« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月27日 (日)

尾崎亜美ライブ@下関

 11月26日は下関へ遠征。Jazz Club BILLIEでの尾崎亜美ライブを見てきました。このハコでの亜美さんのライブはもう5回目。時期は毎年ちょっと違いますが、ほぼ恒例化しつつありますね。私は昨年に続いての参戦です。

 今回は、来場者が多かったのか?昨年よりも席が増えてる感じで、手を伸ばせばステージのキーボードに届くぐらいの近さまでテーブルがセットされていて、亜美さんも「こんなに近かったっけ?」とびっくりするぐらい。余りにお客さんと近いので、普通に会話が出来てしまうぐらいでした。私は後のほうで見ていたのですが、最前方の方は目の前で亜美さんが歌うところをご覧になれたわけで、きっと良い思い出になったことでしょう。

 その近さゆえなのか?トークもいつもにも増してユルフワで(笑)、亜美さんは「客席が近いので家にいるような感じだから」と釈明してました。要するにアットホームなライブということで、これは観る側としても嬉しいことです。亜美さんのアットホームなライブと言えば、12月下旬の開催が恒例化している鎌倉歐林洞ギャラリーサロンでのクリスマスコンサートが名高いですが、もしかすると BILLIEも第二の歐林洞になりつつあるのかもしれません。「こんな(ゆるい)トークは来年から止める」なんておっしゃってましたが、ぜひ続けて頂きたいです(微笑)

 トークはユルいですが歌はびしっと。滅多にやらない曲が出てきたり、意外なカバー曲が出てきたりしましたが、なんと新曲の披露まで。12月に発売されるベスト盤「Recipe for Smile」のために書き下ろした曲を初めてライブで披露という、貴重な場に立ち会うことができました。亜美さんには珍しい感じのタイプの陽気な曲したねー。全体的には40周年記念盤「S-mile」からの曲が多かったので、レコ発ライブツアーの延長戦的な感じでしたが、ツアーではやらなかった曲も入れてきてくれたりして良かったです。

 途中休憩を挟んで約2時間半のライブでしたが、あっという間に感じました。客席もいい感じに盛り上がりましたし、終演後のCD即売サイン会も行列でした。こういうライブ、定番化されると嬉しいですね。

<曲目>
- 1部 -
1.時に愛は
2.マイ・ピュア・レディ
3.BENGALL BABOO BABE
4.冬のリヴィエラ
5.1秒だけの奇蹟
6.伝説の少女
7.スープ

- 2部 -
8.私がいる
9.時を渡る魔法
10.真水の涙
11.ありがとう
12.Angel Eyes
13.Recipe for Smile (新曲)
14.グルメ天国
15.天使のウィンク
16.オリビアを聴きながら
17.Smile

enc.明日に架ける橋


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

「サエキけんぞうの素晴らしき80's」にて

 前回に続いてラジオの話を。話が前後しますが、本館TEAROOM☆NAOKOで予告のとおり、11月13日(日)のNHKラジオ第一「マイあさラジオ」内のコーナー「サエキけんぞうの素晴らしき80's」で、河合奈保子さんとジャッキー・チェンさんのデュエット「愛のセレナーデ」が流れました。

 放送協会のホームページで事前に曲目も発表されていた内容ではありますが、なぜ今「愛のセレナーデ」なのか・・・というのは読み取れなかったんですね。聴いてみたら11月は「秋のデュエット特集」ということでした。かつこの週は「大物外国アーティストが日本語で歌っている」というくくりで選ばれていたのでした。

HP発表では
「腕の中へ」(西城秀樹&バリー・マニロウ)
「愛のセレナーデ」(河合奈保子&ジャッキー・チェン)
の2曲でしたが、さらに放送では「愛のセレナーデ」の広東語版(艶情夜曲)もちらっと流れて、これには驚きました。この曲が放送に乗るのは極めて珍しいでしょう。版権の関係でCDボックス「NAOKO PREMIUM」にも収録されなかったですし(微笑)。サエキさん、奈保子さんの広東語を絶賛!
 そして、トークの相方のアナウンサーによる「驚いたのが河合奈保子さん自身の作曲なんですよね」という振りを受けて「シンガーソングライター的な資質を持たれた方で、すごく音楽に意欲的な方」と的確にコメントするサエキさん、素敵です。10分に満たないミニコーナーでしたが、かなり嬉しい時間でした(^^)

 ツイッターに番組のことをちらっと書いたらサエキさんから反響をいただきまして、なんでもシャンソン歌手のソワレさんが友人で「河合さんの才能を良く聞きました」とのこと。なるほどね!意外なところで繋がりました。やっぱり地道に奈保子さんの素晴らしさを説くことが大切だなと感じた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

「昭和音楽堂」で奈保子さんの特集が

 SBS静岡放送ラジオの「林哲司&半田健人の昭和音楽堂」の11月13日放送回が河合奈保子さんの特集だったというツイッターを見かけました。この番組は1年半ほど前に、放送内容の情報を得てから1週遅れで放送しているIBC岩手放送を聞いて内容を確認した、なんてことをしたことがありますが、今は良い時代になりました。IPサイマルラジオのrajikoにタイムフリー聴取機能が入り、1週間前までの放送済番組がいつでも聴けるようになっています(有料会員のみ。一部番組除く)。これを使って私も聴いてみました。

 聴いてみると、リスナーからの「今年は河合奈保子さんがブームなので」というリクエストに応えての企画でした。素敵すぎます。30分番組なので流れた曲は5曲、さらにほとんどが1コーラスのみ(または1コーラス終わったところでトークが始まりBGM扱い)ではありましたが、選曲がおおっと思うようなもので、かつ当時奈保子さんと接したことのある林さんの奈保子に関するトークが聞けたので個人的には満足度が高かったです。予想通り、歌唱力べた褒め♪相方の半田さんもナイスなトークでした。作曲活動にも言及してくださって、奈保子さんのステレオタイプなイメージをもって聴いていた方は認識が変わるんじゃないかなあと。

 ここで放送内容を詳しくレポしてもいいのですが、せっかくradikoがあるのですから、ぜひお聞きになってみてください。月額350円の有料会員用サービスですが、全国の民放ラジオ(中波、短波、FM)がライブ&タイムフリーで聴けるようになるので使いではあると思いますよ!タイムシフトは1週間経つと聞けなくなるのでお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

歌詞サイトが大充実

 たまたま調べ物をしていて歌詞検索サイトを当たっていた時に発見したのですが、なんと「Uta-Net」での河合奈保子さんの楽曲の掲載が大充実していることがわかりました。その数、113曲!
 これまでは「イベすた歌詞とる」がいちばん多いと思っていたのですが(22曲)、完全にUta-Netがぶっちぎっています♪

 これだけ数が多いのはアルバム曲が多数掲載されているからですが、どうも規則性がない。。。アルバム単位というわけでもなく、しかも「愛の花咲く時」のようなライブでしか歌ってないカバー曲や通販限定商品だったという「有馬路よ」なんていう超マニアックな曲までもあったりします。
 そこで子細に見てみると、どうもこれは2003年に発売されたCD-BOX「JEWEL BOX2」の収録曲と一致しているようです。面白い掲載基準だなあ(微笑) でもこれだけたくさんの曲が入っているのを見るだけで嬉しくなりました。

 カラオケもこれぐらい入っていると嬉しいのですが。。。同世代の他の歌手と比べるとカラオケは見劣り感が否めません。人によっては100曲以上入っているのでねえ。カラオケの充実も期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »