« アーティスト・マニフェストから30年 | トップページ | 歌詞サイトが大充実 »

2016年10月27日 (木)

鞍馬の火祭

 京都三大奇祭のひとつ鞍馬の火祭は、鞍馬寺の寺域にある由岐神社の祭礼で、毎年10月22日に行われます。今年は土曜日にあたりましたので、先週末に上洛して見てきました。実は以前にも行ったことがあるのですが、夕方から強い雨が降ってかなり心残りのある観覧になってしまったので、リベンジしたかったのでした。

 祭礼は18時頃から始まりますが、鞍馬寺と由岐神社の参拝も兼ねて早めに鞍馬入り。遅れると事実上唯一の交通機関である叡山電車が大混雑になり、ターミナルの出町柳駅で乗車待ちの大行列が出来てしまうので、とにかく早い時間に入るのがポイントなのです。ネットの情報ではピーク時に3時間待ちのアナウンスがあったとか。

 17時を過ぎると、鞍馬寺山門前を中心とした鞍馬街道は歩行者の規制が始まりました。祭りいちばんの見どころは山門前ですが、鞍馬の町は狭く大勢の人が立ち止まって観覧できる場所がありません。そこで、立ち止まりを禁止して一方通行の周回コースを歩いて回るように誘導されます。
Kffguide
 私もその人の流れに突入しましたが、一巡するのに約1時間。コースの半分は祭礼の行われる鞍馬街道から外れて何も見えないし、とにかく人が多いので私は二巡目には入らずコースアウトしてしまいました。個人的には、これが結果的に良かったかも、です。コース外は特に通行規制はなく、立ち止まりもOK。思い思いに自分のペースでそぞろ歩きして観覧できます。

 鞍馬街道沿いの家々の前にはかがり火が焚かれ、大小の松明を担いだ人々がサイレヤ、サイリョウと唱えながら練り歩いていきます。大きな松明は男手が担いでますが、小さな松明(とっくり松明というらしい)は子どもの男女が担いでます。大人に指南されながら松明を担いで行く姿は見ていて微笑ましかったです。
 祭礼のクライマックスは20時過ぎ、山門前に松明が集結して焼き捨てられるところと、神輿を出して巡行するところ、なのですが、コースアウトしているのでこれは見られず。というかコースに入っていてもタイミングよく山門前に居られる確率は相当低いでしょう。クライマックスは見られませんでしたが、間近で見る松明の練り歩きはかなりの迫力でした。
Kff3

 御旅所に21時過ぎまで居て、帰りは鞍馬街道を10数分歩いた貴船口からの京都バス臨時便で山を下りました。たまたま座れて地下鉄国際会館駅まで約15分、楽ちんです。

 急に思い立って行きましたが、良かったです。十分リベンジは果たせました(あくまで自己評価)

|

« アーティスト・マニフェストから30年 | トップページ | 歌詞サイトが大充実 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/64403969

この記事へのトラックバック一覧です: 鞍馬の火祭:

« アーティスト・マニフェストから30年 | トップページ | 歌詞サイトが大充実 »