« 日本コロムビアの動向 | トップページ | 今月の「午前0時の歌謡祭」は »

2017年4月10日 (月)

今年も「熱狂」あります

 東京国際フォーラムを会場に行われる日本最大級のクラシック音楽イベント “ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭” (以下LFJ)の開催が近づいてきました。5月の大型連休の風物詩になっているLFJですが、今年の開催日程は5月4日から6日までの3日間。例年だと3日から5日の開催が定番ですが、暦の休日の並びを考慮して1日後ろにずれています。

 今年のLFJのテーマは「la dance 舞曲の祭典」。ポップス流に言えばダンスミュージック特集ということになりますね。クラシックでダンスといえばワルツやオペラやバレエあたりが頭に浮かびますが、すでに発表されているプログラムを見るとクラシックの枠を越えてワールドミュージック大集合な感じ。ジャズやタンゴや和太鼓まで登場しますから、親しみやすく盛り上がりやすいのではと想像しています。LFJは元々敷居の低い音楽イベントですが、クラシックをちょい聴きしてみたいけどクラシックオンリーだとなあ、、、なんて思ってる方にもさらに入りやすいのではないでしょうか。ぜひちょっとでも興味を持たれる方いらっしゃったら、来ていただきたいですねえ。

 チケットも既に発売されており、小さなホールの公演は売り切れ続出ですが、有名・人気の曲目が多く演奏され収容力のあるホールA、ホールCを中心にまだまだ多くの公演が買えます。
 また、チケットが無くても地上広場の無料公演と屋台村(笑)で楽しめるのがLFJでしたが、今年は無料公演のスペースだった「地上広場キオスク」が「地上広場イベントステージ」にリニューアルされ、出展各社のPRなども行うと告知されており、無料公演は少なくなりそうです。もっとも、無料公演は東京国際フォーラムだけでなく、周辺のイベントスペースでも多数ありますので、ふらっと来てみてクラシック音楽に触れるということはこれまでどおり可能でしょう。

 プログラムなどLFJのすべての情報は公式サイトにて。まだ出ていない前夜祭情報もそのうち出てくるでしょう。きっと楽しいですよ。

|

« 日本コロムビアの動向 | トップページ | 今月の「午前0時の歌謡祭」は »

熱狂の日音楽祭」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/65134376

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も「熱狂」あります:

« 日本コロムビアの動向 | トップページ | 今月の「午前0時の歌謡祭」は »