« 2017年7月 | トップページ

2017年8月18日 (金)

五山送り火

 お盆は久々に上洛して、8月16日の夜は伝統行事「京都五山送り火」を見ていました。送り火を現地で見るのは久々。最近は(今年もでしたが)、衛星放送で中継もあるのですけどね。去年は直前に大雨になって大変な状況のなかでの送り火になりましたが、今年は雲が優勢ながら降られることはありませんでした。

 五山といっても全てを見ることができるのは市内でもほんのごく一部。従って「どこの送り火を見るか」決めてかかるのが一般的。私は東山の「大文字」、松ヶ崎の「妙・法」、嵐山の「鳥居形」は近くで見たことがあるので、西賀茂の「船形」にターゲットを絞って見ることに。(他に北山の「左大文字」があります)

 地下鉄北大路駅から加茂川べりに出て北上し、上賀茂橋を遙拝ポイントに定めて待機。一番人気の大文字がよく見えて大阪からの交通の便もよい出町柳あたりは遠方からの観覧客(←私のような人)も大勢集まって大変な混雑になりますが、上賀茂橋はいかにも近所の人が三々五々集まってくるという感じで、実になごやか。

Funagata1

 船形は20時10分に点火。最初は船形の角にあたるような場所から点火され、5分ほどで船の形が闇に浮かび上がってきます。

Funagata2

 形が出来て火の勢いがあるのは20分程度でしょうか。やがて静かに火は小さくなっていきます。

Funagata3

 こうして静かに消えていく送り火を見ていると、どこか厳粛な感じがします。
 望外だったのは、川下を見たら東山の大文字も川べりの並木の隙間から見えたこと。位置的に無理なのかと思ってたので、ちょっと得した気分です。

Daimonji

 五山送り火も、先の戦争中は中止されていたといいます。こうして見ることができるのは平和だからこそ、ということを、送り火を見ながら思います。

 * * *

 京都は非戦災都市と言われたりします。確かに六大都市のなかでは圧倒的に被害が少ないですが、実際には市街地への攻撃として「馬町空襲」「西陣空襲」があり、死傷者も出る被害を受けています。
 馬町空襲を記録する会
 西陣空襲を、語り部・磯崎幸典さんに学ぶ~上京ふれあいネット

 また、主要道路でも片側2車線が多い京都の街路にあって、五条通、御池通、堀川通の道幅の広さが際立っていますが、これは戦時中に延焼防止の防火帯にするため沿道の建物の強制取り壊し(建物疎開)を行ったことに由来します。これも戦争の痕跡と言えるでしょう。古都・京都も戦争とは無縁でいられなかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

8月9日

きょう8月9日は、長崎原爆忌でした。
長崎市長の発表した平和宣言を紹介しておきます。

 長崎市-平成29年長崎平和宣言(宣言文)

「最も怖いのは無関心なこ と、そして忘れていくことです」
これは原爆の惨禍に限らず、様々なことに当てはまることだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

8月6日

 きょう8月6日は、広島原爆忌でした。
 広島市長の発表した平和宣言を紹介しておきます。

 広島市-平和宣言【平成29年(2017年)】

 「絶対悪」という表現が、心に響きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

藤田朋子バースデーライブ2017

 きのう8月3日は藤田朋子さんのバースデー。そしてまさにその当日開催だった東京・南青山MANDALAでのバースデーライブを観てきました。

 藤田さん(以下tokoさんと表記)のライブを観るのは、ちょうど2年前のバースデーライブ以来。tokoさん自身が仕事が忙しかったりでライブが少なくなってて、私自身もその数少ないチャンスに行けてなかったりで。。あ、ライブは仕事ではないのか?と言われそうですが、以前聞いたステージトークではtokoさんのライブ活動は事務所がマネージングしているものではなく、tokoさんの個人的活動だそう。tokoさんの仕事が空いてて、ハコが空いてて、ミュージシャンが集まれるという条件での開催というわけです。今回はMANDALAから「そろそろライブやりましせんか?8月3日空いてますけど」と営業があったとか(笑)。バースデーライブを狙ったわけじゃないとおっしゃってましたが、これ2年前のパターンと同じですね(^^) そんなバースデーライブは補助椅子が出るほどの満員御礼状態で、tokoさんもご満悦。

Toko_bd2017

 いつものライブには「chanter et chanter!」というタイトルが付いてますが、今回はシンプルに「バースデーライブ」。ということなのか、ミュージシャンもいつもとは少し違い、音もまた違ったものに。

 桑山哲也(Acc、MC)
 大貫祐一郎(pf)
 足立浩(Dr,Perc)

 一番の違いはドラムが入ったことで、tokoさんのライブでドラムセットが入ったのは初めてだそう。tokoさんの歌う曲はドラムががっつり入るようなものではないのですが(^^; 良い感じに音が入ってました。tokoさんも「きっちり刻んでくれて曲がびしっと決まる」とおっしゃってました。足立さんは最近シャンソンで引っ張りだこのピアニストだそうです。

<曲目>
◎1部
・HOME
・シェルブールの雨傘
・冬の庭
・愛の音
・アコーディオン弾き
・ボンボヤージュ
・夕映え

◎2部
・I will
・On My Own
・Love Letters
 (ここでバースデーセレモニー)
・灯りのある場所
・恋のシーズン
・幸せのリズム
・星に願いを

◎アンコール
・grace(inst.)
・他に何もいらない
・おやすみ


 1部はシャンソンを中心に。新しく仕込んだ曲は「アコーディオン弾き」でした。訳詞もtokoさん自身で。正直、この曲をtokoさんが歌うとは思っていなかったのでびっくり。だって配偶者(桑山さん)がアコーディオン弾きなのに、この曲に出てくるアコーディオン弾きは戦争で兵隊に取られて死んでしまうのですから。。。でも、この曲も含めてシャンソンってドラマチックな展開の曲が多いので,役者向きだと思うのですよね。「シャンソンは難しいから・・・」とおっしゃるtokoさんですが、是非もっと歌って欲しいなと思います。
 1曲目のHOMEはアカペラで。この曲をアカペラで歌うことにtokoさんは強い思い入れがあるとのことで、デビュー作「レ・ミゼラブル」のオーディションのとき、応募時のデモテープに吹き込み、最終選考の場面でも課題曲ではなく「この曲を歌いたい」と直談判してアカペラで歌った曲だったそう。そんなデビューから今年で30年。そんな話をなぜか2部でしてました(笑)

 2部はオリジナル曲や自身のライブでの定番曲を中心に。途中でバースデーセレモニーがありましたが、バースデーケーキが運ばれてきたらtokoさん「ありがとう」って本気で泣いてました。「私を泣かせてどうするのよ」というtokoさんに「これマネージャが用意したケーキですから。」とツッこむ桑山さん(笑)。

 久しぶりに観たtokoさんのライブはやっぱり楽しかったです。休憩挟んで2時間半以上のボリュームでしたがあっという間な感じ。終演後には客席を回ってくださって、なんだか観ているこちらがお祝いされてる気になってしまいました。tokoさんバースデーおめでとうございました。また機会があれば、ぜひ。


 そうそう、客席にはピーターさん(=池畑慎之介さん)もいらっしゃってました。お花も出てましたね。特に隠密的な行動を取ることなく通路そばで堂々とご覧になってましたのですぐに分かりました。オーラが出てましたねえ。ブログには一般客が撮影できない写真が出てますのでどうぞご参考に。


<トークハイライト>
・初めての富士登山。頂きもののモンベルのウェアがこんなに役に立ったことはない。
・「アコーディオン弾き」を年に100回ほど演奏する桑山さん。歌詞には「小柄な男でアコーディオン弾き」と出てくるが、桑山さんが演奏しているとお客さんが「ぷっ」と笑う。
・大竹しのぶさんの舞台「ピアフ」でステージからの引っ込みかたをtokoさんにダメ出しされた桑山さん。
・ポールマッカートニーさんの5月来日公演を全力で応援したtokoさん。
・その公演で良い席(近い席)が取れたため、届けとばかりにシャウトしまくっていたら声が出なくなり「ばかだねえ」と言われてしまったtokoさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

発売まで4週間

 8月になりました。いよいよ「河合奈保子プレミアムコレクション」発売まであと4週間です(^^) 

 収録内容はNAOKO FAN MEETINGで7月24日に発表されましたが、改めて見てみると「直球な」感じがしますね。持ち歌以外の歌唱や他の歌手とのコラボシーンといった変化球はありません(^^; あくまで奈保子さんの歌唱と曲を重視した構成にしたとも取れますし、「大人の事情」で見送ったのかもしれませし。どっちなのかな。。。
 シングル曲は80年から87年までがカバー範囲ですが、デビュー曲の「大きな森の小さなお家」と85年の「THROUGHT THE WINDOW」は入っていません。これは「大人の事情」の香りがしますね。特に「THROUGHT~」のほうは外国楽曲というところが匂います。とはいえ同じく外国楽曲の「はっきりさせて」「星になるまで」は入ってるので、何でかなあという感じはします。書き下ろしとカバーの違いなのか。。。
 数は少ないながらシングルだけではなくアルバム曲も入ってるのは嬉しいことですね。個人的には95年の「アイドル・オンステージ」収録が嬉しいです。アルバムengagementが大好きなもので(^^)

 収録内容にご意見のある方はいらっしゃると思いますが、いずれにしても今回の「NHK映像集」を企画するにあたり初めから第2弾を出すようなことは念頭に置いていないでしょうから、1回限りのチャンスに可能な限りの映像を盛り込むようスタッフが調整した結果なんだろうと、私としては受け止めたいと思います。


 そうそう、いつの間にかamazonではポストカード付きオリジナル限定版の予約が始まってます。昨年の「河合奈保子ライブ・ベスト」と同じパターンで、限定版は値引率が低い(^^;
 こういう「選択肢」はできれば後出しして欲しくないですねえ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ