« 「再会の夏」まつりもそろそろ終わり? | トップページ | 3.11の前に »

2017年3月 6日 (月)

ハートフルソングコンサート

 きのう3月5日は「尾崎亜美&岡本真夜ハートフルソングコンサートinはんのう」を観てきました。場所は埼玉県の飯能市市民会館。飯能といえば2013年に飯能新緑ツーデーマーチで行ったところで、文化会館はハイキングコースの途中で休憩ポイントになっていました。見覚えのある風景を懐かしく見ながら会場へ。

 亜美さんと真夜さんのジョイントは今回が初めてではなく、2015年2月に長野県千曲市であったのですが、その時は日程の都合上遠征を断念。今回こうした形でリベンジできるとはありがたいことです。

 ライブは真夜さんからスタート。

1.大スキ!
2.Alone
3.ほうき星
4.そのままの君でいて
5.TOMORROW
6.君だけのStory
7.YELL ~ 君の声

 聞き覚えのある曲から初めて聞く曲までいろいろでしたが、曲紹介を丁寧にして下さるので良かったです。柔らかい声ですねえ。「ほうき星」はピアノインスト曲。真夜さんは昨年、mayo名義でピアニストとしてデビューしていますが、これは最新作で今回がライブでは初披露だったとのこと。長尺の壮大な曲ですが、詞をつければJ-POPになるような親しみやすさがありますね。5まではピアノ弾き語り、6と7はハンドマイクで。(演奏は打ち込み)

 ここで亜美さんを呼び込んでコラボタイム。亜美さんは配偶者の小原礼さんを伴って登場。キャロル・キングの有名な曲を一緒に。お二人とも女性シンガーソングライターとして、キャロル・キングの存在は大きいようですね。

8.It's Too Late
9.You've Got a Friend

 亜美さんのソロコーナーは、いつも通りの(微笑)ゆるふわな感じのトークで会場を和ませつつ進行。
10.なんとなくなんとなく(1コーラス)
11.マイ・ピュア・レディ
12.春の予感
13.私がいる
14.真水の涙
15.Recipe for Smile
16.オリビアを聴きながら
17.Smile

 冒頭は、先日亡くなられたムッシュかまやつさんの作品を追悼として。亜美さん曰く「優しかったかまやつさんらしい曲」として選んだそう。最新アルバム「S-mile」からの選曲が多かったので、初めて聞く方も多かったことでしょう。私にとっては馴染みの曲なんですが。
 真夜さんが弾いたグランドピアノはそのままステージ上に残っていたのですが、亜美さんは全曲持ち込みのエレピで演奏。すぐ後ろにピアノがあるのにもったいない~なんて私は思ってしまうのですが、最近の曲はエレピの音色で音作りしているものが多いのも確か。でもたまにはピアノ演奏を聴いてみたいなあ。ほんっとピアノはご無沙汰なので。
 で、元気なあの曲が出ないなあと思ったら、それはアンコールで出たのでした。

Ec1.天使のウィンク
Ec2.バンバンバン

 アンコールは再び真夜さんも登場。そして〆でもムッシュかまやつさんの作品を。亜美さん、かなり仲良かったみたいですね。私は2011年11月のライブイベント「en」で演奏を聴いたのが最初で最後になってしまいました。

 東京からは微妙に離れている(といっても時間的には鎌倉と同程度)こともあってか、亜美さん、真夜さんともにファンの来場は少ないように見えましたが、客席は手拍子や拍手も良く出ていてタイトル通りの「ハートフル」なライブになって良かったです。初めましての方、これを機に聴くようになってくれたら嬉しいな。お二人ともにステージでハプニングがありましたが、これも良い思い出になるかと(笑)

 で、真夜さんのオフィシャルブログにさっそく写真とともに報告が上がっています。
 尾崎亜美さんと♪

 亜美さん自身もステージで言ってましたが、真夜さんのほうが大人っぽく見えますネ(微笑)。

|

« 「再会の夏」まつりもそろそろ終わり? | トップページ | 3.11の前に »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

マスターも飯能にいらしたんですね。
もしや梅の花軍団ですか(笑)

真夜さんの「大スキ!」はデッキブラシを思い出すんですよね。広末さんのMVで。(「MajiでKoiする5秒前」かもですが…)ほうき星はマスターのおっしゃる通り歌詞付ければそのままJ-POPになると私も思いました。声も直近にテレビで拝聴したときよりも戻ってきていてよかったです(休業すると声でなくなっちゃいますよね…)。

亜美さんのライヴは20数年ぶりなのであれですが(上には上があり30年振りの方もいらっしゃった様です)、11・12・16は定番でずっと演奏されているんだろうなと感じますね。
春の予感は39年前の曲で当時スーパーアイドルの南沙織(後に篠山紀信夫人)さんに提供し、歌唱指導までされていたんですよね。
凄いです。当時まだ亜美さん20ですよ!

ハプニングは亜美さんは一日の長で落ち着いて対処されていましたが、真夜さんは頭の中真っ白って感じでしたね。

ともかく楽しくて「ハートフル」なライヴでとっても良かったです。
お二人の曲ともに今の人にはわからないだろうなぁ…って歌詞があるのはご愛敬ですね。

私はここのところライヴといえばかの4000回以上演られている方のばかり行っていてアンコールは3回位あるので(話長いし)もう少し、長く楽しみたかった様な…です。

投稿: 奈保子さんも亜美さんもFANです | 2017年3月 6日 (月) 16:20

■奈保子さんも亜美さんもFANです さん
いらっしゃいませ。
梅の花軍団(笑)いや、あれは桜だと訂正がありましたので・・・ってそういう問題ではなく、私のライブ鑑賞は徒党を組まず単独行動が基本でして、あの桜の方々ではないのです(^^)。ちなみに私は神出鬼没を旨としておりましてライブ参加の事前予告は基本的にしておりません。行くと宣言して行けなくなっちゃったときにバツが悪いなあと思っていて。。

「オリビアを聴きながら」はド定番曲で、ライブで外したことはまずありません。ただ、以前は一人でピアノ(又はエレピ)の弾き語りだったのです。小原礼さんがベースで入るようになったのは2012年からですねえ。「マイ・ピュア・レディ」も礼さんがコーラスに入るようになったのはここ数年。長く歌っていても、そういう変化はあったりします。

お楽しみ頂けたようで何よりです。また機会がありましたらぜひ。

投稿: MARU | 2017年3月 6日 (月) 22:57

こんばんは。

マスターが梅の花軍団でなくてよかったです。僕も単独若しくは2人行動が基本です。群れるのも好きではないので。
私が奈保子さんを少し引いて見るようになった(FANなことには何ら変わらないのですが)きっかけが、あるLIVEの時に奈保子隊が私(最前列でした…ちょっと自慢)の後ろでがんがんやってた(奈保子さんを聞きにきたのに)こととたまたま奈保子隊の中に大学の年齢2コ上の同級生がいて、終了後に勧誘されたことなので…(彼は去年のFANミーティングのテレビ映像にもしっかりいました…)

亜美さん20数年前も「オリビアを聴きながら」「マイ・ピュア・レディ」「春の予感」は定番でした。あと「あなたの空を翔びたい」とか。
その頃行ってた者としてはその頃からの曲を演奏していただくと嬉しいものです。もちろん新曲もいいですが。
また行けるときには行きたいと思います。


投稿: 奈保子さんも亜美さんもFANです | 2017年3月 7日 (火) 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/64977089

この記事へのトラックバック一覧です: ハートフルソングコンサート:

« 「再会の夏」まつりもそろそろ終わり? | トップページ | 3.11の前に »