« 地上波では久しぶり | トップページ | Triple Jewelry Acoustic Night »

2018年2月21日 (水)

「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集

 FMおだわらで毎月第3・4日曜の深夜0時から放送している「午前0時の歌謡祭」は当店で何度も取り上げておりますので、少しはおなじみになってきたでしょうか(^^)。
 2月は「作曲活動50周年・筒美京平特集」ということで、すでに18日深夜に前篇の放送が終了しております。この特集、本人の登場はありませんが、実弟で音楽プロデューサーの渡辺忠孝さんがゲストで登場。実弟ならではの興味深い話が繰り出されておりました。前篇の放送内容がすでに番組ブログにアップされていますのでご覧いただければと思いますが、選曲は60年代~70年代が中心でした。

 で、後篇は予告によると80年代アイドルソングを中心に・・・ということでしたので、ちょっと期待しちゃっていいんじゃないかなあ、河合奈保子さんの楽曲放送を。ちなみに3月7日発売予定のベスト盤「筒美京平自選作品集 50th Anniversaryアーカイヴス アイドル・クラシックス」(ビクター・2枚組・3,241円+税 )には「エスカレーション」が収録予定ですが、さて番組ではどうなりますか。あ、筒美さんの50年の偉業を前後篇たった2時間で振り返ろうというのですから、奈保子さんが流れなくても冷静に受け止めましょうね。

「作曲活動50周年・筒美京平特集」
 後編 2月25日(日)深夜24:00~25:00
 聴取方法は番組ブログにて

 そうそう、告知だけしておいて聴取レポを出していなかった1月の放送ですが、内容は番組ブログで確認ください。(手抜き!)
 予告のあった奈保子さんの楽曲は、アルバム『あるばむ』から「浅い夢」でした。『あるばむ』の発売日が83年1月21日。ちょうど放送日の35年前ということで選んだということでしたが、カバー曲を持ってきたところに意表を突かれました。でも奈保子さんの繊細な歌唱がよくわかる曲ですよね。普通ならまず放送に乗らない曲を出していただいてありがたいことです。

|

« 地上波では久しぶり | トップページ | Triple Jewelry Acoustic Night »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

マスターこんにちは。

ラジオは車に乗っているときにNACK5を聞いている位でほとんど聞かないのですが、マスターがUPしてくださる内容には興味があります。筒美京平さんはアイドル時代後半の作曲者ですね。
当時、正義感に燃えていた青年は、盗作疑惑に敏感で氏の作品は「ぽい」のが結構あって(個人の感想です)、UNバランスもそうでした。また、コントロールの作曲者も疑惑の方(認めましたよね)で、その辺から奈保子さん熱がやや冷めて行った気がします。音楽的にもせっかくいい路線(まりやさん・来生さん)に行ってくれそうな頃だったので…
「疑問符」「微風のメロディー」と続いた時にはまたいい路線に戻ってきてくれたと思ったのですが…
もちろん氏の作品も元祖「17才」をはじめいいものがたくさんあります。ただ当時はそんな思いでした。
いまとなっては「筒美京平自選作品集 50th Anniversaryアーカイヴス アイドル・クラシックス」も他の2作品を買おうかなと思う位です。

1月の放送では「浅い夢」がかかったんですね。
カラオケに行くと必ず歌います(奈保子さんVer.は無いですが)。
「あるばむ」は一番好きなアルバムで、何故か「あるばむ」って聞くと「ダブル・デイト」の歌詞が頭に浮かびます(笑)
「浅い夢」はおっしゃる通り保子さんの繊細な歌唱がよくわかる曲で、来生さん本人の気怠い感じとはまた違った良さですよね。
すみません長文になりました…
更に「あるばむ」を語っちゃうともっともっと長くなるので、このへんで。

投稿: 奈保子さんも亜美さんもFANです。 | 2018年2月22日 (木) 15:27

■奈保子さんも亜美さんもFANです。さん
いらっしゃいませ。
なるほどねぇ。。。私は幸か不幸か、中波ラジオ(AM)ばかり聞いていて洋楽に殆ど接していなかったこともあり、疑惑の類いを感じることなく聴いていました。
以前、さだまさしさんが「88鍵の中でやってるわけだから、そりゃ似てくるものもある」というようなことを言ってた記憶があります。
奈保子さんの自作曲の代表曲に関しても指摘されることがありますが、どう感じます?

内容に興味を持ってくださるということですので、ラジオも聴いてみてくださいね。

投稿: MARU | 2018年2月26日 (月) 01:50

マスターおはようございます。

盗作疑惑の件はあくまでも「当時」敏感だったのですが、筒美先生は数が多すぎて(実は元祖「17才」も)確信犯(意味違うよとか突っ込まないでください(笑))認定してました(個人の感想です)。昔は洋楽からならお咎めなしって感じで作られていたのかなって。
さださん確かに言ってました。さださんの話を出されるとちょっと辛いですね。「似てくることもある」それは否定しませんが、克久先生が彼のアレンジャー(まりやさんも)であり仲が良いっていうのもあってのことかとも思ってしまったり…
実は克久先生のコンサートも何度か行っていますが、問題作以前にも「人生の空から」や「北の国から」(「夏は緑」って曲聞いてみてください)のような感じの曲とかがあったりしてました。
だけど、問題作は子供たちがかわいそうだなって思ってました(似てるけど)。いい着地点はなかったのかと。

「思秋期」ですよね。
子供の頃に刷り込まれたものってベースになることってありますよね。音楽に限らず。こと音楽に関しては「ナツメロ」が喜ばれるのは、そういうことだと思われます。
脱線しましたが、真似る気はなくても刷り込みがあるからメロディを思いついたときに「これはいい」って書き留めたって感じじゃないかと個人的には思うのですが。それこそ、さださんの仰せられる通りで。それに言われるほどって感じですよね。

ラジオは聞いてみようという気もありますが、他のことで時間取られてなかなか…
マスターレポート頼みが続きそうです(笑)

前回、文末の方で「奈保子さん」の「奈」が消えてしまったことをお詫びして訂正いたします。一番やってはいけないミスでした。

投稿: 奈保子さんも亜美さんもFANです。 | 2018年2月27日 (火) 06:21

■ 奈保子さんも亜美さんもFANです。さん
いらっしゃいませ。
筒美京平さんは、ラジオを聴いたところによると元々レコード会社の洋楽担当ディレクターだったそうで、かなり洋楽は聞き込んでいたと。そういった刷り込みはあったのかもしれませんね。

ラジオは聴取者が少ないと番組が終わってしまうので(苦笑)、無理のない範囲で聴取にご協力いただけると幸いです(^^)

投稿: MARU | 2018年3月 5日 (月) 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/66419267

この記事へのトラックバック一覧です: 「午前0時の歌謡祭」 2月は筒美京平特集:

« 地上波では久しぶり | トップページ | Triple Jewelry Acoustic Night »