« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月30日 (水)

「河合奈保子プレミアムコレクション」本日発売

 はい、ということでタイトルのとおり3枚組DVD「河合奈保子プレミアムコレクション ~NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.」は予定通り本日8月30日、発売されました。パチパチ~。販売店によっては8月29日が入荷日になっていて、いわゆるフラゲですでに楽しまれている方もいらっしゃると思います。
 私は今日、予約していたタワーレコード新宿店で引き取ってきました。昨日でもOKだったのかもしれないけど、一応予約メールでは引き取り開始が30日になってたのと、水曜がメンバーズ会員ポイント10倍デーだったもので(^^;

 そして、タワーレコード新宿店といえば、昨日の記事にも書いたとおりパネル展があるはず・・といことで、まっさきに見てきました。8FJ-POP売場の下りエスカレータ前に、それは特設コーナーとともにありました。
 パネル展は歌唱シーンの写真8枚を展示。それほど大きくない写真ですが、8枚並ぶと結構インパクトありますね。たぶん今回収録の歌唱シーンなのだと思います。そして、特設コーナーではディスプレイにDVDの映像が流れ続け、今回のDVDのほか、同時発売の「河合奈保子ゴールデン☆ベスト(HQ仕様)」、昨年発売のDVD「河合奈保子ライブベスト けんかをやめて」、一昨年発売のベスト盤「私が好きな河合奈保子」、MEG-CD「けんかをやめて」などを陳列。なかなか壮観でした。ちなみに隣りは工藤静香さんのソロ30周年盤「凛」の特設コーナー。静香さんはオーディションで「エスカレーション」を歌ったという縁がありますね。

 写真つきで紹介したいところですが、さすがに憚られるので、タワレコ新宿店公式ツイッターで片鱗を感じていただければと思います。
 河合奈保子さん1
 河合奈保子さん2
 工藤静香さん


 さて主要な通販サイトの様子はどうでしょう。
 amazonでは23時現在、DVDのJ-POP音楽部門で10位と、値の張る商品にも関わらず上位入りしてますね。もっともamazonは大幅値引きしてますが。
 タワレコとHMVはどちらも「取り寄せ」のステータス。つまり初回入荷分は早々に捌けたみたいです。

 お便りやコメントにもいただきましたが、今日はフジテレビとTBSの情報番組でDVD発売が取り上げられましたし、またネットでもダイジェスト映像の公開に合わせてプロモーション記事が一斉に出回りましたので、話題になってくれたらいいなと思います。昨年は写真集に注目が集まってしまったので(引っ張られる形でDVDも売れましたが・・・)、今年こそは音楽面に注目が集まってくれたらと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

午前0時の歌謡祭「河合奈保子リクエスト大会」後篇も終了

 先週に引き続き、8月27日深夜のFMおだわら「午前0時の歌謡祭」は河合奈保子リクエスト大会の後篇でした。

 前篇の放送がアルバム曲中心でしたのである程度覚悟(笑)じゃなくて予想はしていましたが、後篇もアルバム曲たっぷりという、実に贅沢な内容になりました。

1.THROUGH THE WINDOW -月に降る雪
<BGM>デビュー ~Fly Me To Love
2.ANGELA -手をひいてアンジェラ
 (アルバム「Daydream Coast」)
3.星になるまで -NIGHT AFTER NIGHT
 (アルバム「NINE HALF」)
<BGM>エスカレーション
4.PARIS OCTOBER ーパリは悲しみに燃え
 (アルバム「さよなら物語」)
<BGM>ハーフムーン・セレナーデ
5.秘めやかなラヴ・ストーリー
 (自作曲ベスト盤「Masterpieces」)
6.想い出のコニーズ・アイランド
 (アルバム「Scarlet」)
7.Dear John
 (アルバム「Members Only」)
8.言葉はいらない ーBeyond The Words
 (アルバム「engagement」)
<BGM>face to face
 (アルバム「nahoko 音」)
9.十六夜物語

シングルA面は本編9曲中2曲という、前篇を上回るアルバム率!
そして普通ならネグられてしまう自作曲も5曲!
 いやあ、いかにリクエスト特集とはいえこんな選曲のラジオ番組はないですよ。きっと、番組常連リスナー以外にも、話を聞きつけた(微笑)奈保子ファンも多くリクエストしたのでしょうね。それをしっかり受け止めて、2週連続の特別編成にして送り出してくれた濱口英樹さんには本当に感謝です。ふだん奈保子さんの楽曲にあまり接していない方にも「こんなにも様々な曲を歌いこなすとともに、作曲・作詞もしていたアーティストだったんだ」と発見してもらえたのではと。夢のような2週間でしたね。

 そして、この特集のきっかけとなったDVD「プレミアムコレクション」の発売ももう明日!さらに盛り上がりたいですね。先週、タワーレコード新宿店に寄ったら、8Fに奈保子さんの既存商品を集めたミニコーナーが出来てまして、DVD発売に合わせてまた特設コーナーを組んでくれるのかなと期待させる風情でした。・・・と思ったら、さっそくこんな告知が。きょう29日よりパネル展ですって!

 * * *

 8月28日発売の「週刊ポスト」(9月8日号)に奈保子さんの写真が掲載されています。
 内容は特に目新しいものではなく、すでにNAOKO FAN MEETINGで発表されている8月30日発売のポスター(6枚組×2種)の写真の中から7枚をセレクト。実質的に広告記事のようなものですね。マガジンハウスのポスター発売はコロムビアのDVD発売に便乗した企画だと思うのですが、肝心のDVDはオマケ程度にしか触れられていないのは残念に思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

午前0時の歌謡祭「河合奈保子リクエスト大会」前篇終了

 かねて告知していたFMおだわら「午前0時の歌謡祭」河合奈保子リクエスト大会は20日深夜、前篇の放送が終了しました。この番組は第3日曜深夜が本放送、第4日曜深夜が再放送となるのが本来ですが、リクエスト曲が多数寄せられたため2週連続の前後篇の構成に変更されたとこのと。再放送がなくなりましたが本放送のボリュームが2倍になったのは嬉しいことですね。

 当日の放送リストについては番組公式サイトに出ておりますので、そちらを参照ください。(手抜きともいう・・・笑)

 リアルタイムで聴いていて強く思ったのが「スゲー選曲だ」ということ。ラジオではまず流れることがないようなアルバム曲が多数流れ、終わってみれば本編9曲中、シングルA面は3曲だけという思い切った内容!こういったことが出来るのも、コミュニティFMならではと思います。せっかくの特集だから滅多に聴けない曲を聴きたいという聴取者の思いと番組MCの濱口英樹さんの思いが共鳴した結果かと。
 とはいえ番組中盤のイントロクイズやBGMも含めれば耳馴染みのシングル曲もそこそこ出ており、一般聴取者もなんとか付いてこれたのではないかと思いたいです(微笑)。なにより、これだけ幅広いタイプの曲を歌っていたのかということを気付いて貰えたら嬉しいですね。リクエストした方のメッセージとともに曲を聴くというのはラジオならではで、CDなどで聴くのとは違う楽しさがあります。

 27日24時からの後篇の放送については番組の中で「シンガーとしてもソングライターとしても飛躍的な進化を遂げた時期の作品をお届けする予定」と告知されていますので、こちらも楽しみですね。


 * * *

 きのう8月22日夜は、同じくFMおだわらの「GOOD DAY! ODAWARA」のパーソナリティも務める いまのまい さん率いる「昭和とらいあんぐる」のライブを観てきたのですが、アンコールの最後に奈保子さんの「デビュー ~Fly Me To Love」を歌ってくれまして。。。ホーンも入ったバンド演奏で聴くまいさんの「デビュー」は良かったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

五山送り火

 お盆は久々に上洛して、8月16日の夜は伝統行事「京都五山送り火」を見ていました。送り火を現地で見るのは久々。最近は(今年もでしたが)、衛星放送で中継もあるのですけどね。去年は直前に大雨になって大変な状況のなかでの送り火になりましたが、今年は雲が優勢ながら降られることはありませんでした。

 五山といっても全てを見ることができるのは市内でもほんのごく一部。従って「どこの送り火を見るか」決めてかかるのが一般的。私は東山の「大文字」、松ヶ崎の「妙・法」、嵐山の「鳥居形」は近くで見たことがあるので、西賀茂の「船形」にターゲットを絞って見ることに。(他に北山の「左大文字」があります)

 地下鉄北大路駅から加茂川べりに出て北上し、上賀茂橋を遙拝ポイントに定めて待機。一番人気の大文字がよく見えて大阪からの交通の便もよい出町柳あたりは遠方からの観覧客(←私のような人)も大勢集まって大変な混雑になりますが、上賀茂橋はいかにも近所の人が三々五々集まってくるという感じで、実になごやか。

Funagata1

 船形は20時10分に点火。最初は船形の角にあたるような場所から点火され、5分ほどで船の形が闇に浮かび上がってきます。

Funagata2

 形が出来て火の勢いがあるのは20分程度でしょうか。やがて静かに火は小さくなっていきます。

Funagata3

 こうして静かに消えていく送り火を見ていると、どこか厳粛な感じがします。
 望外だったのは、川下を見たら東山の大文字も川べりの並木の隙間から見えたこと。位置的に無理なのかと思ってたので、ちょっと得した気分です。

Daimonji

 五山送り火も、先の戦争中は中止されていたといいます。こうして見ることができるのは平和だからこそ、ということを、送り火を見ながら思います。

 * * *

 京都は非戦災都市と言われたりします。確かに六大都市のなかでは圧倒的に被害が少ないですが、実際には市街地への攻撃として「馬町空襲」「西陣空襲」があり、死傷者も出る被害を受けています。
 馬町空襲を記録する会
 西陣空襲を、語り部・磯崎幸典さんに学ぶ~上京ふれあいネット

 また、主要道路でも片側2車線が多い京都の街路にあって、五条通、御池通、堀川通の道幅の広さが際立っていますが、これは戦時中に延焼防止の防火帯にするため沿道の建物の強制取り壊し(建物疎開)を行ったことに由来します。これも戦争の痕跡と言えるでしょう。古都・京都も戦争とは無縁でいられなかったのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

8月9日

きょう8月9日は、長崎原爆忌でした。
長崎市長の発表した平和宣言を紹介しておきます。

 長崎市-平成29年長崎平和宣言(宣言文)

「最も怖いのは無関心なこ と、そして忘れていくことです」
これは原爆の惨禍に限らず、様々なことに当てはまることだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

8月6日

 きょう8月6日は、広島原爆忌でした。
 広島市長の発表した平和宣言を紹介しておきます。

 広島市-平和宣言【平成29年(2017年)】

 「絶対悪」という表現が、心に響きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

藤田朋子バースデーライブ2017

 きのう8月3日は藤田朋子さんのバースデー。そしてまさにその当日開催だった東京・南青山MANDALAでのバースデーライブを観てきました。

 藤田さん(以下tokoさんと表記)のライブを観るのは、ちょうど2年前のバースデーライブ以来。tokoさん自身が仕事が忙しかったりでライブが少なくなってて、私自身もその数少ないチャンスに行けてなかったりで。。あ、ライブは仕事ではないのか?と言われそうですが、以前聞いたステージトークではtokoさんのライブ活動は事務所がマネージングしているものではなく、tokoさんの個人的活動だそう。tokoさんの仕事が空いてて、ハコが空いてて、ミュージシャンが集まれるという条件での開催というわけです。今回はMANDALAから「そろそろライブやりましせんか?8月3日空いてますけど」と営業があったとか(笑)。バースデーライブを狙ったわけじゃないとおっしゃってましたが、これ2年前のパターンと同じですね(^^) そんなバースデーライブは補助椅子が出るほどの満員御礼状態で、tokoさんもご満悦。

Toko_bd2017

 いつものライブには「chanter et chanter!」というタイトルが付いてますが、今回はシンプルに「バースデーライブ」。ということなのか、ミュージシャンもいつもとは少し違い、音もまた違ったものに。

 桑山哲也(Acc、MC)
 大貫祐一郎(pf)
 足立浩(Dr,Perc)

 一番の違いはドラムが入ったことで、tokoさんのライブでドラムセットが入ったのは初めてだそう。tokoさんの歌う曲はドラムががっつり入るようなものではないのですが(^^; 良い感じに音が入ってました。tokoさんも「きっちり刻んでくれて曲がびしっと決まる」とおっしゃってました。足立さんは最近シャンソンで引っ張りだこのピアニストだそうです。

<曲目>
◎1部
・HOME
・シェルブールの雨傘
・冬の庭
・愛の音
・アコーディオン弾き
・ボンボヤージュ
・夕映え

◎2部
・I will
・On My Own
・Love Letters
 (ここでバースデーセレモニー)
・灯りのある場所
・恋のシーズン
・幸せのリズム
・星に願いを

◎アンコール
・grace(inst.)
・他に何もいらない
・おやすみ


 1部はシャンソンを中心に。新しく仕込んだ曲は「アコーディオン弾き」でした。訳詞もtokoさん自身で。正直、この曲をtokoさんが歌うとは思っていなかったのでびっくり。だって配偶者(桑山さん)がアコーディオン弾きなのに、この曲に出てくるアコーディオン弾きは戦争で兵隊に取られて死んでしまうのですから。。。でも、この曲も含めてシャンソンってドラマチックな展開の曲が多いので,役者向きだと思うのですよね。「シャンソンは難しいから・・・」とおっしゃるtokoさんですが、是非もっと歌って欲しいなと思います。
 1曲目のHOMEはアカペラで。この曲をアカペラで歌うことにtokoさんは強い思い入れがあるとのことで、デビュー作「レ・ミゼラブル」のオーディションのとき、応募時のデモテープに吹き込み、最終選考の場面でも課題曲ではなく「この曲を歌いたい」と直談判してアカペラで歌った曲だったそう。そんなデビューから今年で30年。そんな話をなぜか2部でしてました(笑)

 2部はオリジナル曲や自身のライブでの定番曲を中心に。途中でバースデーセレモニーがありましたが、バースデーケーキが運ばれてきたらtokoさん「ありがとう」って本気で泣いてました。「私を泣かせてどうするのよ」というtokoさんに「これマネージャが用意したケーキですから。」とツッこむ桑山さん(笑)。

 久しぶりに観たtokoさんのライブはやっぱり楽しかったです。休憩挟んで2時間半以上のボリュームでしたがあっという間な感じ。終演後には客席を回ってくださって、なんだか観ているこちらがお祝いされてる気になってしまいました。tokoさんバースデーおめでとうございました。また機会があれば、ぜひ。


 そうそう、客席にはピーターさん(=池畑慎之介さん)もいらっしゃってました。お花も出てましたね。特に隠密的な行動を取ることなく通路そばで堂々とご覧になってましたのですぐに分かりました。オーラが出てましたねえ。ブログには一般客が撮影できない写真が出てますのでどうぞご参考に。


<トークハイライト>
・初めての富士登山。頂きもののモンベルのウェアがこんなに役に立ったことはない。
・「アコーディオン弾き」を年に100回ほど演奏する桑山さん。歌詞には「小柄な男でアコーディオン弾き」と出てくるが、桑山さんが演奏しているとお客さんが「ぷっ」と笑う。
・大竹しのぶさんの舞台「ピアフ」でステージからの引っ込みかたをtokoさんにダメ出しされた桑山さん。
・ポールマッカートニーさんの5月来日公演を全力で応援したtokoさん。
・その公演で良い席(近い席)が取れたため、届けとばかりにシャウトしまくっていたら声が出なくなり「ばかだねえ」と言われてしまったtokoさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

発売まで4週間

 8月になりました。いよいよ「河合奈保子プレミアムコレクション」発売まであと4週間です(^^) 

 収録内容はNAOKO FAN MEETINGで7月24日に発表されましたが、改めて見てみると「直球な」感じがしますね。持ち歌以外の歌唱や他の歌手とのコラボシーンといった変化球はありません(^^; あくまで奈保子さんの歌唱と曲を重視した構成にしたとも取れますし、「大人の事情」で見送ったのかもしれませし。どっちなのかな。。。
 シングル曲は80年から87年までがカバー範囲ですが、デビュー曲の「大きな森の小さなお家」と85年の「THROUGHT THE WINDOW」は入っていません。これは「大人の事情」の香りがしますね。特に「THROUGHT~」のほうは外国楽曲というところが匂います。とはいえ同じく外国楽曲の「はっきりさせて」「星になるまで」は入ってるので、何でかなあという感じはします。書き下ろしとカバーの違いなのか。。。
 数は少ないながらシングルだけではなくアルバム曲も入ってるのは嬉しいことですね。個人的には95年の「アイドル・オンステージ」収録が嬉しいです。アルバムengagementが大好きなもので(^^)

 収録内容にご意見のある方はいらっしゃると思いますが、いずれにしても今回の「NHK映像集」を企画するにあたり初めから第2弾を出すようなことは念頭に置いていないでしょうから、1回限りのチャンスに可能な限りの映像を盛り込むようスタッフが調整した結果なんだろうと、私としては受け止めたいと思います。


 そうそう、いつの間にかamazonではポストカード付きオリジナル限定版の予約が始まってます。昨年の「河合奈保子ライブ・ベスト」と同じパターンで、限定版は値引率が低い(^^;
 こういう「選択肢」はできれば後出しして欲しくないですねえ。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »