目ざす方向性も様々で決して一枚岩ではない・・・加えて部員それぞれの抱えている事情や環境が違う・・それらをまとめて舞台に仕上げていく大変さ。そういった裏側を垣間見るような演出も興味深かったですし、そこを乗り越えていく過程でいろんなことが起きて、目頭が熱くなる芝居でした。

 観劇の目が肥えているわけではないですが、こないだまで新人だと思ってた扉座のメンバーが重要な役どころで良い芝居をしてたりして、若手の伸長もめざましいのが見て取れたのも良かったです白金翔太さん良かったですねえ。劇が進むにつれて(役の上で)どんどんかっこよくなっていくところが素敵でした。客演の中には横内さんが育ててきた方(加藤萌朝さん、吉田美佳子さん)もいて、重要な役どころをやっていたのですが、これも良かったです。扉座って客演の方に良い役を譲っちゃうんですよねえ(微笑)

 公演は7月1日まで。前半戦は完売公演続出だったそうですが、後半はまだ残席があるようなので、お近くの方はぜひ。ストレートプレイではないので観劇が初めてというかたも見やすいと思います。

 そうそう、客演でダンサーのKAHOさんがダンス同好会のリーダー役で出演されてます。ネット上ではこの方を河合奈保子さんの娘さんだとしているブログやツイッターを多数見かけますが、これはフェイク情報。もちろん全く無関係です。そもそも奈保子さんの娘さんは小文字表記(kaho)ですものね。でも親しみを感じて見入ってしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

ソワレバースデーライブ2018

Soiree2018_0
 きのう6月12日は贔屓にしているシャンソン歌手ソワレさんのバースデーライブを観てきました。毎年バースデーの前後でライブをしているソワレさんですが、意外にも「バースデーライブ」と銘打ったのは初めてとのこと。言われてみれば確かにこれまでは「ソワレライブ20XX」でしたね。で、今年は「お誕生日しちゃおうって」なったそうで。うーん、コアな河合奈保子ファンならどっかで聞いたセリフですね(微笑)。
 そうなった要素の一つには、開催場所となってきた東京・渋谷のサラヴァ東京が2019年2月で閉店することになったこともあるんでしょうねえ。つまりサラヴァでの最後のバースデーライブということ。サラヴァ閉店の話は本館のお便り広場にも頂いていますが、突然のことでびっくりしました。河合奈保子ファンミーティングの開催場所がなくなってしまうとは淋しい限り。ソワレさんとしてはかなり不本意な閉店ということで、営業不振が原因ではないということをライブでも力説していましたね。

 そんな話に触れつつも、閉店に関してはあまり多くは語らず、ソワレさんらしく賑やかにライブは進行。2部構成でたっぷり歌いまくる楽しい時間でした。今回は事前にリスナーからリクエストを募ったそうで(私は参加しなかったのですが...)シャンソンの有名曲や人気の高いオリジナル曲が並びました。私の好きな曲もたくさん聴けて大満足。バンドもシンプルな構成ですがいい音でした。
 そして乱れ飛ぶ紙テープ!今回は店内で紙テープを売っていて、どんどん投げてくださいという趣向だったので、終演後はご覧のとおり。盛り上がりがわかりますね。

Soiree2018_1

 「これがないと淋しいんですよ」と言ってましたがこれも聞き覚えのあるセリフですね(微笑)

 そして本編が終了し、アンコールも終わってさようなら、という直前に、今年も出ました!バースデーケーキを持って登場した「なりきり河合奈保子さん」

Soiree2018_2

 これは88年の読売ランドイーストのファイナルバースデーライブのオープニングでの衣装の再現ですね。ソワレさんも喜んでいました。終演後に近くで見せてもらいましたが完成度が高い!今回は事前打ち合わせ無しの飛び入りサプライズだったそうですが、奇しくもファイナルバースデーライブを選んだのはたまたまだったとのこと。それにしても奈保子さんの世代ではない若い方なのに解像度の低い画像から手作りで衣装を再現するなんて、素晴らしいです。

 ***

 ライブのオープニングは越路吹雪さんの曲のメドレーからスタートだったのですが、3曲目のイントロがどう聞いても「スマイル・フォー・ミー」。あれ?と思ったら“古いこの酒場で~”と「ろくでなし」の歌唱に。でもバックでは「ふっふっふっふっ」とコーラスが入るし、間奏はどう聞いても「スマイル・フォー・ミー」だしソワレさんクルクル回っているし。で、最後の最後、サビのところで“ろくでなしー”の代わりに”スマイル・フォー・ミー スマイル・フォー・ユー”と(笑) 実に不思議で笑えるろくでなしとスマイル・フォー・ミーのちゃんぽんアレンジでした。こういう企画についていくバンドメンバーも大変だろうなあ(微笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

いまのまいバースデーライブ2018

 少しタイムラグがありますが、6月3日はよくライブに寄らせてもらっているいまのまいさんのバースデーライブを観てきました。まいさんは毎年誕生日前後にライブを開催しているのですが、今年はなんと「歌手活動30周年記念SP」の副題つき!場所も毎年定番の東京・四谷ソケースロックではなく、すこし大きめのハコである六本木バードランドにグレードアップ。ゆったりしたスペースで、見やすい場所で堪能させてもらいました。

 歌手活動を始めるきっかけになったゆかりの人を招いてのトークや当時のビデオ映写などのスペシャルな企画を盛り込みつつ、現在活動中のユニット「昭和とらいあんぐる」をベースとしたスペシャルバンドによる確かな生演奏で2時間以上歌いまくるという充実のライブ。曲目はいずれご本人のブログに出るのではと思います(他力本願・・・)
 挫折もありつつも、でも歌をやめるということは考えたことがなかったというまいさんの、歌うことが好きという姿勢に溢れた良いライブでした。「歌はあまりうまいほうではないので」と謙遜していましたが、どうしてどうして。そして活動開始当時のビデオを初めて見ましたが、すでに歌唱が完成しつつあったのにびっくり。

 そして30周年ということであらためておめでとうございます。ここで引き合いに出すのもどうかと思いますが、河合奈保子さんの38周年を6月1日にお祝いしたばかりですけど、うち21年は休業状態なわけです。活動内容や露出量が違いますから比較対象にならないとはいえ、やっぱり30年歌い続けているってすごいなと素朴に思うわけです。それも、招かれて歌うだけでなくて自分で企画したり作詞作曲したり、若手育成に携わったりと。私が初めてライブを観たのが2006年8月ですから、もうかれこれ12年ほど。長く観ている気がしますが30年前から観ている人も駆けつけた会場の中ではまだまだ若輩ですね(^^; 

 ということで、まいさんバースデーおめでとうございました。これからも声の続く限り歌っていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

デビュー記念日

 きょう6月1日は河合奈保子さんのデビュー記念日。今年で満38周年です。
 記念日ですからおめでとうございますと綴るのが普通ですが、今年は直前にデビューの恩人とも言える西城秀樹さんの訃報がありました。なんとも言えない切ない気持ちでこの日を迎えることになろうとは。

 今年は代わりに「ありがとうございます」と綴ります。

 デビューしてくれてありがとう。私が音楽に入り込むようになったのは、気づくのが遅かったにせよ奈保子さんの素晴らしい歌唱をリイシュー作品で再認識したのがきっかけ。ソワレさんとの出会いも、尾崎亜美さんとの出会いも、つまりは奈保子さんが出発点。私にとってはホームルームのような存在です。デビューのきっかけを与えてくださった秀樹さんにも、ありがとう。


 先月は思いがけない形で奈保子さんのテキストコメントに接することになりましたが、私たちが笑顔で受け止めることができるような奈保子さんの言葉を聞ける日が来ることを期待したいですね。ご本人の意思を尊重しつつ、引き続き温かく見守っていきたいと思います。

  * * *

 毎年代わり映えしませんが、本館では特設メッセージボードを開設しました。6月いっぱい、開けておく予定です。

| | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »