« 亜美さんが奈保子さんを語る | トップページ | オールリクエストの3時間ライブ »

2017年2月 1日 (水)

新春シャンソンショウ2017

 先週末の1月29日は東京・渋谷のO-EASTで「新春シャンソンショウ2107」を観てきました。シャンソン歌手なのにシャンソニエが大嫌いなソワレさんと、ビジュアル系シンガーKayaさんがオーガナイズを務めるこのライブイベントも今年が10周年。おめでとうございます。私このライブは結構観ているつもりだったのですが、記録をたどったら2013年の第6回以来4年ぶりだったみたい。。記憶とはいい加減なものですね(^^; そういえば平日開催が多くて行きづらかったんだっけ。

 今年の出演者は、敬称略でソロ登場順に、浜崎容子(fromアーバンギャルド)、宮崎吐夢Hitomi、桑山哲也、ソワレ、チャラン・ポ・ランタンRicky、Kaya、大槻ケンヂの9組。いわゆるシャンソン歌手はソワレさん一人しかいませんし、客席にも普段はおそらくシャンソンを聴かないような人達が集まっているわけです。でも歌われるのはすべてシャンソン。これがこのライブならではで、堅苦しさが一切無くていいんですよね。

 出演者のなかで積極的に笑いを取りに行っていたのは宮崎さんと大槻さん、桑山さん。特に桑山さんはトークが絶好調で受けまくってましたね。 しっかり聴かせたのは浜崎容子さん、Hitomi さん、Rickyさん。いまやすっかりメジャーになったチャラン・ポ・ランタンも堂々とした歌いぶり。そしてオーガナイズの2人はもちろん圧巻。ソワレさんの十八番「マ・ビー」は大喝采、Kayaさんの「ボン・ボヤージュ」の情を込めた歌唱には涙が出てきました。

 途中のリクエストコーナーでは、ソワレさん、Kayaさん、桑山さんの3人で、休憩時間に回収したリクエストカードを元に即興であれこれやってくれたのですが、私がリクエストした「アコーディオン弾き」を拾っていただきありがとうございました♪「初恋のニコラ」というリクエストもあってソワレさんが歌い出したのですが、それが河合奈保子さんがライブで歌っていた「愛は二人の腕の中で」だったのでびっくり!これがシャンソンだとは知りませんでした・・・。改めて調べたらオリジナルの歌手はシルヴィ・ヴァルタンなんですね。日本では天地真理さんがカバーしていたとか。

 フィナーレはこのイベントでお馴染み「誰にでもあなただけの歌がある」を客席と一緒に。プログラムの裏に歌詞が載っていましたが、客席が参加するサビ部分は歌詞なしで歌えるようになりました♪
 休憩時間を除いて実質約4時間という大ボリュームのライブでしたが、楽しいライブは時間が気にならないですね。来年もあるといいな。。その時はぜひまた週末で(笑)

|

« 亜美さんが奈保子さんを語る | トップページ | オールリクエストの3時間ライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/64839302

この記事へのトラックバック一覧です: 新春シャンソンショウ2017:

« 亜美さんが奈保子さんを語る | トップページ | オールリクエストの3時間ライブ »