« はじまりの日に | トップページ | 亜美さんの還暦コンサート・第2章 »

2017年12月13日 (水)

2017年の神戸ルミナリエ

 2017年の神戸ルミナリエは12月8日から17日までの10日間開催されています。今年は神戸開港150周年にあたり、趣向が変わっているという前触れもあり、私は9日の土曜日に、2年ぶりに訪れました。

 会場への誘導路のスタートはいつものとおり元町駅前。大混雑時には駅前の道路が歩行者専用になりいったん西側へ誘導されるものですが、9日はその措置がなかったのでそれほどの混雑ではないと確信。19時25分ごろにスタートして、仲町通りの光の回廊の入口まで約40分。土曜にしてはまずまずスムーズ。

 光の回廊は前回訪れた2015年から1街区分短くなっていましたが、今年は元の長さに。入口付近は光の壁が高くまばやき、華やかでした。

Luminarie_1

 光の回廊を抜けて本会場である東遊園地へ。
 ここは趣向が一新されていました。スパッリエーラが円形に設置されるのが定番だったのが、巨大な光の回廊が3つ連なるような、スクエアーな感じに。今までにない感覚に感嘆。

Luminarie_2

 ここまでは華やかな中にも厳かさがあるエリアですが、東遊園地の南にもサテライト的な会場があり、こちらは少々「俗」なエリア。スパッリエーラの周囲を協賛企業の飲食ブースが取り囲み、ライブステージもあるという、いかにもイベントスペースという感じ。スパッリエーラも音楽に合わせて明滅する動的なもので、本会場とは好対照です。(写真は全点灯時のもの)

Luminarie_3

 本会場の一角には神戸開港150周年記念の作品もありましたが、他の作品とまったくコンセプトが違うので、正直あれれ、という感じがしました(個人の意見です)

Luminarie_4

 開催経費確保の問題から、規模を縮小することはあっても拡大することはなかったルミナリエですが、今年は神戸開港150周年と絡めて規模を少し拡大し新しさも打ち出したのは、だいぶがんばったなと感じます。でも、ルミナリエの原点は「阪神淡路大震災の鎮魂、そして記憶と継承」です。開催趣旨にも謳っています。第21回から開催趣旨に「神戸への集客」が追加されており、震災と直接関係のない開港150周年を絡めたのもその延長と理解しますが、集客にシフトしすぎると単なる一般イベントになってしまい、今後もし集客や経済効果が減少してしまったらかえって開催が難しくなってしまうのではないかなと思ったりもします。資金集めが苦しくなっても規模を縮小してでも継続開催してきたのは、「原点」があるからだと私は思うのです。
 いっぽうで集客が期待できなければ協賛金も期待できないという事情も分かります。本当は来場者や市民の募金が支える部分が大きくなるといいのでしょうけど・・・会場内で実施している100円募金、ボランティアが声をからして呼びかけている様子を見ていると、どうも芳しくないようで,少々残念なことです。「原点」を大切にした開催が継続されることを期待しています。

|

« はじまりの日に | トップページ | 亜美さんの還暦コンサート・第2章 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今年も追悼の日がやってきましたが、生憎の雨模様。
竹灯籠の漢字も「伝」で、永く継承することを意識的に実施しないといけない年月が過ぎてしましました。

www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/

実際のところ、南海トラフ地震の方が気になる周期になっているので、そのためにも防災意識を高める・実効的な防災訓練や避難所運営シミュレーションとかの意義の方が高くなっているかもしれません。

投稿: ギムリン | 2018年1月17日 (水) 05:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/66153708

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年の神戸ルミナリエ:

« はじまりの日に | トップページ | 亜美さんの還暦コンサート・第2章 »