« 2017年6月 | トップページ

2017年7月26日 (水)

亜美さんの還暦コンサート

 ということで、改めて先週末の『尾崎亜美コンサート~Life Begins at 60~』2days公演の模様を綴りたいと思います。

■第1部

<曲目・1日目>
1.Walking in the rain
2.マイ・ピュア・レディ
3.匂い立つ風(La Dill)
4.時に愛は(真心ブラザース)
5.My Song For You(浜崎貴司)
6.風のライオン(小坂忠&尾崎亜美)
7.伝説の少女(観月ありさ)

<曲目・2日目>
1.Walking in the rain
2.初恋の通り雨(Chay)
3.時に愛は(真心ブラザース)
4.冥想(根本要)
5.マイ・ピュア・レディ(根本要)
6.風のライオン(小坂忠&尾崎亜美)
7.あなたの空を翔びたい(デーモン閣下)
8.伝説の少女

 亜美さんは全身真っ赤な衣装で登場。ゲストが亜美さんの曲を歌う趣向の1部は、ゲストとのトークも盛りだくさんで楽しいステージでした。1日目は観月ありささんとのトークが一番盛り上がったかな。デビュー当時の話があれこれと。2日目は根本要さんとデーモン閣下のトークが盛り上がって1日目に比べて20分ほど押しました(笑)。亜美さんと小原礼さんの結婚式のとき、牧師が予約をすっぽかして来ず、閣下が「司祭」として代役を務めた顛末は爆笑につぐ爆笑でした。庭掃除までやるデーモン閣下、いい人・・・いや悪魔だわ。
 2日とも出演した真心ブラザースの「時に愛は」は以前に男目線の詞に変えてサンバ調でカバーしたバージョンでの演奏だそうで、原曲のイメージが吹っ飛ぶインパクト大な演奏でした!まあ、これはこれでアリかなと。真心ブラザースは亜美さんと「寿司友」なんだとか。羨ましい(^^)
 1日目のLa Dillは二期会の4人組グループで亜美さんがプロデュース。「匂い立つ風」は提供作ですので、持ち歌ですね。2日目のChayさんは若い女性ですが、親が亜美さんを良く聴いていた繋がりと。「初恋の通り雨」を素敵に歌ってました。
 2日通して男性が亜美さんの曲を歌っていますが、これがみなさん良い感じでした。浜崎さんは地声で切々と。要さんは「マイ・ピュア・レディ」を原キーでチャレンジ。デーモン閣下の「あなたの空を翔びたい」は綺麗で高い声で圧巻でした。そうえいば、何で要さんだけ2曲だったのかな。。。

■幕間 ビデオメッセージ
 各界の親交ある方からのお祝いメッセージが紹介されました。
 松任谷正隆/平原綾香/奥田民生/高田川親方(元・安芸乃島)・輝関・竜電関/服部幸應/伊勢正三/神谷明/高橋幸宏/田崎真也/高橋真梨子/松任谷由実(敬称略・登場順)

 一番ウケたのは高田川部屋の関取2人で、「亜美さんに稽古を付けて貰い・・・」とか言ってて、んなわけないやろが!と心の中で突っ込んでました(^^)

■第2部

<曲目・2日とも共通>

1.私がいる
2.真水の涙
3.名もない歌でいい(with小坂忠)

4.Recipe for Smile
5.身体に残るワイン
6.“へるぷみい”のRecipe (真心ブラザースが小芝居で参加)
7.桃源郷からコンニチワ (ゲストがコーラスで参加)

8.グルメ天国(2日目はデーモン閣下が台詞で参加)
9.Prism Train
10.オリビアを聴きながら
11.スープ

En1.天使のウィンク
En2.Smile (出演者全員で)

 ※4~7は飲食物登場曲メドレー


 亜美さんは衣装替えで白基調の衣装に。2部は亜美さんソロですが、ちょいちょいゲストも参加してこちらも楽しいステージでした。曲は最新アルバム「soup」からがメインでしたが、中盤のメドレーではライブでは滅多にやらない曲も聴けて嬉しかったです。「“へるぷみい”のRecipe」はライブで初めて聴きました。「身体に残るワイン」も初めてかも。これが一番印象に残ったかなあ。名盤といわれる「HOT BABY」のなかの名曲です。
 「Prism Train」は終盤盛り上がりどころの定番曲ですが、天使のウィンクの後に続けて演奏されることが多く、いきなりPrism~ が始まったのでちょっと面食らってしまいました。。。スタンディングが定番ですが1日目は誰も立たず、2日目は率先して立ったものの「まばら立ち」でした(^^; 亜美さんはそんな客席の様子に、かつて京都会館で高橋真梨子さんと同じ日にライブをやったことを思いだしたそうです。先にライブが終わって亜美さんのライブに駆けつけた高橋さんは、そのとき総立ちだった客席を見て「うちは総すわりだから」と言ったとか。いやあ、あんな激しい曲を歌ってるときにそんなことを思いだすなんて、亜美さんすごいなあ。。あ、アンコールの「天使のウィンク」では両日ともすかっと総立ちになりました。

■そのほか
 私にとって何が一番嬉しかったかというと、久しぶりにグランドピアノを弾く亜美さんを観られたこと。ここ5~6年のライブは周年の大きなコンサートでもエレピの演奏だったんですよね。ピアノが置いてあるライブハウスでも使わなかったり。別にエレピがダメということはないのですが、やっぱりピアノの音はピアノの演奏で聴きたいなあと。弾き姿も良いですし(^^)

 公演時間は1日目が2時間40分、2日目が2時間55分ほどでした。大ボリュームのコンサートでしたがあっという間に感じました。トークが多めで時間の割りには曲数が稼げてないのも一因かも。(1日目20曲、2日目21曲/感じ方には個人差があります)

 両日とも盛り上がった楽しいコンサートでしたが、1日目は、実は音響が良くなかったのが少々残念でした。ボーカルマイクは良かったのですがバンドの音が。。。PAの調整不足だと思うのですが、せっかくの生ドラムなのに打ち込みのように聞こえてきたりして。。。2日目は修正されていて、気持ちよく聴けました。

 2日目のトークによると、12月にも再演するかも、なんて話がありましたので、実現したら嬉しいですね。毎年恒例の鎌倉歐林洞でのライブと合わせて12月は忙しくなりそう(^^) 楽しみです。


<会場>
 渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール
<ミュージシャン>
 鈴木茂(Gt)
 是永巧一(Gt)
 小原礼(Ba)
 Dr.KyOn(Key、Syn)
 屋敷豪太(Dr)
 Aisa(Chor,Gt,Perc)
     ・
 尾崎亜美(Vo,pf,Key)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

奈保子さんHappy Birthday

 きょう7月24日は河合奈保子さんのバースデー。おめでとうございます!
 表だった音楽活動がない中で迎えるバースデーがもう何年も続いていて、もどかしい気持ちもありつつも、それでもやっぱりバースデーはおめでたいです(^^) 奈保子さんが生まれてこなかったら、こうして素晴らしい歌唱や曲の数々が楽しめなかったのですから。私にとっては音楽の楽しみ方の幅を広げるきっかけを与えてくださったということでも感謝です。

 そうそう、今年のバースデーではファンによる新たな取り組みも発見。
 関東ブロック紙の東京新聞にはToKToK伝言板という個人で出せる広告欄があるのですが、7月23日付け紙面に、なんとファンからの誕生日メッセージが2件掲載されていました。

Toktok0723_2

 この個人広告欄はSMAPファンが周年の節目などに大量出稿し、ほぼ1ページがSMAPへのメッセージで埋め尽くされたことが話題になったのですが、なるほどなあと思ったものです。こうしてファンの思いをネットではない場所で「可視化」することも、奈保子さんの素晴らしさを伝える一つになりますね。ちなみに、なぜ23日付け紙面なの?と思うかもしれませんが、この欄は残念ながら毎週月曜は休載なのです(^^;


 さて、ご本人に動きがなくても、これまでに残された素晴らしいコンテンツが着々と商品化されてきているのはありがたいことで、既報のとおり8月30日にはNHKのテレビジョン出演シーンを編集した「河合奈保子プレミアムコレクション」の発売予定にまで至ったのは感慨深いです。何しろ“過去の発売済み作品のリイシュー”や、“自社音源のCD化、自社映像のDVD化”ではなく、新たに他社の素材を借用して編集した“純粋な新商品”なんですから!これも奈保子さんの歌唱の色あせない魅力ゆえのことだと思います。
(もちろん、これまでの売上実績も大きいに違いありません)

 そして、事前の期待どおり NAOKO FAN MEETING サイトではバースデーを期して収録内容が発表されました。こうして具体的に中身が分かってくると発売日がさらに楽しみになりますね。

 こうして盛り上がれる状態でバースデーを迎えられたことは喜ばしいことです。奈保子さん、改めてバースデーおめでとうございます。健やかな1年でありますように。

| | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

Life Begins at 60

 きのう7月22日は『尾崎亜美コンサート~Life Begins at 60~』の初日。渋谷区文化総合センター大和田さくらホールは、完売満席の客席が大いに盛り上がりました!

 「還暦祝いコンサート」ということで、ソロコンサート扱いながらゲストが多数。初日のゲストは登場順に、クラシック界からLa Dill 、ポップス界からは真心ブラザース、浜崎貴司さん(FLYING KIDS)、小坂忠さん、観月ありささん。1部はゲストの歌とトークがメイン、2部はちょいちょいゲストの方々が絡んでの亜美さんメインの歌という構成でした。ゲストのみなさんそれぞれに親交のある方々で、紹介を兼ねた亜美さんとゲストの方々の織りなすトークが面白かったです。

 亜美さんのコンサートはいつも楽しいですが、今回はゲストの登場もあってさらに楽しかったです。2時間40分ほどの公演で大ボリュームでしたが、あっという間に感じました。

 以上、レポが詳しくないのは2daysの初日だからで、終了まではナイショ。追加公演の今日7月23日のゲストは小坂忠さん、chayさん、デーモン閣下、根元要さん(スターダストレビュー)、真心ブラザースのみなさん。デーモン閣下は本場所中なのに大丈夫なのかしら(笑)。今日は当日券があるようですので、渋谷近辺に出向く方は如何でしょうか。開演は17:30です。


 そして明日は河合奈保子さんのバースデー。8月30日発売のDVD-BOX「河合奈保子プレミアムコレクション」に関して、NAOKO FAN MEETINGで何らかの発表があるのではないかと期待しております(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

サラヴァでパリ祭

 きのう7月14日はフランス革命記念日。日本ではパリ祭の名前で、シャンソンのコンサートが開かれたりします。というわけで、シャンソン歌手のソワレさん企画「サラヴァ東京 パリ祭2017」を観てきました。場所はタイトルのとおりソワレさんがオーナーを務める東京・渋谷のサラヴァ東京です。

 この時期にサラヴァでパリ祭を開くのはここ数年の定番ですが、他のパリ祭と違うところはソワレさん以外にシャンソン歌手が出ないこと(笑)。今年はミュージカル俳優や舞台俳優、モデル、普段はシャンソンを歌わない歌手など多彩な顔ぶれが並びました。このあたり、シャンソンは好きだけどシャンソン界からは距離を置いているソワレさんらしい企画です。
 でも歌われるシャンソンはソワレさんの選りすぐり。「マニアックで知ってる曲が殆どないかも」なんて言ってスタートしましたが、私でも1/3ぐらいは知ってました。
 出演者はソワレさん以外初見の方ばかりでしたが、みなさん真面目にシャンソンを歌いこなしていて良かったです。中には寸劇混じりのものもあって、芸達者でしたねー。選曲がそうだったということもありますが、ドラマチックな内容が多かったので、ライブを聴くというよりは芝居を観ている感じがより強く感じました。
 (私は通常のライブレポでも「観た」と表記していますが、音楽だけではないパフォーマンスを含めてそのように表現しています。)

 全20曲、たっぷりシャンソンを浴びて楽しい時間でした。手拍子で盛り上がるだけがライブじゃない、と思います。もちろん、そういうのも好きですけどね(^^)


 さて、開演前にソワレさんとお会いしてお話する機会もありましたが、話は自然と8月発売の「河合奈保子プレミアムコレクション」のことに。ソワレさんは収録内容をご存じのようでしたが、発表を楽しみにとっておくためにあえて深掘りして聞くことはしませんでした。権利処理が大変だったようです。やはり出せないシーンもあったということで。。。それから、発売連動イベントを考えているということでしたので、もし実現したら嬉しいですね。楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

亜美さんの記念コンサートはもうすぐ

 尾崎亜美さんは今年デビュー41周年で区切りの年ではないのですが、めでたく還暦を迎えられまして、これを記念したライブを開催するという告知をバースデーに出しておりました。(→これ
 この還暦ライブ、売り出しの後あっという間に完売になりまして、好評につき追加公演が組まれております。

 『尾崎亜美コンサート〜Life Begins at 60〜』追加公演
 2017年7月23日(日) 17:00開場 17:30開演
 会場:東京・ 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
 料金:指定7000円

 本公演の翌日、場所も時間もまったく同じです。

記念ライブらしくゲストも迎えることになっていて、こちらも発表されています。
 22日:小坂忠・浜崎貴司・真心ブラザーズ・観月ありさ・La Dill
 23日:小坂忠・chay・デーモン閣下・根本要・真心ブラザーズ
 (敬称略)

華やかな(にぎやかな)ライブになりそうです♪


 ということで、22日は完売ですが追加公演の23日はまだ切符が手に入ります。いきなりソロライブは敷居が高いと感じる方も、ゲストが多彩ですしこの機会にどうでしょう♪河合奈保子ファンの方は奈保子さんのバースデー前夜際としても如何?提供曲は歌われないとは思いますけどネ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

収録内容より先に・・・

 先週6月30日に NAOKO Fan meeting サイトが更新され、8月30日発売のDVD-BOX「河合奈保子プレミアムコレクション」の購入者特典が発表されております。収録内容より先に購入者特典ですか・・・(^^;

 それによると、コロムビア直営ショップでは先着で「プレミアム缶ケース」をつけるとのこと。イラストを見る限りはDVD-BOXを収納できるミニアタッシュケースみたいな感じですね。うーん、個人的にはあんまり心動かされないなあ(^^; 2012年にライブビデオ6作品をDVD化した際に直営ショップでまとめて購入したときの特典がDVD収納ケースでしたが、この時はDVDが単品発売だったので6本まとめて保管できるケースには実用面での意味もありました。今回はBOXセットなので、たぶん収納ケースに収まってるのだと思うのですが、さらにケースをつけるというのは・・・まあ何に使っても良いのですけどね。
 昨年、「河合奈保子ライブ・ベスト」が発売されたとき、Amazonでは通常販売のほかにAmazon限定の生写真特典付きバージョンも発売されましたが、値引きの大きかった通常版よりも定価の限定版の人気が高かったと記憶しています。コロムビアさんが奈保子さんの作品の商品化にあたり色々と努力されていることはよく分かるのですが、過去の実績・反響も加味したらもう少し違う結論もあったのではないかなあ、なんて(^^;

(以上、意見や感じ方には個人差があります)

 ということで、通販だとAmazonやHMVなどが値引率の大きさで勝負している感じですが、特典を取るか値引きを取るかっていう感じでしょうか。もちろん通販ではなく地元のリアルショップを応援するというのも素晴らしいことだと思います。個人的にはタワーレコード新宿店がまた大展開をしてくれるようなら、応援したいですね。実は今も、奈保子さんの特設コーナーはなくなりましたが、B2版ポスターは健在です。


 そして、購入者特典と同時にポスター販売も発表されております。これは驚きましたね。まだマガジンハウスと協業されているとは思いませんでした。どうやらファン投票で発売するポスターの写真を選ぶようです。購入したいという方は NAOKO Fan meetingサイトのマメなチェックをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ