« 2017年の神戸ルミナリエ | トップページ | 亜美さんのクリスマスライブ »

2017年12月19日 (火)

亜美さんの還暦コンサート・第2章

 12月16・17日は『尾崎亜美コンサート~Life Begins at 60 Ⅱ~』を観てきました。このコンサートは7月の公演の再演的位置づけで、7月の時点で「やるかも~」という話だったのですが本当に実現してしまいました。もちろん全く同じものではありませんし、公演自体も7月は東京で2daysだったのが、今回は大阪(16日)と東京(17日)となりまして、こりゃ両方観なきゃと(微笑)。曲目と合わせて模様を綴ります。

■第1部

<曲目・大阪>
1.The Christmas Song
2.My Song For You
3.マイ・ピュア・レディ
4.春の予感
5.砂の女(Vo:鈴木茂)
6.初恋の通り雨(Vo:Chay)
7.伝説の少女

<曲目・東京>
1.The Christmas Song
2.My Song For You
3.マイ・ピュア・レディ
4.春の予感
5.初恋の通り雨(Vo:Chay)
6.Smile(Vo:La Dill)
7.風のライオン(Vo:小坂忠&尾崎亜美)
8.伝説の少女


 亜美さん還暦にちなんで真っ赤な衣装で登場。オープニングに投影された「これから始まるよ」的な映像や選曲も含めてクリスマス気分を反映し、バンドメンバーも最初の2曲は全員サンタの帽子やらトナカイの角やらを着けての演奏(^^)。1部はゲストボーカルの参加があり、これは7月も同じ構成だったのですが、ゲストの数は少なめでその分、亜美さんのボーカルが増量。「春の予感」は季節外れですが、Drの林立夫さんの好きな曲ということで入ったそうです。まあイルカさんは季節に関係なく「なごり雪」歌ってますし、いいんじゃないでしょうか(微笑)

 今回、ゲストが歌った曲は、2018年1月17日発売予定のアルバム「Life Begins at 60」でのコラボから。タイトルからわかるとおり、このアルバムは7月の還暦ライブのCD版という位置づけです。それを発売前にお披露目してくださったわけです。二期会の4人組La Dillの歌うSmileは、アレンジも相まってオリジナルとは景色が違って聞こえました(^^)。Chayさんは7月に続いて「初恋の通り雨」を歌いましたが、衣装や小道具(傘)などで「らしさ」をアップグレード。そして小坂忠さんの「風のライオン」にはじんときました。直前に大病で大手術をして、リハビリで復帰したばかり。少し声が細くなったようにも感じましたが、こうして聴けて良かったです。そして、大阪ではゲストが1人ということもあってか、特別企画でGtの鈴木茂さんの歌が聴けるという貴重な機会が♪全曲中これだけが亜美さんの曲ではありませんでした。


■幕間 ビデオメッセージ
 音楽界で親交ある方からのお祝いメッセージが紹介されました。
 松任谷正隆/平原綾香/奥田民生/伊勢正三/高橋幸宏/高橋真梨子/根本要/松任谷由実(敬称略・登場順)

 7月のときは相撲界や食の分野などからのメッセージも紹介されましたが、今回は音楽界に絞ったとのことでした。基本的に7月と同じビデオが使われてましたが、平原さんは再収録したもの。7月版では強風下での収録でマイクに風の音がビュービュー入っていたのでした(^^; 根本要さんは今回追加。要さんは7月のライブでもしゃべりまくってましたが、ビデオでも長尺でメッセージを寄せてました(笑)ホント楽しい人です。


■第2部

<本編曲目>

1.Joyful Joyful
2.私がいる
3.真水の涙

4.Recipe for Smile
5.身体に残るワイン
6.“へるぷみい”のRecipe
7.桃源郷からコンニチハ (ゲストがコーラスで参加)

8.ハーモニー
9.Prism Train
10.オリビアを聴きながら
11.スープ

 ※4~7は飲食物登場曲メドレー

<アンコール曲目>
・天使のウィンク
・Smile (出演者全員で)(大阪のみ)
・きよしこの夜 (出演者全員で)

 亜美さんは白の衣装に着替えて登場。2部はほぼ7月と同じ曲目が並びましたが、8の「ハーモニー」は新曲。2018年1月17日発売予定のアルバム「Life Begins at 60」で書き下ろした曲ということで生歌唱はこのコンサートが初めてという機会に立ち会えました。9の「Prism Train」は大阪ではまばら立ちでした。私が景気づけに率先して立ったのですが広がりに欠けたみたいで(^^; そういえば大阪は全体的に客席が大人しめでしたね。皆さん楽しんでる様子なのですが、声とか行動に顕著に現れないというか・・・翌日の東京ではスカッと総立ちで、亜美さんもご満悦でした(笑) 個人的には7月に続いて「身体に残るワイン」が聴けたのが嬉しかったなあ。できればメドレーの中の1曲ではなくフル尺で聴きたかったです。

 アンコールでは大阪のみ「Smile」が入り、客席も一緒に歌ったのですが、東京ではLaDillが1部で歌っているのでカットでした。「きよしこの夜」も客席参加企画ですが、東京では小坂忠さんがまず英語で歌ってくれて、これも良かったです。

■そのほか
 今回もグランドピアノを弾く亜美さんを観られたのは嬉しかったです。ただ、大阪では1列目の端のほう観ていたので、ピアノ演奏中は亜美さんの姿が見えないという(^^; ピアノの蓋が完全に開いていれば顔ぐらいは見えたのだと思うのですが、ほんの少しだけ開いた状態だったので蓋に隠れてしまったのでした。全開にしなかったのは後ろのドラムが見えるようにという配慮だと思うのですが、難しいですね。

 東京公演で亜美さんが「大人になったら大人の音楽を、っていうのがイヤなんだよね」とおっしゃってました。「大人という枠にとらわれたくない」ということだと思うのですが、過去にも「大人げない大人でいたい」とか「いつまでもやんちゃでいたい」ということをおっしゃっていて、このあたりは一貫性がありますね。還暦コンサートですが還暦を感じさせないゆえんかと思います。

 公演時間は大阪が2時間15分、東京が2時間30分ほどでした。曲数は7月と変わらないボリュームなのですが、ゲストが少なめ、かつトークの長い人がいなかった(微笑)こともあってさくさく進行し、時間は短くなりました。体感的には本当にあっという間でした。楽しい時間は過ぎるのが早いですね。

 バンドメンバーもレジェンド揃いで演奏も良く、実に楽しい二日間でした。今週末にははさらに濃密な空間で有名な鎌倉歐林洞でのライブがあります。こちらももちろん楽しみです。


<会場>
 大阪:森ノ宮ピロティホール
 東京:渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール

<ミュージシャン>
 鈴木茂(Gt)
 是永巧一(Gt)
 小原礼(Ba)
 Dr.KyOn(Key、Syn)
 林立夫(Dr)
 Aisa(Chor,Gt,Perc)
     ・
 尾崎亜美(Vo,pf,Key)

|

« 2017年の神戸ルミナリエ | トップページ | 亜美さんのクリスマスライブ »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/66174786

この記事へのトラックバック一覧です: 亜美さんの還暦コンサート・第2章:

« 2017年の神戸ルミナリエ | トップページ | 亜美さんのクリスマスライブ »