« 発売まで4週間 | トップページ | 8月6日 »

2017年8月 4日 (金)

藤田朋子バースデーライブ2017

 きのう8月3日は藤田朋子さんのバースデー。そしてまさにその当日開催だった東京・南青山MANDALAでのバースデーライブを観てきました。

 藤田さん(以下tokoさんと表記)のライブを観るのは、ちょうど2年前のバースデーライブ以来。tokoさん自身が仕事が忙しかったりでライブが少なくなってて、私自身もその数少ないチャンスに行けてなかったりで。。あ、ライブは仕事ではないのか?と言われそうですが、以前聞いたステージトークではtokoさんのライブ活動は事務所がマネージングしているものではなく、tokoさんの個人的活動だそう。tokoさんの仕事が空いてて、ハコが空いてて、ミュージシャンが集まれるという条件での開催というわけです。今回はMANDALAから「そろそろライブやりましせんか?8月3日空いてますけど」と営業があったとか(笑)。バースデーライブを狙ったわけじゃないとおっしゃってましたが、これ2年前のパターンと同じですね(^^) そんなバースデーライブは補助椅子が出るほどの満員御礼状態で、tokoさんもご満悦。

Toko_bd2017

 いつものライブには「chanter et chanter!」というタイトルが付いてますが、今回はシンプルに「バースデーライブ」。ということなのか、ミュージシャンもいつもとは少し違い、音もまた違ったものに。

 桑山哲也(Acc、MC)
 大貫祐一郎(pf)
 足立浩(Dr,Perc)

 一番の違いはドラムが入ったことで、tokoさんのライブでドラムセットが入ったのは初めてだそう。tokoさんの歌う曲はドラムががっつり入るようなものではないのですが(^^; 良い感じに音が入ってました。tokoさんも「きっちり刻んでくれて曲がびしっと決まる」とおっしゃってました。足立さんは最近シャンソンで引っ張りだこのピアニストだそうです。

<曲目>
◎1部
・HOME
・シェルブールの雨傘
・冬の庭
・愛の音
・アコーディオン弾き
・ボンボヤージュ
・夕映え

◎2部
・I will
・On My Own
・Love Letters
 (ここでバースデーセレモニー)
・灯りのある場所
・恋のシーズン
・幸せのリズム
・星に願いを

◎アンコール
・grace(inst.)
・他に何もいらない
・おやすみ


 1部はシャンソンを中心に。新しく仕込んだ曲は「アコーディオン弾き」でした。訳詞もtokoさん自身で。正直、この曲をtokoさんが歌うとは思っていなかったのでびっくり。だって配偶者(桑山さん)がアコーディオン弾きなのに、この曲に出てくるアコーディオン弾きは戦争で兵隊に取られて死んでしまうのですから。。。でも、この曲も含めてシャンソンってドラマチックな展開の曲が多いので,役者向きだと思うのですよね。「シャンソンは難しいから・・・」とおっしゃるtokoさんですが、是非もっと歌って欲しいなと思います。
 1曲目のHOMEはアカペラで。この曲をアカペラで歌うことにtokoさんは強い思い入れがあるとのことで、デビュー作「レ・ミゼラブル」のオーディションのとき、応募時のデモテープに吹き込み、最終選考の場面でも課題曲ではなく「この曲を歌いたい」と直談判してアカペラで歌った曲だったそう。そんなデビューから今年で30年。そんな話をなぜか2部でしてました(笑)

 2部はオリジナル曲や自身のライブでの定番曲を中心に。途中でバースデーセレモニーがありましたが、バースデーケーキが運ばれてきたらtokoさん「ありがとう」って本気で泣いてました。「私を泣かせてどうするのよ」というtokoさんに「これマネージャが用意したケーキですから。」とツッこむ桑山さん(笑)。

 久しぶりに観たtokoさんのライブはやっぱり楽しかったです。休憩挟んで2時間半以上のボリュームでしたがあっという間な感じ。終演後には客席を回ってくださって、なんだか観ているこちらがお祝いされてる気になってしまいました。tokoさんバースデーおめでとうございました。また機会があれば、ぜひ。


 そうそう、客席にはピーターさん(=池畑慎之介さん)もいらっしゃってました。お花も出てましたね。特に隠密的な行動を取ることなく通路そばで堂々とご覧になってましたのですぐに分かりました。オーラが出てましたねえ。ブログには一般客が撮影できない写真が出てますのでどうぞご参考に。


<トークハイライト>
・初めての富士登山。頂きもののモンベルのウェアがこんなに役に立ったことはない。
・「アコーディオン弾き」を年に100回ほど演奏する桑山さん。歌詞には「小柄な男でアコーディオン弾き」と出てくるが、桑山さんが演奏しているとお客さんが「ぷっ」と笑う。
・大竹しのぶさんの舞台「ピアフ」でステージからの引っ込みかたをtokoさんにダメ出しされた桑山さん。
・ポールマッカートニーさんの5月来日公演を全力で応援したtokoさん。
・その公演で良い席(近い席)が取れたため、届けとばかりにシャウトしまくっていたら声が出なくなり「ばかだねえ」と言われてしまったtokoさん。

|

« 発売まで4週間 | トップページ | 8月6日 »

藤田朋子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/65619029

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田朋子バースデーライブ2017:

« 発売まで4週間 | トップページ | 8月6日 »