« 今年もひとりでオールリクエスト | トップページ | 「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集 »

2018年2月13日 (火)

地上波では久しぶり

 本館にもお便りを頂いていますが、きのう2月12日にTBS系のテレビジョンで放送された特別番組「歌のゴールデンヒット」で河合奈保子さんの映像が流れ、SNSでも話題になりました。
 この特番、これまでに「オリコンの50年」、「オリコン1位曲」といったお題で2回放送されていて、今回が3回目。1回目と2回目はどちらも奈保子さんが取り上げられも良さそうなところ見事に素通りされたので、今回は「青春のアイドル50年」というお題ではありましたが、正直に言って期待してなかったんですよねえ。回顧番組では素通りが多いので、久しぶりの地上波での持ち歌映像でした。

 出た映像は81年のレコード大賞での「スマイル・フォー・ミー」と、81年と思われる第3回新春オールスター水上大運動会での「ヤング・ボーイ」の2曲。1曲のみ紹介の歌手も多かったので、普通なら頑張って頂いたという評価になるのでしょうが、2曲目は明らかに「水着姿を出したくて」自社映像から選んだものと思われ。。。CM入り前の予告でも「水着姿を大公開」の文字が躍るなど「水着推し」の面が強かったのが残念です。実際、4時間の放送のなかで水着姿での歌唱シーンを取り上げたのは女性では奈保子さんだけでした。(他に浅野ゆう子さん、ピンクレディのお二人ですが、これは歌唱シーンではなく取材映像)。加えて最後には駄目押しで2016年発売の写真集「再会の夏」が人気だったと、水着のカットを紹介。うーん、、、2017年発売のDVD「河合奈保子プレミアムコレクション」がオリコンの音楽DVDチャートでトップ10入りしたことのほうを紹介して欲しかった。。。他局の映像集だから駄目なのか。でも同系列で放送されたCDTVではちゃんと紹介してましたよね。

 何度でも繰り返しますが奈保子さんのビジュアルの魅力は否定されるものではありません。当時の中では最強でしょう。でもそれだけではなく、声質・歌唱の良さや歌に取り組む謙虚な姿勢もそれ以上に魅力なわけです。でも、こういう扱いをされてしまうと、またぞろ「グラビアアイドルだったんでしょ」という誤解が広がりかねず。。。実際には80年代前半は、アイドル歌手は一部の例外を除き水泳大会に出演して水着姿で歌うことが普通だったということは、当時を知っている世代なら常識のはずなんですが、これではそれが伝わりにくいです。

 とまあ、ちょっと嘆き節が多くなってしまいましたが、勿論出たこと自体は良かったし、これを気にビジュアル面だけでなく音楽面の良さも認識してくれたらなあと思う次第です。ネットのSNSでの反応をみると「かわいい」というビジュアル面の評価が大半な中に「歌が上手い」と言及してくれる方が多少いらしたことに光明を見いだしたいと思います。奈保子さんを知らない若い世代と思われる方にも概ねウケが良かったのもテレビジョンのおかげでしょうね。

 それとともに思うのは、これだけ長時間の番組でも取り上げられなかった名の通ったアイドル歌手がいまして(例えば石川ひとみさん、岡田有希子さん、斉藤由貴さんなど)、もう少し時間配分に工夫ができないものかなと思います。視聴者全員が満足する番組なんて無いのでしょうけど、できるだけ視聴者を忖度して欲しいものです。

|

« 今年もひとりでオールリクエスト | トップページ | 「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

マスターおはようございます。
従来の回顧番組では素通りが多いのは客観的にみて仕方ないのかなとは思っていましたが「青春のアイドル50年」という括りであれば、期待できるかと思って見ていました。1981年レコ大は復帰直後だったので感慨深いシーンでした。水着シーンはマスターや私のような者からすれば要らない(ベストテン初登場の映像とかにしてくれ。みたいな)と思いますが、とりたててFANではなかった人からしたらこれぞ「河合奈保子」だと思うので仕方ないのではないかと思います。TBSもせっかくVを持っているので出したかったのでしょう。
若い世代の方にとっては所謂懐メロ番組なのでそこまで深く考えないと思います(親が見てるからとりあえず見たみたいな)。
「声質・歌唱の良さや歌に取り組む謙虚な姿勢」等はあの短時間ではなかなか表現できないと思うし、結局は営利放送ですから…
DVDもCDTVは売れ行き紹介番組だから紹介してくれましたが、今回は敢えて紹介しなかったのではないかと(他局作品だし)。TBSも同様なDVDを出してくれるといいのですが。
紹介されなかった他の歌手については岡田有希子さん、斉藤由貴さんは色々使いにくいと思いますし(沖田浩之さんも)、石川ひとみさんは(歌手としては)一発屋に近いですから(紅白は感動的でしたが)…
他にも、奈保子さんより売れたと思われる方でも紹介されなかった方もありましたし、みなが満足はなかなか難しいのではないでしょうか。スタジオゲストの選定も含めて。
時間配分も百恵さん、聖子さんに多く割いてしまうのは毎度のことですしね。

投稿: 奈保子さんも亜美さんもFANです。 | 2018年2月14日 (水) 04:45

 マスター、こんにちは。お久し振りです。
私も番組見てました。奈保子さんが登場したことは、とても嬉しかったです。水着に関しては、当時の人にすれば、日本人でアグネスラムに劣らぬ美貌とプロポーションの持ち主が現れたことにビックリしてしまったのでしょうけど、おじさん目線というか…。ただ、救いは映像が水着姿だけでなかったということです。もう、美貌とプロポーションに秀でた女性が、そこを言われるのは美女の宿命だと思うしかないですね。日本が男社会であるかぎり変わらないです。
 ルックスからファンになった人がYouTubeなどを見て、歌を聴いて、奈保子さんの歌の魅力に気付いてくれることを願いましょう!

投稿: めたる | 2018年2月14日 (水) 10:08

こんにちは。ちょっと愚痴らせてください。
この番組録画待機しながらリアルタイムで見てたんです。自分は奈保子さんの水着姿が嫌いなわけではなくて、奈保子さんと言うと水着、水着と騒ぎ立てる風潮が大っ嫌いで奈保子さんの映像前に水着押しの告知があったのでいらんわ!と思って録画しなかったんですが、そしたらあのスマイルが流れてきて本当に大失敗しました・・・。あの水着告知さえなければ録画してたのに。悔しいです。

投稿: ナナオ | 2018年2月14日 (水) 21:24

■奈保子さんも亜美さんもFANです。さん
いらっしゃいませ。
第三者的な目線で冷静に捉えれば、奈保子さんの取り上げられ方については諸々おっしゃるとおりだと思います。このなかなか埋められない世間的な見方とのギャップを少しでも縮めたいですね。
こうした番組で取り上げられなかった方については、理由はいろいろ後付けで考えられるとは思いますが、番組全体を通しての共通的な基準にはなっていないのではと感じます。取り上げられた方にも、該当すると思われる方、いますので。。。いずれにしても誰もが満足する番組というのは難しいとは思います。

投稿: MARU | 2018年2月16日 (金) 00:07

■めたるさん
いらっしゃいませ。
映像が水着姿だけではなかったのが救いというのはごもっともで、かつ歌っている映像でしたから時間は短いながら歌唱の良さを感じてくれる人もいたのは良かったと思っています。そういう点で週刊誌のグラビアで取り上げられるよりも今回のテレビ映像のほうがはるかに良いですね。

投稿: MARU | 2018年2月16日 (金) 00:16

■ナナオさん
いらっしゃいませ。
あらら、そうだったんですね。。。あのCM前の予告は、そういう扱いなんだと思うと残念でした。そしてあの予告の後がスマイル~だったのは私もちょっと意表を突かれました。あの予告は週刊誌でいうところの「釣りタイトル」だったということなんでしょうね。
私はこの手の番組の放送予告があったら、リアルタイム視聴はせずにとりあえずまるごと録画してしまっています。あとはSNSの反応を参考にした上で早送りでざっと見て、必要な部分だけちゃんと視聴してます。最近の音楽特番は長時間なので(^^;

投稿: MARU | 2018年2月16日 (金) 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/66391080

この記事へのトラックバック一覧です: 地上波では久しぶり:

« 今年もひとりでオールリクエスト | トップページ | 「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集 »