« 2017年11月 | トップページ

2017年12月13日 (水)

2017年の神戸ルミナリエ

 2017年の神戸ルミナリエは12月8日から17日までの10日間開催されています。今年は神戸開港150周年にあたり、趣向が変わっているという前触れもあり、私は9日の土曜日に、2年ぶりに訪れました。

 会場への誘導路のスタートはいつものとおり元町駅前。大混雑時には駅前の道路が歩行者専用になりいったん西側へ誘導されるものですが、9日はその措置がなかったのでそれほどの混雑ではないと確信。19時25分ごろにスタートして、仲町通りの光の回廊の入口まで約40分。土曜にしてはまずまずスムーズ。

 光の回廊は前回訪れた2015年から1街区分短くなっていましたが、今年は元の長さに。入口付近は光の壁が高くまばやき、華やかでした。

Luminarie_1

 光の回廊を抜けて本会場である東遊園地へ。
 ここは趣向が一新されていました。スパッリエーラが円形に設置されるのが定番だったのが、巨大な光の回廊が3つ連なるような、スクエアーな感じに。今までにない感覚に感嘆。

Luminarie_2

 ここまでは華やかな中にも厳かさがあるエリアですが、東遊園地の南にもサテライト的な会場があり、こちらは少々「俗」なエリア。スパッリエーラの周囲を協賛企業の飲食ブースが取り囲み、ライブステージもあるという、いかにもイベントスペースという感じ。スパッリエーラも音楽に合わせて明滅する動的なもので、本会場とは好対照です。(写真は全点灯時のもの)

Luminarie_3

 本会場の一角には神戸開港150周年記念の作品もありましたが、他の作品とまったくコンセプトが違うので、正直あれれ、という感じがしました(個人の意見です)

Luminarie_4

 開催経費確保の問題から、規模を縮小することはあっても拡大することはなかったルミナリエですが、今年は神戸開港150周年と絡めて規模を少し拡大し新しさも打ち出したのは、だいぶがんばったなと感じます。でも、ルミナリエの原点は「阪神淡路大震災の鎮魂、そして記憶と継承」です。開催趣旨にも謳っています。第21回から開催趣旨に「神戸への集客」が追加されており、震災と直接関係のない開港150周年を絡めたのもその延長と理解しますが、集客にシフトしすぎると単なる一般イベントになってしまい、今後もし集客や経済効果が減少してしまったらかえって開催が難しくなってしまうのではないかなと思ったりもします。資金集めが苦しくなっても規模を縮小してでも継続開催してきたのは、「原点」があるからだと私は思うのです。
 いっぽうで集客が期待できなければ協賛金も期待できないという事情も分かります。本当は来場者や市民の募金が支える部分が大きくなるといいのでしょうけど・・・会場内で実施している100円募金、ボランティアが声をからして呼びかけている様子を見ていると、どうも芳しくないようで,少々残念なことです。「原点」を大切にした開催が継続されることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

はじまりの日に

 きょう12月8日は対米英開戦から76年の日でした。
 最近の東アジアを始めとする国際情勢を見聞きするにつけ、この日の意味に改めて思いを致すところです。

 折に触れ綴っていますが、私は「大好きな音楽を自由に楽しめる世の中が続いて欲しい」という立場です。それ以上でも以下でもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

シャン!シャン!シャンソンフェスティバル

 きのう12月6日はソワレさん企画のシャンソンイベントライブ「シャン!シャン!シャンソンフェスティバル2017」を観てきました。
 場所は東京・晴海の第一生命ホール。トリトンスクエアという再開発街区にある新しくて綺麗で、2階席まである立派なホール。ふだんはクラシック系のライブが多いのかなあ。。。こんな大きなホールでソワレさんの絡むライブを観るのは初めて。いつもは小さめのライブハウスですからねえ。
 で、ライブハウスとは違って少しかしこまったライブになるのかしら・・・と思ったら、そこはやはりいつものソワレさんと同じテイストの楽しいライブでした(^^)

 ソワレさんとKayaさんがオーガナイズしたという出演者も個性的というか、ふつうシャンソンイベントには出ない方々が勢揃い。なにしろシャンソンイベントなのにシャンソン歌手はソワレさんしか居ないという(爆)
 ROLLY/梅垣義明(WAHAHA本舗)/Hitomi/松村雄基/鈴木結女/ソワレ/Kaya(敬称略)

 私にとって初見の方もいらっしゃいましたが、みなさん上手い!聴かせます。WAHAHAの梅垣さんはお笑いだけに客いじりをしながらのイロモノ全開のパフォーマンスだったのですが、歌自体は良いんですよ。むしろROLLYさんのほうが演奏パフォーマンスで魅せるという感じかなあ(言葉選びました)。でも一番盛り上がったのはトリのROLLYさんでした。エレキギターをかき鳴らしてシャンソン歌うのはROLLYさんぐらいでしょう。こういうライブを観ると、シャンソンって自由だよなあと思ったりします。そしてそれが楽しいのです。シャンソン=暗いというイメージのある方に、こういうライブを観て貰いたいですねえ。

 年明けには恒例の「新春シャンソンショウ」が1月29日に東京・渋谷でありますので、これも楽しみです。平日開催ですが、お近くの方でシャンソンってどうなの?と思っている方はぜひ。ROLLYさんも出ますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

扉座公演「江戸のマハラジャ」を観る

 きのう12月3日は東京・高円寺の劇場「座・高円寺1」で劇団扉座公演「江戸のマハラジャ」を観てきました。音楽劇「オリビアを聴きながら」(2011年)で扉座に出逢って、1年後の再演を観て以降、本公演を欠かさず観るようになったので、扉座ファンとしてはちょうど5年といったところでしょうか。

 今回の作品は、扉座の芝居の振り付けを長く手がけているラッキィ池田さんとガッチリ組んだダンス、それもインドのボリウッドダンスをメインにしたもの、という事前情報があったので、肩の凝らない理屈抜きの娯楽作かな、なんて思いながら観劇開始。
 果たして、芝居の前半はそんな感じで進行。江戸の町になぜかインド人が大勢居住していてカレーを屋台で売ったりダンス教室やヨガ教室を開いていたり・・・という設定のなかで冒頭からボリウッドダンスてんこ盛り・大騒ぎで進んでいきます。しかし、そこは扉座、それは序章に過ぎませんでした。中盤以降、インド人の正体がだんだんと明かされてきてから、義理や人情、あるいは正義とは?悪とは?といったことが盛られてきます。そこにこれもまた扉座らしく時事ネタがスパイスのようにまぶされて、笑って泣いて考えさせられて・・・。楽しいだけでない深い芝居でした。

「江戸のマハラジャ」は12月10日まで。公演情報は扉座HPにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ