« 「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集 | トップページ | ラジオ放送の結果 2題 »

2018年2月26日 (月)

Triple Jewelry Acoustic Night

 もう一昨日になってしまいますが、2月24日は「静岡放送開局65周年特別コンサート 尾崎亜美×杏里×中村あゆみ Triple Jewelry Acoustic Night」を観てきました。いやー、タイトルが長い(^^; 会場は富士市文化会館ロゼシアター大ホール。富士市というだけあって富士山が近い!ロビーからも大きく見えました。

 コンサートの主催が静岡放送ということで、MCというか進行役で大槻有沙アナが登場、3人のライブをつないでいくジョイント形式で進行。あとで気づきましたが、これはラジオの収録も兼ねているので、そのナレーションも兼ねた存在だったようで。

 最初に登場したのは中村あゆみさん。2010年の立山山麓音楽祭でも観ましたが、とにかくパワフルですよねー。気っぷがいい。そして徹底して視聴者参加型。合いの手を入れろとかハンカチ振れだとか立ってジャンプしろとかいろいろと客席向けの「ご要望」が多く(^^; で、合いの手を入れるなんて初見でそんなにいろいろできないものですが、その出来なさ加減をダメ出しされたり(笑)。 ジョイントのトップって客席のノリという面でなかなか難しいものですが、中村さんなりの客席とのコミュニケーションで場内を盛り上げていました。

 続いては杏里さん。中村さんの後でやりにくいと言ってましたが、どうしてどうして。煽らずに自然体で一番盛り上がったのは杏里さんだったのではと思います。ほぼ懐かしい歌で揃えてきて知ってる曲が多かったこともありますが、「Cat's eye」「悲しみがとまらない」では総立ちでした。選曲にあたってはファンのリクエストを考慮したとのことですが、そういうのってファンにとっては嬉しいですよね。個人的には好きな「SUMMER CANDLES」が聴けたのが嬉しい(^^)

 ということで最後に登場したのは尾崎亜美さん。で、杏里さんとジョイントならやっぱりあの曲、ということで、ブリッジ的に「オリビアを聴きながら」をふたりで。ソロになってからはいつもの亜美さんワールド全開で、ユルいトークで和ませながら進行。最新曲も含め近年の曲もそこそこ入れる攻めた選曲でしたねー。定番の盛り上がりどころ「天使のウィンク」では、最初は私を含め数名の「まばら立ち」でしたが、だんだん協賛者が増えて最後は五部立ちぐらいにはなったでしょうか(^^) 

 最後は3人揃って「見上げてごらん夜の星を」。これは珍しいですねー。3人とも歌謡曲って感じとはちょっと違うので。。。ソロのコンサートでは聴けないようなものが聴けるのがジョイントの面白さです。

 コンサートの模様は3月4日12:00から静岡放送ラジオで1時間の特番として放送されます。たぶんradikoエリアフリーでも聴けるんじゃないかな。ライブは約2時間半だったのでどう編集されているのか楽しみです。細かい事故はカットでしょうねー(笑)


<曲目>

中村あゆみ
・翼の折れたエンジェル
・言葉にできない(小田和正カバー)
・ともだち
・悲しみの詩
・アジアの海賊

杏里
・思いきりアメリカン
・Precios One~かけがえのないストーリー
・スノーフレイクの街角(←?自信なし)
・Happy endでふられたい
・Cat's eye
・悲しみがとまらない
・SUMMER CANDLES

杏里&尾崎亜美
・オリビアを聴きながら

尾崎亜美
・My Song For You
・マイ・ピュア・レディ
・Harmony
・伝説の少女
・天使のウィンク
・Smile
・スープ

尾崎亜美&杏里&中村あゆみ
・見上げてごらん夜の星を


※中村あゆみさんの曲数が少ないですが、ソロコーナーの時間は杏里さんと同じ40分でした。中村さんは客席いじりが多いぶん、曲が入らなかったかと(微笑)。

|

« 「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集 | トップページ | ラジオ放送の結果 2題 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/66435149

この記事へのトラックバック一覧です: Triple Jewelry Acoustic Night:

« 「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集 | トップページ | ラジオ放送の結果 2題 »