« 8月9日 | トップページ | 午前0時の歌謡祭「河合奈保子リクエスト大会」前篇終了 »

2017年8月18日 (金)

五山送り火

 お盆は久々に上洛して、8月16日の夜は伝統行事「京都五山送り火」を見ていました。送り火を現地で見るのは久々。最近は(今年もでしたが)、衛星放送で中継もあるのですけどね。去年は直前に大雨になって大変な状況のなかでの送り火になりましたが、今年は雲が優勢ながら降られることはありませんでした。

 五山といっても全てを見ることができるのは市内でもほんのごく一部。従って「どこの送り火を見るか」決めてかかるのが一般的。私は東山の「大文字」、松ヶ崎の「妙・法」、嵐山の「鳥居形」は近くで見たことがあるので、西賀茂の「船形」にターゲットを絞って見ることに。(他に北山の「左大文字」があります)

 地下鉄北大路駅から加茂川べりに出て北上し、上賀茂橋を遙拝ポイントに定めて待機。一番人気の大文字がよく見えて大阪からの交通の便もよい出町柳あたりは遠方からの観覧客(←私のような人)も大勢集まって大変な混雑になりますが、上賀茂橋はいかにも近所の人が三々五々集まってくるという感じで、実になごやか。

Funagata1

 船形は20時10分に点火。最初は船形の角にあたるような場所から点火され、5分ほどで船の形が闇に浮かび上がってきます。

Funagata2

 形が出来て火の勢いがあるのは20分程度でしょうか。やがて静かに火は小さくなっていきます。

Funagata3

 こうして静かに消えていく送り火を見ていると、どこか厳粛な感じがします。
 望外だったのは、川下を見たら東山の大文字も川べりの並木の隙間から見えたこと。位置的に無理なのかと思ってたので、ちょっと得した気分です。

Daimonji

 五山送り火も、先の戦争中は中止されていたといいます。こうして見ることができるのは平和だからこそ、ということを、送り火を見ながら思います。

 * * *

 京都は非戦災都市と言われたりします。確かに六大都市のなかでは圧倒的に被害が少ないですが、実際には市街地への攻撃として「馬町空襲」「西陣空襲」があり、死傷者も出る被害を受けています。
 馬町空襲を記録する会
 西陣空襲を、語り部・磯崎幸典さんに学ぶ~上京ふれあいネット

 また、主要道路でも片側2車線が多い京都の街路にあって、五条通、御池通、堀川通の道幅の広さが際立っていますが、これは戦時中に延焼防止の防火帯にするため沿道の建物の強制取り壊し(建物疎開)を行ったことに由来します。これも戦争の痕跡と言えるでしょう。古都・京都も戦争とは無縁でいられなかったのです。

|

« 8月9日 | トップページ | 午前0時の歌謡祭「河合奈保子リクエスト大会」前篇終了 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

マスター今晩は。お盆に京都へいらしたのですね。私は16日は仕事、観に行けませんでした。
送り火の前日は「終戦」記念日。その戦争では奈保子さんが傑作「Daydream Coast」「Nine Half」を産み出したアメリカや、いま住まれているオーストラリアとも戦っていたんですよね。ハーフムーンセレナーデを「月半小夜曲」として歌い継ぐアジア国々とも・・・過去をしっかり記憶することは未来をひらく道標であり、長崎原爆忌の日にマスターが書かれていた通りです。
奈保子さんの歌声を愛でる幸せを多くの皆さんと共有しながら、その幸せを未来に引き継げるよう、出来ることを続けていきます。
PS;いま午前0時の歌謡祭を聴いてます。「イチゴタルトはお好き?」がかかって大喜び!

投稿: プールサイドでイチゴタルト | 2017年8月21日 (月) 00:54

■プールサイドでイチゴタルトさん
いらっしゃいませ。
京都は時々「行きたくなる病」が発作のように出まして。。。考えてみれば、河合奈保子さんや尾崎亜美さんのファン歴よりも京都通いのほうが長いというフリークです。
そういった旅行が自由に楽しめる、そして好きな音楽を自由に楽しめる世の中でありたいと強く思います。

投稿: MARU | 2017年8月21日 (月) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/65677189

この記事へのトラックバック一覧です: 五山送り火:

« 8月9日 | トップページ | 午前0時の歌謡祭「河合奈保子リクエスト大会」前篇終了 »